シュガー・ラッシュ:オンラインのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シュガー・ラッシュ:オンライン
 > (レビュー・クチコミ)

シュガー・ラッシュ:オンライン

[シュガーラッシュオンライン]
Ralph Breaks the Internet: Wreck-It Ralph 2
2018年【米】 上映時間:116分
平均点:6.17 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-12-21)
アクションドラマSFコメディアドベンチャーファンタジーアニメシリーズものネットもの
新規登録(2018-10-05)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2019-01-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リッチ・ムーア〔監督〕
ジョン・C・ライリーレック・イット・ラルフ
サラ・シルヴァーマンヴァネロペ・フォン・シュウィーツ
ガル・ガドットシャンク
タラジ・P・ヘンソンイエス
アラン・テュディックノウズモア
ジャック・マクブレイヤーフェリックス
ジェーン・リンチカルホーン軍曹
アルフレッド・モリーナダブル・ダン
エド・オニール〔1946年生〕リトワクさん
ジョディ・ベンソンアリエル
ペイジ・オハラベル
リンダ・ラーキンジャスミン
ミン・ナムーラン
アニカ・ノニ・ローズティアナ
マンディ・ムーア〔女優〕ラプンツェル
ケリー・マクドナルドメリダ
イディナ・メンゼル雪の女王/エルサ
クリステン・ベルアナ
山寺宏一レック・イット・ラルフ(日本語吹き替え版)
諸星すみれヴァネロペ・フォン・シュウィーツ(日本語吹き替え版)
菜々緒シャンク(日本語吹き替え版)
花輪英司フィックス・イット・フェリックスJr.(日本語吹き替え版)
小鳩くるみ白雪姫(日本語吹き替え版)
すずきまゆみオーロラ/ムーラン(日本語吹き替え版)
麻生かほ里ジャスミン(日本語吹き替え版)
中川翔子ラプンツェル(日本語吹き替え版)
大島優子メリダ(日本語吹き替え版)
神田沙也加アナ(日本語吹き替え版)
松たか子雪の女王/エルサ(日本語吹き替え版)
金丸淳一ソニック・ザ・ヘッジホッグ(日本語吹き替え版)
浅野まゆみイエス(日本語吹き替え版)
二又一成サージ・プロテクター(日本語吹き替え版)
落合弘治ジーン(日本語吹き替え版)
青山穣サワー・ビル(日本語吹き替え版)
辻親八タッパー(日本語吹き替え版)
黒沢かずこキャンドルヘッド(日本語吹き替え版)
村上知子ジュビリーナ(日本語吹き替え版)
大島美幸ランシス(日本語吹き替え版)
友近タフィタ(日本語吹き替え版)
所ジョージバズ・ライトイヤー(日本語吹き替え版)
遠藤憲一ベビー・グルート(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしC-3PO(日本語吹き替え版)
定岡小百合イーベイ・エレーン(日本語吹き替え版)
楠見尚己ブッチャー・ボーイ(日本語吹き替え版)
ビル・ヘイダーJP・スパムリー
音楽アラン・メンケン(追加作曲)
製作ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
製作総指揮ジョン・ラセター
ジェニファー・リー〔脚本・アニメ監督〕
クリス・ウィリアムズ〔脚本・アニメ監督〕
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(7点検索)】[全部]

別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.どんなに親友でも、追いかてける夢は違ったりもする。それを理解し合えてこそ、真の親友となる。このシリーズのテーマである「友情」をさらにステップアップさせ、見事に昇華させている。お見事としか言いようがない。描き出したらキリがないインターネット世界の描写も、ほどよくコンパクトにまとめていてこちらもまたお見事!二人の主役の性格も実に上手く物語を構築していて、ほんと、お見事のオンパレードです。
予告編で何度となく見せられたディズニープリンセスたちの登場。ウケやネタ的なものかと思っていたら、ヴァネロペが自分と向き合うキーパーソンとなっているから脱帽です。加えて新たに登場するキャラたちですが、過剰な性格付けをせず、それでいてしっかりとキャラ立ちしていて尚且つ、物語の進行に必要な要となっているから素晴らしい。1回登場で終わりじゃなく再登場に意味を持たせている。

もしも3作目を制作するとして、ゲームの世界、インターネットの世界、さて、次はどんな世界を見せてくれるんでしょう・・・。
Dream kerokeroさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2019-04-26 06:09:29)
2.2019年の劇場鑑賞一発目として、わが子二人と共に映画館に足を運んだ。
キュートで、エキサイティングで、ユーモラスで、感動的な、お正月に子どもと観るに相応しい映画に仕上がっており、映画ファンとしても、父親としても、満足度は高かった。
 
世評は意外と分散している様子だが、個人的には、続編としての“大風呂敷”の広げ方を、舞台設定の必然性、物語構造の妥当性、そして王道的なテーマ性としても、等しく真っ当に纏めていると思う。
 
一方で、賛否が分かれている理由もよく分かる。
確かに、6年前の前作をよくよく思い返してみると、肝心要の主人公コンビのキャラ設定がぶれてしまっていることは否めない。
そして、そのことが前作で描き出されたテーマ性をも崩さんばかりに侵食してしまっていることは、特に前作ファンにとっては残念すぎる要素だったろうと思う。
 
ただし、そういう作品世界の根幹を揺るがしかねないストーリーテリングの脆さを度外視してでも楽しむべき要素がこの映画には溢れていて、そういう映画ファン、ディズニーファン向けの小ネタやメタ要素を見つけていくだけで、只々楽しい。
言わずもがな、歴代ディズニープリンセスが勢揃いした“楽屋ネタ”はアガらずにはいられなかった。

若干空気感の違うメリダに対して、アナが「あの子だけスタジオが違うの」とコソコソ言うシーンでは劇場で一人吹き出してしまったし、モアナが立ち上げた水柱を、アリエルが泳ぎ登り、エルサが凍らせて滑り降りてくる等々の助太刀シーンではわが子を差し置いてはしゃいでしまった。
 
 
とはいえ、そういった小ネタがハイライトとして先行してしまっていることからも、作品の質として前作を越えていないことは認めざるを得ない。
果てしないインターネット世界を描き出した描写も、よく造り込まれてはいるけれど、スピルバーグが「レディ・プレイヤー1」を公開した直後のタイミングでは、レース描写も相まって、どうしても二番煎じ感を拭えない。
それに2時間近い上映時間は、子どもには少々長過ぎたようだった。(4歳の息子には特に)。
 
 
それでもね、この映画が自分の子どもと初めて映画館で観たディズニー映画であることは事実であるし、お正月の良い思い出として残り続けるだろうと思うのだ。
鉄腕麗人さん [映画館(吹替)] 7点(2019-01-05 01:23:28)
1.《ネタバレ》 ディズニー映画にしかなしえない、ディズニー自虐ネタは、豪華だったし面白かった。もっともあの自虐はこれまでも何度か扱われているけど。

歴代プリンセスの吹き替えが、神田沙也加だったり松たか子だったり中川翔子だったりと本物らしいんだけど、言われないと分からない。そんなことより、白雪姫とかアリエルとかは、当時のアニメのテクスチャを踏まえた質感のほうがよかった。

ラプンツェル以降のディズニーは、自立した女性観を描かなきゃいけないノルマとかあるのだろうか。世界の潮流への対応なのか。はてさて今作のベネロペにもそれを適用しなければならないのか。べつによくね?このノルマみたいなのを諦めれば、いろいろ整うと思う。

そもそもベネロペは、スローターなんとかという荒廃した世界に魅力を感じるような子じゃなかったはずだ。そもそも、映画つくりてたちの、ああいった現代的な暴力的なゲームに対する姿勢がよく見えない。なんなら「是」としている?非常に魅力的な女性シャンクを、肝心なところで裏切るやつにするなどして、あのスローターなんとかの世界観を「否」してほしかった、ディズニー映画ならば。
no_the_warさん [映画館(吹替)] 7点(2018-12-27 23:23:00)(良:1票)
別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 6.17点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4316.67%
5211.11%
6738.89%
7316.67%
815.56%
9211.11%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2018年 91回
長編アニメーション賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2018年 76回
アニメ映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS