ユリョンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ユ行
 > ユリョン
 > (レビュー・クチコミ)

ユリョン

[ユリョン]
Phantom: The Submarine
(유령/Yuryeong/幽霊)
1999年【韓】 上映時間:103分
平均点:3.62 / 10(Review 26人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-03-03)
アクションサスペンス戦争もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2010-10-05)【Carrot Rope】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストチョン・ウソン(男優)431
チェ・ミンス(男優)202
ソル・ギョング(男優)432
キム・ヨンホ〔男優・1967年生〕(男優)872
キム・ウンス(男優)チャンソクの父
脚本ポン・ジュノ
音楽イ・ドンジュン〔音楽〕
撮影ホン・ギョンピョ
製作チャ・スンジェ
配給日活
ネタバレは非表示中です(ネタバレを表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
22.国際的な二番煎じ料理を目指して、日本製の「沈黙の艦隊」とアメリカ製の「クリムゾン・タイド」を鍋に入れたくせに、「反日・反米感情」というスパイスを利かせ過ぎた為、朝鮮民族以外は受け付けられない味になってしまった、出来損ないのキムチチゲみたいな潜水艦映画。もし韓国人がこんな馬鹿映画を観て溜飲を下げているのであれば、その思考は北の将軍様と余り違わないですね。こんなことばかり繰り返してると我が国も対抗して、伊507に「ローレライ」を搭載して朝鮮半島に攻め込みそうで、そっちも怖いです…。我々はまだまだ20世紀を引きずってるんですね、3点献上。
sayzinさん 3点(2005-02-10 00:51:09)
21.映画としての出来も終始ダラダラしてる。潜水艦内での日常会話がほとんどなので眠くなってきます。でも実際は映画としての出来がどうのという以前に一日本人としてかなりムカつく映画。大義名分も何もなく核攻撃しに来る韓国潜水艇ユリョン(幽霊)、同じく大義名分も何もなく沈没させらていく日本の自衛隊潜水艦。そして最大は核を撃ち込み沖縄住民を全滅させにくる韓国潜水艇ユリョン。非常識、悪趣味極まりない。韓国人の自己満映画でしかないでしょう。なんでこんな映画を日本で公開したんだ?と言う疑問が浮かびます。それでも最後少し実は反核映画でした見たいなセリフが少しある。しかしすぐに「アメリカ人のバカ野郎」「日本人のバカ野郎」「(戦争を開始するには)まだ準備ができていない」などの言葉が続き、結局は日本(とアメリカ)と戦争したいってことで幕引き。最悪だ。
A.O.Dさん 2点(2004-10-16 14:56:13)
20.日米と戦争を開始するには、「まだ準備ができていない!」─ そうか、そういうことか。かつて大久保利通ら反征韓論者も当時似たようなことを言っていたな。こんな映画で韓国人がたまったうっぷんをはらし、溜飲を下げるだけのことなら大目に見ようが。しかし、こんなのが国内の賞をさらう国とは一体どんな国なのか。韓流ブームの背後で、われわれも心しておくには格好の映画なのかもしれない。
goroさん 1点(2004-07-19 00:34:45)
19.韓国人の心の奥底には、いまだに反日感情が根強く残ってるのでしょうか・・・?中国や韓国といった隣国の急激な発展により、日本はもはや肉薄されています。経済力も政治力も資源も乏しい国をいじめて、一体何の得があるのさ。
C・C・バクスターさん 3点(2004-06-13 05:05:45)
18.見終わって腹が立つ嫌な作品。日本人向けじゃない。
PADさん 2点(2004-06-04 14:14:16)
17.いやー、久々にとんでもないもの見てしまったわ。
演出とかは結構いいのにシナリオが…。
監督はよっほど日本が嫌いなんですね、
日本に核を打ちたくてたまらんって気持ちが
滲み出てる映画です(笑)
核を打ちたい理由もめちゃいいかげん。
っていうか大義名分も全く無いし!
そして理由らしい理由もなく沈められていく自衛隊。
日本の潜水艦が沈没していく様子の音声のみを流す
という、悪趣味極まりない演出!
ツッコミどころ満載のひどいシナリオ。
こんな映画がヒットする韓国って一体…。
韓国人の、韓国人による、韓国人のための映画。
この映画を作った人は日本をどのように思ってるのか、よくわかりましたわ。
この映画に賞を与える韓国人は異常としか思えない。
日本人の俺にゃ、全く楽しめなかったですわ。むかついてばかりで。
あと沈黙の艦隊をパクリすぎ。
ふくちゃんさん 1点(2004-02-15 00:11:42)
16.冬ソナ好きのいっつも話しかけてくるおばさんに「いい韓国映画な~い?」って聞かれたら「ユリョン」って答えちゃおうかな。
000さん 2点(2004-01-10 23:17:32)
SUMさん 6点(2003-12-22 17:24:51)
14. 終始眉間にしわをよせて、眼光光らせてます。みなさん。で、最後に「日本人野郎!」はぁ、嫌われてるのね、日本人・・・
ロイ・ニアリーさん 3点(2003-12-12 16:17:07)
13.何から何まで沈黙の艦隊をパクっている。日本の漫画をパクっているくせにやろうとしていることは…まあアレです。もういいや。
aaaさん 2点(2003-07-24 00:33:47)
12.期待はずれ。
M113さん 3点(2003-07-19 20:17:51)
11.韓国映画ブーム(?)に乗って観てしまった・・・。
シュールなサンタさん 2点(2003-01-14 01:15:10)
10.思想抜きの作品としても後味悪い。思想を入れて考えると、論外!主演のチェ・ミンスが好きだから2点献上。
権蔵さん 2点(2002-10-23 13:01:28)
9.韓国映画らしい重さが全体を通して描写されていて個人的には好き。でも、きっと低予算なんだろうなと・・・。
SHUさん 7点(2002-05-08 19:28:26)
8.これが韓国人の本音・・・とは思いたくはないけど、心の奥底にはあるんだろうな、と思いました。ちょっと気になったのが、韓国の人達は「沖縄」をどう捉えているのか?て思ったんです。私はバリバリ本土の人間で沖縄に誰一人知人もいないのですが、太平洋戦争で沖縄は凄惨な地上戦が行われ、そして、ほぼ間違いなく本土を守る為の捨石にされた悲しい過去がある県だと思っています。ユリョンではその沖縄も「憎むべき対象」の日本と同じ様な捉え方をしてたように見えたのですが、どうでしょうか?韓国から見れば沖縄も日本も同じなんでしょうかね?まぁ、たしかに間違いなく日本の県なんですが。。。他のあらゆる部分よりも、なぜかその点が気になって仕方がなかったです。映画としてはなかなか緊張感があってよかったかな?もうちょっとオリジナルのアイデアで作ると良かったかも。
はむじんさん 5点(2002-05-02 00:34:02)
7.いやー。。。んー。。。まだその時期ではないってことは、時期がきたらぶっぱなしちまっていいって考えを皆さん持ってらっしゃるのか。。。怖い怖い。戦闘シーン等も某マンガのまんまでアレでナニでした。。。
aki@HCR32さん 1点(2002-03-22 23:34:41)
6.ラストの15分で一気に評価が下がりました。予定調和なラストがかなり嫌。もっと別のエンディングがなかったのでしょうか? 煮え切らない・・・。日本版の主人公が431で、韓国版が202なのは、それぞれの国の国民感情を反映した形なのでしょうが、日本人観客としては複雑な気持ちです。過去の大戦の行為は、日本人として、謝ることしかできないですけれど。それにしても、ネズミ男さんの伏線はどこに行ったのでしょう? そして日本語翻訳で、ラスト近くの202のセリフの単語「ハン」を「運命」と訳していましたが、直訳の「恨み」や「憎しみ」の方がすんなりくるような気がします。
祥之上さん 4点(2002-03-21 16:17:50)
5.監督の言いたかったことは、主人公が最後にチェ・ミンシクの副長に言う言葉だね。「アメリカや日本と戦争するのは、まだ早い」。シュリの時もそうだったけど、とってもわかりやすいけど、限りなく対馬海峡は遠くて深い。
ジブラルタの星さん 5点(2002-03-19 21:31:54)
4Uさん 6点(2002-03-12 03:27:16)
3.アクションが全くと言っていいほどなかったけど、見終わった後、満足感があった。結構良い映画
てぃむさん 7点(2002-03-11 10:17:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 26人
平均点数 3.62点
000.00%
1415.38%
2623.08%
3415.38%
427.69%
5519.23%
627.69%
7311.54%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 0.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS