リービング・ラスベガスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > リービング・ラスベガス
 > (レビュー・クチコミ)

リービング・ラスベガス

[リービングラスベガス]
Leaving Las Vegas
1995年【米・英】 上映時間:112分
平均点:6.92 / 10(Review 106人) (点数分布表示)
公開開始日(1996-09-14)
ドラマロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-05-05)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイク・フィギス
キャストニコラス・ケイジ(男優)ベン
エリザベス・シュー(女優)サラ
ジュリアン・サンズ(男優)ユーリ
リチャード・ルイス(男優・1947年生)(男優)
スティーヴン・ウェバー〔男優〕(男優)
バレリア・ゴリノ(女優)テリー
ローリー・メトカーフ(女優)
ジュリアン・レノン(男優)
キャリー・ロウエル(女優)
ボブ・ラフェルソン(男優)
R・リー・アーメイ(男優)
ショウニー・スミス(女優)
エド・ローター(男優)
ザンダー・バークレイ(男優)
グレアム・ベッケル(男優)
ルシンダ・ジェニー(女優)
デヴィッド・クリーゲル(男優)ホテルの支配人
スーザン・バーンズ[女優](女優)
マーク・コッポラ(男優)
山寺宏一(日本語吹き替え版)
勝生真沙子(日本語吹き替え版)
田中正彦(日本語吹き替え版)
稲葉実(日本語吹き替え版)
家中宏(日本語吹き替え版)
大塚周夫(日本語吹き替え版)
脚本マイク・フィギス
音楽マイク・フィギス
編曲アンソニー・マリネリ(ノンクレジット)
主題歌スティング"My One And Only Love"
撮影デクラン・クイン
配給日本ヘラルド
美術ウォルドマー・カリノウスキー(プロダクション・デザイン)
字幕翻訳戸田奈津子
その他アンソニー・マリネリ(スペシャルサンクス)
スティング(スペシャルサンクス)
あらすじ
家族も失い、アルコール中毒のために失職してしまったベン(ニコラス・ケイジ)は、ラスベガスで、お酒を飲み続けて、そのまま死のうと決意する。しかし、ある夜、街で娼婦のサラ(エリザベス・シュー)と、運命的な出会いを果たす。2人は愛し合うようになるが、ベンは酒をやめる気は無い。究極の破滅のストーリー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.なんでアカデミー賞なの?よくわからん。
ビビンバさん 3点(2002-07-27 23:26:28)
25.なんて悲しい物語。音楽が抜群。エリザベス・シュー大好き。部屋の中で、洋酒を片手に一人で見る、これがサイコー。
やんいーさん 10点(2002-06-28 12:26:03)
24.切なくて好きな映画だが納得できない点も多々あり。2人ともまだまだ十分社会復帰できるのになんで破滅に向かっていくのよ、これ?昔、江夏が言ってました。「人生投げたらアカン!」Mr.泣きっ面ニコラス・ケイジのダメ男っぷりは良かったです。
mon-monさん 8点(2002-06-26 17:08:51)
23.エリザベス・シューかわいいですね。内容は自分のすき系のお話でわないけど、まあそこそこおもしろかったでした。でもニコラス・ケイジてやっぱなんかヤダ。特にあの胸毛とか。。。
バカ王子さん 7点(2002-04-22 21:52:56)
22.熱演はよーく判った。しかし本当につまんなかった。
sokratesさん 1点(2002-04-11 16:48:32)
21.理解できないですね。そもそも芸術=SEXに結び付ける作品は映画に限らず大嫌いなので。そうじゃないだろうと突っ込まれる方もいるでしょうが私にはそう見えました。原作者は自殺したそうで・・・。まぁいいや。死んでください。
K・Yさん 2点(2002-04-04 00:43:39)
20.世捨て人・・という理解でいいんでしょうか?ニコラスケイジの濡れた目パワー全開でした。中島らもの「今夜すべてのバーで」(だったかな?)という本を思い出しました。
junkoさん 6点(2002-03-25 16:23:44)
19.ちょっと暗めだけど、内容は良かったです。
おにぎりさん 8点(2002-03-05 10:54:15)
18. 眠りは死に似ているとも言われ、死は眠りに似ていると言われる。ならば、男は眠たくなると勃起するように、死にそうになると勃起するのであろうか。二人の最初で最後のセックスが、死を目前にしたこのセックスだったとはあまりにも悲しい。しかし、二人の最初の出会いで、エリザベス・シューがニコラス・ケイジに「一緒にいて」と言いながらトイレでおしっこをするシーンといい、死にかけの恋人と永遠の別れをするシーンで男の上にまたがるこの最後のシーンといい、なんか変な主張が込められているような気がする映画ではある。
tomochan2002さん 5点(2002-03-04 01:13:04)
17.エリザベス・シューのような娼婦に出会って、酒で死ぬなら本望だなあ。この映画のビデオ、美人の娼婦にプレゼントした。でも、彼女ちっともやさしくなかったよ。覚せい剤から立ち直ったこと自慢してたな。そんなことに呆れたおれも、やさしくなかった。あのころ上潮だったからなあ。今は、この映画他人事じゃない。エリザベス・シューには会えず、ひたすら孤独に死ぬのが、現実かも。
ちょうじさん 7点(2002-02-06 14:05:44)
16.(↓)そのDVDを買った友達ですが、高級娼婦とアル中の男の恋愛。ただそれだけが良い。☆ニコラス・ケイジと一つ屋根の下で暮らす条件に、「酒をやめろ!とだけ言うな」それを聞いた彼女は、何と彼に携帯用のボトルを渡す。「こんなことをしてくれた女(ひと)は初めてだ」そりゃそうでしょ。こんなアル中にそんなプレゼントなんてしないよ。つまり破滅すると分かっていて、尚、そうと分かっていて愛し合うからこの作品って良いんですな、これが・・・・・ん?
イマジンさん 9点(2002-01-15 12:38:59)
15.なるほど観て気付いたのは、ニコラス・ケイジってアル中の役なんですね。オスカーを取り易い条件として、“酔っ払いやアル中の役”と“主人公が最後死ぬ”って言うセオリーにハマった作品のようです。友達はこのだらだらした雰囲気が良くってDVDを買ったそうですが、個人的にはついて行けなかったですねぇ。
さん 6点(2002-01-07 00:58:39)
14.「哀」っていう一文字が、ずっと頭から離れなかった。自分を形成する全てのものの核に「孤独」がある二人だから、ああいう関係になりうるし、逆に互いに対して何も云えなかったのだとも感じた。E・シューの生き方は、村上龍の「ピアッシング」っていう小説の主人公に通じてて、ほんとに切なかった。マイナスは、ドキュメンタリーチックな部分と多すぎる気がする音楽での新庄表現に1点ずつです。 ニコラス・ケイジはこの頃が一番いいなぁ~。
woodさん 8点(2001-12-17 22:58:37)
13.これはもう、せつないと言うかなんというか・・・心が痛くなるね。二人が幸せにしててもその幸せは刹那的なものでしかないのが痛いくらいにわかってしまう。刹那的な分それは綺麗なのかもしれないけど・・・。人生の酸いも甘いもまだ分からないわたしには理解しろってのがムリなのかもしれないけど、お互いがお互いを変えることは無理だったのかしら。お互いに自分が変われないことを知っていたから相手も変えようとしなかったのかな。うーんどうなんだろ。あの子はまた娼婦に戻ったのかな。最後にセックスをするわけだけど、そん時やるくらいなら何で先にしなかったんだろ。この映画の中でセックスが意味するものはなんだろ。わたしはハッピーエンドが大好きで、ハッピーエンドの映画ばっかり観てるんだけど、そんなわたしでもこれはよかった。それにしても、これまではニコラス・ケイジの顔が嫌で嫌でたまらなくて、「シティ・オブ・エンジェル」なんか、なんでケイジでやるんだよー!ってかんじだったのが、この作品では全然気にならなかったなー。
hさん 7点(2001-12-05 00:59:59)
12.いろんな意味でキツい映画でした。前向きな姿勢とは口が裂けても言えないけれども、なんだか応援してあげたくなる主人公2人のあまりに刹那的な愛の行方。脇役はあまり出番が少なく、ほぼ主演2人(N・ケイジ&E・シュー)の演技のぶつかり合いといった感じですが、それでいて脇役も結構印象的。後味は決していいとは言えませんが、私的には悪くもないです。満点にできないのは、随時挿入されるドキュメンタリー・チックな部分がいらないと感じたからです。それを除けば、私の中ではかなりいいです。
チャーリーさん 9点(2001-09-16 23:35:33)
11.年を重ねるごとに、この作品の良さが理解できるのかもしれない。
まきさん 9点(2001-05-22 21:32:12)
10.見終わった後、なんだかなぁって思った。切ないし、感動もしたけど、何故か納得できなかった。
takaさん 5点(2001-05-12 03:35:26)
9.せつない。
mikaさん 10点(2001-05-04 00:53:09)
8.アル中男と娼婦、出口のない恋。人は誰も一人では生きてゆけない。人間がいとしくなるような映画です。
向日葵さん 8点(2001-04-14 22:28:41)
7.みなさん評価高いですねえ、僕も素晴らしいとは思うんですけど、予想以上に暴力シーンが多かったからちょっと拒絶反応を起こしちゃいました。
T・Yさん 6点(2001-03-04 19:37:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 106人
平均点数 6.92点
000.00%
132.83%
221.89%
332.83%
465.66%
598.49%
61413.21%
72422.64%
82119.81%
91211.32%
101211.32%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.75点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review3人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 6.00点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1995年 68回
主演男優賞ニコラス・ケイジ受賞 
主演女優賞エリザベス・シュー候補(ノミネート) 
監督賞マイク・フィギス候補(ノミネート) 
脚色賞マイク・フィギス候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1995年 53回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ドラマ部門)エリザベス・シュー候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)ニコラス・ケイジ受賞 
監督賞マイク・フィギス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS