カンフー・パンダのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > カンフー・パンダ
 > (レビュー・クチコミ)

カンフー・パンダ

[カンフーパンダ]
Kung Fu Panda
2008年【米】 上映時間:92分
平均点:6.09 / 10(Review 43人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-07-26)
アクションコメディアニメシリーズものファミリースポコンもの動物もの
新規登録(2008-06-16)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2019-08-14)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーク・オズボーン〔監督〕
ジョン・スティーヴンソン〔監督〕
ジャック・ブラックポー
ダスティン・ホフマンシーフー老師
アンジェリーナ・ジョリーマスター・タイガー
ジャッキー・チェンマスター・モンキー
セス・ローゲンマスター・カマキリ
ルーシー・リューマスター・ヘビ
デヴィッド・クロス〔1964年生〕マスター・ツル
ジェームズ・ホンミスター・ピン
ダン・フォグラーゼン
マイケル・クラーク・ダンカンヴァチール所長
ウェイン・ナイトギャングのボス
マーク・オズボーン〔監督〕
山口達也ポー(日本語吹き替え版)
笹野高史シーフー老師(日本語吹き替え版)
中尾彬タイ・ラン(日本語吹き替え版)
木村佳乃マスター・タイガー(日本語吹き替え版)
MEGUMIマスター・ヘビ(日本語吹き替え版)
石丸博也マスター・モンキー(日本語吹き替え版)
真殿光昭マスター・ツル(日本語吹き替え版)
富田耕生ウーグウェイ導師(日本語吹き替え版)
龍田直樹ミスター・ピン(日本語吹き替え版)
高木渉ゼン(日本語吹き替え版)
郷里大輔ヴァチール所長(日本語吹き替え版)
桐本琢也マスター・カマキリ(日本語吹き替え版)
多田野曜平(日本語吹き替え版)
脚本ジョナサン・エイベル
グレン・バーガー
音楽ジョン・パウエル
ハンス・ジマー
編曲ジョン・アシュトン・トーマス
製作ジョナサン・エイベル(共同製作)
グレン・バーガー(共同製作)
制作ドリームワークス・アニメーション
配給アスミック・エース
録音アンディ・ネルソン[録音]
マイク・ホプキンス[録音]
イーサン・バン・ダーリン
その他ゲイリー・トルースデール(スペシャル・サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(4点検索)】[全部]

別のページへ(4点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.ハリウッドのアニメが今作のように、CG表現に頼りきった発展をして行くのなら、ジャパン・アニメの手描きの味はまだまだ存在感を放ち続けるだろう、と思いました。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2009-10-16 01:18:13)
4.はっきり言って、意味不明..言いたいことが良く分からない..(手間暇かけて創ってるのに..無駄な時間と労力..もったいない..)
コナンが一番さん [DVD(吹替)] 4点(2008-12-10 13:02:48)
3.《ネタバレ》 画や動きは抜群にいい出来です。しかし食い意地が張ってるだけでグダグダしている主役に全く魅力がない。その食い意地のおかげで強くなったんですが、特訓シーンも短くカタルシスも無かったですね。自分を信じるのも良いとは思いますけども。 結局最後も相性で勝ったようなもんだし。食い物の奪い合いなどカンフー映画をよく研究しているとは思いましたが主役のギャグテイストの度が過ぎてるかと。吹き替え版で観るとまた違うかもしれませんが私には合いませんでしたね。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 4点(2008-08-04 22:41:36)
2.《ネタバレ》 画像だけ眺めていれば、それなりに楽しむことはできる。ただ「CGスゲエな」「パンダ強いな」「○○カッコいいな」「○○カワイイ」程度の感想しか持ち得なかった。
子ども向け作品とはいえ、もうちょっと味付けが必要ではないか。
あまりにも薄味すぎて、物足りなさを覚えた。
シーフー老子とポーの関係と、シーフー老子とタイ・ランの関係をもうちょっと対比させてもよかったかもしれない。
自分の弟子でもあったタイ・ランを信じ切れなかったので彼を悪の道に走らせてしまったが、ポーを信じ抜くことができたので、ポーも変わることができ、自分も変われたという落としどころのようなものが必要だったかと思われる。
シーフー老子とタイ・ランの関係は、甘やかして育てる現在の家庭のようなものにも通じる。
甘やかすのが本当の愛情ではなくて、自分を信じてもらい、厳しくされることが本当の愛情のようなメッセージを込めると、本作を見た子どもと親にとって何か得られるものがあったのではないか。
子ども達の可能性のようなものを信じることができるというメッセージを込めれば、本作は傑作になりえたかもしれない。
シーフー老子は、弟子を信じるというよりも、自分の師匠であるウーグ・ウェイ導師のことしか信じていないような気がするのが引っかかった。
また、「特別なことは必要ない」というメッセージも上手くは落ちていないのではないか。
「強くなること」「おいしい料理をつくること」どちらにも早道や抜け道はない。
現在の子ども達に送るメッセージとしては、「スポーツが上手くなること」「アタマが良くなること」のようなものに通じるだろう。
何事にも特効薬や魔法の力のようなものはなく、地道な努力が必要ということになる。
そう考えると、ポーが「特別なことは必要ない」と気付くのはもうちょっと早い段階でもよかった気がする。
タイ・ランもマスターファイブももともと強かったわけではないのだから、現在は雲の上のような存在であっても、自分が努力すれば彼らに近づけるはずというメッセージに繋がるはずだ。
今がどんなにダメであっても、諦めなければ雲の上の存在にも一泡吹かせることができる。そのためには、血と汗が滲むような訓練が必要ということになり、訓練の意義が活きてくる。
強くなるための近道は訓練や努力以外ないのだから。
六本木ソルジャーさん [映画館(字幕)] 4点(2008-08-02 14:34:42)
1.残念ながら見て良かった、と思わせるものがとても少ないです。絵はきれいでよく動きますが、薄っぺらな内容にがっかりです。暴力的な表現ばかりで、あえて小さい子供たちに見せたいとは思いません。カンフーだから戦うシーンは当たり前といえばそれまでですが、私はNo thank youでした。キャラクターたちの目が怖いので、日本人受けしないような気がします。
ジャッカルの目さん [試写会(吹替)] 4点(2008-07-05 21:18:10)
別のページへ(4点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 43人
平均点数 6.09点
000.00%
100.00%
212.33%
312.33%
4511.63%
5511.63%
61330.23%
71432.56%
812.33%
924.65%
1012.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review3人
2 ストーリー評価 6.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.66点 Review3人
4 音楽評価 6.33点 Review3人
5 感泣評価 5.33点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

2008年 81回
長編アニメーション賞マーク・オズボーン〔監督〕候補(ノミネート) 
長編アニメーション賞ジョン・スティーヴンソン〔監督〕候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2008年 66回
アニメ映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS