素晴らしき哉、人生!(1946)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > 素晴らしき哉、人生!(1946)
 > (レビュー・クチコミ)

素晴らしき哉、人生!(1946)

[スバラシキカナジンセイ]
It's a Wonderful Life
1946年【米】 上映時間:130分
平均点:8.33 / 10(Review 295人) (点数分布表示)
ドラマファンタジーモノクロ映画クリスマスもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-02-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フランク・キャプラ
キャストジェームズ・スチュワート(男優)ジョージ・ベイリー
ドナ・リード(女優)メアリー・ハッチ
ヘンリー・トラヴァース(男優)二級天使クラレンス
ライオネル・バリモア(男優)ポッター
トーマス・ミッチェル[1892年・男優](男優)叔父ビリー
ボーラ・ボンディ(女優)ジョージの母親
ウォード・ボンド(男優)バート
フランク・フェイレン(男優)アーニー・ビショップ(タクシーの運転手)
グロリア・グレアム(女優)ヴァイオレット
H・B・ワーナー(男優)ガウワー(薬局店主)
チャールズ・レイン〔男優・1905年生〕(男優)
マイク・ラリー〔男優・1900年生〕(男優)(ノンクレジット)
脚本フランク・キャプラ
フランセス・グッドリッチ
アルバート・ハケット
音楽ディミトリ・ティオムキン
ロイ・ウェッブ(ノンクレジット)
リース・スティーヴンス(ノンクレジット)
リー・ハーライン(ノンクレジット)
撮影ジョセフ・ウォーカー
ジョセフ・F・バイロック(撮影&カメラ・オペレーター〔ノンクレジット〕)
ヴィクター・ミルナー(ノンクレジット)
製作フランク・キャプラ
RKO
美術エミール・クーリ(セット)
ジャック・オッケイ(美術監督)
編集ウィリアム・ホーンベック
録音ジョン・アールバーグ(ノンクレジット)
あらすじ
日頃 貧しい人々の為 汗を流すジョージ。でもジョージ一家は相変わらずの貧乏暮らし!!   幼い頃からツキ?に見放されて育った彼に大金を失うという大災難が降りかかり、遂に絶望のあまり12月の冷たい河に身を投げようとする が。。彼より先に一人の男が河に飛び込んだ!!その男は羽すらも与えてもらえない2流の天使!!! ジョージが思わず口にする「いっそ 生まれて来なければ」の言葉どうり、彼の存在しない世界を案内するのだが。。。。。。。。。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
15.これは名作だよね。クリスマス前だから余計よかったのかもしれないけど、ヒューマン&ラブ&ファミリーの大傑作だね。映画見た後は鈴を鳴らして遊んでました。
ハトムギさん 10点(2002-12-14 19:22:59)
14.こんなのは理想に過ぎない。こんな良い人間ばかりいるはずがない!人間はもっと「汚い」ものなんだ!という意見は正論でもあります。ですが、現実が「汚い」面も孕んでいるからこそ、この性善説的、楽観的な面の良さがよりいっそう人の心を打つのではないでしょうか。けなしながら見ても良いですから、とにかく一度見ることをオススメします。
デリングさん 10点(2002-12-01 17:25:21)
13.まさに名作。
ジャスティスさん 10点(2002-11-25 20:10:25)
12.アメリカのクリスマスシーズンには必ず深夜TVに登場するという本作。細かい点を指摘したくなるシーンも多々あるが、映画の根幹がそれを許そうとはしない!!古き良きアメリカの良心ともいえるGeorge Bailey(James Stewart)が次第に追いつめられ、子供達へ理不尽な行動を取り始めてからラストまでスクリーンから 一時も目が離せない。もし貴方が人知れず憂鬱なため息を吐いているなら、私は迷うことなく本作を御覧になることをお勧めします。人生は素晴らしい まさに「友のいる人は敗残者にはなりえない」のです。
Moviegoersさん 9点(2002-11-10 02:36:31)
11.シンプルなストーリーだが、自分の存在の意味、生きることの楽しさや素晴らしさをあらためて実感した作品だった。今まで、名作と言われる作品を多く観てきたが、この作品は別格。自分にとっての、「人生の教科書」のような作品だと感じた。是非、全ての映画好きの方々に観てもらいたい作品である。見終わった後、明日への生きる希望や多くの感動と共に、「友多き者に敗残者無し」という最後の天使の名言がいつまでも心に残ることだろう。
ロウさん 10点(2002-11-06 19:16:48)
10.ご都合主義的な筋とジェームススチュアートのヒステリックな演技が好みに合いませんでした。ラストもあまりにもあまりで・…。でもテーマは大好きです。無からは何も生まれない、何か良いことがあったら過去に良い事をしてきた証しでしょう。「サウンド・オブ・ミュージック」の中にそのような歌がありました。
チューンさん 6点(2002-07-26 13:49:57)
9.フランク・キャプラ監督の作品と言うことで観た!タイトル通りの素晴らしき哉、人生!でした。善意の心と心が結びあって。。。その前に一度亡くなった?人が生きてることを確認できた時の喜びが爆発!何よりも命、命があってこその人生!ほかの事は大したことではないのだ。。。そう思わせてくれた。
Ueko・f★さん 8点(2002-07-26 04:49:12)
8.この映画を見て、人生の素晴らしさを実感した。「僕なんて、何も出来ない役立たずだ・・・」と思っていた僕を、勇気付けてくれたジョージと2流天使に感謝したい。
トムさん 10点(2002-05-02 23:25:26)
7.ジェームス・スチュアートもよかったが、ドナ・リードが一層よかった。若い恋人の時の顔、夫の為に家庭を守る主婦の顔、年老いた時の顔と見事に顔・表情をわけて演じていた。
Tomoさん 10点(2002-03-01 22:20:33)
6.キャプラ作品は見終わった後の気分がいいのが好きですが、これも例にもれませんでした。
なんとこさん 8点(2002-02-20 04:27:49)(良:1票)
5.まさにジェームズ・スチュワートの真骨頂。ストーリー展開は安易だがほのぼのと見れて、見た後に素直に良かったなと思える。古き良きアメリカを直に感じれる作品。
かぶさん 7点(2002-01-15 06:06:14)(良:1票)
4.<ネタバレアリマス>物語の冒頭は奇想天外。天使(?てっきり、M78星雲のウルトラの星が会話しているのかと思った)の会話で始まるが、完全にコメディだと思っていた。しかし物語自体は、天使や神様や超常現象など登場せず、単なる一人の男の人生を語るだけで至ってシンプル。中半まではまるっきし彼の人生について語られるのみ。しかし後半、叔父が8000万ドルを無くした(底いじわるのポッター氏に奪われたのであるが・・・)あたりで話は一転。ここでやっと本題である“天使”が現われる。でもそこはやはり昔の映画やなぁって思ってたら・・・・・ん?まさかここで「バック・トュ・ザ・フューチャー」を観られるとは?とにかく個人的にはここの演出に感動しました。あと観終わって思ったんですが、罪を犯したポッターは無罪放免なのでしょうか?恐らく最も貧しいのはポッターだったと言うことでしょう・・・・・
さん 10点(2001-12-22 02:38:31)
3.NHK「アリー・マイ・ラブ」のある台詞を聞いてこの作品を観てみた。ん~なかなか良いではないか!もうすぐクリスマス。一足早いプレゼントをもらった気分だ。ありがとうジョージ・ベイリー!
イマジンさん 8点(2001-12-14 12:19:33)
2.人生ってすばらし~感動の拍手!!!
かっちゃんさん 10点(2001-11-30 23:38:05)(良:1票)
1.岡部まりが、「人生NO.1」と言っていたので見ましたが???悪くはないですが・・・
めいたんさん 6点(2001-09-15 22:43:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 295人
平均点数 8.33点
000.00%
100.00%
231.02%
341.36%
472.37%
5124.07%
6186.10%
73311.19%
85518.64%
95920.00%
1010435.25%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.60点 Review35人
2 ストーリー評価 8.37点 Review40人
3 鑑賞後の後味 9.13点 Review53人
4 音楽評価 6.92点 Review27人
5 感泣評価 8.62点 Review43人
chart

【アカデミー賞 情報】

1946年 19回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ジェームズ・スチュワート候補(ノミネート) 
監督賞フランク・キャプラ候補(ノミネート) 
編集賞ウィリアム・ホーンベック候補(ノミネート) 
録音賞ジョン・アールバーグ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1946年 4回
監督賞フランク・キャプラ受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS