ゴールデンカムイのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 コ行
 > ゴールデンカムイの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ゴールデンカムイ

[ゴールデンカムイ]
GOLDEN KAMUY
2024年上映時間:129分
平均点:7.50 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2024-01-19)
アクションドラマサスペンスアドベンチャー犯罪もの歴史ものグルメもの漫画の映画化
新規登録(2023-11-03)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2024-02-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督久保茂昭
演出下村勇二(アクション監督)
キャスト山﨑賢人(男優)杉元佐一
山田杏奈(女優)アシㇼパ
眞栄田郷敦(男優)尾形百之助
工藤阿須加(男優)月島基
柳俊太郎(男優)二階堂浩平/二階堂洋平
泉澤祐希(男優)寅次
矢本悠馬(男優)白石由竹
高畑充希(女優)梅子
木場勝己(男優)永倉新八
大方斐紗子(女優)フチ
島津健太郎(男優)笠原勘次郎
マキタスポーツ(男優)後藤竹千代
玉木宏(男優)鶴見篤四郎
舘ひろし(男優)土方歳三
津田健次郎ナレーション
脚本黒岩勉
撮影相馬大輔
製作市川南〔製作〕
WOWOW(製作幹事/映画「ゴールデンカムイ」製作委員会)
集英社(製作幹事/映画「ゴールデンカムイ」製作委員会)
東宝(映画「ゴールデンカムイ」製作委員会)
S・D・P(スターダストピクチャーズ)(映画「ゴールデンカムイ」製作委員会)(スターダストプロモーション)
配給東宝
美術磯見俊裕
大庭信正(装飾)
衣装宮本まさ江(衣装デザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行表示 ※《改行表示》をクリックすると個別に改行表示致します
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.《ネタバレ》 いや~評判に違わず面白いですね!原作等には全く馴染みがありませんが、そんな私でも全然フツーに楽しめましたし、諸々と「彩り」が頗る好かったという印象がありますね。アクションとしても、戦争もの・サバイバルもの・アニマルパニック⇔剣技・銃技・体術、と普通に多彩だったと思いますし、軍・(アナーキーな)脱獄囚・アイヌ、と登場する勢力も様々です。特にそのアイヌの方々に関して、色々な用語や概念の説明とかだって少なからず「箸休め」的に違った面白さを作品中に差し挿むコトが出来ていたと思いますし、映像も(アクション部分が最近の邦画準拠の”思ったより”好い出来であるコトに加えても)また特に「自然の美しさ」を際立たせた様なカットも随所で脳裏に焼き付く様な素晴らしいモノだったと思います。ラスト付近のアクションもキョウビ決して超常現象レベルの要素を入れ込んでいないにも関わらず、かなり工夫して必要に「派手」に見せ付けるコトが出来ていて、コレも優れたつくり込みだったと思いました。続編にも大いに期待します(重ねて、原作未読で映画から先に観るかを大いに迷ったのですが、率直に映画館で観ておいて好かったと思ってます)。
Yuki2Invyさん [映画館(邦画)] 7点(2024-02-19 00:05:14)(良:1票)《更新》
《改行表示》
15.《ネタバレ》 原作未読、アニメ未鑑賞、作品予備知識皆無の状態で鑑賞。 鑑賞理由は贔屓の女優さん、山田杏奈のポスタービジュアル。特に矢を放った後の右手の指の角度に一目ぼれしたから。 全くの先入観無しで観ても、アシリパと言うキャラに見事に嵌っていたと思うのは褒め過ぎか。 原作は物凄くスケールの大きいお話で、個性的且つ強烈なキャラがこれから沢山出てくる様だし次作も期待しています。 シンプルに冒険活劇映画として面白く、山田杏奈は期待以上だったので満点献上します。
たくわんさん [映画館(邦画)] 10点(2024-02-12 11:56:48)
14.原作、アニメ未見。十分楽しめた。全体的に音楽が少しうるさかった。アクション多め、ギャグやアイヌの村の場面等のバランスも良かったと思う。短い時間だったがアシㇼパの子供の時の役の子が山田杏奈に感じがよく似ていて演技も印象的だった。が本作は序章部分のようなのでこの後どうするのか、続編?配信?
クリプトポネさん [映画館(邦画)] 7点(2024-02-11 21:25:47)
13.キャラクターがコスプレの域にとどまらず原作での個性もしっかり表現していたと思います。物語の第1章として申し分のない出来でしょう。このクオリティで作るなら省略なしでやってほしいですね。それくらい原作は面白いですから。
次郎丸三郎さん [映画館(邦画)] 9点(2024-02-06 21:39:24)
《改行表示》
12.《ネタバレ》 原作未読で事前情報なしで観にいった。結果すごく楽しめた。 もうオープニングシークエンスの戦場シーンから大迫力で、映画館の音響も相まって一気に引き込まれた。 邦画独特のチャチな部分が感じられず、クマのVFXも頑張ってたし、アクションシーンも迫力あったしね。 登場人物が軍服姿だと見分けつけるの難しかったり、原作読んでたら思い入れもあって、もっと楽しめたのかも。 とはいえ、すごく面白かったし、続編も楽しみ。
おとばんさん [映画館(邦画)] 8点(2024-02-04 22:19:03)
《改行表示》
11.《ネタバレ》 原作のイメージを丁寧に再現していて、大変楽しめました。 それでいて、馬ぞりでの逃亡シーンなど、映画ならではの見せ場もしっかりあって好感度高です。 心配なのは、皆さんがすでに述べられている通りで、(ラストまで作るとして)いったい何作作るつもりなのかというところだけですね。 ある程度話を省略してでもよいから、多くても4作くらいにまとめてほしいところですが、これから続々と魅力あるキャラクターが出てきてしまうんですよねえ・・・脚本家の腕の見せ所でしょうね。
Northwoodさん [映画館(邦画)] 7点(2024-02-03 20:20:07)
《改行表示》
10.《ネタバレ》  原作リスペクトが感じられます。  料理もできるだけ本物をつくったとか。アイヌの小物も本物を用意したとか。  キャストも豪華。アシリパもいい!  でも、どうやって2時間で話としてまとめるのかと思ったら、最後はほとんどぶつ切り。  やはり「つづく」か…  そこが残念。
ぶん☆さん [映画館(邦画)] 6点(2024-02-02 23:43:43)
《改行表示》
9.《ネタバレ》 話題の作品なので見ておこうかなと映画館へ・・ 一応アニメは見てから行きましたが、確かに違和感が少ないですねえ。 山田安奈ちゃんはアシリパ役には年齢がと思ってましたが、コレはコレでいい。 山崎賢人君も、佐一役にはどうかと思ったら、これも見てたら馴染んできた。 キャストのハマり感が上出来なのは認めますが、全方向満点とまでは・・ 変な妖怪とか人間離れのキャラの居ない、リアリズムのある原作だから 実写向きだったともいえる。 ただ熊とオオカミはさすがにCGでないと無理。 その辺でボロが出るかと思ったが、ここも無難な仕上がりで意外でした。 ただどうしても厳しいのは、物語。 何しろ長くて登場人物の多い原作。 1本の映画にどこまで入れるのかが問題。元から分の悪い戦いだ。 結果今作は、人物紹介で終わってしまったかの印象が否めない。 これ1本で名作映画になるのは無理難題。かといってハンデがあるから高得点に という決まりがあるでもなし・・、この点数かなあ? 続編が何本になるのかホントに完走できるのか期待と疑問が膨らみますが とりあえず今作はそれなりに面白かったです、はい。
グルコサミンSさん [映画館(邦画)] 7点(2024-01-30 23:01:14)
《改行表示》
8.一度原作を読んだことがある程度だが、原作から外れることなく、安心して観ることができました。 ただ、終わるまで7本とか8本位必要なんじゃないかな?(キャストの年齢が少し心配)
あきぴー@武蔵国さん [映画館(邦画)] 8点(2024-01-29 11:57:52)
《改行表示》
7.《ネタバレ》 原作ファンを失望させない実写化。 原作があらゆる要素全部乗せの超エンタメなので、実写化するのは相当大変だろうと思っていた(心配していた)が、こちらの想像を上回る良作だった。  冒頭の二百三高地から嘘臭さのないスケール感で一気に引き込まれる。山﨑賢人演じる杉元の戦闘シーンは肉体の重みを感じさせるナイスアクションで隙がない。役者は総じてすごく良い。 皆お待ちかねであろう羆シーン、1度目は光と暗闇の演出が上手。2度目は羆の巣穴からの定点撮影という実写映画ならではの見せ方。どちらもヒグマをはっきりと大写しにしないことを逆手に取ってリアリティを持たせる創意工夫が感じられた。エゾオオカミは及第点。 ギャグ要素はオソマのくだりがちゃんと面白いしアシリパさんの食へのこだわりが微笑ましい。白石のヌルヌルシーンでは劇場で笑いが起こっていた。  このペースでいくと5本程度で収まらないのでは?という懸念はあるが、シリーズ1作目だからこそ大切にすべきポイントを外さず丁寧に描いた点は好意的に評価したい。
あるぺあさん [映画館(邦画)] 7点(2024-01-28 01:48:14)(良:1票)
6.すごく良くできてました。原作へのリスペクトもあったと思います。話も、コミックより分かりやすいくらい。でも、このペースだと、終わるまでにだいぶかかりそうですね。映画で最後まで観られるのか心配になって、集中して観られませんでした。。
よしふみさん [映画館(邦画)] 8点(2024-01-27 20:22:58)
《改行表示》
5.《ネタバレ》 原作の大ファンです。実写化と聞いて不安しかありませんでした。 でも驚くほど原作に忠実で、なおかつ映画らしい見せ場も大胆に演出されており、楽しませてもらいました。 もともとこの漫画は映画っぽさを意識した作風ではあるものの、これを実際に映像化するのは相当大変。作者は背景から小物、動物の描写まで細部にものすごくこだわる人なので。  ただ原作をなぞっているだけでなく、主人公である杉元の生きざまとアイヌの思想がとても丁寧に描かれており、純粋なエンターテインメント作品でありつつ作品の根幹のテーマをはっきり浮き上がらせるつくりになっているところがファンとして嬉しかった。映画の最初と最後に杉元の全く同じカットがあるのですが、その眼差しが全く違うのが印象的でした。 本作は『導入編』でしかないので続編を強く望みます。
denny-joさん [映画館(邦画)] 8点(2024-01-27 19:19:40)(良:2票)
《改行表示》
4.アニメ実写化としては、成功の部類 とても楽しめた、が。  全くのプロローグ編、人物紹介してるうちに 2時間経っちゃった、って感じ。  それでも、飽きずに観れて面白い アニメの面白さが損なわれずに実写化されてる  所々にある、長回しのシーンが緊張感を盛り上げるし 冒頭の二百三高地など プライベート・ライアンの1/4ぐらいの出来はある  次も鑑賞したいが、長い話で(アニメのみ熟知) 今後もっとスケールがでかくなるし 常に冬のシーンがメインだし、役者は歳を重ねるし MAX5、6年で完結してほしいものだ。 (30歳のアシリパは見たくないかな)
カーヴさん [映画館(邦画)] 7点(2024-01-25 09:55:53)
3.動きから表情まで漫画チックだが違和感なく観れた。むしろ俳優陣達のキャラのなりきり度が高く原作へのリスペクトが感じられ好感が持てた。この作品単体では完結するストーリーではなく序章的作品。中ボス的な者を倒すなり何か大きな山場があれば1本の作品として評価できるが、それは次回作以降という事なので、消化不良は残った。
Yoshiさん [映画館(邦画)] 5点(2024-01-24 04:29:52)(良:1票)
2.<原作未読、アニメは2期途中まで視聴>映画かTVか配信か、詳しいことは分からないが続編もすでに撮影済みらしいことが最後に明らかになる。つまりこれは「1」で序章に過ぎないのだが、アクションは迫力があり、全体を通してワクワク感があった。舞台は明治時代の北海道。小樽にしてもアイヌのコタン(集落)にしても美術に抜かりが無く、お金をかけるべきところにはしっかりかけているのが伝わってきて好印象。こういう大作を任されるのは今の時代、山崎賢人が鉄板となっている。それに対してはもちろん好意的な声ばかりではないのだが、彼は運動神経が良くアクション適性が高い。さらに本作では体作りも頑張って"不死身の杉元"に説得力を感じさせた。これは大したものだと思う。山田杏奈、玉木宏、舘ひろし、矢本悠馬、勝矢など脇を固める面々も魅力的なキャラクターとして存在していて、広大な北海道で繰り広げられる三つ巴の戦いはとても面白いものになりそうだ。続編待望。
リーム555さん [映画館(邦画)] 7点(2024-01-20 12:02:15)
《改行表示》
1.山崎賢人さんの演技とアクションに惹かれて鑑賞。 これは面白い! 娯楽作品としてとても良く出来ている。 皆さんにオススメします。  原作未読。 最初の二百三高地のシーンで私の心はすっかり持っていかれました。 リアルな戦闘シーンに山崎さんの本気のアクション、人間ドラマには、ほろっとさせられ。 雪の冷たさは体験済みなので、見ているだけで寒~い凍えて痛いだろう。 そして皆の体当たりの演技にハラハラドキドキ、わくわく。  それから、舘ひろしさんと玉木宏さんの演技と存在感が良かった。 オーラの大きさと悪そうな佇まいがもう、最高!  エンドロール後も少し映像があるので、最後まで観て欲しいです。  次回作が楽しみだな。 美味しいものもいっぱい見せて欲しい。
たんぽぽさん [映画館(邦画)] 9点(2024-01-19 16:33:11)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
516.25%
616.25%
7743.75%
8425.00%
9212.50%
1016.25%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS