ベッカムに恋してのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ベッカムに恋して
 > (レビュー・クチコミ)

ベッカムに恋して

[ベッカムニコイシテ]
Bend It Like Beckham
2002年【英・独・米】 上映時間:112分
平均点:6.30 / 10(Review 80人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-04-19)
ドラマコメディスポーツものスポコンもの青春もの
新規登録(2003-10-19)【ぐるぐる】さん
タイトル情報更新(2019-06-22)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督グリンダ・チャーダ
キャストパーミンダ・ナーグラ(女優)ジェス・バームラ
キーラ・ナイトレイ(女優)ジュールズ・パクストン
ジョナサン・リース・マイヤーズ(男優)ジョー
フランク・ハーパー(男優)アラン・パクストン
アーチー・パンジャビ(女優)ジェスの姉 ピンキー・バームラ
ジュリエット・スティーヴンソン(女優)ポーラ・パクストン
グリンダ・チャーダ(女優)公園の女性 / 結婚式の客(ノンクレジット)
椎名へきるジェス・バームラ(日本語吹き替え版)
本田貴子ジュールズ・パクストン(日本語吹き替え版)
藤原啓治ジョー(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしアラン・パクストン(日本語吹き替え版)
長克巳(日本語吹き替え版)
さとうあい(日本語吹き替え版)
一城みゆ希(日本語吹き替え版)
鳥海勝美(日本語吹き替え版)
長嶝高士(日本語吹き替え版)
杉本ゆう(日本語吹き替え版)
出演デヴィッド・ベッカム(記録映像)(ノンクレジット)
脚本グリンダ・チャーダ
製作グリンダ・チャーダ
配給アルバトロス
字幕翻訳石田泰子
その他デヴィッド・ベッカム(special thanks)
あらすじ
ベッカムファンのインド人女性ジェスは、女子サッカーチームのエースストライカーのジュールズ(キーラ・ナイトレイ)に見込まれてチームに入部。ところがインド人であることに誇りを持つ母と、若い頃にインド人であることで差別を受けてコンプレックスを持っている父は、ともに娘のサッカーに猛反対。伝統と文化、さらには差別の前に悩みながら1人の少女が成長していく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(9点検索)】[全部]

別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.B級作品の香り漂うタイトルだが、侮ってはいけない。舞台はイギリス、主人公はインド人という設定のため、イギリス映画とインド映画の融合がとても面白い。無理に感動させることもなく、全編に渡って陽気なインド映画のような作りにしたのは好ポイント。一見普通のスポコンものだが、性別、人種、宗教という問題が絡み合ってメッセージ性を大いに持った作品でもある。自分の夢を叶えるためには障害が付き物だが、それが宗教というのはなかなか深い。そして彼女がどうそれを乗り越えていくのかは注目!そして、もう一つの注目はキーラ・ナイトレイの腹筋。カナリ体育会系だったのね・・・。
こばやんさん [地上波(字幕)] 9点(2005-05-01 14:51:14)
2.《ネタバレ》 いい映画じゃないですか。精度の緩い箇所はあるにせよ、夢と友情、恋愛、家族、イギリスの中のインド人コミュニティなどあらゆる面で葛藤を抱えながらも前向きに生きる少女の爽やかな物語。ストーリーとしては確かに先が読みやすい作品かもしれないけど、最後のクリケットのシーンには涙ホロリでした。
太助さん 9点(2004-07-28 22:20:15)
1.《ネタバレ》 邦題をみる限りはB級映画の臭いがプンプンしてくるが、実はぜんぜん違う。すごく面白い。 サッカーは男のスポーツだという偏見を持つイギリス人の母親は自分の娘がレズだと思い込む。そして今まで娘と対立してきた自分を悔いて、夫からオフサイドを教わる、その姿は滑稽で笑える。 そしてインド人の父親は、若いイギリスの留学時代にスポーツをしていたが差別を受けて心にトラウマを抱えている。 自分の娘も同じようにスポーツを通して外国選手から差別を受けるのではないかと思っている。 インド人の母親は、インドの文化を何よりも大切に思っているが、2人の自由主義の申し子である娘たちを見てはいつも嘆いている。 娘が肌を露にしてボールを蹴ることに真っ向から反対している。 そしてベッカムに恋するゲイの男性も、とてもよかった。 主人公の女性が恋するのはベッカムではなく、アイルランド人の女性サッカーチームの監督。彼は自分の父親に負目を感じて対立している。 女性のサッカーチームの監督をしている自分にも誇りが持てない。 イギリス、インド、アイルランド、レズ、ゲイ、人種差別、なんでもありのすべてがつまった面白い映画。 映画が面白いと感じるのは、CGや特撮ではなく人間が輝いているとき。 そのことを改めて教えてくれた貴重な映画。
花守湖さん 9点(2004-07-04 14:11:48)
別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 80人
平均点数 6.30点
000.00%
100.00%
211.25%
322.50%
445.00%
51012.50%
62531.25%
72733.75%
8810.00%
933.75%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.37点 Review8人
2 ストーリー評価 5.50点 Review8人
3 鑑賞後の後味 6.60点 Review10人
4 音楽評価 5.66点 Review6人
5 感泣評価 5.40点 Review5人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

2003年 61回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS