ズートピアのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > ズートピア
 > (レビュー・クチコミ)

ズートピア

[ズートピア]
Zootopia
2016年【米】 上映時間:109分
平均点:7.56 / 10(Review 62人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-04-23)
サスペンスコメディアドベンチャーファンタジーミステリーファミリー刑事もの動物ものCGアニメ
新規登録(2016-01-09)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2017-09-12)【皐月Goro】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督バイロン・ハワード
リッチ・ムーア〔監督〕
ジニファー・グッドウィンジュディ・ホップス
ジェイソン・ベイトマンニック・ワイルド
イドリス・エルバチーフ・ボゴ
ジェニー・スレイトベルウェザー副市長
J・K・シモンズレオドア・ライオンハート市長
トミー・’タイニー’・リスターフィニック
オクタヴィア・スペンサーオッタートン夫人
アラン・テュディックウィーゼルトン公爵
ボニー・ハントボニー・ホップス
ジョン・ディマジオジェリー・ジャンボー・ジュニア
上戸彩ジュディ・ホップス(日本語吹き替え版)
森川智之ニック・ワイルド(日本語吹き替え版)
三宅健太チーフ・ボゴ(日本語吹き替え版)
玄田哲章レオドア・ライオンハート市長(日本語吹き替え版)
多田野曜平ウィーゼルトン公爵(日本語吹き替え版)
佐々木優子ボニー・ホップス(日本語吹き替え版)
大川透スチュー・ホップス(日本語吹き替え版)
竹内順子ベルウェザー副市長(日本語吹き替え版)
村治学フラッシュ(日本語吹き替え版)
山路和弘Mr.ビッグ(日本語吹き替え版)
込山順子ナンギ(日本語吹き替え版)
小林由美子ウサギの女の子(日本語吹き替え版)
音楽マイケル・ジアッキノ
製作ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
製作総指揮ジョン・ラセター
配給ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
字幕翻訳石田泰子
あらすじ
草食動物と肉食動物が共存し、まるで人間のように生活する近代都市・ズートピア。ジュディ・ホップス(ジニファー・グッドウィン/上戸彩)はズートピア初のウサギの警官であるが、アフリカスイギュウのボゴ署長(イドリス・エルバ/三宅健太)からはぞんざいに扱われている。ある日、ジュディはいつものように交通違反の取り締まりをしていると、ゾウの店で巨大アイスキャンディの販売を拒否されるキツネの親子を見かける。その頃ズートピアでは、肉食動物の行方不明事件が多発していた。
ネタバレは非表示中です(ネタバレを表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
27.野性を克服したといっても、結局体の大きな肉食動物が幅を利かせているわけだね。じゃなければ副市長があんな悪巧みを考える必要もないし。あと肉食動物が何を食べてるのか気になった。ナマケモノのシーンは素晴らしく、あれこそ動物をキャラにした最大の恩恵だ。
nojiさん [地上波(吹替)] 6点(2018-07-23 08:51:15)
26.キツネのイメージが狡賢いのはイソップから?雑食動物はどっち側?なんてことを考えながら見てましたがナマケモノの可笑しさでどうでもよくなります。中身がトレンディなのでファンタジーアニメじゃなくても十分イケると思います。
ProPaceさん [地上波(吹替)] 7点(2018-07-05 00:10:47)
25.絵がすごくきれいで、毛先とかなびいている草とか、そういうところをじっとみてしまいました。ストーリーは割と単純で子供向けだったかもしれません。
HRM36さん [地上波(吹替)] 6点(2018-06-19 20:46:29)
24.いろんな比喩があるのかも知れないけど、単純に物語としても楽しめると思う。
アニメの良さを引き出している。この時代においてもオーソドックスな雰囲気が漂う。
simpleさん [地上波(吹替)] 7点(2018-06-17 20:54:35)
23.他のディズニーアニメもそうですが、ジェットコースターのように展開が目まぐるしくて頭が疲れちゃうんです。
だからいかに完成度が高くても、社会派メッセージが優れていても、この点数になっちゃうかな。
でもさまざまなアイデアを盛り込んで、よくぞ作り込んだものだ〜と感心するシーンが多く、名作と呼んでもいいと思います。
mhiroさん [地上波(吹替)] 6点(2018-06-17 17:27:27)
22.映像は相変わらず美しい。映像だけ見ていても楽しめる。
物語はそんなにおもしろくなかったかな。。。
「ゴッドファーザー」知ってると嬉しいシーンがあります。
へまちさん [地上波(邦画)] 6点(2018-06-15 23:48:43)
21.警察官になる為に全力で努力する主人公のうさぎがとにかく頑張り屋さんで、見ていて応援したくなる。
動物の世界の話だし子供向けだろうと侮っていたら、そこで描かれる物語は現代の人間社会の縮図そのもので、色々なテーマが盛り込まれていて大人でも楽しめる作品だった。
1番わかり易く普遍的なテーマとして、シンプルに夢を諦めない事の大切さ、努力すれば願いはきっと叶うんだという希望がストレートに感じられたので良かった。
ヴレアさん [地上波(吹替)] 9点(2018-06-15 23:48:30)
20.新天地アメリカ合衆国は移民で成り立ち、自由・平等・幸福の追求を掲げ建国したユートピアだった。この建国の理念はアメリカに繁栄をもたらし、同国を世界のリーダーたらしめた。そんな積み重ねを一気に壊しかねない近年の流れを大いに嘆く。でも、そういうことを意識しない子供でも楽しめる作りになっている。いや、それは当然のことか。未来を作るのは子供たちだから。心の中にこの映画が残り続けるといいんだけどなー。
リーム555さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2017-03-29 22:05:47)
19.面白かった!オール動物ものって事で完全に幼児向けかと思い込んでいましたが、いやいや、なかなか深いよく出来たお話でした。ナマケモノさんの場面では顔がつられていました。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 8点(2017-03-12 19:58:36)
18.ありそうな話を、本当におもしろくするのがディズニー映画。台本もよく考えられているし、映像もきれいで音楽もすばらしい。ただ、いろんなところでアメリカの子供向け的な説話がわざとらしく入ってくる。アメリカの文部省指定映画、って感じ。でも、おもしろかったけどね。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-03-12 16:48:32)
17.ディズニーはいつも舐めて掛かっては、後で驚いています。
緻密な脚本、込められたメッセージが直球で届きます。
動物だけの世界だあ・・? アホクサ・・? なんてスミマセンでした。
とても良いお話で、子供たちと笑って見て、感動まで貰いました。
さすがですねえ、本場アメリカンエンターティメントはまだまだ健在です。
グルコサミンSさん [映画館(吹替)] 9点(2017-01-27 22:55:01)
16.主題歌はとても楽しいけれど、それ以外はあまり楽しくない。
ここに描かれているのはアメリカ社会の人種問題・宗教問題と、すぐに気付いてしまうから。
そうすると、なんだか人間が着ぐるみをかぶっている映画を見ているような違和感を持ってしまう。
そうすると、今度はお話の単純さ、安直さに疑問を持ってしまう。
アニメだから夢と希望だけ見せろっていうわけじゃないけど、こういった問題を正面から扱うなら、それなりの覚悟や真摯さを見せてくれないと困る。
まかださん [DVD(吹替)] 5点(2016-10-11 00:25:57)
15.世界中から愛され、崇拝される唯一無二のエンターテイメントの王国が、その長年の歴史と功績を全部ひっくるめて、新しい時代における“自虐”と“価値観”を示しつつ、新たな「娯楽」を構築されては、そりゃあもうお手上げである。
ジョン・ラセター率いる昨今のディズニー映画に対しては、満足感を通り越し、非の打ち所がなさすぎて逆に苦笑いしてしまうことが多い。

擬人化された動物たちが暮らす王国“ズートピア”を描いた今作。
動物たちのユーモラスなアニメーションそのものは、ディズニーが古くから培ってきた伝統的表現だ。
動物の擬人化と、それが生むファンタジー性は、ディズニー映画の歴史そのものと言っていい。
そのあまりに王道的な表現を、敢えてこのタイミングで主題として扱った意味。その本質が、あまりに深い。

「差別」と「偏見」。この作品のテーマは明白である。
ありとあらゆる動物たちが「平和」に暮らす理想郷(のようなもの)を映し出した今作において、その二つの言葉は、全編通して突きつけられる。
そのテーマの描き出され方は、正直辛辣で、重い。
もしこの映画の主人公が、可愛らしいウサギやキツネではなく、現実社会において社会的冷遇を被っているマイノリティーたちが演じる実写作品であったならば、酷く陰湿で居心地の悪い映画に仕上がっていたに違いない。

そう、この秀逸なアニメーション映画は、その娯楽性溢れる映画世界と引き換えに、それを観ている我々人間の現実世界が、酷く陰湿で居心地の悪いものだということを、雄弁に物語っているのだ。

この世界には、今なお「差別」と「偏見」が渦巻いているということを、世界中の殆ど総ての人は分かったつもりでいる。
我々は、「より良い世界にしたい」と、それらを否定しているつもりだろうけれど、実は当の自分自身が、無意識に、ささやかに、確実に、「差別」と「偏見」を繰り返していることに気づいていない。もしくは、気づかないふりをしている。

それこそが、我々が最も直視しなければならない「問題」だということを、この映画は、小さな主人公の等身大の姿を通じて勇敢に伝えてくる。

「差別」と「偏見」を無くすということは、安直に正論として振りかざせるほど簡単なことではないし、綺麗事ではないのだと思う。
ウサギは弱い、キツネはズルい、ヒツジは大人しい……勝手に貼った“レッテル”を剥がすためには、他人事ではなく、先ず我々一人一人が根気よく自らの“レッテル”を剥がしていかなければならない。
鉄腕麗人さん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2016-10-09 14:05:11)(良:1票)
14.CGアニメがいちばん得意とする動物の擬人化設定を使った王道の刑事物ストーリー。
詐欺師が相棒として捜査に協力するという展開も何かの作品で見たことあるような安定感ですね。
人種や宗教観の違いを動物の種類の違いに置き換えてマイルドにしているけど、偏見や差別について突っ込んだ描写が多いのはアメリカらしいし、世界の警察官を名乗るだけあって主人公の新人警察官がUSAというのもよく出来てる。
2人の活躍をもっと見てみたいので、是非シリーズ化して貰いたい。
もとやさん [DVD(吹替)] 8点(2016-09-22 19:05:47)(良:1票)
13.安定のディズニーアニメ。良かった!!
kaaazさん [インターネット(字幕)] 9点(2016-09-18 04:22:56)
12.◇世界初のダイバーシティアニメ、なのでは?!ダイバーシティの重要性を、最も遠い(本能で生きる)動物たちに演じさせるアイデアが憎い。社会派をここまでカワイク見せる、ディズニーの手腕に感服。◇自分の属性ではなくアイデンティティを認めてほしい、と思いつつ、自分は相手を属性で見る。偏見・差別なんかないと言いながら、実は自分もしていたりする。◇そんな、人の心を映す「鏡」のような作品。◇ところで、キツネは欧米でも「ずる賢い」んですね。日本ではキツネと同様に狸も「化かす・騙す」イメージだけど、欧米での狸の評価はどうなんでしょう。誰か教えてください。
ハクリキコさん [映画館(字幕)] 7点(2016-07-14 00:12:54)(良:1票)
11.ずいぶん評判がいいようなので観に行ってみた。
動物の姿を借りて人間社会を描いているのはその通りなんだろうなと思いつつ、そこまで刺さらなかったです。
なにが原因かわからないけど、テーマとしては決して新しいものじゃないしね。
ここ最近のピクサー作品では一番好きかな。べいまっくすみてないけど
おとばんさん [映画館(吹替)] 7点(2016-07-04 22:48:58)
10.今まで観たCGアニメ系の映画の中では一番面白かった。数々の伏線もお見事。
虎王さん [映画館(吹替)] 10点(2016-06-17 23:24:45)
9.思ってた以上に社会派でした。(人種)差別や偏見、風刺に彩られてはいますが明らかに舞台はアメリカそのものですね。ディズニーにしては随分トライした作品だなあと感心しました。日本アニメ界は大丈夫なんでしょうか?萌えとか猫とかそんな予告編ばかりで心配になりました。
Kの紅茶さん [映画館(吹替)] 7点(2016-05-22 22:28:43)
8.すばらしい伏線。退屈に見える前半にも意味があります。
Yuさん [映画館(吹替)] 7点(2016-05-19 23:45:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 62人
平均点数 7.56点
000.00%
100.00%
200.00%
311.61%
411.61%
523.23%
6711.29%
72032.26%
81219.35%
91625.81%
1034.84%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.20点 Review5人
2 ストーリー評価 8.50点 Review6人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review6人
4 音楽評価 7.80点 Review5人
5 感泣評価 7.00点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

2016年 89回
長編アニメーション賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS