プールサイド・デイズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プールサイド・デイズ
 > (レビュー・クチコミ)

プールサイド・デイズ

[プールサイドデイズ]
The Way Way Back
ビデオタイトル : プールサイド・デイズ
2013年【米】 上映時間:103分
平均点:6.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-06-04)
ドラマコメディ青春もの
新規登録(2019-12-06)【たきたて】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジム・ラッシュ
キャストサム・ロックウェル(男優)オーウェン
マーヤ・ルドルフ(女優)ケイトリン
スティーヴ・カレル(男優)トレント
トニ・コレット(女優)パム
アリソン・ジャネイ(女優)ベティ
アナソフィア・ロブ(女優)スザンナ
アマンダ・ピート(女優)ジョアン
ジム・ラッシュ(男優)ルイス
脚本ジム・ラッシュ
撮影ジョン・ベイリー〔撮影〕
衣装アン・ロス〔衣装〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(6点検索)】[全部]

別のページへ(6点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 超絶いい加減なサム・ロックウェルをはじめ、プールサイドの面々は実にコミカルで、主人公がこっちに居るときはこの映画はとても楽しい。その一方で、サイテー男スティーヴ・カレルと自分のことで手一杯な母ちゃんトニ・コレットが待ってるおうちの方は、実に陰湿で暗ーい何とも堪え難い空気(観てるこっちも実際に堪え難い)。雰囲気の両極端さそのままに、主人公はスティーヴ・カレルと完全に決別して映画は終了するが、こういうただ一方的な人間関係って個人的にはあんまり好きじゃない(一方が100%悪役というのは、少し単純すぎて映画として浅いようにも感じる)。

でも「反抗」できるようになるって思春期の一番最初の顕著な成長だとも思うのだよね。それを描きたかった映画なのだとも思うし、その意味では終盤の展開も、またその部分の子役の演技も決して悪くなかったと思う。重ねて、コメディ部分はとても面白かった。一番笑ったのはやっぱりしれっと戻って来てるルイス(実は演者は監督だそうで、お疲れ様です)。青春ものを観たい!ってときの選択肢としては、十分にアリかと。
Yuki2Invyさん [DVD(字幕)] 6点(2020-01-23 00:03:18)(良:1票)
別のページへ(6点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6133.33%
7266.67%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS