ファンタスティック Mr.FOXのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファンタスティック Mr.FOX
 > (レビュー・クチコミ)

ファンタスティック Mr.FOX

[ファンタスティックミスターフォックス]
Fantastic Mr. Fox
2009年【米・英】 上映時間:87分
平均点:6.19 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-03-19)
コメディアドベンチャーアニメ動物もの小説の映画化
新規登録(2011-05-24)【R&A】さん
タイトル情報更新(2019-08-24)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウェス・アンダーソン
ジョージ・クルーニーMr.FOX
メリル・ストリープMrs.FOX
ジェイソン・シュワルツマンアッシュ
ビル・マーレイバジャー
マイケル・ガンボンフランクリン・ビーン
ウィレム・デフォーラット
オーウェン・ウィルソンコーチ・スキップ
ジャーヴィス・コッカーピーティー
ウェス・アンダーソンウイーゼル(いたち)
ヘレン・マックロリーミセス・ビーン
ロマン・コッポラ
ジェレミー・ドーソンビーバーの息子
ガース・ジェニングスビーンの息子
ブライアン・コックス〔男優・1946年生〕レポーター
トリスタン・オリヴァー〔撮影〕
エイドリアン・ブロディ野ねずみ
てらそままさきMr.FOX(日本語吹き替え版)
佐藤しのぶ【声優】Mrs.FOX(日本語吹き替え版)
原作ロアルド・ダール「すばらしき父さん狐」/「父さんギツネバンザイ」
脚本ウェス・アンダーソン
ノア・バームバック
音楽アレクサンドル・デスプラ
ランドール・ポスター(監修)
作詞ジャーヴィス・コッカー"Fantastic Mr. Fox AKA Petey's Song"
ウェス・アンダーソン"Fantastic Mr. Fox AKA Petey's Song"
作曲ジャーヴィス・コッカー"Fantastic Mr. Fox AKA Petey's Song"
ウェス・アンダーソン"Fantastic Mr. Fox AKA Petey's Song"
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト"Horn Concerto No. 4 In E Flat Major"
編曲アレクサンドル・デスプラ
挿入曲ジャーヴィス・コッカー"Fantastic Mr. Fox AKA Petey's Song"
ザ・ビーチ・ボーイズ"Heroes and Villains"他
バール・アイヴス"The Grey Goose"他
ジョルジュ・ドルリュー"Une petite île"
ザ・ローリング・ストーンズ"Street Fighting Man"
撮影トリスタン・オリヴァー〔撮影〕
製作ウェス・アンダーソン
スコット・ルーディン
ジェレミー・ドーソン
20世紀フォックス
製作総指揮アーノン・ミルチャン
配給ショウゲート
編集アンドリュー・ワイスブラム
字幕翻訳石田泰子
その他ギャガ・コミュニケーションズ(協力)
アレクサンドル・デスプラ(指揮)
キャメロン・クロウ(スペシャル・サンクス)
ナンシー・マイヤーズ(スペシャル・サンクス)
マイク・ニコルズ(スペシャル・サンクス)
スティーヴ・クローヴス(スペシャル・サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(8点検索)】[全部]

別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.世界観が好き。
喋る動物のキャラクター達が皆個性的で可愛い。
主人公のキツネは思いっきりジョージ・クルーニーだった!めっちゃ渋いこのキツネ。
あと、相棒の何の動物かわからないけど目が点になっちゃうとことか好きだし、敵なのに妙に愛嬌があるネズミとか気に入った。
ストーリーはちょっと取っ付きにくく、盛り上がりにも欠けるんだけど、映像がとても作り込まれていて観ているだけでワクワクさせられた。
あと気になったのが、キツネ時間って何?笑
ヴレアさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-05-24 22:06:32)(良:1票)
1.《ネタバレ》 キツネ父さんの主義主張は明快です。野生動物らしく生きたいということ。本能に従い、家畜は襲わせてもらいますし、欲しいモノがあれば勝手に頂戴しますよと。元来、そういうナチュラル派人生観の持ち主です。ところが家庭を持つとなると、少々話はややこしくなります。妻子を養う事が人生の最優先課題に変わります。信念に対して妥協を余儀なくされることも。その結果が新聞記者というワケ。でも血は抑えられぬもの。再び、主人公は野生動物の生き方を選択しました。これはもう生き様の問題。本来、他人がとやかく口を挟める問題ではありませんが、巻き込まれる方はたまったもんじゃありません。それでも所属するコミュニティ(野生動物業界、そして家族)から彼が排除されないのは、人徳(狐徳?)の成せる業でしょうか。おそらくキツネ父さんが理想とする野生動物の在り方とは、幻のオオカミを指すのでしょう。大自然の中で、何ものにも囚われず、自由に生きる。それと比べるとシガラミが多く、また人間文化に染まった彼のライフスタイルは、野生動物の美学に欠けるかもしれません。ただし、環境順化を拒否したが故にオオカミは絶滅に瀕したとも言えます。環境に適応しながら、かつ己が信じる生き方を貫き、そして見事に家族を守り切ったキツネ父さんは、まさしくファンタスティックな男という気がします。ただし、私なら妥協しまくってでも、家族を守る道を選びますけれども。『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』ほどアーティスティックではなく、『ウォレスとグルミット』ほどアクションが切れるワケでもない、何処となく垢抜けない印象のクレーアニメ。しかし、それでも信頼のウェス・アンダーソン印。私にとってはお気に入りの一作になりました。
目隠シストさん [DVD(吹替)] 8点(2014-06-30 19:58:05)
別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 6.19点
000.00%
100.00%
200.00%
316.25%
400.00%
5212.50%
6743.75%
7425.00%
8212.50%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2009年 82回
作曲賞(コメディ)アレクサンドル・デスプラ候補(ノミネート) 
長編アニメーション賞ウェス・アンダーソン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2009年 67回
アニメ映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS