バトル・ロワイアルII/鎮魂歌(レクイエム)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バトル・ロワイアルII/鎮魂歌(レクイエム)
 > (レビュー・クチコミ)

バトル・ロワイアルII/鎮魂歌(レクイエム)

[バトルロワイアルツーレクイエム]
Battle Royale II[米]/Battle Royale 2: Revenge[英]
2003年【日】 上映時間:133分
平均点:2.72 / 10(Review 182人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-07-05)
アクションサスペンス戦争ものシリーズもの犯罪もの政治もの青春もの学園もの小説の映画化バイオレンス
新規登録(2003-07-06)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-04-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督深作欣二
深作健太
助監督原田徹(監督補佐)
演出諸鍛冶裕太(アクション監督)
キャスト藤原竜也(男優)七原秋也(ワイルドセブン)
前田愛(女優)(女優)キタノシオリ(女子04番)
竹内力(男優)教師RIKI
前田亜季(女優)中川典子
忍成修吾(男優)青井拓馬(男子01番)
石垣佑磨(男優)左海貢(ワイルドセブン)
加藤夏希(女優)桜井サキ(ワイルドセブン)
真木よう子(女優)早田マキ(ワイルドセブン)
村田充(男優)風間総司(ワイルドセブン)
和田聡宏(男優)今給嶺聡(ワイルドセブン)
坂本真(男優)葛西治虫(男子03番)
勝地涼(男優)桜井晴哉(男子05番)
田中丈資(男優)田口正勝(男子09番)
青木崇高(男優)名波順(男子10番)
田村圭生(男優)長谷川達彦(男子11番)
黄川田将也(男優)槇村慎太郎(男子15番)
酒井彩名(女優)浅倉なお(女子01番)
神戸みゆき(女優)筧今日子(女子03番)
末永遥(女優)久瀬遥(女子05番)
桂亜沙美(女優)新藤理沙(女子08番)
長谷部瞳(女優)本村明日香(女子18番)
菊地美香(女優)八木綾音(女子19番)
千葉真一(男優)三村真樹雄
三田佳子(女優)拓馬の母
津川雅彦(男優)内閣総理大臣
ビートたけし(男優)教師キタノ
仁科貴(男優)
大葉健二(男優)マキの父
高月忠(男優)
谷口高史(男優)
ささの友間(男優)ワイルドセブンの子供たち
出演深作欣二(スチール写真【ノンクレジット】)
原作高見広春「バトル・ロワイアル」(太田出版)
脚本深作健太
木田紀生
音楽天野正道
ポーランド国立ワルシャワ・フィルハーモニック・オーケストラ(演奏)
作曲ジュゼッペ・ヴェルディ「レクイエム」
撮影藤澤順一
小松高志(B班撮影)
製作木村純一(共同製作)
東映(「バトル・ロワイアルII」製作委員会)
SEGA(「バトル・ロワイアルII」製作委員会)
ギャガ・コミュニケーションズ(「バトル・ロワイアルII」製作委員会)
テレビ朝日(「バトル・ロワイアルII」製作委員会)
WOWOW(「バトル・ロワイアルII」製作委員会)
岩本太郎(共同製作)
企画遠藤茂行
プロデューサー片岡公生
早河洋(エクゼクティブプロデューサー)
佐藤雅夫(エクゼクティブプロデューサー)
配給東映
特殊メイク松井祐一
特撮大屋哲男(視覚効果コーディネーター)
田口清隆(デジタルエフェクト)
美術磯見俊裕
編集阿部亙英
照明小野晃
あらすじ
七原秋也(藤原竜也)と中川典子(前田亜季)があの島を脱出してから3年後、この国はテロの時代に突入した。 国家は、勝手に七原が犯人と断定して、新しく作ったBRII法に基づいて中学生42人を七原の立て篭もる戦艦島に送った。 この作品の監督だった深作欣二が2003年一月十二日に亡くなった後、息子の健太がメガホンを引き継いだ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(1点検索)】[全部]

別のページへ(1点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
43.《ネタバレ》 劇場で見なければ良かったと後悔している。深作欣二の遺作でその息子の力量が未知数である分、微かな期待はあったが、やはり親の七光りだった。前作以上に惨すぎる生徒の扱いに、対テロリストのチーム戦になったからか、理不尽さが減って代わりに臭すぎるメッセージ性が前面に押し出される始末。『プライベート・ライアン』の劣化コピーに過ぎず、コントにしか見えない展開の数々、ただ銃撃と爆発さえあれば迫力があると勘違いしている虚しいアクションシーン、寒すぎる主題歌にはただただ引くばかり。自分の仲間殺されたのに、テロリストに肩入れする生存者も如何なものかと。早い話、何が言いたいのかよく分からなかった。
Cinecdockeさん [映画館(邦画)] 1点(2016-02-23 20:49:39)
42.出だしはリポーターの声が大きい。戦闘は酔う。テロやたたかうことへの信念とやらはブレブレ。おっ、この女優さんかわいい、と思う隙さえなかった
元祖さん [インターネット(字幕)] 1点(2015-11-01 00:49:03)
41.二匹目のドジョウはいないものだ。
minさん [地上波(邦画)] 1点(2013-01-26 22:35:08)
40.正直何これ、って感じです・・・
シトロエンさん [DVD(邦画)] 1点(2010-01-31 17:30:02)
39.《ネタバレ》 屈辱的にも封切りの日に映画館で観賞。
深作監督が撮った場面までだね。見れるのは。
息子にバトンタッチした所からが見事なまでの別作品で、本格的な茶番。
っていうか、ボートで死んでいった子達は、かなり厳しいオーディションとアクション指導をされたと聞いたけど、完成したものを見てどう思ったのだろう?
もし自分が関わっていたら名前は載せないで欲しいと思うレベル。
バニーボーイさん [映画館(邦画)] 1点(2009-03-18 13:45:17)
38.竹内力だけ空気が違った!
しっぽりさん [映画館(邦画)] 1点(2009-01-21 17:46:54)
37.《ネタバレ》 トッラアアアアアアアアアアアアアアアイイイイイイイィィイイ!!!
ふざけんな!映像が見づらいんだよ!でも武のシーンだけはよかったので1点。
bolodyさん [DVD(邦画)] 1点(2008-08-17 15:49:06)
36.《ネタバレ》 銃撃戦の手ブレ画面が不快。これは本当に観づらい。デジタルっぽい質感の映像と相まって、頭がクラクラしてきます。見せ場となるアクションの度にテンションが落ちるのだから辛いです。物語の構想もピントがずれている。顕著な例が、「男子○番 ××××死亡 残り○名」というキャプション。『バトルロワイアル』では最後の一人になるまで殺しあえという指令が出ていたから意味があった。ところが本作ではそんな設定ありません。煽るなら、「ターゲット(七原秋也)まで○メートル」のほうが正しい。“子供同士の殺し合い”という意味では、確かにバトルロイヤルの要素はあります。でも現実は紅白戦です。しかも後半はそれさえ無くなる。代わりに提示されるのがVS大人という概念やアメリカ批判。説教臭い。おまけに浅い。1作品として、出来は良くないと思います。さらに続編としての罪がある。『バトルロワイアル』の後日談として最悪です。命の大切さを身にしみたはずの七原が、テロリストに堕ちるとは。革命が必要なのは分かる。ただそのために命が失われても構わないなら、彼は先のゲームで何も学ばなかったことになってしまう。彼が忌み嫌った大人と何も違わない。全ての大人に宣戦布告する?笑わせてくれる。ただ、前田愛のキャスティングに前作を補完する意味(教師キタノが中川典子に執着した理由説明)があったこと、困った息子を持つ母に『三田佳子』という配役が神レベルだったので、その分加点します。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 1点(2007-12-22 18:21:54)(良:2票)
35.監督が違うだけでここまで面白くない作品になるものかと思い知らされた。かといって0点を付けるほど突き抜けた作品でもない。前作はかなり気に入っているだけに、残念でした。20数年前、楽しみにして買ったファミコンゲームソフトがぜんぜん面白くなく(俗に言うクソゲー)悲しい思いをした記憶がよみがえりました。
たけよしさん [DVD(字幕)] 1点(2007-08-27 00:15:48)
34.テロを擁護してるとか戦争賛美だとか全く思わなかったし、前作と異なり仲間内で殺しあわないから面白くないとか全然思わなかったけど、それでもコレは全然ダメ。そもそも前作も私はダメで、そのダメの根源である「そんなこといちいち言わんやろ」的なわざとらしいセリフがこの続編でもきっちりと継承されているのがまずひとつ。そして前作の最大の見所であったバイオレンスシーンの見事な構図だったり恐怖と緊張と興奮が入り混じった個性のぶつかり合いといったものがこの作品には無いというのが致命的。竹内力が「死に方に個性がない」と言ったことから個性の排除は確信犯ということになるのだろう(そのわりに死に際にくさいセリフを吐かす)。しかし「ワイルドセブン」合流後に個性が発揮されなければそれも意味が無い。戦闘シーンはもろに『プライベート・ライアン』のパクリで演出にも個性が無い。メッセージ色も前作よりも濃くなり、いや、濃くなったというレベルではなくそのまま言ってるし、しかも大国批判というあまりにも稚拙なものを。唯一良かったのが竹内力の顔だ。この顔だけが深作欣二だった。そしてその竹内の突然のラガーマン変身も悪くはない。竹内力に1点。
R&Aさん [DVD(邦画)] 1点(2007-05-22 11:54:17)
33.前作も相当酷かったのに、今度はさらに酷い。
よーこさん [ビデオ(邦画)] 1点(2007-02-08 16:04:07)
32.「 続編だ? こいつはただの ドンパチだ 感動ゼロの ゴミクズ映画 」 詠み人 素来夢無人・朝
スライムナイトのアーサーさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2006-01-01 08:15:40)
31.リキさんのトライのシーンで、この話の意味のわからなさがピ僕の中でピークに達しました。
SOSさん [DVD(字幕)] 1点(2005-11-03 14:52:05)
30.前作の見所って、今まで友達だと思っていたクラスメイトと殺し合わなくてはいけない不条理さとか、そしていざ戦いが始まってみると友達だと思っていた奴らがエゴをむき出しにして襲いかかってくる哀しさとかだったと思うんだけど、この映画みたいに最初から敵味方の区別がハッキリしていたんじゃ全く意味がない。本当に深作欣二は、命と引き換えにしてまでこんな映画を撮りたかったのだろうか?
とかげ12号さん [映画館(吹替)] 1点(2005-10-27 23:14:02)
29.BR法という制度に納得できないのは分かる。しかしそれを理由にして自分の主義主張の為に犯罪を起こし、無差別に人を殺す。それを大人の責任だと転嫁して言い訳する。ただ単に逃げてるだけで、非常に卑怯である。この作品を見て勘違いしたアホが新たな犯罪を犯すかも知れないと思うとゾッとする。
綺麗事ばかりのハッタリで行動を起こした七原秋也。「すべての大人達に宣戦布告する」というのは大人で有れば無差別ということなのだろうか?優しい人や誠実な大人も少なからずいるだろうに・・・。呆れるばかりである。前作で生き延びたのはそんなことをやる為だったのでしょうか?
もし、この作品が比喩として(大人→アメリカを中心とした協力国)イラクの問題を問うているのであれば勘違いした面が多く見受けられる。テロ国家に対するアメリカの攻撃が果たして単なる理不尽であると言えるのか? そんな馬鹿な。クウェートに侵攻し罪のない人々から国を奪い取ろうとし、生物兵器でクルド人を殺戮し、タリバンなる組織を編成し国民を苦しめ続け、他国へのテロにも大きく関わっている。これを「無関係・無関心」に見過ごすこと自体が国家テロ容認派であると感じる。
確かにアメリカはいろんな国の問題にちょっかいを出している。ただ、アメリカ・日本等の協力国が利権で動いたかor道義心で動いたかなんて誰が確実に分かるだろうか。どんな賢い専門家でも分かるまい。私自身はどちらも理由として有ると思いますよ。善と偽善が。しかし、少なくともイラクは悪い事やってたよ。
ただ、イラク攻撃の引き金は自国(ニューヨーク)への攻撃による報復だろうと思う。頭に血が上り我を忘れた感は有ります。確かにそれは頂けない。 米・日・英が完全なる正義とは誰も思ってはいない。ただ、完全なる悪でもない。
おはようジングルさん [映画館(字幕)] 1点(2005-03-10 09:00:20)(良:2票)
28.前作は脚本はムチャだったけど、そう思ったほど悪くはなかったし、深作欣二に本格的に興味を持てた映画だった。さて、その続編である本作は、主人公七原のキャラが前作と変わりすぎていて違和感を覚える。その上、その七原が率いるテロリストの潜伏する島への上陸シーンはまんま「プライベート・ライアン」をパクッたような映像。そして終盤には七原の意味不明の演説。脚本がもうすでにおかしく、さらに撮影途中での病死による監督交代でよけい変な方向へ行ってしまっているような気がする。
イニシャルKさん [ビデオ(邦画)] 1点(2005-03-02 22:06:00)
27.あまりにも稚拙なストーリーに必死で親真似する監督が作った映画だった。B級映画のように暴力シーンで突っ走ってくれたらそれなりの見方があるし、エド・ウッドのようにとことんまで逝ってたら笑えるんだけど、この映画はクソの臭いさえしない。ところどころに皮肉も入れるのだが、これがまたセンスのかけらも感じられないから手におえん。殺しのグロテスクな暴力が唯一の売りなんだから中途半端なことをするなと言いたい。映画にメッセージ性を盛り込む必要があるなどと思ったのか知らないが、とってつけたような反戦主張はなんなんだ!反戦を主張したところで、人が死ぬシーンばかりクローズアップしてては命の尊さなど感じるわけもない。この中国のごとき傲慢さは何なんだ。また、中盤から役者たちの演説を始まる。彼らはセリフを言っているというより、まるで文章を読んでいるかのようだ。演技をしてるのではなく、台本を読まされているのか?どうしてそんなに言葉を使う必要があるのか?監督にとって視覚的効果は死を映し出すインパクトを作り出すためのものでしかないのか?カメラを揺らしては親の物真似をするこの監督を見て、たけしは何をおもっただろう(笑)
マイアミバイスさん 1点(2005-01-19 20:50:58)
26.更にスケールアップして、更につまらなくなった。
c r a z yガール★さん 1点(2005-01-06 05:26:31)
25.なんでしょうコレ・・・?ま、「竹内力デスッッ」が聞けたので満足です。
ほかなーんも覚えてないス。
マミゴスチンさん 1点(2005-01-06 04:55:27)
24.BRII噂には聞いてましたが、ひどい映画です。お下劣な子供戦争映画です。見苦しいキャストが、聞き苦しい雄叫びを吐きながら、ノルマンディー上陸作戦さながらの戦闘をやってます。だれが、だれに、何をつたえようとしたのか意味不明であるだけでなく、観ていて本当に楽しめない陰惨コンバット映画でした。故深作監督が観たら、「お前らにはこの程度のIIしかつくれないのか、何のメッセージが伝わっていないじゃないか、残念。」と別な意味で鎮魂歌になったのかも。「死んでしまっても本望だ。」
杜子春さん 1点(2004-12-31 07:18:16)(良:1票)
別のページへ(1点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 182人
平均点数 2.72点
02010.99%
14323.63%
23117.03%
33318.13%
42212.09%
5147.69%
663.30%
794.95%
831.65%
900.00%
1010.55%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.25点 Review8人
2 ストーリー評価 1.07点 Review14人
3 鑑賞後の後味 0.75点 Review12人
4 音楽評価 2.27点 Review11人
5 感泣評価 0.12点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS