オールド・ボーイ(2003)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > オールド・ボーイ(2003)
 > (レビュー・クチコミ)

オールド・ボーイ(2003)

[オールドボーイ]
Oldboy
(올드 보이/オ-ルドボ-イ)
2003年【韓】 上映時間:120分
平均点:7.02 / 10(Review 199人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-11-06)
サスペンス犯罪ものミステリー漫画の映画化
新規登録(2004-06-12)【ヴァッハ】さん
タイトル情報更新(2014-06-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督パク・チャヌク
キャストチェ・ミンシク(男優)オ・デス
ユ・ジテ(男優)イ・ウジン
カン・ヘジョン(女優)ミド
オ・ダルス(男優)監禁業者 パク
ユ・ヨンソク(男優)少年ウジン(アン・ヨンソク名義)
オ・グァンノク(男優)自殺する男
磯部勉オ・デス(日本語吹き替え版)
関俊彦イ・ウジン(日本語吹き替え版)
石田圭祐(日本語吹き替え版)
堀内賢雄監禁業者 パク(日本語吹き替え版)
小山茉美(日本語吹き替え版)
中田和宏(日本語吹き替え版)
岡野浩介(日本語吹き替え版)
三宅健太(日本語吹き替え版)
朴璐美(日本語吹き替え版)
石井隆夫自殺する男(日本語吹き替え版)
辻親八(日本語吹き替え版)
原作土屋ガロン『オールド・ボーイ』
音楽チョ・ヨンウク(音楽プロデューサー)
撮影チョン・ジョンフン
美術リュ・ソンヒ
字幕翻訳根本理恵
あらすじ
オ・デスは突然拉致され、そして15年もの間監禁されて、突然解放される。彼は復讐を誓い、犯人を捜していく。そこへ現れた謎の男ウジン。彼はオ・デスに自分が犯人だといい、五日以内になぜ自分がオ・デスを15年も監禁したのか当てろ、とゲームを持ちかける。そこには恐るべき罠が待っていた・・・カンヌ映画祭グランプリ受賞の傑作サスペンス。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
59.6点にするか7点にするか久々に迷った。とりあえず7点ですね、なかなか面白いと思うので。見て最初に思ったのは、これはたしかにカンヌでグランプリとりますね~。もろに審査委員長のタランティーノ好みの作品になってましたよね(笑)。偶然とは私も決して思わないが、運命的であると感じましたね。内容は想像以上に痛い場面があって、子供は見ない方がいいかもしれませんが、非常に凝った内容で次の展開が楽しみで面白かったです!どうも私は韓国映画に好意的に評価しがちですが、やはり邦画と比べてしまうと、どうしてもレベルの差を感じてしまいます。最近元気になってきた邦画ですが、いやはや、本作品を見るとまだまだな感じがします。頑張ってくれよ、日本映画・・・(切実に)。
はむじんさん [DVD(字幕)] 7点(2005-05-21 21:44:25)
58.《ネタバレ》 ハ ヒッコヌキ ウデ ブッタギル シタ チョンギルンダスミダ・・・冗談はともかく。楽しめました。楽しいと言うのはおかしいですけど、驚きたいという気分の時に観たので満足です。前半のユーモアある演出に心の中でツッコミを入れつつサクサク楽しんでいると・・バイオレンス・・中盤オデスと共に謎の少女とのロマンスにうつつをぬかしてたりしたもんだからラストは空いた口が塞がらなかった。マジで?クソ。やられた・・ロマンスパートが最大の復讐劇だったのか・・って。スタイリッシュと言える演出や、一場面飛ばしちゃうだけで笑わせるとこ、痛い痛いバイオレンス、韓国映画のある種のサービス精神には驚かされました。
ウメキチさん [DVD(字幕)] 8点(2005-05-19 12:48:11)
57.《ネタバレ》 単なるアクション映画かと思っていたら、現代韓国流にアレンジされたオイディプスでしたね。オデスという名前も、オイディプスに由来しているのでしょうか。、、、、、、最後のオデスとウジンの対峙、そしてオデスの慟哭、懇願、、、、思わず目頭が熱くなり、野村萬斎さんのギリシアでの公演を思い出しました。(もちろん見たのはテレビですが)、、、そしてチェミンシクの演技は、萬斎氏の演技よりも深く、悲しいものにも感じられました。、、、、、、でもどうして、言葉でいわれ、それらしい写真を示されただけで、ミドを娘だと信じることができるのだろうか。そこには言葉が私たちに対して持っている暴力的な力が見事に表現されています。、、、また、娘と交わることが、どうして舌を切るほど深い慟哭に値するのだろうか。そこには私たちが属している共同体の文化が私たちに強い影響を持っていることが端的に示されています。、、、、でも、そうした価値意識は、何も考えずに、変えがたいもの、当然のこととして承認してよいのだろうか。そういう疑念は、この映画にも提示されているように思います。、、、、、ラストの二人です。氏族制度を軸とする伝統的な価値意識に執着するならば、仮に記憶をなくしているとしても、ラストは許し難いものに受け取れるのではないでしょうか。しかし、私は、慣習や言葉の牢獄から、完全に脱することはできなくとも、少しでもそこから脱し、より人間的な生を実現したいという意志を、ラストの二人、そしてそれを取り囲む冬山の情景から感じ取ることができるのではないかと思いました。つまり、運命の前にただ頭を垂れるのではなく、何とかして、少しでもそれを切り開こうとする意志です。
王の七つの森さん [DVD(字幕)] 10点(2005-05-16 23:46:02)(良:1票)
56.《ネタバレ》 予告映像では重厚なドラマのように見えて期待していたのですが、違っていました。バイオレンス映画として軽く観るぶんには面白いんですが、人間ドラマとして観るとかなりお粗末。激しい復讐劇の根幹に近親相姦を持ってくるのなら、その観念についてもっと深い思慮を持って欲しい。娘とセックスしたことに愕然とするばかりでなく、立派に成長した娘への感動や感謝はよぎらないのか。役者の突き抜けた演技には説得力があるけれど、脚本的には浅い。
オ・デスはミドの父親であることを隠し通すために、催眠術によって自分が父親であるという秘密を封印する。すなわち自分の娘との恋愛関係を続けることを選んだ。舌など切らずにキチンと真実を打ち明け、親子として暮らせる未来を求めるべきではなかったのか。それが強く重い意志による最善の「復讐」だと私は思うのだ。ウジンもオ・デスも結局、悲劇から逃がれたいばかりで立ち向かうことをしない。この弱くて盲目な二人を「リアルだ」と思うならアリだろうけれど、私にはおぞましいものでした。とどのつまり、性衝動の美化・正当化に執心しているだけ。(教室でエロイことするウジンが軽率だし、オ・デスが卑屈に謝罪した動機がミドとの恋人関係を維持するためだなんて)表面的なショッキングさを重視し、心理的な成熟が感じられない、悪い意味で現代漫画的な映画でした。
337さん [DVD(字幕)] 6点(2005-05-14 23:39:23)
55.最初は訳の分からない展開に付いて行けず..ガマンして観てたら..ようやくラストあたりで謎解きが..映画としては斬新ですね~結構レベルも高い!..ただ病気的な作風のため、観る人の好みに左右されると思います..私的には興味なし!..
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 5点(2005-05-13 12:39:39)
54.《ネタバレ》 監禁の理由が突拍子もないというか、単なる逆恨みの逆切れ状態なのが正直「はぁ?」って感じで少々しらけ気味。それにしても、お互いに親子だというところに何故気づかないか?特にミドちゃん。自分で父親の行方を確認したおばさんを尋ねてるのに。。。父親だと知っていて、あえて知らない振りをしているという設定なのかな?「監禁をした理由ではなく開放した理由を考えろ」なんて面白そうな展開だ!と思ったのに少々残念な内容でした。原作があるようですが、漫画と実写との違いを考慮して欲しかった。
北狐さん [DVD(字幕)] 6点(2005-05-12 23:43:47)
53.これねぇ映画館で見たかったんですよ。
でもこの時期って見たい映画が立て続けでこれだけ逃してしまった。
見た結果「やっぱし映画館で見たかったぁ~」です。
私、おじさん好きなんです。(笑)あんな状態で出会ってしまったら
もう即効ですね。 タイプだし。 おっと、映画については
いい意味で「そんなんありかよーーー」って突っ込めるのも良し。
見終わった後後味が程よく悪い所も良し。
あずきさん [DVD(字幕)] 8点(2005-05-07 15:19:02)
52.《ネタバレ》 原作の漫画は読んでないですが、これはやはり漫画だから暗黙に許せる唐突さなんだと僕は思いました。一番は恨みを買う理由です。これがどー考えても希薄に感じてしまいます。漫画で連載ならそういう突飛な関連性をありと思ってしまいますが、これが実写だとそれぞれの気持ちを自然と考えてしまうので、偶然目撃して1人に話をした事がどれだけ恨みを買うのか共感はしにくい。(漫画は無意識にこれはリアルでは無いと認識し、認めているのでね。)で、あるならもっと恨む側のここまでの描写があった方がいいかな?もっともっと屈折した人間ならそういう身勝手な逆恨みもあるのかなと思えます。長い期間監禁された割には動機が通り魔的逆恨みではなんでもありありになるじゃ?と心配します。そしてラスト前にウジンが拳銃で自らを撃つ部分にはなんらかしらの気持ちの描写があった方がその後が見易いと感じました。そこで消化不良のままラストに流れてとても???がつきまといます。
し・か・し!それ以外はかなり良かったです。韓国映画の勝手な先入観を覆す作品でした。主人公の演技が特にGood。
森のpoohさんさん [DVD(字幕)] 6点(2005-05-07 00:23:31)
51.《ネタバレ》 つらいですね。ラストはせめてもの微量なハッピーエンド。私としては、せっかく記憶をなくしたのだから、娘を外へ出してあげればいいのにと思った。それにしても、社長は長々とこんなこと考えて生きてきたのか。逆恨みに近い妄執のサド。自分の責任はどこへやら 。あんな狭い地域で、姉に手を出し昼間校内でいちゃつけば噂にもなるでしょう。こんな気持ちになるのもオルテスの一生懸命さに心がいってしまった結果か。おじさんもシェイプアップしてお洒落にすると見れるようになりますね。15年間といえども想像訓練だけであれだけ強くなってしまうのはさすが漫画という感じ。強すぎて最初はアンドロイドにされたのかと思った。
チューンさん [DVD(字幕)] 8点(2005-05-03 22:28:09)
50.《ネタバレ》 面白かった。ミドが後半、天使の羽着けてたシーンが好きかな。
娘を持つ親父としては、後味悪い映画ではあったな。
デスが圧倒的に強いのかと思いきや、ちょっと強い程度だったのが残念。
超人的な強さで凄い技とか決めて欲しかった。
ミドは若い頃の沢口靖子に似ていた。好きなタイプ。18才のビビアン・スーでもいいか。ところで、彼女はどこへ行ってしまったのだろう。ユンソナに居場所取られて出る幕なしってことか。
くぼごんさん [DVD(字幕)] 8点(2005-05-03 14:21:08)
49.《ネタバレ》 原作のコミックスは読んでます。原作のプロットだけ拝借して作りましたって感じの作品。原作のほうがよかったです。まあ邦画でやれば駄作になるのは目に見えているので、韓国映画でよかったかも。監禁の理由も原作のほうが不条理さがでていてよかったのになー。監禁が10年間から15年間に変わっているのも訳があったんですね。
kenzさん [DVD(字幕)] 6点(2005-05-01 01:53:13)
48.主演の方が男くさくいい演技をしていました。ストーリー的にもおもしろかったし、最初から最後まで飽きさせない内容でした。韓国映画はあまり好きじゃなかったんですが、この映画を見て少し好きになりました。
すごろくさん [DVD(吹替)] 8点(2005-04-24 02:46:32)
47.そこそこ楽しめました.久しぶりに「そうきたか~」という感じでした.それと,ヒロインのオッパイに+1点.
マー君さん [DVD(字幕)] 7点(2005-04-23 15:11:54)
46.怪作だね!
kさん [DVD(字幕)] 7点(2005-04-23 02:38:12)
45.《ネタバレ》 ああ~もう、後味悪い~~、と思いながらもこの点数。正直ラスト近くなってからは、私の生理的に受け付けないジャンルに入ってしまったので。とはいえ、チェ・ミンシクの演技力には脱帽!あんなに汚れたおじさんなのに、どこかセクシー。どこかせつない。日本にあれだけ見せる(魅せる)おじさん役者って、いる?ウジンのペントハウスに乗り込んでから、自身の真実を知ってしまったデスが、ミドを傷つけまいと必死になる様は、あまりの残酷さにむかつくやら、デスが気の毒で胸がつまるやらで…。よくもこんなプロットを考え付いたものです。(これって原作の通りなんですか?)でも最後って、デスはまた記憶を改ざんされてるんですよね…?そんな状態でミドと一緒にいるのはいかんでしょう。と思うのですが。
ろこもこ・らいすさん [DVD(字幕)] 8点(2005-04-19 15:01:36)
44.《ネタバレ》 ストーリー展開や格闘シーンは勢いがあり、ラストで逆転する復讐劇に驚嘆。最近、映画を構えて見ることが無いからか、2人の関係に全く気付きませんでした。ただ仕方ないことですが、国民性の違いがあるため少々感情移入が難しい場面があり、余韻に耽れなかったのが残念でした。韓国映画が大量に日本に上陸するようになって、自分もその流れに乗るように何作か見てきましたが、色んなジャンルで完成度の高いものが多く驚いてます。
ぶるぅす・りぃ。2さん [ビデオ(吹替)] 7点(2005-04-16 01:20:02)
43.土屋ガロンなんて聴いたことないなあと思って、さほど興味を抱いていなかったんですが、狩撫麻礼だったんですねえ。15年の時からの解放されたデスが復讐の鬼と化し、真実を追い求め得たモノは過去の自分への復讐。たった一つの真実が純粋な愛を禁断の愛へと落とし込む。パンドラの箱を開けるか、開けないか「セブン」の時のような緊張感。ウジンは壮大なる復讐を完結させると共に愛する女性をまたしてもデスに奪われるという矛盾をはらんだ喪失感と絶望。2人の男のどちらの立場に立っても楽しむ事ができ愛について考えさせられました。ウジンが行きつけのバーのマスターに似てるのもツボでしたのでオマケで満点。
亜流派 十五郎さん [DVD(字幕)] 10点(2005-04-14 00:09:59)
42.《ネタバレ》 ミドがでるたびにイメージ変わったので最初同一人物かまよいました。最初田舎くさい子だなぁと思ってましたが後半オシャレくささがでてよかったです。映像の撮り方もコミック的でいいですね。最後はやはり言ってほしかったなぁ・・・え?残酷すぎる?
とまさん [DVD(字幕)] 7点(2005-04-13 23:39:36)
41.緻密で意外性のあるストーリーでおもしろい。主演の人の演技もなかなか熱いものがあった。カメラワークとか映像がちょっと変わってるのもよい。結構きつい表現あり。なかなかの傑作だと思います。
ばかぽんさん [DVD(字幕)] 8点(2005-04-13 00:37:32)
40.ここの平均点意識しすぎてちょっと期待しすぎてもーた。それなりにおもろかってんけど、ちょっとリアリティー薄くて、あんましなんか迫ってくるもんがなかった。変にコミカルやし。吹替えで観たんがさらに失敗かもしれん。それでも最後まで集中して観れたけどね。
なにわ君さん [ビデオ(吹替)] 7点(2005-04-08 08:43:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 199人
平均点数 7.02点
010.50%
121.01%
210.50%
342.01%
494.52%
5126.03%
63015.08%
75326.63%
85929.65%
9199.55%
1094.52%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.20点 Review10人
2 ストーリー評価 7.15点 Review19人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review20人
4 音楽評価 6.61点 Review13人
5 感泣評価 5.12点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS