陰謀のセオリーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > 陰謀のセオリー
 > (レビュー・クチコミ)

陰謀のセオリー

[インボウノセオリー]
Conspiracy Theory
1997年【米】 上映時間:135分
平均点:5.67 / 10(Review 101人) (点数分布表示)
アクションサスペンス犯罪もの政治ものスパイもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・ドナー
助監督ジム・ヴァン・ウィック
コンラッド・E・パルミサーノ(第二班監督)
演出ミック・ロジャース(スタント・コーディネーター)
キャストメル・ギブソン(男優)ジェリー・フレッチャー
ジュリア・ロバーツ(女優)アリス・サットン
パトリック・スチュワート(男優)ジョナス博士
スティーヴ・カーン(男優)ミスター・ウィルソン
キルク・カザート(男優)ロウリー捜査官
トロイ・ギャリティ(男優)研修生
トーマス・マッカーシー(男優)ヘリの監視人
ジョン・シュワルツマン(男優)監視人
ジム・ヴァン・ウィック(男優)監視人
ダン・クラッチオロ(男優)監視人
リチャード・ドナー(男優)タクシー乗客(ノンクレジット)
コンラッド・E・パルミサーノ(男優)トラック運転手(ノンクレジット)
安原義人ジェリー・フレッチャー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
勝生真沙子アリス・サットン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
加藤精三ジョナス博士(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
石塚運昇ロウリー捜査官(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
塚田正昭ミスター・ウィルソン(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ朝日】)
山寺宏一ジェリー・フレッチャー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中敦子〔声優〕アリス・サットン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小林修ジョナス博士(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宝亀克寿フリップ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
内田直哉皮肉屋な乗客(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
星野充昭ルーズベルト病院の医者(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
相沢まさきロウリー捜査官(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
多田野曜平(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ブライアン・ヘルゲランド
音楽カーター・バーウェル
編曲ソニー・コンパネック
挿入曲ローリン・ヒル"Can't Take My Eyes off of You"
撮影ジョン・シュワルツマン
ジョン・M・スティーヴンス(第二班撮影監督)
製作リチャード・ドナー
リチャード・ソロモン(共同製作)
ジョエル・シルヴァー
ダン・クラッチオロ(共同製作)
製作総指揮ジム・ヴァン・ウィック
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクケヴィン・イエーガー
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
美術ポール・シルバート(プロダクション・デザイン)
レスリー・ブルーム(セット装飾)
パトリシア・ウッドブリッジ(美術監督助手)
衣装ハー・グエン
編集フランク・J・ウリオステ
録音マーク・A・マンジーニ
ジョン・T・ライツ
デヴィッド・E・キャンベル
グレッグ・ルドロフ
動物ジェリー
スタントミック・ロジャース
マイク・スミス[スタント]
その他カーター・バーウェル(指揮)
ケン・クーグラー(トロンボーン演奏)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(8点検索)】[全部]

別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.若干コメディ要素の入ったサスペンスもの。メル・ギブソンが拘束されて尋問を受ける場面などは、シュールで派手な絵に、現実感を揺さぶられました。20年前の映画ですが、今でも十分鑑賞に耐えます。家族で観てもOKです。小4の娘は映画館から逃げるシーンで「ヒッチコックだね」と喜んでいました。おすすめです。
えぴおうさん [インターネット(字幕)] 8点(2017-09-13 12:04:24)(良:1票)
7.《ネタバレ》 B級感は否めないが、奇想天外なストーリーに引き込まれた。M・ギブソンはミスキャストのような気もしたが出演陣も豪華。D・ワシントン、出てましたよね?
kaaazさん [インターネット(字幕)] 8点(2009-10-24 23:14:06)
6.なにか被害妄想的なメル・ギブソンがおかしかったですね。ドアに鍵いっぱいかけたりして。ストーリーはだんだんとハラハラドキドキが増してきて、けっこう楽しめましたね。この映画では、ジュリア・ロバーツも魅力的だったなあ。「ペリカン文書」といい、こういう役が似合うね。
オオカミさん 8点(2003-11-18 16:24:38)
5.これは面白い!!全く期待せずに観たけれど、すごく笑えた。頭がおかしいとしか思えないメル・ギブソン。でも本当は彼が言っていることが正しいと分かってくる。。。だいぶ前に映画館で観たのでラストは忘れてしまったけれど、なんでこんなに面白いのにみんな騒がないんだろう?と不思議でしょうがなかった。階段落ちと、その前のシーン、最高です(笑)
もえもえさん 8点(2002-10-15 00:49:45)
4.かなり面白い。メル・ギブソンの演技は微妙な所までよく演じていて、見ていて凄いと思った。ジュリアは自分のなかでは世界一きれいなヒトだと思う。リチャード・ドナーのダイナミックかつスピード感のある演出も大好き。陰謀ものにも興味があるし、ヘルゲランドの脚本もよかった。
ultra soulさん 8点(2002-04-10 21:34:26)
3.この映画が点数低いの不思議に思う。メル・ギブソンの私生活の警戒っぷりだけで笑けたけど。
ケン太さん 8点(2001-07-28 00:38:25)(良:1票)
2.メル・ギブソン主演の作品で最も素晴らしい作品。演技が非常にいい。ジュリア・ロバーツをこの作品で初めて好きになれました。全編に流れる音楽も効果的。シナリオも素晴らしい。
あまぬまさん 8点(2000-09-16 09:19:33)
1.別にヒロインはJ.ロバーツじゃなくていいかな。メル・ギブソン完璧でよかったな
レオ・ゲッツさん 8点(2000-08-05 01:09:31)
別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 101人
平均点数 5.67点
000.00%
121.98%
210.99%
354.95%
41514.85%
52019.80%
62524.75%
72322.77%
887.92%
910.99%
1010.99%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 4.20点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.25点 Review4人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 4.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS