ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
 > (レビュー・クチコミ)

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

[ハンソロスターウォーズストーリー]
Solo: A Star Wars Story
2018年【米】 上映時間:135分
平均点:6.00 / 10(Review 35人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-06-29)
公開終了日(2018-10-17)
アクションSFアドベンチャーファンタジー戦争ものシリーズもの
新規登録(2018-04-02)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2018-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロン・ハワード
キャストオールデン・エアエンライク(男優)ハン・ソロ
ウディ・ハレルソン(男優)ベケット
エミリア・クラーク(女優)キーラ
ドナルド・グローヴァー(男優)ランド・カルリジアン
ポール・ベタニー(男優)ドライデン・ヴォス
タンディ・ニュートン(女優)
クリント・ハワード(男優)
前野智昭ハン・ソロ(日本語吹き替え版)
山根舞キーラ(日本語吹き替え版)
浅野まゆみL3-37(日本語吹き替え版)
土田大ドライデン・ヴォス(日本語吹き替え版)
山路和弘(日本語吹き替え版)
市川海老蔵(十一代目)(日本語吹き替え版)
及川光博(日本語吹き替え版)
京田尚子(日本語吹き替え版)
清水理沙(日本語吹き替え版)
原作ジョージ・ルーカス
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生](テーマ音楽)
配給ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(7点検索)】[全部]

別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.ファン向けの作品と割りきって見る分には楽しいんじゃないかな。
おとばんさん [映画館(吹替)] 7点(2018-08-05 18:50:22)
9.あんまり言いたくないのですが、これは主役の俳優さんの見た目で、かなり印象を悪くしていることは間違いないと思います。今年初めのパート2でも、アジア系のブス姉ちゃんが、かなり足を引っ張っていましたが、今回は主役だけに、ダメージ修復不能です。ヒロインも個人的にはストライクゾーンに入ってこなかったです。
内容は、メインのお話と比べるとこじんまりとしていますが、そこら辺のSFアクションと比較すると、フツーに面白かったですよ。スピンオフ作品としては、このくらいで十分なのではないでしょうか。
そこまでケチをつけるような作品ではないですよ。
これで、主役とヒロインがもう少し魅力的なら、間違いなくプラス1点したと思います。
マー君さん [映画館(字幕)] 7点(2018-07-31 23:16:03)
8.《ネタバレ》 世界中から袋叩きにされている本作。どんだけつまらないんだと怖いもの見たさでの鑑賞でしたが…普通に面白いじゃねーか!
ハリソン・フォードに似てない!なんて高望みしてはいけませんよ。逆に割と似てる事にびっくりです。ファルコンでチューイと並んだ時には思わずウルっと来てしまいました。正史に比べてスケールダウンは否めませんが作りは丁寧。古くて新しいガジェットの数々にも胸踊りましたしスピンオフにしてはサービス満点だったと思います。ラストにあの人がサプライズ登場しますが、あの日僕らが腰を抜かしたあの動きを少しでも見せて欲しかったかな。
題名がダサ過ぎて観る気を無くすのでもう少し考えて欲しかった。キーラがレイアよりベッピン。
Kの紅茶さん [映画館(字幕)] 7点(2018-07-21 14:33:55)
7.《ネタバレ》 そこかしこに残念な点はあるものの、まぁ及第点。本編に登場する言葉の端々はちゃんと回収していたし、スターウォーズの世界観を維持しつつ、よく奮闘してました。それにしてもジョン・ウィリアムスの音楽は偉大。ファルコンのドックファイトは最高に高まった。一方、ヒロインを謎に包みすぎて結局つかみどころのない人物になってしまっているのと、サプライズのためだけに登場する彼が最大の難点。彼が生きてるなんて設定はアニメの中だけで充分。サプライズならシディアスでも出しておけばよいのだ。前作(Ⅷ)がひどすぎたのと、製作者のスターウォーズに対する愛情は感じられたので、点数は甘め。
ふじもさん [映画館(字幕)] 7点(2018-07-14 16:45:46)
6.《ネタバレ》 サーガを追いかけていない人は基本的に観ないと思いますが、スターウォーズファンとしては楽しさ全開。伝説のケッセルラン12パーセクとか、ファルコン号を賭けたサバックとか「コレがあのアレかぁ!」といった感じで楽しめました。
終盤の大サプライズを含め、噂されている他サイドストーリー群が全て繋がるのか?という展開は製作が正式に決定してないので不安ですけどね…個人的にはキーラがめちゃんこ可愛くてドツボだったので是非とも続いて貰いたいです。(真っ直ぐな目)
けんじマンさん [映画館(字幕)] 7点(2018-07-09 20:09:49)
5.《ネタバレ》 皆さんご指摘の通り、ハン・ソロ役の俳優さんがハリソン・フォードに似てなさすぎる。むしろブラピに似てる。ランドも顔ちょっと薄くない?笑
似てるキャスト探せないなら少年時代を描くなどして誤魔化せなかったのかと。エミリア・クラークはかわいいけど演技はワンパターンだなあ、、まあそれでも大好きですけど。

賛否両論あるみたいですが僕はダース・モール登場ウェルカム派です。キャストの顔面再現性が高ければもっと良かったと思います。
なすさん [映画館(字幕)] 7点(2018-07-08 21:51:29)
4.《ネタバレ》 IMAX 3Dにて鑑賞。列車強盗の場面のような巨大な構築物と多くの浮遊物で構成されたSF映画らしい見せ場では3D効果を大いに発揮するものの、3D技術がまったく効果を発揮しない薄暗い密室が舞台となる場面も多く、3Dでの鑑賞は無意味とは言わないが、マストとも言えないという印象でした。
一般客から飽きられてシリーズ初の赤字見通しとなっている上に、ファンからの支持もなく、とにかく悪評高い本作ですが、映画とは事前の期待とのバランスで決まるものであり、期待値を下げて観た分「意外と面白いじゃん」という感想を持ちました。少なくとも他の娯楽作に劣る出来ではないし、シリーズ内でもEPⅠやⅡのような明らかな失敗作と比較すれば、本作は数段上の出来だったと思います。
作風はスピンオフ第一弾『ローグ・ワン』と同じく感情的であり、ハン・ソロの成長や冒険には常に痛みが伴っています。生まれ育った惑星コレリアを脱出する際には恋人・キーラが帝国に捕らえられ、強盗団に入って初めての大仕事では軍団のおかみさん的ポジションのヴァルを、次の仕事では航海士・リオとアンドロイド・L3を失います。観客がそのキャラクターを好きになってきたところで退場させるという感情の上げ下げがなかなかうまい上に、シリーズの通例では殺されることの少ないコメディリリーフ的な立ち位置のキャラクターまでを殺しており、その点ではかなり攻めた内容だったと言えます。ま、本音を言えばL3の最後については疑問もあったんですけどね。R2-D2はヤヴィンの戦いで大破寸前の状態となったし、C-3POはジオノーシスの戦いで首と胴体が切り離され、ベスピンではバラバラに解体されたものの、それぞれ修理されてますからね。L3だって修理すれば直るんじゃないのと思いましたが、そこは生命体と同じく死亡という扱いになっていました。
一説にはシリーズ最高額の製作費がかけられただけあって、個々の見せ場も楽しめました。コレリアでのカーチェイスに始まって、惑星ミンバンでの第一世界大戦風の戦闘に、イリディウム山脈での大列車強盗と、本作にはこれまでのシリーズにはなかったタイプの見せ場を作り出そうという努力があり、そのどれもが面白く仕上がっています。また、こうした新しい見せ場によって世界観の拡張にも成功しており、伝統を守りつつ新しいことをするという、スピンオフとしては非常に正しい姿勢で作られています。
では本作の何が問題だったのかというと、まず見せ場の配置がおかしかったという点が挙げられます。前述した通り個々の見せ場は良いのですが、良い見せ場が前半に固まっており、後半になるにつれて印象に残らない見せ場ばかりとなります。クライマックスに至っては室内でポール・ベタニーがタガーのような武器を振り回して暴れているだけであり、最大の盛り上がりを見せた大列車強盗の場面とは比較にもならない見せ場が最後に来たのでは、鑑賞後の満足度はどうしても下がってしまいます。
また、肝心のハン・ソロの人となりに意外性がなかった点も不備だったと思います。例えば前作『ローグ・ワン』はシリーズの流れを壊さない範囲内に収まりつつも、EPⅣ本編の見方を永久に変えてしまうような意外性を持つという絶妙なバランス感覚を保っており、あれこそスピンオフの大成功例だったと言えるのですが、本作については前述の通り世界観の拡張にこそ成功しているものの、ハン・ソロは我々の知っているハン・ソロでしかありませんでした。ワルぶっているが、いざという時には正しい行動をとってくれる男、自信過剰な言動に見合った成果を出してくれる頼れる男・ハン・ソロ、これってEPⅣ~Ⅶで見てきたまんまのハン・ソロですよね。この手のオリジンに観客が期待するものとは、成功や失敗の結果として我々が知っているキャラクターが形作られたという知られざる物語なのですが、本作ではその点でかなりの肩透かしがありました。
また、騙し騙されのアウトローの物語であるため行動原理の不明確なキャラクターが何人かおり、従前のシリーズとはかなり違った姿勢での鑑賞を要求されたことが、一部の観客に混乱をもたらしたような気がします。さらにはラストのダース・モール登場のタイミングも悪く、おかしなタイミングで人気キャラを消費されたことに不快感を覚えたファンの気持ちも分からんでもありません。
ザ・チャンバラさん [映画館(字幕)] 7点(2018-07-02 19:20:29)(良:1票)
3.《ネタバレ》 初日の午後、遥か彼方の銀河系へ.... いや映画館へ
そこで観たのは、若きパイロットと宇宙のゴロツキども(裏稼業の者たち)の出会い。そしてヤバい仕事が思わぬ方へ展開し星から星への冒険が始まる!
STAR WARSのスピン・オフ第2弾は、正史よりも遥かに第1作『新たなる希望』に近いクリフハンガーアクションだった。

ハンは、パイロットを夢みて故郷を旅立つが、若気の至りで順風満帆とはいかず、物語はスリリングなスラロームにように一転二転する。
画面にはSFガジェットや個性的なキャラクターがあふれていて、飽きることがない。
この異世界冒険譚にリアリティーを与えているのは、骨太の脚本。そして西部劇調のクラシックな演出スタイルに違いない!

思えば 40年前も同じように、実在しそうな異世界をスクリーンで目の当たりにし、SF世界に引き込まれたように思う。
残念ながらエピソード8は、ストーリーも、ユーモアも、映像も、押し付けがましく強引だった。
それは新時代のSTAR WARSを目指したチャレンジかも知れないが、この『ハン・ソロ』の心地よさを考えると、やはりSTAR WARSとは似て否なるものだったと言わざるを得ない。

脚本のカスダン親子は、ハンの出発点を【パイロットを夢見て故郷を旅立つ一人の青年】として、ルークと同じように描いている。
『新たなる希望』でハンは、何だかんだ文句を言いながらもルークを助けに戦場へ帰って来るが、その理由と今回のハンの過去がリンクしていて、さすが!だと思った。

STAR WARSの世界で正しい選択をする者は、必ず【他人の中に自分の別の姿を見る】。ハンは仲間と信じたベケットに裏切られて裏社会の人生を歩んで来た。もしベケットのように自分もルークを裏切ったならルークは死ぬ。俺はベケットのようにはならない!
ルークもまた、ベイダーを見てダークサイドへの転落を踏みとどまる。父のようにはならないと・・・
墨石亜乱さん [映画館(吹替)] 7点(2018-07-02 16:48:44)
2.《ネタバレ》  109シネマズで鑑賞。客入りはまあ、そこそこ。
 内容はハン・ソロの少年時代から、チューバッカと知り合い、こういう稼業に
 手を染めていく過程を描いたもの。
 ハン・ソロ役はハリソン・フォードのイメージを保った若者。

 映画としては良くまとまっていて、流石ロン・ハワード監督と思いましたが、
 見ているとご都合主義的な所が気になった。

 ・空港で離ればなれになった恋人が何故か悪党の首領の副官になっていて
  アジトで再会する。
 ・盗賊団に入れて貰ったが、列車強盗時に仲間の女性が死亡。後で出てきた
  反乱軍の首領がその娘だった。
 ・ラストで急に強くなって華麗に剣の舞いでソロを追い詰める悪党の首領。
 ・チューバッカとの出会いでソロが喰われかけるが、牢からの脱獄を持ち掛
  けて、あっさり脱獄。

 まあ、ご都合主義でないと話が進まないのも分かるけどね。特にこういう
 前日譚みたいなのはね。ここらへんは途中で監督が変わった事情とかも
 絡んでいるのかも。

 あと、ミレニアムファルコン船内でのホログラムのモンスターチェスとか、
 砲台の照準のワイヤーフレームCGが昔のままなのは懐かしかったです。
ahiru3さん [映画館(吹替)] 7点(2018-06-30 17:09:10)
1.《ネタバレ》 「ローグ・ワン」に続くスピンオフ第2作目。
監督の降板など制作面での苦心が耳に入る本作。一応シリーズ最高の製作費(3億ドルを超えるという…)もこれに伴う再撮影が一因である。

興行面でも、12月公開の法則を覆し、「最後のジェダイ」からわずか半年で公開されたうえ、アメコミ勢が幅を利かす中で苦戦を強いられ、思うような興行成績を上げられなかったようだ。(実際には北米だけで2億ドル以上も稼いだが、SW作品として見れば、これは失敗とみなされる数字である。普通2億ドルって大ヒットなんだけども…)

ネガティブな話題が先行してしまったが、実際に観てみるとコレがとても「楽しい」。
最終的に大ベテランのロン・ハワードが上手くまとめてくれたようだ。
「ソロ」は明らかにスター・ウォーズの雰囲気・世界観を纏いながら、どこかクラシックな活劇の匂いを感じ取れる楽しい楽しいアドベンチャー映画である。

それは大列車強盗を思わせる中盤の素晴らしいアクション・シーケンスによく現れている。
どんだけCGで武装しても、結局は走るノリモノに乗り移って敵との攻防をきっちり描けば、それは楽しいのである。
さらにカルリジアンが合流したあたりからは、キャラの魅力も深まり、これまた胸のすく銃撃戦が繰り広げられる。うん、面白い!

ハリソン・フォードの後釜として登場したエアエンライクは、予想をはるかに超えるソロっぷり。大胆不敵で自信家ながらも、隠しきれないのチャーミングさをよく体現している。
これはビックリしたけど、本当に期待を超える良いソロだった。

しかし、そんな素晴らしいソロが登場する一方、個人的に本作で一番残念な点もまたソロである。

先に述べたとおり、エアエンライクは期待以上だし、監督の演出も適切である。しかし脚本視点からみたソロについては物足りなさを禁じ得ない。

この映画はソロの始まりを描く立ち位置のはずが、本当の意味で僕の知らないソロは出てこない。
つまりソロがスクリーンに登場した時からソロ過ぎるのである。

本作のラストには、もともと利害関係だけのドライデンの想像通りの裏切り、そしてメンターであるベケットの裏切り、さらには(フォローもあるが)最愛のキーラの裏切りというどんなメンタル強者でも泣いて帰りたくなる裏切りの連打が用意されている。

これほどの心理攻撃がありながら、そこにソロの成長・学びは感じられない。
元からいつものソロだったため、成長譚・誕生譚としての深みが希薄なのだ。

劇中にはソロを構成するいくつものキーワードや、シリーズが抱える要素に答えや驚きを提供しているが、大事なのは「ソロ」だろう。

幸運のお守り、ソロという名前、チューイとの出会い、ブラスター、ミレニアムファルコンとその速さの秘密、「知ってるさ」、「帝国のマーチ」のCM、名前だけ出て結局謎な格闘技「テラス・カシ」、ソロの活躍が反乱軍の血肉となっていた等々…興味深い考察が盛りだくさんだ。(PSのゲームでフィーチャーされたテラス・カシは個人的にずっと謎に思ってたので、映画での初登場は驚き)

非情に興味深く嬉しい演出の数々だが、問題はこういう部分を優等生的に回収するのみで、肝心のソロの誕生に踏み込めなかった脚本か。
制作側が往年のファンのバッシングに敏感になっているのは承知だが、ソロの内面についてはもう少し冒険して欲しかったのが個人的な感想だ。

また敵キャラの描きこみが薄いのも物足りないか。
サノスのアゴからポール・ベタニーが出てきたような見た目のドライデンなど、どうも雑魚臭がぬぐいきれない。そのうえ紋切り型のキャラ造形のためハックスやカイロのような「味」がない。
ドライデンなど「小物だけどウザい中ボス」に据えておいて、スター性のあるダース・モールさんを惜しげなく暗躍させた方が良かったのではないだろうか。

L3と絡めたカルリジアン、ハンの「相棒」で独立した面を見せるチューイなど面白い部分もあるだけに、敵キャラを上手く見せられなかったのが惜しい。

しかしながら、要所要所であのテーマ曲が否応なしに心を躍らせてくれるのも、この映画の巧いところ。盛り上げ方は熟知している。
惜しい点もあったが「ハン・ソロ」は楽しいアドベンチャー映画として高次元に位置し、とても魅力的な映画に仕上がっていることは事実だ。
サムサッカー・サムさん [映画館(字幕なし「原語」)] 7点(2018-06-05 00:43:30)(良:1票)
別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 35人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4514.29%
5925.71%
6720.00%
71028.57%
838.57%
912.86%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.33点 Review3人
2 ストーリー評価 5.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 5.25点 Review4人
4 音楽評価 7.50点 Review4人
5 感泣評価 4.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS