それでも生きる子供たちへのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > それでも生きる子供たちへ
 > (レビュー・クチコミ)

それでも生きる子供たちへ

[ソレデモイキルコドモタチヘ]
All the Invisible Children
(Les Enfants Invisibles)
2005年【伊・仏】 上映時間:130分
平均点:7.08 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-06-09)
ドラマオムニバス
新規登録(2007-06-04)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2011-05-18)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スパイク・リー「アメリカのイエスの子ら」
ジョン・ウー「桑桑(ソンソン)と子猫(シャオマオ)」
エミール・クストリッツァ「ブルー・ジプシー」
リドリー・スコット「ジョナサン」
ジョーダン・スコット「ジョナサン」
キャストデヴィッド・シューリス(男優)ジョナサン(「ジョナサン」)
ケリー・マクドナルド(女優)ジョナサンの妻(「ジョナサン」)
ジャック・トンプソン(男優)(「ジョナサン」)
ロージー・ペレス(女優)ルーシー(「アメリカのイエスの子ら」 )
マリア・グラツィア・クチノッタ(女優)バーテンダー(「チロ」)
ジャン・ウー(男優)
脚本ジョイ・リー「アメリカのイエスの子ら」
サンキ・リー「アメリカのイエスの子ら」
ジョーダン・スコット「ジョナサン」
ストリボール・クストリッツァ「ブルー・ジプシー」
音楽ラミン・ジャヴァディ「ジョナサン」
テレンス・ブランチャード「アメリカのイエスの子ら」
アントニオ・ピント「ビルーとジョアン」
ハンス・ジマー(「ジョナサン」の音楽プロデューサー)
ストリボール・クストリッツァ「ブルー・ジプシー」
挿入曲ティナ・ターナー"Teach me again"
撮影ヴィットリオ・ストラーロ「チロ」
クー・チャンウェイ「桑桑(ソンソン)と小猫(シャオマオ)」
製作テレンス・チャン「桑桑(ソンソン)と小猫(シャオマオ)」
マリア・グラツィア・クチノッタ
スパイク・リー「アメリカのイエスの子ら」
製作総指揮エミール・クストリッツァ
ジョイ・リー「アメリカのイエスの子ら」
サンキ・リー「アメリカのイエスの子ら」
配給ギャガ・コミュニケーションズ
編集ロバート・A・フェレッティ「桑桑(ソンソン)と小猫(シャオマオ)」
ヤニック・ケルゴー「タンザ」
字幕翻訳関美冬
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(7点検索)】[全部]

別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.良かったです。短編映画は最近、元気ですね。
グレースさん [DVD(字幕)] 7点(2008-05-05 20:19:16)
2.「ビルーとジョアン」「アメリカのイエスの子ら」「ブルージプシー」が良かった。(クストリッツア以外)作品ひとつひとつのキャラクター性が少し弱かったからか、とりたてて駄作はなかったけど、テーマが社会派の割に、突き抜けた作品がなかった。ただクストリッツアの短編がもっと見てみたいと思ったのは収穫。邦題◎

Leannán-Sídheさん [DVD(字幕)] 7点(2008-03-27 00:15:12)
1.《ネタバレ》 それぞれのエピソードはお互い関係無い話。7つの話があるが、映画にならなければいけない必要性を感じた子供は、ブラジルの兄妹と中国のみなしごの2件くらい。ロリコンにはたまらない映画でした。僕にはたいくつ。
no_the_warさん [映画館(字幕)] 7点(2007-07-30 23:35:16)
別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 7.08点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6538.46%
7323.08%
8430.77%
917.69%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS