バトル・ロワイアルII/鎮魂歌(レクイエム)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バトル・ロワイアルII/鎮魂歌(レクイエム)
 > (レビュー・クチコミ)

バトル・ロワイアルII/鎮魂歌(レクイエム)

[バトルロワイアルツーレクイエム]
Battle Royale II[米]/Battle Royale 2: Revenge[英]
2003年【日】 上映時間:133分
平均点:2.72 / 10(Review 182人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-07-05)
アクションサスペンス戦争ものシリーズもの犯罪もの政治もの青春もの学園もの小説の映画化バイオレンス
新規登録(2003-07-06)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-04-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督深作欣二
深作健太
助監督原田徹(監督補佐)
演出諸鍛冶裕太(アクション監督)
キャスト藤原竜也(男優)七原秋也(ワイルドセブン)
前田愛(女優)(女優)キタノシオリ(女子04番)
竹内力(男優)教師RIKI
前田亜季(女優)中川典子
忍成修吾(男優)青井拓馬(男子01番)
石垣佑磨(男優)左海貢(ワイルドセブン)
加藤夏希(女優)桜井サキ(ワイルドセブン)
真木よう子(女優)早田マキ(ワイルドセブン)
村田充(男優)風間総司(ワイルドセブン)
和田聡宏(男優)今給嶺聡(ワイルドセブン)
坂本真(男優)葛西治虫(男子03番)
勝地涼(男優)桜井晴哉(男子05番)
田中丈資(男優)田口正勝(男子09番)
青木崇高(男優)名波順(男子10番)
田村圭生(男優)長谷川達彦(男子11番)
黄川田将也(男優)槇村慎太郎(男子15番)
酒井彩名(女優)浅倉なお(女子01番)
神戸みゆき(女優)筧今日子(女子03番)
末永遥(女優)久瀬遥(女子05番)
桂亜沙美(女優)新藤理沙(女子08番)
長谷部瞳(女優)本村明日香(女子18番)
菊地美香(女優)八木綾音(女子19番)
千葉真一(男優)三村真樹雄
三田佳子(女優)拓馬の母
津川雅彦(男優)内閣総理大臣
ビートたけし(男優)教師キタノ
仁科貴(男優)
大葉健二(男優)マキの父
高月忠(男優)
谷口高史(男優)
ささの友間(男優)ワイルドセブンの子供たち
出演深作欣二(スチール写真【ノンクレジット】)
原作高見広春「バトル・ロワイアル」(太田出版)
脚本深作健太
木田紀生
音楽天野正道
ポーランド国立ワルシャワ・フィルハーモニック・オーケストラ(演奏)
作曲ジュゼッペ・ヴェルディ「レクイエム」
撮影藤澤順一
小松高志(B班撮影)
製作木村純一(共同製作)
東映(「バトル・ロワイアルII」製作委員会)
SEGA(「バトル・ロワイアルII」製作委員会)
ギャガ・コミュニケーションズ(「バトル・ロワイアルII」製作委員会)
テレビ朝日(「バトル・ロワイアルII」製作委員会)
WOWOW(「バトル・ロワイアルII」製作委員会)
岩本太郎(共同製作)
企画遠藤茂行
プロデューサー片岡公生
早河洋(エクゼクティブプロデューサー)
佐藤雅夫(エクゼクティブプロデューサー)
配給東映
特殊メイク松井祐一
特撮大屋哲男(視覚効果コーディネーター)
田口清隆(デジタルエフェクト)
美術磯見俊裕
編集阿部亙英
照明小野晃
あらすじ
七原秋也(藤原竜也)と中川典子(前田亜季)があの島を脱出してから3年後、この国はテロの時代に突入した。 国家は、勝手に七原が犯人と断定して、新しく作ったBRII法に基づいて中学生42人を七原の立て篭もる戦艦島に送った。 この作品の監督だった深作欣二が2003年一月十二日に亡くなった後、息子の健太がメガホンを引き継いだ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
82.イソップをだして欲しかった。
たまさん 4点(2004-04-20 23:42:48)
81.平和ボケした日本人に衝撃を与えるという意図はわからないではない。それでもなんだこれは。『プライベート・ライアン』のパロディーだったり、単なる劇画だったり、深作組の悪い意味でのB級性が露呈している。名作『仁義なき戦い』は今思えば脚本がピカイチだったのだろう、どうしようもないリアリティがあった。深作欽二は名声を汚して去った。
goroさん 2点(2004-04-20 20:59:48)
80.《ネタバレ》 前作の設定で続編を製作して欲しかった。こんなのバトル・ロワイアルじゃないです。ラストも七原らと再会していましたが普通に考えるとありえないです。
マーク・ハントさん [映画館(字幕)] 5点(2004-04-15 01:14:23)
79.核爆弾投下して隠ぺいした方が早いぜ!!
あぁ・・・せめて「模倣犯」の中居君並に首が吹っ飛べば良かったね。
前作でもそうだったが、顔も覚えていないのに死ぬ時は必ず出てくる名前と出席番号は3秒後には忘れてる。
真尋さん 6点(2004-04-12 11:17:48)
78.序盤までは何だよ面白いじゃんと思いきや、後半からのあの展開。いっそのこと前作の七原とか全部忘れて、違うクラスでまた殺し合いさせたほうが面白かったのではないかな。
腸炎さん 7点(2004-04-06 14:38:17)
77.予想どうりの低評価・・・まあ、それを知ってて見たからなのか”駄作”と言い切れる作品でもないように感じたのですが。確かにツッコミどころ満載で薦められる内容ではありませんでしたが、見るべき所や他の邦画にも見習って欲しいところもあったと思うのですが。”邦画もやればできるんだなァ~”なんて関心した所もありましたよ。話は変わって凄かったですねぇ~竹内力。切れまくってましたねェ~(笑)。彼がいなければ評価は1点マイナスしていましたね。
カズゥー柔術さん 6点(2004-04-05 13:55:52)
76.「り~~き~~でぇ~~す」に爆笑してしまいました。目つきやしゃべりはどうしても愚連隊にしか見えません(笑  服装も、今回のはいかにも戦争って感じなんで、前回の制服の方が良かったな~。
akoakoさん 2点(2004-04-05 09:32:34)
75.前作と一番ここが違うと思ったのは、生徒一人一人の描き方だ。前作は、とりあえずは生徒一人一人に顔を出せる分数を保っていたように思うが、これはもうそういうのもなく、とにかくどんどん死んでいく。だから主要キャラ以外には、もう誰も覚えてない。その分、プライベートライアンかぶれの戦闘シーンが延々続くのである。前作よりかは、映画のメッセージはわかりやすいものになっている。なぜなら、藤原君がカメラ目線でこの映画の意図を全て観客に語ってくれるからである。最後に深作欣二監督の写真で終わったのを見て思った。そうか。この映画は息子による父への鎮魂歌だったんだな。
あろえりーなさん 4点(2004-04-02 23:29:25)
74.期待してみたわけではなかったが、ヒドイ映画だった。内容は最悪。作品じゃない。単なる映像。特に、陳腐でばかばかしいセリフにはうんざり。どんなラストで決着するのか興味があったので、我慢して観たけど、陳腐でアホらしいラストだった。ただ、ココまでまともに9.11事件を題材にして、かつ「反米」と
「テロ肯定」をやっちゃってるとは思わなかったので、ちょっと感心した。半世紀もたって見直したら、ある意味貴重な存在になってるかも。三田佳子が、現実の本人のスキャンダルを想起させるような役柄でもあり、ほんのちょっとの出演なのにインパクト有り。藤原竜也はものすごくイイ役者だが、この映画では何の意味もない。
ルクレツィアの娘さん 2点(2004-04-01 22:35:04)
73.みんな勘違いしてますよ!!これは故・深作監督、最初で最後のコメディ映画なんですよ!!!
海野やよいさん 1点(2004-03-29 01:41:37)(笑:3票)
72.無理な設定はその場限りしかもたないのに続編を作るとどうしようもなくなる。
前作のストーリー設定が無理があるのにそれを無理に続けるからな、、、。そして陳腐な、なめた、メッセージ性まで露骨に出してくれる。いらん、そんなメッセージ。薄っぺらいメッセージ性を出す前にタッグ戦等の設定を生かして欲しかった。途中から首輪の意味なくなるし、この映画の設定の肝をつぶしちゃあな、、、。

どうなるんだろ、続きなんて成り立たないだろ、この話と思ったら案の定成り立たなかった、、、。そんなに前作は評判が良かったのかな?
さん 3点(2004-03-26 01:12:20)
71.「絶対面白くない」と確信しながらもついに観てしまったので、あえてこの映画の堕落っぷりは追求しないでいようと思う。そんなもん観た人すべてが嫌でも感じることだから。で、「面白くない」と思いつつ僕がどうしても観ずにいられなかった原因は、一つしかない。そう、竹内力である。予告編での彼のキレっぷりを見て、好奇心が大いにぐらついた。そして観た本編のRIKI先生は想像以上だった。あの目つき、あの口調、そしてあの死に様もといトライ…、バイオレンスと笑いを超越した彼のキャラクターは圧巻である。深作欣二の遺作にふさわしいとは言えず、極めて醜悪な映画であることは明らかだが、確固たる見応えがあったことは事実だ。竹内力、万歳。
鉄腕麗人さん 1点(2004-03-24 03:22:14)
70.《ネタバレ》 小説よりは全然良い。映画を観てタッグにする意味がわかりました。
バディ形式だったのか・・。でも小説と同じく主人公とヒロインのキャラが薄いのは変わらなかった。
ばくさん [映画館(字幕)] 5点(2004-03-22 22:16:22)
69.バトル・ロワイアルじゃないし・・・。上陸作戦まではなかなか良かったが、後は全くわからん。あのトライは一体なんなのだ?
アルテマ温泉さん 2点(2004-03-19 13:50:51)
68.こりゃヒドイです。前作は仲間同士が殺しあうからまだ面白かったのに、これじゃあ赤軍映画と一緒じゃないですがバカバカしい。しかもあんな小規模なテロ集団に苦戦している自衛隊に描かれてしまって悲しいですよ。竹内力の爆発シーン以外笑うところもない。 トライできてれば5点入ったのに惜しかった。
亜流派 十五郎さん 0点(2004-03-18 18:19:34)(笑:2票)
67.三田佳子、ビートたけし以外の配役がほとんどミスキャストって感じ。
藤原竜也は童顔なせいもあってか、生徒たちを諭す発言の全てに
説得力がない。それにあのカッコ・・・。
付け足しの2作目はいらなかった。これが遺作となった深作監督が
かわいそう。
dryさん 2点(2004-03-16 23:26:11)
66.いやぁ面白かった!!すごいよこれ!
自由人さん 1点(2004-03-14 15:52:09)
65.ますます意味がわかんない。なんで犯人ってきめつけてんの!?
ギニュー隊長★さん 1点(2004-03-13 15:48:54)
64.またやってしまったのか?って思ったけど、竹内力が終始面白い。「トラーイ」のシーンは爆笑してしまった。コメディっすね。
モチキチさん 4点(2004-03-13 12:10:53)
63.序盤はドキドキしました。これからどんな事が起こっていくんだろう?どんな残虐な事が・・・。などと思って見て行き、見終わる頃には空いた(開いた)口がふさがりませんでした。
まあ観ればいいんじゃね~の?といえる映画です。
みどりいろさん 4点(2004-03-12 19:12:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 182人
平均点数 2.72点
02010.99%
14323.63%
23117.03%
33318.13%
42212.09%
5147.69%
663.30%
794.95%
831.65%
900.00%
1010.55%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.25点 Review8人
2 ストーリー評価 1.07点 Review14人
3 鑑賞後の後味 0.75点 Review12人
4 音楽評価 2.27点 Review11人
5 感泣評価 0.12点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS