おじいさんと草原の小学校のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > おじいさんと草原の小学校
 > (レビュー・クチコミ)

おじいさんと草原の小学校

[オジイサントソウゲンノショウガッコウ]
The First Grader
2010年【英】 上映時間:103分
平均点:7.50 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-07-30)
ドラマ実話もの
新規登録(2012-07-29)【コナンが一番】さん
タイトル情報更新(2017-08-27)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャスティン・チャドウィック
キャストナオミ・ハリス(女優)ジェーン・オビンチェ
音楽アレックス・ヘッフェス
撮影ロブ・ハーディ〔撮影〕
製作総指揮アナント・シン
配給クロックワークス
その他アレックス・ヘッフェス(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(7点検索)】[全部]

別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 邦題は無意味にほのぼのしているが、作品が示すテーマは実に重い。侵略側と植民地、部族と部族、裕福層と貧困層、そういったさまざまな対立がもたらす毒素が凝縮され、最も弱い個人に落とし込まれていく。そんなことも学習の裏打ちとして盛り込まれている。ただ、校長が主人公を受け入れた動機は今ひとつ不明確で、「この人が熱心だから」「独立運動の犠牲者だから」という属人的要素が前に出ているような気がしてならない。ここはやはり、「どんな年齢の人も受け入れるのが、国家の教育体制そのものの維持発展であり、それがめぐって国民全員にプラスになる」という観点を打ち出してほしいところだった。
Oliasさん [DVD(字幕)] 7点(2015-05-15 04:02:50)
別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4112.50%
500.00%
6112.50%
7112.50%
8337.50%
9112.50%
10112.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS