思い、思われ、ふり、ふられ(実写映画版)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 思い、思われ、ふり、ふられ(実写映画版)
 > (レビュー・クチコミ)

思い、思われ、ふり、ふられ(実写映画版)

[オモイオモワレフリフラレ]
2020年【日】 上映時間:124分
平均点:6.57 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-08-14)
ドラマラブストーリー青春もの学園もの漫画の映画化
新規登録(2020-07-25)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2021-09-24)【Yuki2Invy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三木孝浩
キャスト浜辺美波(女優)山本朱里
北村匠海(男優)山本理央
福本莉子(女優)市原由奈
赤楚衛二(男優)乾和臣
古川雄輝(男優)乾聡太
戸田菜穂(女優)
野間口徹(男優)
原作咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」(集英社「別冊マーガレット」連載)
脚本三木孝浩
音楽北原京子(音楽プロデューサー)
主題歌Official髭男dism「115万キロのフィルム」
製作市川南〔製作〕
細野義朗(共同製作)
東宝映画(製作プロダクション)
東宝(映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会)
博報堂DYミュージック&ピクチャーズ(映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会)
集英社(映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会)
読売テレビ(映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会)
プロデューサー山内章弘(エグゼクティブ・プロデューサー)
配給東宝
美術矢内京子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(8点検索)】[全部]

別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 引きちぎりたい。引きちぎりられたい。モラトリアムな世界では、みんなピュアです。
4人の人間関係と青春群像(表現が古いか)と、それぞれの状況が交錯する。タイトルどおりしんどい年ごろです。

それぞれ気持を丁寧に、言葉で表現してくれて、見ているほうは流れに乗れます。
すれ違いの切なさがないのはちょっとさびしいですが
心動きの布石を全回収しようと試みた映画です。心の線が絶妙につながっています。
なぜか正直に元気になれる作品でした。

「執着」・「呪縛」・「すり替え」・「妥協」・「挑戦」・「共感」その繰り返しですね。
一歩踏み出せない人必見かもしれない。抜き捨てた自分になれるかも。
「踏み出すリスクを背負っても、殺されるわけではない。その次のステージへ。」今の人生観なのかもしれませんね。

「君膵」にはなかったはじめての・・・。なぜかうれしくなりました。・・・させたかったんですよね。状況はどうでも。
思い出づくりに。なんかよかったでプラス1点。

(私的に)吉本莉子さんは「映像研」のほうが切れがいい。間の取り方が最高です。
この作品もいいですがね。
シロツグさん [DVD(邦画)] 8点(2021-03-31 00:09:29)
1.《ネタバレ》  三木孝浩監督の青春映画は毎回期待して見るのだけど、前回ガッカリしちゃった『フォルトゥナの瞳』と違って今回は満足ね。

 青春映画で毎度お馴染みのベタな記号はいっぱい出てくるの。タイトル縦書きだったり、新学期に桜満開だったり、夏祭りが物語の重要な転換点だったり、モノローグ多重方式状態だったり。
 設定も親同士の再婚でお互いに魅かれながら姉弟になってしまった二人、その弟に片想いのコ、そのコの幼なじみってラブストーリーものにありがちなベタな四角関係。
 でもこれは決してセオリー通りではない結末に向って丁寧に心の流れを描いている映画。『アオハライド』と同じ原作者、そして『アオハライド』の映画版の(そして『くちびるに歌を』の)監督なだけあって、恋愛模様だけに注力せず、若いコ達の未来への不安や諦め、そして可能性、希望を眩しく描いているわ。
 『アバウト・タイム』は若い頃の未来の可能性を描いた映画なので、この映画の題材にピッタリね。まあ『怒りのデスロード』はやっぱりそうですか、ってカンジだけど。

 浜辺美波、北村匠海っていう『キミスイ』な安全牌を配置している時点で、ある程度作品として約束されてる面はあると思うの。でもそれを更に十分に活かした作品であると言えるのね。自然光と補助光でヒロインをキレイに撮るテクニックは見事に復活してるし、王子様な北村匠海をイヤミなく描けるなんて相当なモノよ? 福本莉子、赤楚衛二もピュアな存在感だし。
 シネスコの画角にキレイにハマった映像、ロケーションの空気感。やっぱり三木孝浩監督はこういうの、上手いわ。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 8点(2020-08-30 13:45:24)
別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 6.57点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4114.29%
500.00%
6228.57%
7228.57%
8228.57%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS