ライオン・キング(2019)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ライオン・キング(2019)
 > (レビュー・クチコミ)

ライオン・キング(2019)

[ライオンキング]
The Lion King
2019年【米】 上映時間:119分
平均点:6.00 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-08-09)
ドラマアドベンチャー動物ものリメイク
新規登録(2019-07-10)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2020-02-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ファヴロー
ドナルド・グローヴァーシンバ
ビヨンセ・ノウルズナラ
セス・ローゲンプンバァ
アルフレ・ウッダードサラビ
キウェテル・イジョフォースカー
ジェームズ・アール・ジョーンズムファサ
キーガン=マイケル・キーカマール
賀来賢人シンバ(日本語吹き替え版)
江口洋介スカー(日本語吹き替え版)
佐藤二朗プンバァ(日本語吹き替え版)
大和田伸也ムファサ(日本語吹き替え版)
駒塚由衣サラビ(日本語吹き替え版)
根本泰彦ザズー(日本語吹き替え版)
沢城みゆきシェンジ(日本語吹き替え版)
加瀬康之カマリ(日本語吹き替え版)
脚本ジェフ・ナサンソン
音楽ハンス・ジマー
製作ジョン・ファヴロー
配給ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(4点検索)】[全部]

別のページへ(4点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 はいはいはい、超リアルな動物CGの出来栄えを見せたい映画に拍手。
あまりにリアルで、ついに到達しました→「アニメの実写化によるガッカリ領域」へ・・
歌っても違和感、戦っても違和感、話していても違和感・・・ 自分には無理でした。
でもって、お話はいつも通りのお花畑・・ どこが売りの作品なのか・・??
子供向けなお話ですが、子供に見せるなら前作のアニメバージョンが正解だと正直思いました。
グルコサミンSさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2020-02-05 22:49:25)(良:2票)
1.《ネタバレ》 娘がアニメ版を歌も台詞全部覚えるくらい見てて大好きなので、現地での公開直後に家族で鑑賞。人間が登場せず、おそらくCGで精密に描かれた動物たちが主役のこの映画が「実写」なのか?という疑問は大いにあるのですが、それはさておき、IMAXの映像と音響で見れば、冒頭のプライドロックのシーンからおなじみのタイトルまでの流れは、やっぱり鳥肌ものでした。ただ、IMAX効果も実写効果の感動も長続きはせず、徐々にクエスチョン・マークのほうが大きくなっていく・・・。疑問その1は、あまりにアニメ版に忠実な絵と物語・・・。もともとストーリーは父の死からの定番の成長物語なので、あまりいじる必要がなかったし、いじるリスクのほうが大きかっただろう。けれども、25年ぶりのリメイクなのに、ほとんど何の「再解釈」もなく、ただ同じ話を見せられるのは思ったよりも辛かった。疑問その2は、アニメ版にあったダイナミックな絵の魅力は実写によってむしろ減じているということ。とくに、「I just can't wait to be a king」の歌のシーン。アニメ版では奇想天外な絵が繰り広げられるのですが、実写では残念ながらその豊かなイマジネーションがまったく活かされていない。アニメ版の絵をそのまま再現することは不可能だからこそ、ここは実写班の腕の見せ所だったと思うのですが、残念ながら数少ない実写独自の描写がうまくいっているようには見えない。疑問その3は豪華すぎる声優陣の使い方。ドナルド・グローバー(チャイルディッシュ・ガンビーノ)とビヨンセという今もっとも影響力がある黒人シンガー2人を主役キャストに配しながら、その魅力がまったく活きていない。キウェテル・イジョフォーもジェレミー・アイアンズの真似の部分のほうが目立つ。キャスティングが発表されたときは、『ブラック・パンサー』級の新世代のブラック・ムービーとして生まれ変わるのか!?と期待MAXだっただけに、あまりにおとなしい声優陣と、ちょっと気を遣った風に挿入されるビヨンセの新曲・・・。結局、敗因はアニメ版に対する制作陣の敬意が大きすぎたこと、だったのだと思う。この手の映画だったら普段は盛り上がる映画館も、今回は終わっても反応がほとんどなかったので、そう感じたのは私だけではないんだろう。
ころりさんさん [映画館(字幕なし「原語」)] 4点(2019-07-24 00:09:11)(良:1票)
別のページへ(4点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4220.00%
5110.00%
6330.00%
7330.00%
8110.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2019年 92回
視覚効果賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS