旅するジーンズと16歳の夏のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > 旅するジーンズと16歳の夏
 > (レビュー・クチコミ)

旅するジーンズと16歳の夏

[タビスルジーンズトジュウロクサイノナツ]
The Sisterhood of the Traveling Pants
2005年【米】 上映時間:119分
平均点:6.76 / 10(Review 29人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-10-01)
ドラマコメディアドベンチャーシリーズもの青春ものアイドルものロマンス
新規登録(2005-08-12)【ギニュー】さん
タイトル情報更新(2016-11-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ケン・クワピス
キャストアンバー・タンブリン(女優)ティビー
アレクシス・ブレデル(女優)リーナ
アメリカ・フェレーラ(女優)カルメン
ブレイク・ライヴリー(女優)ブリジット
ジェナ・ボイド(女優)ベイリー
ブラッドリー・ウィットフォード(男優)アル
ナンシー・トラビス(女優)リディア
レイチェル・ティコティン(女優)カルメンの母親
エミリー・テナント(女優)
アーニー・ライヴリー(男優)
小島幸子ティビー(日本語吹き替え版)
坂本真綾リーナ(日本語吹き替え版)
小松由佳ブリジット(日本語吹き替え版)
本名陽子ベイリー(日本語吹き替え版)
脚本デリア・エフロン
エリザベス・チャンドラー
音楽クリフ・エイデルマン
撮影ジョン・ベイリー〔撮影〕
製作デブラ・マーティン・チェイス
ブロデリック・ジョンソン
デニーズ・ディ・ノヴィ
アンドリュー・A・コソーヴ
スティーヴン・P・ウェグナー(共同製作)
製作総指揮アリソン・グリーンスパン
配給ワーナー・ブラザース
衣装リサ・ジェンセン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(8点検索)】[全部]

別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.BSの放映をたまたま見て、最初はギリシャの小島の美しい白壁の建物に、
やがて少女たちの揺れる心のありようにひきつけられて、
最後まで思わず集中して観てしまった1本。これはひろいもの。
とても丁寧な描き方で、目頭がゆるむシーンもあり、ラストも爽やかで本当にまとまっている。高校生の頃に見てみたかった。
人におすすめできる作品です。
ミツバチさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2008-08-14 14:52:37)(良:1票)
7.これは秀作だとおもいます。4人それぞれの夏休みを上手くつなげて作ってますね。確かにジーンズ自体があまり意味がなかったり、白血病の子が説教臭かったり、サッカー合宿の子とギリシャへ行った子のドラマは劇的ではなかったりしますが、とかく10代にありがちな暴力とSEXに頼らない筋立ては好感が持てます。サッカーの子がバーンと脱いでりゃ10点あげられますが(笑)実は2年後に続編あります。見ないことをお勧めします(笑)そうそうサッカーの女の子は売れっ子になったそうで
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2007-06-28 12:14:11)(良:1票)(笑:1票)
6.出来の良い青春映画。良かった。
misoさん [DVD(字幕)] 8点(2007-06-20 19:29:08)
5.《ネタバレ》 小説「トラヴェリング・パンツ」が面白かったので、映画化されたのを知って期待していましたが、映画の方がさらに面白かったです。ギリシャの美しさはもちろんですが、スーパーマーケットや、ゲームコーナーまで良い味を出しています。ストーリーは、いつも一緒だった16歳の少女4人が離ればなれになり、それぞれに成長していくというものですが、小説よりも各々の話が独立していた感じで、友情物語と言うよりオムニバスのようで楽しめました。4つのストーリーの面白さが、それぞれ9点、7点、7点、6点で総合点8点です。ベイリーの台詞のひとつひとつに感動しました。見終って魔法を信じてみるのも悪くないかなと、危険なことを思ってしまいました。追 「アグリーベティ」を見ていてアメリカ・フェレラがカルメンだと気がつき再度見ました。
omutさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2006-12-22 03:53:39)(良:1票)
4.《ネタバレ》 “ジーンズにかけた魔法”“仲間内の決まりごと”。いかにもティーンの女の子が考えそうなことです。アホらしい。正直苦手な分野です。甘ったるい青春ごっこなら御免だなと思いつつ鑑賞しました。でもこれが大違い。実に爽やかな青春ドラマでした。本作が素晴らしいのは、主役4人がみんな“外の世界を経験したこと”です。気の合う仲間でつるむのは重要な成長過程。しかしあまりの心地よさに、そのコミュニティーに依存してしまうことがあります。狭い社会の中だけで物事が完結してしまう。陥りがちです。思考の幅が広がらない。それはすなわち、人としての成長していないこと。4人は、ひと夏で多くのことを経験しました。仲間内の世界にいては見えないこと、思いもよらぬ世界を知りました。苦く、辛く、涙が出るようなこと。そんな人生のハードルを乗り越える時には勇気が要ります。その勇気をもらう“おまじない”。それが1本のジーンズでした。4人にはもうジーンズは必要ありません。子供から大人になるということは、多分そういうことだと思います。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2006-11-29 18:41:23)(良:3票)
3.恋して、悩んで、それぞれみんな問題があってそれが16歳って年頃なんだよね。同年代としてはとても共感できる作品でした!!でもジーンズがあんまり役に立ってないってゆうか・・最後の方には忘れかけてました。
愛しのエリザさん [DVD(字幕)] 8点(2006-07-21 23:23:14)
2.心に優しくて、いい映画だと思います。
若くて、痛くて、希望が感じられました。
幼馴染の4人の個性的な女の子が16歳の夏に現実に直面して傷ついて、
友情に支えられ、再び笑えるようになる姿に
ずるずるに泣かされました。
化粧できない体質でよかった。
原作も良くて、ずっぽりはまってしまいました。
たくさんの人に観てほしいなぁ。
なちぐろさん [映画館(字幕)] 8点(2006-04-15 22:26:08)(良:1票)
1.《ネタバレ》 最近涙もろいのかな....とても泣けました。4人の女の子がそれぞれ体験する16の夏、その一つ一つを繋いでいく一枚のジーンズ。このジーンズがみそなんですよ。ある時には勇気をくれ、ある時には人と人とをつなぐ絆に、うまい脚本だと思います。とかくするとsex,暴力、ドラッグとよからぬ展開の多い作品の多い中で、この映画のように涙と鑑賞後の爽やかさを単純ですが与えてくれる、誰にでも薦められる作品だと思います。4人の新人俳優さんも良く役柄を噛み砕き自分のものとして見事に演じています。長すぎず、そしてギリシャ、サウスカロライナ、メキシコ、そして4人の生まれた町と見てるものを旅に連れて行ってくれるようなところもいいですね。自分の存在は何なのか、自分は世の中の誰に認められ誰に愛されているのか?青春の必ず出会う問題をこの映画の中から感じて自分で考えてみるといいのではと思います。若い人には見て欲しいです。
としべいさん [DVD(字幕)] 8点(2006-04-03 12:36:49)(良:2票)
別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 29人
平均点数 6.76点
000.00%
100.00%
200.00%
313.45%
413.45%
5310.34%
6413.79%
71137.93%
8827.59%
913.45%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.60点 Review5人
2 ストーリー評価 7.16点 Review6人
3 鑑賞後の後味 7.80点 Review5人
4 音楽評価 6.25点 Review4人
5 感泣評価 7.00点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS