レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > レ行
 > レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―
 > (レビュー・クチコミ)

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―

[レッドクリフパートツーミライヘノサイシュウケッセン]
(レッドクリフ Part II)
Red Cliff II/Red Cliff: Part II
(赤壁下:決戰天下/Chi bi xia: Jue zhan tian xia)
2009年【米・日・中・台湾・韓】 上映時間:144分
平均点:5.96 / 10(Review 85人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-04-10)
アクションドラマアドベンチャー時代劇シリーズもの歴史もの小説の映画化
新規登録(2009-01-06)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2020-03-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ウー
演出ディオン・ラム(スタント・スーパーバイザー / 武術指導)
コーリー・ユン(アクション監督)
キャストトニー・レオン(男優)周瑜
金城武(男優)孔明(諸葛孔明)
チャン・フォンイー(男優)曹操
チャン・チェン(男優)孫権
中村獅童(男優)甘興(特別出演)
リン・チーリン(女優)小喬
ヴィッキー・チャオ(女優)尚香
ホウ・ヨン〔男優〕(男優)魯粛
大塚明夫ナレーション
山寺宏一周瑜(日本語吹き替え版)
東地宏樹孔明(諸葛孔明)(日本語吹き替え版)
磯部勉曹操(日本語吹き替え版)
平田広明孫権(日本語吹き替え版)
朴璐美孫尚香(日本語吹き替え版)
中村獅童甘興(日本語吹き替え版)
宝亀克寿張飛(日本語吹き替え版)
楠大典関羽(日本語吹き替え版)
玄田哲章劉備(日本語吹き替え版)
大川透魯粛(日本語吹き替え版)
石田彰献帝(日本語吹き替え版)
岡寛恵小喬(日本語吹き替え版)
廣田行生張飛(日本語吹き替え版)
脚本ジョン・ウー
音楽岩代太郎
作詞松井五郎「久遠の河」
作曲岩代太郎「久遠の河」
主題歌alan「久遠の河」
製作テレンス・チャン
ジョン・ウー
製作総指揮千葉龍平
松浦勝人
配給東宝東和
エイベックス・エンタテインメント
美術ティミー・イップ(プロダクション・デザイン)
衣装ティミー・イップ
編集アンジー・ラム
デヴィッド・ウー[編集]
字幕翻訳戸田奈津子
その他東宝東和(提供)(東宝東和創立80周年記念)
テレビ朝日(提供)(テレビ朝日開局50周年記念)
エイベックス・エンタテインメント(提供)(エイベックス・グループ創立20周年記念)
朝日放送(提供)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(9点検索)】[全部]

別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.三国志好きにはたまらない作品です。アクションももちろんよいのですが、各武将の心理描写もあって感動します。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 9点(2011-04-13 13:57:52)
2.PartⅠで微妙(6点)と評した私ですがPartⅡを観て考えが変わりました。個人的にこの映画は高く評価するに値する作品だと思います。
確かにこの映画のストーリーは一般に知られているものとは大きく違うので三国志に詳しい人や思い入れがある人ほど違和感や不満を憶えた事でしょう。実際に私もそうですし、その思いは今でもあります。しかし赤壁の戦いという三国志という壮大なドラマの一局地戦(規模が大きいとはいえ、物語全体から見ればそう言っても差し支えはないでしょう)を映画作品にしようとした場合、このような脚色は大いに「アリ」だと思うのです。
三国志の基本フォーマットは陣取り合戦ですが、小説にしろ漫画にしろ私たち三国志読者の多くはこの時代を戦い抜いた武将たちの生き様に感情移入をしながら読んでいるわけです。そう、物語のメインは戦闘ではなく人間ドラマなんですよ。そう考えると既読者には一見無駄で蛇足とも思える描写。例えば孔明と周瑜が琴を弾くシーンや小喬や尚香のメロドラマなどにも「キャラ立て」という大きな意味が出てくるのが分かります。ただ強いだけの人や単に頭の切れそうな人が史実や演義に忠実な戦いをするだけの映画が作られたとしても面白い映画になると思いますか? 私は到底思えません。味気の無い「天と地と」みたいな駄作なってしまうと思います。この作品はそれなりの時間を戦略や戦闘以外に割いて人間ドラマを描く事で観客の心を捉える事に成功していると思うのです。
これは「映画作品」ですから既読者以外にも多くの人が観賞されます。三国志を知らずにキャストや話題性だけで足を運ぶ方も多い事でしょう。そういう人たちにも楽しんで(感情移入して)もらうにはあれくらい脚色しないとダメだと思います。私は多くの人に三国志という物語を好きになって貰いたいので、どのような形であれまずは三国志に興味を持って欲しいのです。そういう意味ではこの映画は非常に万人向けな、裾野の広い作品に仕上がっていると感じました。初心者以外でもある程度のこだわりさえ捨てれば見所は多いので結構楽しめる作品になっていると思うので、初見で不満を強く感じた人も割り切ってもう一度観直せば評価が変わるかも? あんな形で曹操を見逃したって仕方ないじゃないですか。まさか殺す訳にも行かないし、曹操の客員だった頃の関羽の描写とか無いんですから(^^;
taxyunさん [映画館(字幕)] 9点(2009-05-04 09:44:23)
1.《ネタバレ》 前作ラストでいよいよ赤壁の決戦だ!ってさんざん引っ張ったじゃないですか。だから今作は最初から赤壁の戦いがババーン!って来るのかと思ってたら更に引っ張る引っ張る。火計マダー?みたいな。その分、前半を彩りまくりな、今回主役?みたいな尚香たん大活躍エピソードが楽しかったワケですが(初っ端からサッカー&ヴィッキーで『少林サッカー』リスペクト?みたいな)。中盤は矢を集める孔明の策とか「くはー!やっぱ三国志おもしれー!」って。で、遂に来た炎上はアジア映画史上空前絶後な大スペクタクル、スーパーウーファー45分鳴りっぱなし。そのスペクタクルがハバを効かせ過ぎちゃってて、前作のキーになってた人々、関羽、張飛、趙雲はおろか、重要な周瑜、孔明、孫権までジミな扱いになってしまっているのはどうなんだろ?ってカンジですが(劉備は前作からしてジミなのでアレですが)、その分、尚香と小喬が目立って女のドラマとしての側面が強くなっているので、それはそれでいいでしょう。重要ポイントな風の表現もいい感じですしね。スゲー事になってる映画って感じなので、やっぱり大画面・大音響な映画館推奨。せっかくのウー先生の大爆発アート、DVDとかBDとかじゃ勿体ないデスヨ。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 9点(2009-04-11 19:47:42)(良:2票)
別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 85人
平均点数 5.96点
000.00%
111.18%
233.53%
355.88%
4910.59%
51112.94%
62124.71%
71922.35%
81112.94%
933.53%
1022.35%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.50点 Review6人
2 ストーリー評価 5.30点 Review10人
3 鑑賞後の後味 6.14点 Review7人
4 音楽評価 7.42点 Review7人
5 感泣評価 4.16点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS