クルーシブルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > クルーシブル
 > (レビュー・クチコミ)

クルーシブル

[クルーシブル]
The Crucible
1996年【米】 上映時間:124分
平均点:6.19 / 10(Review 31人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-04-26)
ドラマ歴史もの実話もの戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-12)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニコラス・ハイトナー
キャストダニエル・デイ=ルイス(男優)ジョン・プロクター
ウィノナ・ライダー(女優)アビゲイル・ウィリアムズ
ポール・スコフィールド〔男優〕(男優)トーマス・ダンフォース判事
ジョアン・アレン(女優)エリザベス・プロクター
ロブ・キャンベル[男優](男優)ヘイル牧師
ブルース・デイヴィソン(男優)サミュエル・パリス牧師
ジェフリー・ジョーンズ〔1946年生〕(男優)トーマス・パットナム
ピーター・ヴォーン(男優)ジャイルス・コーリー
フランセス・コンロイ(女優)アン・パットナム
エリザベス・ローレンス(女優)レベッカ・ナース
ジョージ・ゲインズ〔男優〕(男優)サミュエル・シーウォル判事
ピーター・マローニー(男優)グリッグス医師
レイチェル・ベラ(女優)ベティ・パリス
大塚明夫ジョン・プロクター(日本語吹替)
岡本麻弥アビゲイル・ウィリアムズ(日本語吹替)
佐藤しのぶ【声優】エリザベス・プロクター(日本語吹替)
大木民夫トーマス・ダンフォース判事(日本語吹替)
有本欽隆サミュエル・パリス牧師(日本語吹替)
原作アーサー・ミラー〔脚本〕(戯曲脚本)
脚本アーサー・ミラー〔脚本〕
音楽ジョージ・フェントン
編曲ジェフ・アトマジアン
撮影アンドリュー・ダン
製作デヴィッド・V・ピッカー
20世紀フォックス
配給20世紀フォックス
美術リリー・キルヴァート(プロダクション・デザイン)
グレッチェン・ラウ(セット装飾)
ジェス・ゴンコール(セット建設現場監督)
編集タリク・アンウォー
字幕翻訳戸田奈津子
その他ジョージ・フェントン(指揮)
アーロン・ワーナー(プロダクション総指揮〔ノンクレジット〕)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(8点検索)】[全部]

別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 この作品、後味の悪さは自分が今まで観た映画の中では五本の指に入りますね。文豪アーサー・ミラーが自作の戯曲を脚色しているので、もう何と言うか、息もできないぐらいの重々しさに圧倒されました。D・デイ=ルイス、W・ライダー、J・アレン、P・スコフィールド、それにしてもこの顔触れはドンピシャのキャスティングとしか言いようがありません。 中世の魔女狩りには魔女と断罪して相手の権力や財産を奪うと言う面が強かったのですが、この北米植民地での魔女狩りはなんか毛色が違います。最終的に被告に死刑を宣告するのはP・スコフィールドなんですが、彼はよそ者の行政官でセイラム村にはなんの利害もありません。この人物が劇中ではいちばん不気味ですよね、何を考えているのか判らないんですから。村人を告発するヒステリー娘たちの言い分はなんでも採用するのに、W・ライダーが牧師の妻が魔術を使ってると讒言したときは鼻であしらって相手にしない。明らかなダブル・スタンダードで、きっとこの判事はほんとうは魔女なんて信じていなかったと思われます。じゃあなんで、という疑問は浮かびますが、ここにこそ清教徒信仰の深い闇があるのではと思います。 こういう連中の子孫がWASPとして現代のアメリカ合衆国を牛耳っているのかと思うと、嫌になっちゃいます。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-11-16 19:38:51)(良:1票)
5.あ~、重かった。だけど、この重苦しさはなんか好きです。実話ものらしいですが、それがさらに重苦しさに拍車をかけてくれた。役者がみんな上手く、配役もばっちりでした。ウィノナ・ライダーの鬼気迫る演技は最高かも。水掛け論的な裁判シーンは、裁判長に対してかなりイライラしましたね。理不尽すぎます。自分なら完全にブチ切れてますわ。
真尋さん [DVD(吹替)] 8点(2011-03-23 00:39:10)
4.《ネタバレ》 あまりにも理不尽な理由で殺されるダニエル・デイ・ルイスの姿に、不覚にも号泣。おれだったら、こんな死に方耐えられない。こんな世の中でいいのか…。
wunderlichさん 8点(2004-06-04 21:48:06)
3.宗教の建前をかさに権力を振るう権力者と協会。嘘が嘘を呼んでどつぼにはまっていく女達。迷信深い愚かな民衆。魔女狩りという舞台に嫉妬と復讐をうまくからめた秀作だと思う。打算的な現実主義がはびこる今だからこそ、観てもらいたい作品かな。
YoHさん 8点(2002-06-12 15:42:18)
2.魔女狩り裁判をとおして、人間の負の部分が垣間見える内容でした。たとえいわれなき罪のためとはいえ、己の魂に嘘をついてまで生き残るべきなのか? などといろいろ深く考えさせられました。ラストの署名のシーンのダニエル・デイ・ルイスのセリフは心の琴線に触れました。 
キス198さん 8点(2002-01-31 23:16:08)
1.とにかく怖い映画。映像とかストーリーが怖いわけではなく、魔女狩りという集団行為の怖さが本当に恐ろしく感じられる。魔女狩りの実態を知りたい人はぜひ。や、これが実態ではないかもしれないけど、そう感じさせるウィノナライダーの迫真の演技に拍手。最後のシーンでは絶句。
とむさん 8点(2002-01-22 00:13:43)
別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 31人
平均点数 6.19点
000.00%
113.23%
200.00%
313.23%
439.68%
5516.13%
6412.90%
71032.26%
8619.35%
913.23%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1996年 69回
助演女優賞ジョアン・アレン候補(ノミネート) 
脚色賞アーサー・ミラー〔脚本〕候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1996年 54回
助演女優賞ジョアン・アレン候補(ノミネート) 
助演男優賞ポール・スコフィールド〔男優〕候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS