バンド・オブ・ブラザース<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バンド・オブ・ブラザース<TVM>
 > (レビュー・クチコミ)

バンド・オブ・ブラザース<TVM>

[バンド・オブ・ブラザーズ]
Band of Brothers
2001年【米・英】 上映時間:705分
平均点:8.48 / 10(Review 88人) (点数分布表示)
ドラマ戦争ものTV映画
新規登録(2003-11-26)【紅蓮天国】さん
タイトル情報更新(2014-04-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フィル・アルデン・ロビンソン(第1話)
ミカエル・サロモン(第3・10話)
トム・ハンクス(第5話)
デヴィッド・リーランド(第6話)
演出デイル・ダイ(軍事アドバイザー)
キャストダミアン・ルイス(男優)ウィンターズ少佐
ロン・リヴィングストン(男優)ニクソン大尉
リック・ゴメス[男優](男優)ルツ軍曹
ドニー・ウォールバーグ(男優)カーウッド・リプトン中尉
デクスター・フレッチャー〔1966年生〕(男優)マーティン軍曹
スコット・グライムズ(男優)マラーキー軍曹
デイル・ダイ(男優)シンク大佐
マシュー・セトル(男優)スピアーズ大尉
リチャード・スパイト・Jr(男優)“スキップ”マック軍曹
マイケル・ファスベンダー(男優)クリステンソン軍曹
サイモン・ペッグ(男優)エバンス上級軍曹
スティーヴン・グレアム(男優)マイク・ラニ―
トム・ハーディ〔男優〕(男優)ジョン・ジャノヴェック
トム・ハンクス(男優)英軍将校
デヴィッド・シュワイマー(男優)ソベル大尉
ニール・マクドノー(男優)コンプトン中尉
ジェームズ・マカヴォイ(男優)ミラー二等兵
コリン・ハンクス(男優)ヘンリー・ジョーンズ中尉
役所広司リチャード・ウィンターズ(日本語吹き替え版)
山寺宏一ルイス・ニクソン(日本語吹き替え版)
牛山茂ハーバード・ソベル(日本語吹き替え版)
家中宏ロナルド・スピアーズ(日本語吹き替え版)
内田夕夜ロバート・シンク/ドク(日本語吹き替え版)
檀臣幸(日本語吹き替え版)
咲野俊介(日本語吹き替え版)
真殿光昭(日本語吹き替え版)
猪野学(日本語吹き替え版)
後藤敦(日本語吹き替え版)
中村俊介(日本語吹き替え版)
脚本グレアム・ヨスト(第4・7話)
トム・ハンクス(第1話)
ジョン・オーロフ(第2・9話)
音楽マイケル・ケイメン
撮影レミ・アデファラシン
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ
トム・ハンクス
特殊メイクウォルド・メイソン
衣装アンナ・B・シェパード
あらすじ
第2次世界大戦ドイツ戦線。ヨーロッパを転戦する米陸軍101空挺師団・第506パラシュート歩兵連隊E中隊の人間関係を軸に、前線に投下されてから終戦までの彼らの3年間を、実在する元隊員らの証言を元に描く。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(9点検索)】[全部]

別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
25.戦闘がリアル!
冒頭の当事者へのインタビューがあることで説得力がでてました。
へまちさん [DVD(字幕)] 9点(2018-03-04 16:18:35)
24.《ネタバレ》 スピルバーグの戦争映画は傑作が多いが、彼の戦闘描写とドラマを1時間に圧縮してしまう贅沢さ、それをどんどん積み重ねていくドラマ特有の厚み。スピルバーグ指揮の元作られた最高傑作はこの作品ではないだろうか。
「プライベート・ライアン」も良い映画だが、俺はこの作品の方が好きだ。
TVドラマとは思えない迫力、そして1時間毎に深味を増していくストーリーが良い。
日本でも六部作という「人間の條件」シリーズがあるが、コチラは合計10時間だ。
一個中隊が開戦から終戦まで駆け抜けていく様子はサミュエル・フラーの傑作「最前線物語」を思い出す。
一見するとアメリカ賛辞の映画にも思えるが「勝って生き残ったんだ。喜んで何が悪い! 俺は死んだ仲間の分も生きなきゃならんのだ」という叫びも聞こえてくる。 実際、この作品は戦争の残酷さも色濃く描いている。アメリカ軍に味方した市民が、次の瞬間にはドイツ兵士に拷問されている等、見返す度にその細かいドラマ性に驚く。リアルな戦闘描写もそうだが、銃撃戦が無くとも市民の犠牲は出続けるのだ。
軍人、市民と様々な立場を通して戦争の残酷さを我々に伝えてくれる。とにかく色んな人に見て貰いたい作品。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-05-03 22:50:50)
23.戦争ものとしては今まで見たもの中では最もリアルに感じる。
邦画でも戦争の悲惨さを訴える作品は多いが、どこか微妙な距離を感じていた。
ところが、本作は等身大の痛み、苦悩が伝わってくる。

群像劇で登場人物が多く、しかもほとんど男で全員軍服を着た白人となると、なかなか見分けがつかなくて混同した。
誰が誰だっけ?とわけがわからなくなってくるが、それも見直せばはっきりとしてくる。
戦争という極限状態でこそ現われる人間性が面白くもあり恐ろしくもある。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 9点(2013-02-08 21:43:48)
22.《ネタバレ》 だいぶ前に観たので内容は薄ら覚えている程度ですがwww 素晴らしいです! また見たい作品ですね。ブルーレイ購入検討中
琴INAZUMAさん [DVD(字幕)] 9点(2012-12-22 21:24:57)
21.アクション、ストーリー展開、俳優の演技など、普通の映画として見ても、高水準です。
今後しばらくは、戦争映画のスタンダードとなるでしょう。
それにしても、恋愛話が一切ない硬派のつくりで(それが成功理由の一つ)、これだけ楽しませるのだから、他の作り手も見習ってほしいです。
原作より遙かに素晴らし出来になったのは、プロデューサーの腕の証拠でしょう。
ろんべえさん [DVD(字幕なし「原語」)] 9点(2011-09-12 23:40:53)
20.クセのある上官を真似をして盛り上がる兵士の目線で、戦争を描いている。
戦争に対する賛美も反戦も皮肉すらもない。ただ仲間のために戦う兵士の物語。
michellさん [DVD(字幕)] 9点(2011-02-01 22:46:28)
19.ストーリーの面白さは皆さんが言っておられる通り。私は軍服の検証の正確さに興味を持ちました。
ちゃっぷまんさん [DVD(字幕)] 9点(2010-12-14 13:16:56)(良:1票)
18.《ネタバレ》 第二次大戦を描いた映画は何本も観たけど、ノルマンディー前から終戦まで、一本の線で見せた物語はこれだけで、随分と理解が深まると同時に、その構成力に感服した。繰り返しレンタルした作品は久しぶりでした。道徳的反戦感を前面に出しておらず、英雄譚でもない。語り口は平静。だからこそ“そこにいた人たち”がしっかりと描かれていたと思います。毎回、最初に出てくるおじいちゃんたちがこの戦線に参加した人たちだとは思っていたけど、最終話で人名を入れた演出には拍手。このひとがウィンターズか! それまで展開されてきた数々のシーンが一瞬にして紛れもないノンフィクションに転化しました。
アンドレ・タカシさん [DVD(字幕)] 9点(2008-12-24 02:27:30)
17.最初の3~4話までは「リアルな戦争ドラマだなぁ」ぐらいの印象でした。

1話はまず登場キャラを覚えるのに必死でしたし、
その後も戦闘シーンばかりで、人間ドラマもそれほど多くないですし。

しかし中盤からこの映画の楽しみ方を理解しだし、そこからはのめり込みました。

まず主人公が存在しないこのドラマ(一応ウィンターズ)
つまり、全員が主人公なんです。ここが重要となります。

他の映画では脇役が一人死んだぐらいじゃ何とも思いませんよね?
でもこの映画は違います。
生きている人間全てに、それぞれの人生があるのだとわかります。
もちろんそんなことは言われなくても大前提で頭の中では理解してはいたが、
それを映画で表現したことが素晴らしいなと。

内容もどちらか一方の正義と悪を表現しているのではないところもポイントです。

こういう映画、日本ではつくれないんだろうか。
訳のわからない思想を入れない日本の戦争映画。見てみたいものですね。

この映画、私あと数回は確実に見てみたいと思います。
非映画人さん [DVD(字幕)] 9点(2008-12-14 03:48:14)
16.《ネタバレ》 1話1話が充実していて、1時間とは思えないボリュームを全話に渡って味わえます。また全10話を通した時のバランス感覚も見事で、訓練の第1話にはじまり、そこいらの戦争映画を軽く超える圧巻の戦闘シーンを見せる2~4話(戦場における戦車の圧倒的なパワーが描かれた『補充兵』は特に気に入ってます)、エピソードごとに主人公を変え、毎回違った切り口でドラマを見せる5~8話(無能な司令官に振り回される『雪原の死闘』にはサラリーマンとして共感を禁じえませんでした)、第二次大戦の悲劇をシリアスに描いた第9話、そして締めくくりの第10話。どのエピソードも素晴らしいのですが、最終回の第10話には特に意義を感じました。戦場における友情や英雄物語を描きたいのなら8話で終ればよかったし、第二次大戦の歴史を描くのであれば9話まででよかった。しかし戦争が終わって占領軍となったアメリカ兵達の姿を描いた10話を終わりに持ってきたことで、この作品は他にない奥行きを得たように思います。ナチスが残した高級品を「戦利品」と言って勝手に持ち帰り、敗戦国民に対して横暴に振る舞い、元ナチスと言われる老人(真偽は不明)を不確かな情報から射殺する、そんな姿を最終話できっちり見せてくるのです。そしてラスト、ウィンターズからE中隊に対して言われるべき言葉を、ナチスの将校に喋らせるという演出も見事。このシリーズに対しては「アメリカ万歳ではないか」という否定的な意見もあります。確かに第9話まではアメリカ兵の視点のみで描かれており、悪役であるドイツにとっては公平性に欠ける描写もあったように思いますが、この非常に冷静な締めくくりを持ってきたことで、普遍的な物語になったように思います。あえて難点を言えば、戦争ものの宿命として個人の判別が難しかったことでしょうか。10話見ても顔と名前が一致しない隊員が何名かおり、「で、いま死んだの誰だっけ?」ということが毎話あったのが残念。「これが登場人物ですよ。みなさんしっかり覚えてくださいね」という意味で第1話があったんだなと、10話全部見て気付きました。ま、この混乱を逆手にとれば1周目は圧巻の映像に驚き、2周目は緻密なドラマを発見する、そんな楽しみ方もできそうなわけで、これは何度も見返し、そのたびに新しい楽しみに気付く作品になりそうです。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 9点(2008-08-21 02:06:16)
15.戦争映画にはすべての要素がつまっていると感じました。死に近い場所にいるから、強烈に「生きている」実感を味わえ、あらゆる物事がドラマチックで感情的に変わってしまうものなのですね。戦争に行ったことないのになぜかひしひしと骨身にしみて感じられる、圧倒的なリアルさ。ディテールを追求することの成功例がこの映画です。
チビすけさん [DVD(字幕)] 9点(2008-02-24 23:11:40)
14.しかもこれほど長いのに、最初から最後まで、ずっと高い質を保ってくれました。一つ一つの話の奥の深さを味わい、戦闘シーンの凄まじさが体感できます。
戦争映画が好きな人には是非見てもらいたい作品です。
SAKURAさん [DVD(字幕)] 9点(2007-03-14 12:58:13)
13.《ネタバレ》 こういう描かれ方をされる米軍兵士はある意味幸せなんだろうと思います。同じ戦争を戦った日本の兵士は自国民に戦犯扱いされてますからね。末端の兵士はただ言われるがまま戦わなきゃいけないし、生き延びることに必死なわけですから。。。その中で助け合ってきた間には普通の生活では結ばれる事がない絆で結ばれるのかなと
しかしTV映画でこれだけのものが作れるってのは凄いですね。。。
AIRSさん [DVD(吹替)] 9点(2007-03-13 20:33:52)
12.遅まきながら見つけたのでレビューさせて頂きます。2002年にWOWWOWの初放映を字幕版、吹替え版両方で見て、その後出たDVDまで買ってしまうほど大好きです。Sアンブローズの原作(翻訳版は並木書房から)を読んでから再見すると更に楽しめます。役者も日本では無名ばかりですが好演者揃いで、その後「U-571」「ドリームキャッチャー」「マイノリティ・リポート」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」などで顔を見つけては一人で喜んでいました。全話オススメですが特に6~8話のアルデンヌの森の壮絶さは「プライベート・ライアン」を上回ります。
あおみじゅんさん [地上波(字幕)] 9点(2006-06-04 21:05:36)
11.《ネタバレ》 テレビ用とは思えない(むしろ映画ではできない10話構成と)圧倒的なクオリティーで、第2次世界大戦の欧州戦線の実像にせまるドラマとして新しいアプローチがなされており、それはおおむね成功したといえるのではないか。特に一中隊が訓練から終戦まで転戦していく様を時系列で見せていくストーリーは新鮮だ。ドラマである以上、一兵士の視点(従ってこの作品にあっては米国側の視点)で戦争が描かれるのはむしろ当然であろう。想像するに当時は、今の時代のように大所高所にたって世界を俯瞰し、「戦争は良くない」と簡単に言えた時代ではなかったのではないだろうか。いやがおうにもどこかの国に属し、善悪を超えて、自分と愛する人を守るために戦うことを余儀なくされた時代ではなかったか。自分自身がもしあの時代に生きていたら、そして戦争の最前線に立ったとしたら、という想像力に、この作品は大きな示唆を与えてくれる。そして、だからこそ「戦争は(たとえいかなる理由があろうとも)二度を起こしてはならない」という確信を与えてくれるのだ。その意味でこの作品は秀逸である。併せて各巻の冒頭に納められている実際の空挺部隊員たちの語りは、雄弁にして余りある。この作品は細部まで手を抜かず作り上げた戦争ドラマの傑作と言えよう。余談だが、DVDを5.1CHのサラウンド環境で鑑賞すると、銃弾が回りを飛び交う音がリアルに再現され、本当に戦場にいるような臨場感(というか恐怖感)を実感できる。
田吾作さん [DVD(字幕)] 9点(2006-05-06 13:50:34)(良:1票)
10.この戦争ドラマにプロパガンダなど存在しない。戦闘の恐怖や退役後の夢など、彼らは兵士以前に人間であることにスポットを当てている。兵士たちは自分の命を第一に守ることも当然ながら、共に戦う兄弟たちとの絆を、駐留生活でのひとつひとつのドラマを通して上手く映し出している。陽気なガルニエ、無能なダイクなど、市民生活では勝ち組でも戦場では…と、壮絶な戦闘シーンを通してその違いを突きつける。普通はダイクのように混乱してしまうのだろう。しかし恐怖を乗り越えないと戦場では生き残れない。一瞬の判断ミスが中隊を全滅させてしまう。兵士が敵兵を殺害するのは、国のためではなく、早く85点を貯めて故郷に帰りたい、という実に単純な理由です。しかし、その唯一の方法に全てを賭けている。あのソベル中尉とウインタース少佐の敬礼の命令のやりとり、上官・仕官の階級もありますが、ぬくぬくとしてきたソベルに対し、昇進していったウインタースの背中には犠牲となった多くの兵士たちがあり、その名誉の戦死への敬意も含まれているように思う。一番、感銘を受けたのは第6話の『衛生兵』です。この映画には絶対唯一の主人公というものは存在しない。一人一人がそれぞれにその瞬間のドラマがある。この戦争ドラマが、戦争を知らない、映像を通して戦争を知る我々にもたらした功績は大きい。
どんぶり侍・剣道5級さん [DVD(吹替)] 9点(2006-01-24 13:12:09)
9.長時間のドラマ形式なので、多面的な視点から深く掘り下げることができている。単純に反戦を叫ぶのでもなく、一方的にアメリカの正義を歌うのでもなく(ドイツ兵の描き方も冷静)、悲劇もあれば英雄的な出来事もある。そして命を奪われる痛みと命を奪う痛みがあり、戦争で失われるものの大きさと、けっして失われることのない人間の強さがある。たとえ戦争そのものの是非がどうであれ、自らが正しいと信じたもののために戦った一人一人の兵士たちが英雄だったことに違いはない。
no oneさん [映画館(字幕)] 9点(2004-10-14 23:29:25)
8.《ネタバレ》 どうせ「プライベート・ライアン」の二番煎じ..二匹目のどじょう..だろ~って思ってたら..とんでもない!!TV映画とは思えないほどのクオリティーの高さ!ハリウッド映画のような、無駄なアクションも、クサイ演出も、いっさい無し!実話を基にリアリティーを追求した “正統派映画” でした!..人は、戦争で何をし、どのように戦い..どのように死に、そして生き残ったのか..大戦体験のない世代に淡々と語りかけます..1~10話それぞれ良く出来ていて、観ている者を飽きさせない..特に、5話「岐路」と7話「雪原の死闘」は、お気に入りですね~ バカ上官に代わって部隊を立て直し、味方との連絡のために敵の真っ只中を縦断(往復)してしまうエピソード、まさかと思う行動に、シビレました~ 筋書きのないドラマ!(真実に勝るものなし!) 最終話(インタビュー)のラストの一言も感動的でした(涙)..さらに、本作を評価したいのは、9話と10話の存在です!終戦間際から欧州戦線の戦後処理にかけてのエピソードは、とても興味深く、TVや映画ではなかなか語られることはありません..普通の戦争映画なら劇的なクライマックスの後、ブチッと画面は変わり→終戦→ハッピーエンド..(めでたしめでたし..)でしょう..地味になってしまいがちな、この2話を作品の中に加えていることに、本作の非凡さを感じます.. 最後に作品の内容とは関係ない話しですが、2時間前後の劇場用映画と、本作のような10時間にも及ぶTV映画を、同じ土俵に上げ優劣を付けるのは如何なものか?疑問です、本作は長編だけに、実に面白い!物語の奥深さ、背景、登場人物のバックボーンなど、丁寧に描かれ、とても魅力的な作品となっています..それに比べ、どうしても劇場用映画の方が分が悪い..そこだけは “強く” 言っておきたい! よって、本作の評価は間違いなく “10点” です!..が、敢えて1話毎の“平均点”を本作の評価としました...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 9点(2004-10-06 14:40:09)
7.僕の知らない役者さんが多かったせいか、トム・ハンクスのような大物が出演している『プライベート・ライアン』よりリアリティがあった。
フィリップ・バルカシジクさん 9点(2004-09-27 23:24:17)
6.「プライベ-ト・ライアン」でしこりが残ったんで、このシリーズをDVDで買うときは勇気が必要だったんです。一歩踏み出して本当に良かった。WWⅡを背景にした映画における良作です。自分以外の人にも観てほしくて、自分が観終わったあとスグ貸してしまいました。そろそろもう一度観たいです・・・
hyamさん 9点(2004-07-25 20:26:58)
別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 88人
平均点数 8.48点
000.00%
100.00%
211.14%
322.27%
411.14%
544.55%
655.68%
755.68%
81314.77%
92528.41%
103236.36%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.60点 Review15人
2 ストーリー評価 8.18点 Review22人
3 鑑賞後の後味 7.95点 Review22人
4 音楽評価 8.04点 Review22人
5 感泣評価 6.15点 Review20人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS