君の名は。(2016)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 君の名は。(2016)
 > (レビュー・クチコミ)

君の名は。(2016)

[キミノナハ]
YOUR NAME.
2016年【日】 上映時間:106分
平均点:6.99 / 10(Review 168人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-08-26)
公開終了日(2017-07-26)
SFラブストーリーアニメ青春もの
新規登録(2016-07-31)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2018-10-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督新海誠
神木隆之介立花瀧
上白石萌音宮水三葉
長澤まさみ奥寺ミキ
市原悦子一葉
成田凌勅使河原克彦
悠木碧名取早耶香
石川界人高木真太
てらそままさき宮水トシキ
大原さやか宮水二葉
花澤香菜ユキちゃん先生(雪野百香里)
井上和彦瀧の父
茶風林勅使河原の父
谷花音宮水四葉
原作新海誠
脚本新海誠
音楽RADWIMPS
作詞野田洋次郎「前前前世」
作曲野田洋次郎「前前前世」
主題歌RADWIMPS「前前前世」
撮影新海誠
製作市川南〔製作〕
東宝(「君の名は。」製作委員会)
KADOKAWA(「君の名は。」製作委員会)
コミックス・ウェーブ(「君の名は。」製作委員会)
山内章弘(「君の名は。」製作委員会)
企画川村元気
プロデューサー川村元気(プロデュース)
制作コミックス・ウェーブ
Production I.G(制作協力)
スタジオカラー(制作協力)
シャフト(制作協力)
テレコム・アニメーションフィルム(制作協力)
マッドハウス(制作協力)
GONZO(制作協力)
配給東宝
作画新海誠(絵コンテ)
安藤雅司(作画監督/キャラクターデザイン)
黄瀬和哉(作画監督)
田中将賀(キャラクターデザイン/オープニング作画監督/原画)
錦織敦史(オープニング原画)
西村貴世(原画)
沖浦啓之(原画)
田中敦子〔作画〕(原画)
美術丹治匠(美術監督)
編集新海誠
その他IMAGICA(デジタルラボ)
岩井俊二(スペシャルサンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(8点検索)】[全部]

別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
37.作画が素晴らしいアニメーション映画です。ストーリーのテンポも良く、最後までだれることなく鑑賞できました。
腑に落ちない点もあるし、音楽が若干くどい感じもしましたが、それでもアニメ映画ではトップクラスと言える作品でした。
せなかさん [ブルーレイ(邦画)] 8点(2018-09-23 22:20:09)
36.《ネタバレ》 泣く子も黙る超話題作。しかし俺は極力事前情報を遮断したまま(大変でしたw)のテレビ鑑賞でした。序盤からの“尾道3部作トリビュート感”も心地よく「こりゃ興行成績もいいはずだわ、久々にテンポいい青春SFアニメだなぁ~」と見ていたら…、中盤での強烈な“バッドエンド”「えっ…!そういうハナシだったのかよ…」と呆然としたワケです。9.11がスピルバーグの『宇宙戦争』の表現に影響を与えたように、この映画には3.11の記憶が色濃く出ていましたね。しかし、そこからがフィクションのチカラなんですよね。再び入れ替わって四葉を抱きしめて「妹ォぉぉぉ!」と泣くシーンはコッチももらい泣きしそうでしたわ(マジ)。ちなみに最初見た時には何故、町長が最終的に隕石のハナシを信じたのが良くわからなかったのですが、アレって「お前は…ダレだ?」と言った瞬間に“かつて自分の愛した女性が(も)秘めていた秘密”を思い起こしたからですよね、きっと…。

そして…ソフトバンクのCM『入れ替わってる!?編』は、“超話題作を地上波初放送するときの仕掛け”としては100点満点でした!お見事です、お父さん!
幻覚@蛇プニョさん [地上波(邦画)] 8点(2018-05-10 16:13:53)
35.《ネタバレ》 地上波で見ました。

カルデラっぽいところに囲まれた場所が
なんとなく青ヶ島が舞台なのかと思いましたが、岐阜だったのですね。

ま、それはどうでも良いのですが
ツッコミどころなど色々あるのですが
シンプルに楽しめましたし、背景作画の美しさがやはり凄かった。

こんな有名な映画な割に
情報全然入れてなかったみたいで、隕石衝突からの話は全然知らんかったので
まじかい。とそこからのテンポや畳み掛けが非常に良かったです。

あの二人が好意を持つプロセスやら
理由付けが今ひとつ描写できてなかったところを
もっと丁寧に描いていたらより深みが出てたと思うので
そのあたりちょっともったいない感じがします。

とはいえ、アニメならではの描写は特筆すべきでしたので8点。

あと、キャラデザを田中将賀さんにお願いしたのはグッジョブだと思います。
シネマレビュー管理人さん [地上波(邦画)] 8点(2018-01-04 17:25:18)
34.所々設定が気になる所があるが、話がテンポよく進み、次はどうなるんだろう?という最後まで飽きさせないスピード感があった。
misoさん [地上波(邦画)] 8点(2018-01-04 15:02:25)
33.ロジカルで現代的な舞台設定を根っこにしながら、SF、ファンタジー、ラブコメ、さらにはアニメーション独自のダイナミズムやデフォルメがごった煮になった、不思議な手触りの作品だ。前半は複雑な情報が錯綜して分かりにくいが、中盤以降の展開や視点は観客の心をグッとつかむ方向にきちんとコントロールされており、観た後は観客に余韻が残る作りになっている。「面白かった」「感動した」と一言で言えない手触りや感想を、観たそれぞれの人たちが感じられる、多様性のある作品に仕上がっているのではないだろうか。

10分ほどで一気にここまで書き上げてみたが、まるで新聞記事のように客観的で血の通わない文章に自分で驚いている。観た後の、熱くて切ない気持ちがある一方で、大ヒットした現状に、どこかで冷めた気持ちも働いてしまうのだ。自分だけの作品、あるいはマイナーな作品であってほしかったと考えてしまう想いに何とも言えない寂しさも感じてしまうのだ。これがマイナーな世界で生きてきたオタク――と勝手にひとくくりにしてしまっていいのか分からないが――の一方的で病理的でもある、不思議な感覚なんだろうなぁ。
はあさん [地上波(邦画)] 8点(2018-01-04 04:42:37)
32.《ネタバレ》 おいおいおい。結局出会うんかーい!!!
ケンジさん [ブルーレイ(邦画)] 8点(2017-12-17 00:54:24)
31.《ネタバレ》 力作。若干疲れちゃうくらい面白さが詰め込まれている。定評のある新海監督の作画に、笑いあり、驚きあり、感動もあり、という脚本が加われば、鬼に金棒で大衆受けして当然かな。まさか250億稼ぐとは誰一人思わなかっただろうけど。出演者も皆上手く、見やすかった(聞きやすかった)。谷花音なんて天才かと…。お互い、記憶が消え去っても(消えてしまう理由もちゃんとあるんだろうけど、理解はしてない。すみません)もっと深い所で残り続けるモノ。それを運命の出会いとして結ぶ美しさ。気持ちのいいハッピーエンドを見た。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2017-11-07 21:30:48)
30.《ネタバレ》 面白かった。二人はどうなるんだろうと前のめりで見てしまった。中年のおっさんだけど、ラストの二人の若者の出会いには拍手喝采。幸せな気分になれたアニメ映画だった。男女が入れ替わるのは、大林監督の「転校生」が有名。でも、この二人が時空を超えて、東日本を思わせるような災害から、愛する人を守るために行動していく展開は新鮮だった。「ある日どこかで」「転校生」「バックトゥザフューチャー」をミックスしたような展開。しかもそれが愛する人のため、という日本が舞台なのも面白く感じられた要因の一つだと思う。アメリカでリメイクされるようだけど、この映画の感動を損ないたくないので、多分観ないと思う。日本アニメの力量を強く感じた。アニメ現場の過酷さはよく聞くけど、その中でこれだけの作品を仕上げたクリエイターの人たちに脱帽します。あなた方が閉塞した日本の希望と思えました。
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2017-10-02 07:53:26)
29.《ネタバレ》 2週したけどそれでもわからない部分は多い。
でも分からなくても楽しめる作品。断片的にしか分からないが、最初は入れ替わりを楽しんでた?が真実を知って隕石による悲劇を避けてお互いに逢いたいというそれ一本で入れ替わりを利用し時空を超えて二人が躍動する・・・・・・でいいんだっけ。そして長い時間を経て記憶のなかったけどお互いを探してたような気がする?二人は結ばれる・・そういう映画だった。なぜ?やどうなった?ってシーンがあるけど「なんでもないや」ってことか。

総合的にクオリティ高くてアニオタ、映画オタ、そうでない人誰でも楽しめるいい作品でした。三葉ちゃんかわいいのでそれも魅力か
ラスウェルさん [ブルーレイ(邦画)] 8点(2017-09-06 23:30:35)
28.《ネタバレ》 初見の感想を言わせてもらうと、「頭は混乱、心は感動」と言うところでしょうか。
え?なになに、どう言うこと?え?て度々思うのですが、強引に突っ切って疑問を感動で押し流していく。
と言うか、よくわかんないところがあったりしても、まぁいい話だし許しちゃお、て思っちゃう。
それはやはり演出力のなせる技。
確かに画はとても綺麗ですが、言ってしまえばオタ系アニメ。世間では絶賛の嵐でも自分は感動するまいと高を括っておりました。
実際見てみたら、なるほど大ヒットしたのもよくわかる、と。三葉が涙を見せるたび、自分もつられて涙が出ちゃう。
入れ替わった時に乳揉んで妹がツッコミ入れる一連のシーンも笑えるし、
隕石で街が消滅というシビアな要素を取り込むのもストーリーに奥深さを与えて巧い。
難しいタイムラインや美しい風景も含めて結果として、何度でも見て楽しめるような作品になってますね。
あと、声優陣がすごく良かった。三葉の声の上白石萌音はばっちりだし、
瀧の声の神木くんは入れ替わりのたびに声のトーン変えててそれがすごく上手かった。
あろえりーなさん [ブルーレイ(邦画)] 8点(2017-08-31 22:27:29)
27.瀧、三葉はお前ら名前書いていないじゃないか! 0点だ!!!

あれほど名前を書き忘れるなと言ったじゃないか。

でもな、先生もお前たちの頑張りにはやっぱり感動したぞ。だから8点だ。

と言いたくなるような作品でした。後半のストーリーはありふれている気もしますし、よく見ると全体的にも上記の件を含めて?な「普通名前と住所ぐらい・・・」がありますが、それでもパワーを感じられずにはいられませんでした。前半の音楽の使い方もわざとらしい感じもありましたが、後半はシーンと合っていたと思います。

良い映画は得てして言葉では表現できない力があるのでしょう。
NAONAOさん [映画館(邦画)] 8点(2017-08-21 16:36:38)(良:1票)
26.《ネタバレ》 過去の新海さんの作品とはどうも相性が良くないのですがこれは良かったですね。
物語の作り方が上手く途中から話に引き込まれました。
ただ、細かい事を突っ込みだすと興醒めしてしまう作品でもある事は承知した上で
見て居るのでそんな野暮な事はあまりしたくはないのだが
それでも残念だったのは最後、町人の避難にみつはの父の協力があったのだろうが
その説得シーンが描かれて無い所かな。父親を言葉では説得不可能レベルの堅物に描いてしまって居るので
どうしても気になってしまう。そこを描かないと逃げたと思われても仕方が無いし
そこを描き方に成功していれば映画の質がもう一つ上がったと思うけどね。
逆を言えばこのシーンの描き方に失敗すれば酷い事になるだろうから
どうやって説得したかは見た人の想像に任せるで逃げるのはこの作品を好きな人の
世界観を壊さないためには良かったのかもしれないが、個人的には不満な「描かない選択」ですね。
シナリオの完成度だけで言うなら6点ぐらいですが、見やすさ雰囲気作りの巧さで8点献上。
デミトリさん [DVD(邦画)] 8点(2017-08-11 10:16:36)
25.《ネタバレ》 出遅れてるし、ほとんど他の方々に語り尽されてるので、少しだけ書きます。
新海さんの、この作品で一番興味深いのは、彗星自体を徹底的に美しく描いていることです。
これ例えば、美意識と倫理的な善が一致していないと落ち着かない宮崎駿氏ならできなかったんじゃないでしょうか。人間の存在や倫理観と関係なく圧倒的な美が存在する、という感覚が今後どう表現されるのか、新海氏の今後の作品の展開に期待したいです。
(追記:BDを見直してユキちゃん先生の出番が授業の場面だけではなかったのが発見でした。サヤちんがつかまって連行されるところ、割れた彗星を見上げて心配そうにしてるところ。意外と活躍してますね)
みみさん [映画館(邦画)] 8点(2017-08-08 09:45:59)
24.《ネタバレ》 1回目鑑賞は話の飛び方について行けず、後半バタバタの勢いもよく分からずに終わったので、2回目をじっくり鑑賞。ストーリーの展開やテンポ感、映像等よくできていますね。お互いが分かるまで時間軸を微妙にずらして分かりにくくしています。中盤以降の盛り上がりも良かったけど、挿入曲が少し多い(長い)かな。山の頂上で2人が出会って突然別れた時は3年後の戻ったと思ったけど背景に彗星があったような。。それ以外は素直に楽しめました。
Banjojoさん [映画館(邦画)] 8点(2017-03-19 19:47:49)
23.《ネタバレ》 アニメは見るならDVDで十分と思っているが、これは映画館で見て良かった。好きな画柄だったし、ストーリーにも惹かれた。
男女の入れ替わりやタイムスリップだけなら凡庸なものになりそうなところを、口噛み酒、隕石落下の大災害、組紐などの要素を入れて、ドラマティックにしている。
よく考えると綻びも目につきそうなストーリーで、腑に落ちないところが幾つもあるのだけど、勢いに飲まれて作品世界に巻き込まれていく感じ。終盤は映画館で必死で涙をこらえるしかなかったのだから、心を動かされたのは間違いない。
飛鳥さん [映画館(邦画)] 8点(2017-03-01 21:06:39)
22.この監督の作品を見るのは3作目になります。

正直、以前見た2作品は「映像はすごく綺麗だけど中身がない作品」というイメージが強かったです。どんなあらすじだったかも覚えていないし、特に心を動かされませんでした。

この「君の名は」は、過去作品と比べて話のテンポが良くて、新しい出来事が起こる度に「続きはどうなるのだろう?」という好奇心を掻き立てる良作となっています。
男女の体が入れ替わったことによって、各々の主人公の内面的な魅力も引きだっていたと思いますし、クラスメートなどとのやり取りも微笑ましくて楽しめました。

また映画館で見たこともあり、美しい映像の中に気持ちが入り込み、途中物語が暗転していくタイミングでは手に汗を握り泣きました。
耳をすませばや時をかける少女が好きな人にはお勧めさせていただきたいと思います。

【このレビューは茶畑の妻が作成しました】
茶畑さん [映画館(邦画)] 8点(2017-01-21 11:05:10)
21.《ネタバレ》 観るまでに5ヶ月かかってしまいましたが別に他意はないです。満員がいつまでも多く自分のお気に入りのポジションがなかなか取れずに気がついたら年末になってました。この度ついに観ましたが劇場はいまだにほぼ満席です。凄いね、これは。250億のアナ雪も越えるんじゃないか?
観た感想としては普通に良く出来てます。細かい事を言えばキリが無いが、そんな重箱の隅を突つくよりも、良い作品がヒットしたと言う事実を素直に認め称賛すべきだと思う。2016年は本当に邦画の当たり年でした。
ぴのづかさん [映画館(邦画)] 8点(2017-01-09 13:56:17)
20.《ネタバレ》 中国でも評判なので、遅ればせながら見ました。結果は、良かったです。とても良かったです。ジブリのあとを継ぐのはこういった若い、新しいエネルギーなのだと感じました。
しかし高評価を先に受けていましたので、素晴らしい(9か10は必至だろう)というメガネで見てしまいちょっと減点です。なぜ男の子と女の子が入れ替わるのか?隕石がなぜ、どうやったら同じ場所に2度落ちるのか?など、ちょっと気にかかるのだが、ニッポン、東京と飛騨、いまどきの男女、きれいによく描けています。それは過去と現在のようでもあり、この後の未来もわくわくさせます。にっぽん、まだまだ捨てたもんじゃないぞ。どう転んでもディズニーには真似できない、にっぽんがそこにありました。これが中国でうけている!?って、本当に嬉しくなります。これから、若者同士、未来を向いていけそうな気がします。にっぽんの美しくリアルな情景描写は、何度見ても心地よいと思います。また見たくなりました。
杜子春さん [映画館(邦画)] 8点(2016-12-24 18:40:49)
19.相当遅ればせながらだが鑑賞した。いまだに地方の映画館でもそれなりに席を埋めるのだからたいしたものだ。ちなみに新海作品に触れるのはこれが初めて。

観終わった後元ネタになってそうないくつかの映画が思い浮かんだが、それらの影響があろうと上手くまとめているのは間違いない。物語的には極端なほどのすれ違いのくり返しというラブストーリーの王道だが、この作品が見事なのはやはり若さというものの瑞々しさ、美しさを躍動感たっぷりに描いているというところだろうか。彼に、彼女に会いたい!という一心で走り続けられるエネルギーというものに羨望すら覚える。それを彩るかのような映像美。SF要素も入ったスケールの作品には美しい映像はとても映える。声優陣の演技も良かった。

もちろん突っ込みどころがない訳ではない。強引に感じられる部分だってある。だがいちいち羅列するのも野暮だとも思った。度々流れる歌がちょっとうるせえなとも思ったがこの監督はきっと落ち着いた作品にはしたくなかったのだろう。そしてきっとその狙いは間違っていない。十代の頃に観ていたらこの作品はもしかしたら宝物になっていたかもしれない。ということは多くの若い人たちの宝物になったに違いない。そういう作品がもっともっと増えたらいいと思う。青臭くても一途な想いというものは胸を熱くさせるのです。…こういうことを書いていると老けこんでいきそうなのでこれくらいに…。
さん [映画館(邦画)] 8点(2016-12-17 20:11:52)
18.《ネタバレ》 心の中の〝美しい風景〟で綴られたジュブナイルファンタジー

現実よりも鮮やかに光り輝く〝焼きついた一瞬の美しい光景〟
それだけで構成されたようなアニメーション映画だった。
某艦長の言葉を借りれば、なにもかも・・・みな美しい。

その魅力は、新海誠という感性と技術をあわせ持った監督の存在につきるのだが、
ここまでの超ヒットになった要因は、それだけでなく
彼をサポートした老練なアニメーションスタッフの功績も大きいと感じた。
あらゆる年代が受け入れ易いキャラクターをデザインした 田中将賀
アニメーション本来の動きの魅力を作品に付加した安藤雅司。
安藤と共に、青春の躍動感たっぷりにキャラを生き生きと動かした 黄瀬和哉。
物語の構成や演出で的確な助言をしたであろう 岩井俊二。
目だけでなく耳から感情の波紋を広げていった RADWIMPSの音楽。

その全てが見事にかみ合って、強力な魅力を持つアニメーションに結実したのだと思う。
これは間違いなく、宮崎駿が引退して以降で最も〝良く出来た青春ファンタジー映画〟だ。

そして、この作品のもう1つの価値は、マニアックな個人レベルの創作から脱却し
新海監督がアニメーションの表現のレベルを押し上げ、絶大な結果を出したことにある。
「君の名は。」には、2Dアニメが海外で成功するためのヒントが数多く内包されている。
今後それが共有され、洗練されて、日本のアニメーション産業の健全な発展に寄与する事を願うばかりだ。

【追記】
〝今年1番の映画〟は?と聞かれて・・・「シン・ゴジラ」で決まり!と思ったら「君の名は。」が登場。
アニメビジネスの未来を変えるほどの結果を出し続け、快進撃が止まらず、
「君の名は。」で決まった!と思ったら、今度はまったく別次元の「この世界の片隅に」が出現した。
どの作品も革新的で、才能の固まりで、素晴らしい…
できれば、三作品とも1位表彰台に立って欲しい。いや本当にそう思いますよ、ありがとうだよ!

【追々記】
『君の名は。』が見ていて気持ちいいのは、映画を観始めた中学生の頃に好きだったライトな
〝ユルSFラブストーリー〟の感じだからだと思う。批判を怖れずに言えば『君の名は。』は
不思議な運命で結ばれた男女の…とてもスリリングで、素敵でハッピーなユル〜いSF映画。
似ている作品は『タイム・アフター・タイム』や、あの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。
ポイントは、気楽に見れる。深いテーマはない。ご都合主義的ハッピーエンドなんだけど
そこがイイんだなコレ !!
墨石亜乱さん [映画館(邦画)] 8点(2016-12-12 17:08:28)
別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 168人
平均点数 6.99点
000.00%
110.60%
221.19%
342.38%
484.76%
5148.33%
62816.67%
74225.00%
83722.02%
92213.10%
10105.95%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.38点 Review13人
2 ストーリー評価 7.33点 Review21人
3 鑑賞後の後味 7.63点 Review22人
4 音楽評価 7.33点 Review21人
5 感泣評価 6.05点 Review17人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS