シャッター アイランドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シャッター アイランド
 > (レビュー・クチコミ)

シャッター アイランド

[シャッターアイランド]
Shutter Island
2009年【米】 上映時間:148分
平均点:5.86 / 10(Review 152人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-04-09)
公開終了日(2010-09-10)
ドラマサスペンスミステリー小説の映画化
新規登録(2009-07-24)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2015-06-05)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーティン・スコセッシ
キャストレオナルド・ディカプリオ(男優)テディ・ダニエルズ
マーク・ラファロ(男優)チャック・オール
ベン・キングズレー(男優)院長 ジョン・コーリー医師
エミリー・モーティマー(女優)レイチェル・ソーランド
ミシェル・ウィリアムズ(女優)ドロレス・シャナル
マックス・フォン・シドー(男優)ジェレマイアー・ネーリング医師
ジャッキー・アール・ヘイリー(男優)C棟入所者 ジョージ・ノイス
イライアス・コティーズ(男優)アンドルー・レディス
パトリシア・クラークソン(女優)真実を知る謎の女
テッド・レヴィン(男優)警備隊長
ジョン・キャロル・リンチ(男優)マクフィアソン(警備副隊長)
ロビン・バートレット(女優)患者 ブリジット・カーンズ
クリストファー・デナム〔1985年生〕(男優)患者 ピーター・ブリーン
加瀬康之テディ・ダニエルズ(日本語吹き替え版)
志村知幸チャック・オール(日本語吹き替え版)
有本欽隆院長 ジョン・コーリー医師(日本語吹き替え版)
宮島依里ドロレス・シャナル(日本語吹き替え版)
高橋理恵子レイチェル・ソーランド(日本語吹き替え版)
坂口芳貞ジェレマイアー・ネーリング医師(日本語吹き替え版)
辻親八アンドルー・レディス(日本語吹き替え版)
秋元羊介船長(日本語吹き替え版)
青山穣C棟入所者 ジョージ・ノイス(日本語吹き替え版)
原作デニス・ルヘイン〔原作〕「シャッター・アイランド」(早川書房刊)
脚本レータ・カログリディス
音楽ロビー・ロバートソン(音楽監修)
撮影ロバート・リチャードソン〔撮影〕
製作マイク・メダヴォイ
アーノルド・メッサー
マーティン・スコセッシ
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮デニス・ルヘイン〔原作〕
ジャンニ・ヌナリ
レータ・カログリディス
配給パラマウント・ジャパン
特殊メイクスタン・ウィンストン・スタジオ(ノンクレジット)
特撮カフェFX社(視覚効果)
ロバート・ストロンバーグ(視覚効果デザイナー)(ノンクレジット)
美術ダンテ・フェレッティ(プロダクション・デザイン)
フランチェスカ・ロ・スチアーヴォ(セット装飾)
ランドール・バルスマイヤー(タイトル・デザイン)
衣装サンディ・パウエル
編集セルマ・スクーンメイカー
録音トム・フライシュマン
ユージーン・ギーティ
フィリップ・ストックトン
字幕翻訳戸田奈津子
日本語翻訳岸田恵子
戸田奈津子(超日本語吹き替え版監修)
あらすじ
ボストン沖の孤島「シャッターアイランド」。その島の病院には、重度の精神障害をもつ凶悪犯罪者が収容されている。ある時、一人の女性患者の行方不明事件の捜査のため、連邦保安官テディと相棒のチャックが島を訪れる。厳重な管理体制の中、二人は早速聞き込みを開始するが、テディには別の思惑があった。彼の脳裏に現れては消える亡き妻ドロレス。彼は、妻を殺した容疑者レディスはこの病院にいると確信していた。果たしてこの島に隠された秘密とは?。 スコセッシ監督とディカプリオのコンビがデニス・ルヘインの原作を映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(4点検索)】[全部]

別のページへ(4点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.《ネタバレ》 精神を病んでる妄想何でも有り系。事実と想像との「区別」がつかず、内容を理解しようとがんばればがんばるほどしんどい。これまで観てきた作品でもそうだったが妄想何でも有り系の映画は自分には本当に合わないようだ。
妄想系というジャンルがあれば絶対に観ないのだが、サスペンスのコーナーとかに置かれてるから「区別」が付かずどうしようもない。
虎王さん [DVD(字幕)] 4点(2011-08-24 16:27:52)
15.《ネタバレ》 途中までは、サスペンス作品の演出で楽しめる作品でしたが、死んだ奥様が出すぎているのでおかしいなと思いつつ鑑賞しておりましたが、おちはジェイコブスラダーより最悪な最後でした。
SATさん [DVD(吹替)] 4点(2011-05-10 23:05:33)
14.《ネタバレ》 だいぶ前にTVドラマ 世にも奇妙な物語 にほぼ同じ内容の作品があり
あっちは大御所女優願望だったかな。途中でオチが分かり失望。
ギュッとすれば20分で終わらせられる話。
所々、妙に安い合成映像のシーンは妄想を描写しているからなのかな。
翼ネコさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2011-04-26 00:07:54)
13.これは映画向きのお話じゃないんじゃないですかね。ちょっと無理があったように思います。どんよりした雰囲気はたしかに良かったんですけど、別に雰囲気を楽しむ類の映画じゃないですからね。よく言われていますけど、『衝撃のラスト』みたいな煽り文句は禁句にして頂きたいですね。
sava1100さん [DVD(吹替)] 4点(2011-02-12 22:06:20)
12.オチがすぐ読めた映画だった。
kureさん [DVD(字幕)] 4点(2010-12-07 21:59:39)
11.《ネタバレ》 これは完全にマーケティングによるミスリードのあった映画。謎ときが中心軸にある映画じゃないですよね。やたらディカプリオの俺様演技も鼻についたし。
カエル本舗さん [映画館(字幕)] 4点(2010-10-17 21:24:41)
10.《ネタバレ》 最後までわからないほど点数は高得点になる作品。

なので私は4点かな。。。
ナラタージュさん [DVD(字幕)] 4点(2010-09-20 00:16:42)
9.《ネタバレ》 やあー、なんだかんだ忙しくて約一月振りの映画鑑賞。久々のワクワク感で序盤は良かったが30分で結末が見えたのにはげんなり。「シックスセンス」以降、この手の映画はなかなか難しいですね。映像が良かっただけに残念。
kaaazさん [DVD(字幕)] 4点(2010-09-10 23:54:54)
8.《ネタバレ》 このラストに関して同行者と意見が分かれました。ぼくは「ディカプリオはただ狂っていた人だった」で、彼は「ディカプリオは正気を保っていながら狂気のふりをしてまだ虎視眈々と島から逃げ出すことを狙っている」でした。最後のセリフ、エンドクレジット(アンドリュー・レディスではなくテディ・ダニエルズになっていた)から考えると同行者が正しいような気がするし、子供が死んだ長い回想シーンから考えるとぼくが正しいような気がするし……ってところまで考えたけど、議論するほど大した映画じゃありません。何も得るものなし、怖がらせ方もいまひとつ、ディカプリオは暑苦しいの三重苦。すべて精神病のせいにしてしまうのもいただけません。
ケルタさん [映画館(字幕)] 4点(2010-05-10 15:59:25)
7.《ネタバレ》 そもそも上映前の錯覚や謎解きに関する説明が蛇足である。と言うのはおそらくほとんどの人がそう感じたと思います。「どうやって女性患者は密室からドロンしたのか」とか純粋に推理ものとしての魅力はたくさんあったのに、終わってみれば予想できたオチ。推理ものと言うより、どんでん返し系の映画。そういう意味ではPRからして失敗。映画を語る上で個人的に思うことなんですが、「予告編とかけはなれている映画はそれだけで失敗である」と考えています。やはり期待していた内容と大筋からして全く違うのであればまず戸惑うし、なかなかストーリーにも入っていけないですよね。

ストーリーの評価はと言うと、予告編との誤差って言うこともあるし、やっぱり微妙ですよね。あのラストは正直予想できた。エドワード(=レオナルド・ディカプリオ)が職員用の白衣に着替えたあたりから、だんだん彼がリアルに施設の患者に見えてきて・・・。謎解きと言うより「あぁやっぱりね」といった感触です。

話の進め方も、ところどころ極端に奇抜な回想シーンが挿入されて、そのたびに話の展開を忘れそうになります(ただ私の物覚えが悪いだけ??)

キャストも良かったし、世界観はミステリー調で好みの感じだったのに、残念。
TANTOさん [映画館(字幕)] 4点(2010-04-19 18:17:57)
6.《ネタバレ》 見終わって思ったのは、配給会社に騙された。ってことだ。ハードル上げすぎ。
そもそも「結末は誰にも話さないでください」というのが、一番のネタバレになってるということを自覚してほしいな。そう言われて構えて観ると、結末や仕掛けは全然大したことない。
謎云々を置いといてみたら、いつものスコセッシさんの作風で、映像や雰囲気に格調高さはあるし、レオ使って、古典的ミステリーを撮ってみました。と言ったような内容なので、好きな人は好きな作品だろう。それならそれとして先入観なしに観たかった。
サスペンス部や冗長な答え合わせをもっと削って、人間をもっと描いて見せて欲しかったところだが。
すべからさん [映画館(字幕)] 4点(2010-04-17 19:04:04)
5.《ネタバレ》 配給会社の宣伝担当は、反省しろ。
でも、煽られて見てしまった自分にも腹が立つ。
普通に何の気負いもなく見てたらもっと楽しめたのに・・・
脱出物だった方が面白かったかもしれないなぁ。
吹き替えに、タレントやお笑いを使わなかったところは評価したい。
モフラーさん [映画館(吹替)] 4点(2010-04-11 21:23:23)
4.期待するほどではなかったですね。「超日本語吹き替え」も、何が「超」だか?ただ、セリフは重要なので、ちゃんと聞いていると中盤で『謎』が分かってくると思います。ディカプリオの渋い顔の演技と、スコセッシらしいノワール調の映像がイイです。
iso777さん [映画館(吹替)] 4点(2010-04-11 21:18:15)
3.この映画の本来の姿というのは、謎解きではなく、消えた女とつきまとう女に苦悩していく男を描く事が正しいんじゃないかって思うのだ。デニス・ルヘインは「ミスティック・リバー」の原作者でもあるわけだが、イーストウッドが聡明なのはミステリーではなく男たちの苦悩を描ききったところが素晴らしかったわけで、スコセッシの技量ではそんなところには到達できない。彼は何やらこの映画を難解にしたいのか、それとも技巧派を狙いたいのか、それとも今更アーティスティック気取りなのか、変にこねくり回すからつまらない。意味深な台詞や、極彩色に彩られた過剰なまでの妄想のシーンなど、何の意味があるのか。意味深にする必要もないし、灰とか降らす必要もないし、普通にやればいい。そのせいもあって無駄に間延びして150分近くあるから許せない。殆ど内容がすかすかなことに気付かず間延びさせて長尺になるいつもの状態だ。無駄は削る。必要な事象だけを描く。映画はそれでいいはずだ。それが下手糞だから、いつまでたってもスコセッシはなぁと思う。

そしてミステリー、つまり謎というのは、結末を指した言葉であるはずがないのだから、その謎というもの自体の話しであって、結末というのは二の次なのだと思わなければならない。なのだから結末が衝撃的であるというのは、結末に至るまでの過程がどんなもんであるかで決まるもので、過程の段階で結末ばかりを見据えた展開というのは、結末有りきなものとなって、展開の面白さを疎かなものにしちゃう。 
それは決して幕開け数十分で結末が読めるから詰まらないとか、宣伝に煽られただけで落胆とかそんな文句とは別で、その読める結末に着地するまでの展開を楽しみ、そして結末を読めていようが、納得して結末を迎えられるかというところを考えるべきである。だからこそこの映画はミステリー云々以前に、ディカプリオの苦悩を描ききらなければならなかったのではないか。ならばこそ余計に、過剰なまでのあれらの映像が果たして効果的であったのかと疑問が残ってしまうってもんだ。

そして「騙されないでください」云々という本編とまったく関係のない冒頭の件だが、そもそも映画自体が嘘の塊であって、寧ろ映画など騙されてなんぼなもんで、余計なお世話だと言いたい。根本的に間違っている。

音楽は多少過剰かとも思えるが、素晴らしい。
すぺるまさん [映画館(字幕)] 4点(2010-04-11 02:49:00)
2.まったくの予備知識なしで行ったにもかかわらず、映画が始まる前に、わざわざ「脳はだまされる」的な映像を見せられ、さらには「ラストは誰にも教えないで」なんて文句が映し出されてしまったんもんだから、思いっきり構えて見てしまったところ……。
開始10分ほどで、ネタがわかってしまいました。
でも、ここまであおってるんだから二重三重にどんでん返しがあるのかと、少しは期待したんだけれど、そのまんまでした。
この程度の謎に、「あなたは見抜けるか?」なんて使い古されたあおり文句をつけた配給会社は何を考えているのだろうか?
事実上、“答え”を念頭に置いて、映画を観てくださいといってるようにしか思えない。
万年青さん [映画館(吹替)] 4点(2010-04-10 17:57:37)
1.《ネタバレ》 原作未読。驚愕のラストとか煽るのは逆効果だから、良い加減に止めた方が良いと思いますね。 孤島とゴシック調の建造物などは、何かありそうな雰囲気が抜群だったし役者も良かった。ラストも正気に戻り、現実を受け止めた上であの選択は何とも言えない後味があったけど、この手は飽きたんだなぁ悪いけど。 【余談】「字幕」についていけない、内容が理解できない、漢字が読めないなど教育の問題やDVDの普及などもあって、最近は劇場でも「字幕」で観るより「吹替」で観る方が増えているそうで続々と公開されている。映画会社的には「吹替」にタレントでも使えば宣伝になるし一石二鳥なんだろうけど、俳優の声とイメージが違いすぎて映画ファンには敬遠される傾向があるが、気にしない人も増えてきたってコトなんだろうな。まぁ確かに聞きなれた言語であれば理解度も増すだろうが、本物で観ようって嗜好が減ったんだろうか(「字幕」にもきちんと本質を捉えているモノが望まれますがね)。 海外は他国の映画を「吹替」で観るのが主流だそうだが、日本は昔から「字幕」で観る方が多かった。本物志向でオリジナルに敬意を払って観てくれる日本のファンをありがたいと思った海外の映画スターも多かったそうだ。 そんな中、公開された本作の「吹替」は「超日本語吹替版」。本職の声優を使うだの、違和感の無い台詞だの色々と能書きを垂れてるようですが、わざわざアピールするほどのモノじゃなく、やって当たり前だろうという内容で呆れるばかり。 これからドンドン増えていきそうな「吹替版」ですが、作るのであれば本気で作ってくれと願います。観るかは分かりませんが。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 4点(2010-04-09 23:01:04)
別のページへ(4点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 152人
平均点数 5.86点
010.66%
100.00%
221.32%
385.26%
41610.53%
53019.74%
64227.63%
73623.68%
8117.24%
931.97%
1031.97%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review8人
2 ストーリー評価 5.50点 Review14人
3 鑑賞後の後味 5.07点 Review13人
4 音楽評価 6.18点 Review11人
5 感泣評価 3.37点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS