マイ・インターンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マイ・インターン
 > (レビュー・クチコミ)

マイ・インターン

[マイインターン]
The Intern
2015年【米】 上映時間:121分
平均点:6.70 / 10(Review 61人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-10-10)
ドラマ
新規登録(2015-08-31)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2019-09-25)【ゆき】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ナンシー・マイヤーズ
キャストロバート・デ・ニーロ(男優)ベン
アン・ハサウェイ(女優)ジュールス
レネ・ルッソ(女優)フィオナ
アダム・ディヴァイン(男優)ジェイソン
脚本ナンシー・マイヤーズ
音楽セオドア・シャピロ
ランドール・ポスター(音楽監修)
撮影スティーヴン・ゴールドブラット
製作ナンシー・マイヤーズ
スザンヌ・マクニール・ファーウェル
製作総指揮セリア・コスタス
配給ワーナー・ブラザース
美術クリスティ・ズィー
編集ロバート・レイトン〔編集〕
ネタバレは非表示中です(ネタバレを表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
32.最近、デニーロがチョイ役などでも出まくっているので期待せずに見たら非常に面白かったです。
アン・ハサウェイもこういう感じの役をやらせるとまさにはまり役という感じです。
プラダを着た悪魔や恋とニュースのつくり方などの、
軽い感じのワーカーコメディが見たいという人にはぴったりの作品だと思います。
シネマファン55号さん [インターネット(吹替)] 7点(2020-04-22 11:09:39)
31.デニーロの器用な役者ぶりを再確認できた映画。ギャングや犯罪者役で見せる鋭い視線は封印して、笑顔が素敵な老紳士になりきっている。さすが名優といったところだが、肝心の映画そのものは非常に微妙な完成度だった。登場人物みんなありきたりというか、デニーロの役を含めて誰にも深みやリアリティを感じることができなかった。脚本も非常にぬるい。シビアな展開や毒のある要素がほとんどないため、気楽に観れるが、その一方で映画のテーマや訴えかけたいことが陳腐化している。もう少し重たい展開を盛り込んで、リアリティを高める工夫をしていたら点数を上げたかもしれない。
nakashiさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2019-11-16 16:41:31)
30.全体的な雰囲気も良くて面白いのだが、途中の泥棒紛いのエピソードはこの映画には合わないかな?
あとラストのオチが弱く、鑑賞後の余韻が悪いなぁ。
misoさん [地上波(吹替)] 6点(2019-10-18 23:21:15)
29.ほっとするいいお話です。が、デニーロが好人物なのはいいけど、もう少し背景があるとよかった。あと途中からデニーロが石坂浩二に見えちゃって困った。
nojiさん [地上波(吹替)] 6点(2019-10-12 22:55:33)
28.なんとなくリストから外してたんだけど、テレビ放映につき鑑賞。

観られて良かった。そう思える映画でした。

やっぱり私は人も映画も古き良きが好きなのかも。
movie海馬さん [地上波(吹替)] 8点(2019-10-09 20:50:40)
27.格差社会、分断社会、少子高齢化、地球温暖化などなど殺伐とした
世の中で、映画も希望のないものが多い中で、いい人ばかりのいい
お話でほっとさせられる内容ではあります。

しかし現実では絶対ありえないだろうな、という冷めた気分も
感じないではありませんでした。
あんな控えめで穏やかなナイス高齢者はまずいないでしょうね。多くは
卑屈になるか、あるいは自分のキャリアに固執して吹聴するのが現実。
受け入れる側も、キャリアのある年長者が入社してくれば、妬みや中傷の
入り混じった悪意に満ちたバッシングを受けるのが常だと思います。

このギャップを埋めるにはベンやジュールや周囲の人たちをじっくりと
描く必要があったのですが、映画の枠ではそれは無理で、なんか話が
トントン拍子に都合良く進んでしまった感は否めませんでした。
キムリンさん [地上波(吹替)] 6点(2019-10-07 13:46:18)
26. 見てよかった。よくできている。それぞれのキャラクターも面白い。
 さすがデニーロとも思ったが、きっとナンシー・マイヤーズという監督・脚本がいいんだね。
海牛大夫さん [地上波(吹替)] 8点(2019-10-07 00:01:55)
25.ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイの映画は数多くみてきたが両者ともに一番魅力的で輝いているのがこの作品だと思う。今までは自分もやがて老いて醜く、みじめな姿になっていくのかという恐怖感があったが、このデ・ニーロのような歳の重ね方だったら何の抵抗もない。むしろ憧れさえ感じる。しかしアメリカのIT企業ってのはこんな若いおねえちゃんがトップでも成り立つんだね。オレがサラリーマンだった頃は大口の新規取引の際は部長、時には専務を連れて行って契約をまとめたものだ。やはりそれなりの年恰好の人間が一緒だと相手も安心できるのだと思う。また、違う部署では回収が遅れている取引先に社長よりも見た目の貫禄がある支店長が出向くとすんなり問題が解決していた。やはり日本ではまだまだ男性の年長者が信頼される、そんな傾向がある気がする。このデ・ニーロの風貌で「ぜひ末永いお付き合いをお願いします」と頭を下げられたら「はいっ!こちらこそよろしくお願いしますっ!」ってなるんじゃないかな。そういう役割の仕事をした方がいいと思うんだけどな…
イサオマンさん [地上波(吹替)] 7点(2019-10-06 11:07:54)
24.ストーリー展開も、役者の演技も、目を見張るものはないが、何となく好感をもてる映画。好き
にけさん [映画館(字幕)] 7点(2018-12-30 20:37:25)
23.中身は嘘っぽいですがくつろぎを感じる感情移入しやすいコメディでした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-10-03 22:27:43)
22.まるでNHKが深夜にやっている環境映像のような作品。才色兼備でバリバリ働くアン・ハサウェイと、そのすべてを柔和な笑顔で包み込むロバート・デ・ニーロは、さすがに「絵」になります。世の中のきれいな部分だけを慎重に切り取り、ほんのわずかな塩コショウでパパっと味付けして一丁上がり、という感じです。
ではつまらないかというと、案外そうでもありません。ときどき環境映像を見て癒やされるように、名優2人による嘘くさい上っ面の演技というのも、たまにはいいものです。しかし、仮にこんなものばかり見ていたとしたら、現実とのギャップを悲観して精神を病んでしまいそう。環境映像は、あくまでもときどき見るからいいんです。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-09-30 22:39:25)
21.しっかり作り込まれた映画。
デ・ニーロの大人感が良い。

心打たれる作品。
バッジョさん [映画館(字幕)] 9点(2018-06-12 16:26:35)
20.デニーロがとってもいいおじいちゃんですね。
こんなおじいちゃんになりたい、、、
最後まで安心して観ていられる映画でした。
たまにはこういった映画でほんわかしたいですね。
あきちゃさん [DVD(吹替)] 7点(2017-05-08 11:44:24)
19.舞台、役者は揃っているもののいまひとつ題材が足りない気がしました。惜しい
HRM36さん [インターネット(字幕)] 5点(2017-04-14 11:11:13)
18.ベンみたいなおじいさんになりたいな、と思いました。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-03-20 11:16:28)
17.まず、こういう老人になれたら本望と思った。
デ・ニーロ演じるベンにとっては若い世代の苦悩や想いが手に取るようにわかるんだろうな
だから適切なアドバイスができる。
そういうベンは誠実に謙虚に生きてきたから、高齢になってもまわりから好かれる、必要とされる。
アン・ハサウェイは適役だし、デ・ニーロはやっぱり名優です。マフィア、サイコパスをやれば
笑っただけで怖い人、普通の善人役で笑えば愛嬌ある老人になる。
他の脇役もそれぞれキャラがちゃんと描きこまれていてホンワカ気分で最初から最後まで観られました。
ハートフルコメディです。

うーん、そうだなあ同じ監督の作品なら、本作の細部は「今」だけど
ダイアン・キートンの「赤ちゃんはトップレディがお好き」を思い出しました
envyさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-12-13 12:39:10)
16.人生のサプリメント。ファッションサイトを経営する会社のCEO、ジュールズ。その会社にシニアインターンとして、70歳のベンが入社することになり...。「歳下の上司」と「歳上の部下」の友情が様々な問題点を好転させていく物語。起こっている問題は、身近にいる者たちの身近で深刻な問題だ。恋人のこと、夫婦のこと、子供のこと、将来のこと、そしてジュールズにとっては経営のことも。観客にとっても身近な悩みが描かれてゆく。これらの諸問題を解決してゆくキーマンは、もちろん70歳のインターン、ベン。頭が良く、嫌みが無く、非常にチャーミングだ。ベンは短い言葉で的確に助言を行ない、その言葉には説得力がある。しかも説教臭くない。会社の経営で忙しく家族を大事に出来ないジュールズは、ベンによって変わって行く。夫婦や家族にとっての大きな困難も起きるが、最後はハッピーエンドに。ジュールズが苦難を乗り越えて行くとともに、観客自身へも人生に役立つ何らかのヒントをくれる。何も考えなければ、そんな優良な映画なのだが...。不満点も結構あったりして。ネット業界のような最先端で活躍しているような企業が、なぜ雇用後の職種も未定の者を雇うのかが不明。ネットの専門分野で活躍していたベテランを雇うなら分かるが、初歩的な技能も持たない社員を中途採用するなんて、まかり間違えばお荷物社員の誕生だ。ぼーっとしてるだけで良い社員を雇うほど余裕がある会社ならジュールズが経営で悩む必要もないよなぁ...。サラリーマンやってる身としては甚だ疑問だ。また、親しくなり始めたジュールズとベンの関係性も無理がある。まさに公私混同で、お互いの家に招かれたにしても不用意に出入りする。アメリカ企業の実情を知らないのだが、こんな感じの上下関係の会社が多いのかなぁ...。あと、自分で会社を立ち上げて成功させてきた強いアメリカ人の女性なら、旦那と不和になったら裁判・離婚だろうに。最近はそんな感じなのか?まあでも、最後は観客も含めみんな幸せになれる物語は好き。何も考えずに観るが吉の映画ってことで。
しぇんみんさん [DVD(吹替)] 6点(2016-11-06 17:07:14)
15.デニーロスマイルにしてやられた。この映画を見た後に他のデニーロ映画を見ると同じ俳優なのかと思うぐらい別人の優しいおじいちゃん。
ストーリーに特に目新しいところはないし、特に派手なこともないけど、温かさと癒しが詰め込まれてます。ストレスとかが映画を見てるうちに抜けてしまうようなそんな感じ。
ラスウェルさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2016-10-12 01:40:15)
14.毒にも薬にもならない映画。
でも、そこが本作のいいところなのかもしれない。
デ・ニーロは本当にこんな役をやりたかったのだろうか。
デ・ニーロ扮するシニアインターンは、これまでどんな人生を歩んできたのか疑問を持つほど、性格に癖がない。
そんな老人が、なんの苦労もなく女社長の部下になり、話はトントン拍子に進んでいく。
こんな映画は日本でも作られそうだが、気楽に見れる映画だと思う。
何も考えたくない時に充実感を味わうことができた。
クロエさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2016-09-25 20:52:30)
13.雰囲気というかセンスが良い映画。観ていて気持ちいい。
惜しいのは、物語が比較的淡々と進んでいく印象を受けること。もう少し、盛り上がった作り方もあったように思える。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-09-04 19:24:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 61人
平均点数 6.70点
000.00%
100.00%
200.00%
311.64%
411.64%
558.20%
61931.15%
72134.43%
81118.03%
923.28%
1011.64%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.50点 Review4人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 5.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS