ファンタスティック・フォー(2015)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファンタスティック・フォー(2015)
 > (レビュー・クチコミ)

ファンタスティック・フォー(2015)

[ファンタスティックフォー]
Fantastic Four
2015年【米】 上映時間:100分
平均点:5.00 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-10-09)
アクションSFアドベンチャーファンタジーシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2015-08-14)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2019-03-03)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョシュ・トランク
キャストマイルズ・テラー(男優)リード・リチャーズ/Mr.ファンタスティック
ケイト・マーラ(女優)スー・ストーム/インビジブルウーマン
マイケル・B・ジョーダン(男優)ジョニー・ストーム/ヒューマン・トーチ
ジェイミー・ベル(男優)ベン・グリム/ザ・シング
トビー・ケベル(男優)ビクター・フォン・ドゥーム/Mr.ドゥーム
ティム・ブレイク・ネルソン(男優)ハーヴェイ・アレン博士
木村昴リード・リチャーズ/Mr.ファンタスティック(日本語吹き替え版)
ゴリベン・グリム/ザ・シング(日本語吹き替え版)
堀北真希スー・ストーム/インビジブルウーマン(日本語吹き替え版)
阪口周平ビクター・フォン・ドゥーム/Mr.ドゥーム(日本語吹き替え版)
土師孝也フランクリン・ストーム博士(日本語吹き替え版)
てらそままさきハーヴェイ・アレン博士(日本語吹き替え版)
原作スタン・リー
ジャック・カービー
脚本サイモン・キンバーグ
ジョシュ・トランク
音楽マルコ・ベルトラミ
フィリップ・グラス
撮影マシュー・ジェンセン
製作サイモン・キンバーグ
製作総指揮スタン・リー
配給20世紀フォックス
美術クリス・シーガーズ
衣装ジョージ・L・リトル
編集エリオット・グリーンバーグ
スティーブン・E・リヴキン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(5点検索)】[全部]

別のページへ(5点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 ゴムゴムの実、メラメラの実、スケスケの実、イシイシの実の能力者が、力を合わせて元仲間を退治する物語ですが、いかんせん能力を得るまでが丁寧に作られ過ぎてて長く感じます。最近のアメコミ映画は物語に深みを持たせようとしていますが、本当にそれが世の中で求められているものですかね。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-08-22 20:04:26)
3.《ネタバレ》 ヒーロー登場の前ふりが長くて何の映画だか忘れてしまいます。Marvel作品のアクションや独特の世界観を期待していたのですが、いたって普通なんですよね。ヒーローっぽく活躍するのは後半20分くらいで物足りなさも残るし、友達が悪者になっちゃったからやっつけろ!的な薄っぺらい動機です。そのくせ終わりには自信満々な4人。なんだか救えない映画です。
Keytusさん [ビデオ(吹替)] 5点(2015-11-29 04:34:43)
2.《ネタバレ》 ゴムゴムのリード、スケスケのスー、メラメラのジョニー、ゴツゴツのベン。マーベル最初のヒーローチーム誕生秘話。ヒーロー登場までの前座ドラマがものすごく長げぇ。何の映画観てるのか分かんなくなっちまうべや。クライマックスは破壊王になっちゃった旧友とのSFバトル。とにかく終始散漫で支離滅裂な印象。今年のワースト候補。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 5点(2015-11-01 22:24:18)
1.《ネタバレ》  『クロニクル』に『ベイマックス』を足したような世界の話。

 特殊能力を持ってしまうまでのシチュエーションをじっくり描いているのですが、そこに肝心のドラマが無いんですよね。ひたすら状況が描かれるばかりで、それぞれがどういう関係性、感情の流れで結びついていくのか、特殊能力を持ってしまった事に対してどう感じているのか、そこがすっぽり抜け落ちていて。事故後の時間を一気に飛ばした事によって、事故とその結果がもたらした物に向き合う部分が無い状態。せっかくアクションを犠牲にしてまでチームの成り立ちを中心に描いているのに、そこに心が無いのは問題です。

 また、仲間だった筈の一人が敵となってしまう、そこからも感情が抜けちゃってて。見捨ててしまった負い目とか見捨てられた事に対する恨みとか、そういうのは無しでとにかくやっつけなくちゃ、で終わっちゃう。その割り切りがクライマックスのアクションすらもスッキリしない結果を招いてしまう訳です。

 やっぱりアガるアクションシーンが無いってのはヒーローものとして致命的だと思うんですよね。尺が短いので決して退屈はしない、のでこの点数なのですが、じゃあ何か誉めるべきところがあるかというと、うーん。 各人の特殊能力を駆使したと言えるだけのアクションもありませんし、ラストもなんだか強引だし、マーベル映画定番のエンディング後のオマケは無いし、3か月後には殆ど記憶から消えちゃいそうな映画ではありました。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 5点(2015-10-12 21:24:38)
別のページへ(5点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
316.25%
4637.50%
5425.00%
6212.50%
7318.75%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review2人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS