ランボー/ラスト・ブラッドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ランボー/ラスト・ブラッド
 > (レビュー・クチコミ)

ランボー/ラスト・ブラッド

[ランボーラストブラッド]
Rambo: Last Blood
2019年【米】 上映時間:101分
平均点:5.94 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-06-26)
アクションドラマサスペンス戦争ものシリーズものハードボイルドバイオレンス
新規登録(2020-06-04)【Yuki2Invy】さん
タイトル情報更新(2020-06-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エイドリアン・グランバーグ
キャストシルヴェスター・スタローン(男優)ジョン・J・ランボー
パズ・ヴェガ(女優)カルメン
佐々木功ジョン・J・ランボー(日本語吹き替え版)
武田真治(日本語吹き替え版)
ケンドーコバヤシ(日本語吹き替え版)
花澤香菜(日本語吹き替え版)
小宮和枝(日本語吹き替え版)
井上喜久子(日本語吹き替え版)
森宮隆(日本語吹き替え版)
魚建(日本語吹き替え版)
原作シルヴェスター・スタローン(原案)
脚本シルヴェスター・スタローン
音楽ブライアン・タイラー〔音楽〕
配給ギャガ
美術フランコ=ジャコモ・カルボーネ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(7点検索)】[全部]

別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.あのランボーが家族を持ち牧場で平穏に暮らしている。
しかし、また彼は暴れる事になるのだ。じゃなきゃ映画にならない。
彼がいかにして怒りを爆発するに至ったか、その過程は他のランボー作品に比べると意外に普通だなぁという印象だった。
やっぱりランボーというとジャングルや山の中や戦場というイメージだが、今回は普通に街中や家の中で戦う事になる。
まあ、家の中と言ってもランボーの家だから普通ではないのだけど(笑)

途中まではあんまりランボーの見せ場は無いんだけど、ラストの暴れっぷりの良さには唖然。というか爆笑。彼が戦いに備えて準備している段階からその後の展開を想像して笑いが止まらなかった。
なんだかんだで、これでもう終わってしまったんだなぁと思うとちょっと寂しさも残る。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 7点(2020-07-20 20:34:40)(良:1票)
2.《ネタバレ》 13年ぶりのシリーズ第5弾、最終章。面のしわは年輪のように深く、まさに鬼のような形相のスタローン。メキシコでさらわれた、前田敦子みてえな義理の娘を取り戻す闘い。非道なる極悪兄弟。結局助けられず。終盤は要塞を拵えてゲリラ戦法、元グリーンベレー真骨頂。血みどろの復讐劇、アニキの心の臓をつかんだりっ。最後までランボーは乱暴者やな。ストーリー性は別として、良作。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 7点(2020-07-04 02:18:57)(良:1票)
1.《ネタバレ》 保安官にいじめられ、PTSDのせいなのか気分だけ戦場に戻ってしまい、町をぶっ潰す程の大暴れしちゃったランボー。
その後も、もといた戦場に戦友探しに行ったり、アフガニスタンに上官探しに行ったりして、戦争に巻き込まれ大暴れ。
アジアで人助けのためとはいえ、結局は人体バラバラの殺戮ショウを展開しちゃったランボー。
今回はどんな活躍を?と期待しつつ鑑賞。
…遂に怒りにまかせて復讐の戦いを展開するのかぁ。
前作を越える人体バラバラショウに、どんなモチベーションで観ていいのかを見失う自分!
パワーアップして帰って来た『13日の金曜日』みたいだわ。というのが率直な感想。
とはいえ、こういうケレン味たっぷりで、ちょっといかがわしいのが昭和のアクション映画というか「ランボーシリーズ」なんだよな。
戦闘が終わってロッキングチェアに揺られるランボー。
でも、自分ちの前は穴だらけっていうのが戦いの虚しさを描いているのかな。
晩年のペキンパー映画のラストみたいだと言ったらホメすぎかしら。
こんさん99さん [映画館(字幕)] 7点(2020-06-27 19:26:40)(良:1票)
別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 5.94点
000.00%
115.88%
215.88%
300.00%
415.88%
5423.53%
6211.76%
7317.65%
8423.53%
915.88%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.75点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review4人
4 音楽評価 7.00点 Review3人
5 感泣評価 5.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS