ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
 > (レビュー・クチコミ)

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

[ハンソロスターウォーズストーリー]
Solo: A Star Wars Story
2018年【米】 上映時間:135分
平均点:5.83 / 10(Review 40人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-06-29)
公開終了日(2018-10-17)
アクションSFアドベンチャーファンタジー戦争ものシリーズもの
新規登録(2018-04-02)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2018-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロン・ハワード
キャストオールデン・エアエンライク(男優)ハン・ソロ
ウディ・ハレルソン(男優)ベケット
エミリア・クラーク(女優)キーラ
ドナルド・グローヴァー(男優)ランド・カルリジアン
ポール・ベタニー(男優)ドライデン・ヴォス
タンディ・ニュートン(女優)
クリント・ハワード(男優)
前野智昭ハン・ソロ(日本語吹き替え版)
山根舞キーラ(日本語吹き替え版)
浅野まゆみL3-37(日本語吹き替え版)
土田大ドライデン・ヴォス(日本語吹き替え版)
山路和弘(日本語吹き替え版)
市川海老蔵(十一代目)(日本語吹き替え版)
及川光博(日本語吹き替え版)
京田尚子(日本語吹き替え版)
清水理沙(日本語吹き替え版)
原作ジョージ・ルーカス
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生](テーマ音楽)
配給ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(8点検索)】[全部]

別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 前評判がとてつもなく悪かったのですが、なかなかどうして悪くない。
ベタベタなB級ウェスタンをスターウォーズにスライドしてきたなという印象。
スターウォーズのコンセプトがもともと古き良きウエスタンや戦争映画をルネサンスするなので問題なし。
ただ上映時間が長すぎたかな。アクションがくど過ぎた。
もっとスピーディーにしてもよかった。
この映画は演技陣は非常に良かった。
ハンソロは似ていなかったが、若く無鉄砲な夢見がちな青二才らしさがよくでていた。
ヒロインは美人でソロと対極でリアリストという立場をよく演じていた。
しかし個人的にはランド役の人が今回のMVP。オリジナルのランドよりランドらしい。素晴らしい。
奇をてらってグダグダになり過ぎた最後のジェダイよりこちらを評価します。
CBパークビューさん [映画館(字幕)] 8点(2018-09-06 02:37:38)
2.《ネタバレ》 2D字幕版で2回鑑賞しました。
1回目は私の期待とハンが違う~と思い、頭の切り替えをしなきゃとチェンジしたが失敗。
でもこれは観かた変えれば楽しめそうと、今日2回目観てきました。
いや~楽しかったです。

一番の見どころはイリディウム山脈を通る列車コンヴェイエクスの強奪シーン。
ベケット一味も魅力的だし上下挟み込む列車も目新しい。
プローブドロイドとヴァルの戦いもSWらしくて素敵。
y45装甲トランスポート輸送船(ベケット一味の飛行船)も右に左に飛び回って、とても私好み。
それまでの暗いシーンから明るくなって、見やすくてワクワクするシーンでした。

本作で私を引き付けたキャラクターはベケット。
生きていくのに一生懸命で真面目なのに嘘もつく。
アウトローの師匠でハンに真剣に指導する。
ウッディ・ハレルソンさんは素敵なおじ様で大好きです。
師匠と弟子がひとりづつというのもSWのお決まりですしね。

そして、ああ!魅力的なドロイドたち。
L3-37も味があるし、DD-BD(L3にどいてと言われたドロイド)も可愛い。
HT-IN-4とか四角くて足あって歩いてるヤツはどれもキュート。
もちろんAT-DTウォーカーもパトロールスピーダーも魅力的。
大画面で観るとしみじみ嬉しいです♪

本作のパンフレットではドライデン・ヴォス役のポール・ベタニーさんのインタビューが良かった。
私と同じでスターウォーズ愛に溢ているのが良い。
本当に好きなことを演じられる、幸せなお仕事だと思います。
私たちファンも俳優さんや製作者のSW愛を信じて、応援していきたい。

話しは戻りますが、本作はハン・ソロの魅力はいまひとつでした。
もったいないなとそこは残念。
チューバッカももっと見たかった。
ハンは登場人物のひとりとして、SWのスピンオフとして観れば、実に面白いと言うことを実感した2回目でした。

DVDになったらもっと小ネタを楽しみたい、秀作。
たんぽぽさん [映画館(字幕)] 8点(2018-07-18 16:05:32)
1.《ネタバレ》 本作は誰もが知っているあのハン・ソロの(EPⅣの)前日譚。
したがって一番のポイントはハン・ソロがハン・ソロに見えるかどうかで評価は大きく変わるわけだが、
自分の場合は残念ながらそういう風に見えなかった。
確かに顔やしぐさはよく似ているが、あの人を食ったような鼻にかかったニヒルな声でなければハンには見えない。
個人を識別するうえで声というのは重要なわけで、(別な声優でアフレコするなど)もう少しなんとかならなかったのか残念。

だがそこを割り切って、ひとつのSF冒険活劇として観れば、最後まで飽きることなく楽しめたのも事実。
チュウ・バッカとの出会い方は意外だったが、ランドは思ったとうりの食わせ者だし、
有名なケッセル・ランのシークエンスでは、本編のスコアが鳴り響く中、我らがファルコン号が大活躍。
そう、本作の準主役はミレニアム・ファルコンであることは論を待たない。
個人的にはEPⅤの名曲「アステロイド・フィールド」がかかった時はアドレナリンが全開になった(笑)。
そして、ファルコンの操縦席にあの二人が並んだ「銀河の名コンビ誕生」シーンが本作のクライマックスだろう。

逆に言えば、その後のシーンは付け足しといっていいほど盛り上がりに欠け、サプライズで用意されたであろう、あのシスの登場も訳がわからなかった。
(アニメシリーズは知っているが、この登場の仕方は消化不良だと思う)

とはいえ、映像や音響は大迫力であり、劇場で大好きなSWの世界観に浸ることはできたため、8点献上。
田吾作さん [映画館(字幕)] 8点(2018-07-16 16:04:52)
別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 40人
平均点数 5.83点
000.00%
100.00%
212.50%
312.50%
4512.50%
5922.50%
61025.00%
71025.00%
837.50%
912.50%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.33点 Review3人
2 ストーリー評価 5.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 5.25点 Review4人
4 音楽評価 7.50点 Review4人
5 感泣評価 4.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS