チェ 28歳の革命のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > チェ 28歳の革命
 > (レビュー・クチコミ)

チェ 28歳の革命

[チェニジュウハッサイノカクメイ]
Che: Part One
(Che: The Argentine/The Argentine)
2008年【米・仏・スペイン】 上映時間:132分
平均点:4.80 / 10(Review 45人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-01-10)
ドラマ戦争ものシリーズもの歴史もの伝記もの
新規登録(2009-01-08)【ポール婆宝勉(わいけー)】さん
タイトル情報更新(2016-09-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・ソダーバーグ
助監督グレゴリー・ジェイコブズ〔助監督〕
キャストベニチオ・デル・トロ(男優)エルネスト・チェ・ゲバラ
デミアン・ビチル(男優)フィデル・カストロ
ジュリア・オーモンド(女優)リサ・ハワード
ロドリゴ・サントロ(男優)ラウル・カストロ
カタリーナ・サンディノ・モレノ(女優)アレイダ・マルチ
ウラジミール・クルス(男優)ラミロ・ヴァルデス・メネンデス
エドガー・ラミレス(男優)シロ・レドンド
ホルヘ・ペルゴリア(男優)
小山力也エルネスト・チェ・ゲバラ(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ラウル・カストロ(日本語吹き替え版)
檀臣幸カミロ・シエンフェゴス(日本語吹き替え版)
土師孝也レネ・バリエントス(日本語吹き替え版)
木下浩之マリオ・モンヘ(日本語吹き替え版)
林真里花タニア(日本語吹き替え版)
原作チェ・ゲバラ「革命戦争回顧録」(中央公論新社)
脚本ピーター・バックマン
音楽アルベルト・イグレシアス
撮影ピーター・アンドリュース
製作スティーヴン・ソダーバーグ
ベニチオ・デル・トロ
製作総指揮グレゴリー・ジェイコブズ〔助監督〕
配給ギャガ・コミュニケーションズ
日活
録音マーク・A・マンジーニ
スタントジミー・オルテガ(ベニチオ・デル・トロのスタント・ダブル)
その他鈴木敏夫(日本公開キャッチコピー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(3点検索)】[全部]

別のページへ(3点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 主体として描かれるのは革命軍の一部隊。
ゲバラも部隊の中の一隊員という扱われ方の映画です。

極力個人的な物語を廃した作風なので、個人に思い入れをする余地がありません。
これではまるでサッカーの試合を遠景で見ているかの如し。
10番がゴールした、とか、9番がパスをした、とか、記号で人を見ている感覚。

状況説明まで省かれているので、彼らが一体何をしていて、どこに向かっているのか。
それすら解らず置いてきぼり。

ただただ革命軍の進軍を見せられるだけの2時間。
人間ゲバラに迫る映画にも出来ただろうに、なぜこのような作品にしてしまったのか
良く解らない映画でした。
kirieさん [インターネット(字幕)] 3点(2017-10-16 07:19:54)
7.《ネタバレ》 無知で無学な私にとって、この作品を一言で表すと「難しい」ということだ。彼がキューバ革命の立役者であるというくらいの知識しかない中で、キューバ革命が何たるかも全く知らない私にとってはひどく退屈な時間でした。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2017-05-10 19:19:32)
6.《ネタバレ》 予備知識がなければまず付いてこられない内容だし、仮に予備知識があったとしても、史実のつまみ食い状態でドラマ性が低く、カリスマ的な指導者の人となりに迫る内容を期待すると裏切られるという、伝記映画としては最下層に近いほどの作品だと感じました。キューバ革命と後年の国連演説を交互に見せるという、いかにもソダーバーグが好みそうなトリッキーな構成はまるで効果を上げておらず、それどころかせわしなく場面が切り替わることがウザく感じられたほど。そういう小手先の演出なんていいから、王道のドラマをきちっと見せてよとフラストレーションが溜まりまくるという、精神衛生上非常によろしくない鑑賞となりました。
とはいえソダーバーグ監督作品だけに決して手抜きではなく、戦闘シーンのビジュアルや音響には圧倒的な迫力があります。迫力はあるのですが、戦況がイマイチ不明瞭で革命軍と政府軍のどちらが優位に立っているのかが分からないし、革命成就という大目標に対して目の前の戦闘がどの程度重要なのかという点も説明されないため、そこに感情が伴っていない点は大きなマイナスですが。
ベニチオ・デル・トロは、彼が本来持つ個性も手伝ってちゃんとカリスマ的な指導者に見えているのですが、カストロを含めた世界中の要人に会いながら7年かけて役作りをしたという努力の成果はさほど作品に反映されていません。そこにドラマがないため、せいぜいモノマネレベルに終わってしまっているのです。作品が悪すぎて素材も役者も持て余しているという、何とも勿体ない作品でした。後編も130分あるのかと思うと、ひどく気が重くなります。
ザ・チャンバラさん [インターネット(字幕)] 3点(2017-03-20 21:55:54)
5.チェ・ゲバラはとても魅力的な歴史的人物だが、映画としては淡々と描かれていてストーリーの起伏がない。
ゲバラの国連演説など実際のモノクロ映像も挿入されている。
史実に忠実にドキュメンタータッチで描いているが、ドラマとしては退屈。
ドキュメンタリーに徹するか、映画としてエンターテイメントを加味するかしないと中途半端。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 3点(2013-05-18 22:13:33)
4.《ネタバレ》 あの世界の歴史でも稀な波乱の人生を生きた革命家の、そのカリスマ性溢れる生涯を映画化、しかも主演は個性派俳優ベニチオ・デル・トロ。どうしてこんな面白くなりそうな素材をもってして、ここまで駄作に仕上げてしまったのか大いに疑問に思えるくらいつまらなかった。延々と続く変わり映えしない画面に冗漫なストーリー。ソダーバーグ監督の、この毀誉褒貶の激しさってなんなんだろう。料理に例えるなら、これほどの高級食材と最新の料理器具を揃えたというのに、料理人がボケちゃってて出来上がってみれば犬のエサだった、そんな感じ。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 3点(2013-04-20 15:36:36)
3.正直、スポットに騙された感じです。もっとドラマティックにゲバラやキューバ革命を描いているのかと思いました。ところが実際は映像の羅列に近く、予備知識がないとさっぱりでした。勉強して出直します。
lalalaさん [DVD(吹替)] 3点(2009-12-24 00:04:15)
2.ドキュメンタリー映画か?
退屈この上ない。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 3点(2009-11-15 22:53:49)
1.娯楽性を求めてはいけない内容だったのでしょうが、それにしても
引き込まれる要素が全くない作品にゲンナリ。
チェの魅力を世界中の人に紹介するには全くの失敗作で、
ドキュメンタリー風にしてもあまりにも魅力ない。
一部の人間だけを対象に作ったマスターベーション映画。
デルトロのカッコよさだけに3点進呈。
gyu_yanさん [DVD(字幕)] 3点(2009-10-07 13:21:15)
別のページへ(3点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 45人
平均点数 4.80点
000.00%
112.22%
224.44%
3817.78%
4715.56%
51328.89%
6715.56%
748.89%
836.67%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.33点 Review3人
2 ストーリー評価 2.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review2人
4 音楽評価 2.50点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS