クルーシブルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > クルーシブル
 > (レビュー・クチコミ)

クルーシブル

[クルーシブル]
The Crucible
1996年【米】 上映時間:124分
平均点:6.19 / 10(Review 31人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-04-26)
ドラマ歴史もの実話もの戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-12)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニコラス・ハイトナー
キャストダニエル・デイ=ルイス(男優)ジョン・プロクター
ウィノナ・ライダー(女優)アビゲイル・ウィリアムズ
ポール・スコフィールド〔男優〕(男優)トーマス・ダンフォース判事
ジョアン・アレン(女優)エリザベス・プロクター
ロブ・キャンベル[男優](男優)ヘイル牧師
ブルース・デイヴィソン(男優)サミュエル・パリス牧師
ジェフリー・ジョーンズ〔1946年生〕(男優)トーマス・パットナム
ピーター・ヴォーン(男優)ジャイルス・コーリー
フランセス・コンロイ(女優)アン・パットナム
エリザベス・ローレンス(女優)レベッカ・ナース
ジョージ・ゲインズ〔男優〕(男優)サミュエル・シーウォル判事
ピーター・マローニー(男優)グリッグス医師
レイチェル・ベラ(女優)ベティ・パリス
大塚明夫ジョン・プロクター(日本語吹替)
岡本麻弥アビゲイル・ウィリアムズ(日本語吹替)
佐藤しのぶ【声優】エリザベス・プロクター(日本語吹替)
大木民夫トーマス・ダンフォース判事(日本語吹替)
有本欽隆サミュエル・パリス牧師(日本語吹替)
原作アーサー・ミラー〔脚本〕(戯曲脚本)
脚本アーサー・ミラー〔脚本〕
音楽ジョージ・フェントン
編曲ジェフ・アトマジアン
撮影アンドリュー・ダン
製作デヴィッド・V・ピッカー
20世紀フォックス
配給20世紀フォックス
美術リリー・キルヴァート(プロダクション・デザイン)
グレッチェン・ラウ(セット装飾)
ジェス・ゴンコール(セット建設現場監督)
編集タリク・アンウォー
字幕翻訳戸田奈津子
その他ジョージ・フェントン(指揮)
アーロン・ワーナー(プロダクション総指揮〔ノンクレジット〕)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(7点検索)】[全部]

別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.《ネタバレ》 後味の悪さが際立つ作品。とんずらする災厄の張本人アビゲイルと、ご都合主義の正義をふりかざす裁判長に腸が煮えくり返る。私の憎悪をかきたてる二人の熱演が印象的。人が人を正しく裁く事は所詮は不可能なのだと思わされる作品。
The Grey Heronさん [インターネット(字幕)] 7点(2017-10-17 23:23:15)
9.実話というところがショッキングですが、考えさせられる映画です。それにしてもウィノナ・ライダーの演技が物凄く上手。完全にラストまでひきこまれてしまったのは、彼女の演技あってのことだろうと思う。ウィノナ・ライダーってこんなにいい女優さんだったんですね。驚きです。
civiさん [インターネット(字幕)] 7点(2007-03-26 13:49:29)
8.いや~。えっぐい映画。
ケムール人さん [インターネット(字幕)] 7点(2007-03-03 09:38:22)
7.ウィノナの演技うますぎ。
Vanillaさん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-11-25 00:40:47)
6.中世ヨーロッパにおいて実際にあった魔女裁判。当時の文献などから、マジックマッシュルームなどによる幻影が生み出したものという説が有力視されているらしい。そこらあたりがよく描かれており、本当にこんなことがあったのかと思うとぞっとする。人間というのは想像力豊か故、新化、発展していくのだろうが、その過程では想像力がとんでもない方向へ行き、こういう恐ろしいことが実際に起こるんでしょうね。無知って怖い。 それからウィノナの演技は、かなりいい。かわいいだけかと思ったらこんな役も出来るんですね。お見それ致しました。
R&Aさん 7点(2003-06-25 17:59:50)
5.この世で一番恐ろしいのは「思い込み」という宗教に身をゆだねてしまう人間の心だ。「被害者の証言」はひとまず疑ってかかろう。
やな太郎さん 7点(2003-06-20 00:02:37)
4.《ネタバレ》 これまでに見たすべての映画の中で、一番救いがなく後味の悪い作品。脚本や美術関係の頑張りによって映画としての出来はいいというのが、かえってタチが悪い。また、わずかな動きですべてを表現するジョアン・アレンの演技が素晴らしく、それがさらに作品の不条理性を増幅しています。なお、この作品に描かれているようなことは、決して昔話ではなく、「現在の」日本の刑事裁判でも、原理としてはこれと大差のないことが実際に行われています。「アビゲイルの無実はなぜ疑わない!」というプロクターの台詞を、何人かの人に捧げたい。
Oliasさん [DVD(字幕)] 7点(2003-05-24 03:35:32)
3.あんな犬の様な脳味噌の牧師や裁判官たちに真実を貫いて、命を犠牲にする事が高潔なのでしょうか。私なら、近所中に後ろ指を差されても、夫には子供たちの為に生きて欲しいと思います。・・・とにかく色々考えさせられました。宗教が支配する世界の怖さに旋律を覚えました。これが史実であることがひたすら怖い。社会科と道徳のお勉強として授業に使えそうな、とても意欲的な作品だと思います。主演三人の演技も素晴らしかったです。ただ風景が綺麗すぎて嘘っぽく見えた気がします。舞台的。とりあえず見て損はないと思います。
ともともさん 7点(2003-04-09 17:50:12)
2.ウィノナ、美しい~。悪い女が、もっと悪い女に見える美しさ・・・。ウィノナって、ものすごい外人顔じゃないから好き。
okピーちゃんさん 7点(2003-04-05 21:34:33)
1.ウィノナは迫真の演技だったと思いますが…だめですか?↓のかた。題材がとても重くて気楽に見れるような映画ではありませんが。
nkさん 7点(2001-06-12 01:05:34)
別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 31人
平均点数 6.19点
000.00%
113.23%
200.00%
313.23%
439.68%
5516.13%
6412.90%
71032.26%
8619.35%
913.23%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1996年 69回
助演女優賞ジョアン・アレン候補(ノミネート) 
脚色賞アーサー・ミラー〔脚本〕候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1996年 54回
助演女優賞ジョアン・アレン候補(ノミネート) 
助演男優賞ポール・スコフィールド〔男優〕候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS