DRAGONBALL EVOLUTIONのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > DRAGONBALL EVOLUTION
 > (レビュー・クチコミ)

DRAGONBALL EVOLUTION

[ドラゴンボールエボリューション]
DRAGONBALL EVOLUTION
2009年【米】 上映時間:87分
平均点:2.68 / 10(Review 84人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-03-13)
アクションSFアドベンチャーファンタジー漫画の映画化
新規登録(2008-08-06)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2015-12-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・ウォン〔監督・脚本〕
助監督ゲイリー・カポ(第二班監督)
キャストジャスティン・チャットウィン(男優)孫悟空
エミー・ロッサム(女優)ブルマ
ジェームズ・マースターズ(男優)ピッコロ大魔王
チョウ・ユンファ(男優)亀仙人(武天老師)
アーニー・ハドソン(男優)シフ・ノリス
田村英里子(女優)マイ
関めぐみ(女優)セキ(エンドロールの途中でピッコロを介抱する女性)
ジェイミー・チャン(女優)チチ
山口勝平孫悟空(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ピッコロ大魔王(日本語吹き替え版)
平野綾ブルマ(日本語吹き替え版)
磯部勉亀仙人(日本語吹き替え版)
甲斐田裕子マイ(日本語吹き替え版)
江川央生ヤムチャ(日本語吹き替え版)
小清水亜美チチ(日本語吹き替え版)
石丸博也孫悟飯(日本語吹き替え版)
内海賢二武泰斗(日本語吹き替え版)
小山茉美ナレーション(日本語吹き替え版)
原作鳥山明「ドラゴンボール」(集英社)
脚本ベン・ラムジー
音楽ブライアン・タイラー〔音楽〕
作詞浜崎あゆみ「rule」
主題歌浜崎あゆみ全世界テーマソング「rule」
撮影ロバート・マクラクラン
製作チャウ・シンチー
20世紀フォックス
製作総指揮鳥山明
制作ザ・スターズ・オーヴァーシー
配給20世紀フォックス
特殊メイクバート・ミクソン
特撮カフェFX社(視覚効果)
コリン・ストラウス(視覚効果スーパーバイザー)
グレッグ・ストラウス(視覚効果スーパーバイザー)
アリエル・ヴェラスコ=ショウ(視覚効果スーパーバイザー)
衣装メイズ・C・ルベオ
その他週刊少年ジャンプ(original published by)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
84.《ネタバレ》 酷い出来だという事は調べたついていたので
全く期待もせず
ドラゴンボールである事も忘れて鑑賞しました。

なのに80分そこらなのに、この体感の長さ。
230分とかだったら全部見れる自信がない。

ドラゴンボールじゃなくても
展開やら台詞が謎すぎる。

何度「え?」といった事か。

唐突に登場する亀胴着だったり
献血で生み出されるピッコロ一味とか、
武天老師様が両津勘吉ぽかったり、
溶岩への危険度が甘すぎたり
ピッコロの言うことをすぐ信じちゃう悟空とか
ちっちゃすぎる大猿とか
性欲が半端ない孫悟空とかいろいろツッコミどころありますが、

それよりも謎すぎて何故か爆笑してしまったのが、武天老師様が孫悟空にかめはめ波を教える謎のダンスと、
実際にとどめを刺すかめはめ波では変なダンスをせずに
さらに放出もせずに何故か一緒に飛んでいく孫悟空。

あれなんなの(笑)

あと、神龍のデザインの酷さ。
鳥山先生のまんま使えばよかったのに。

キャスト的にはブルマ可愛かったですが、存在意義が今一つ分からなかったです。
ブルマ・ヤムチャ・チチを退場させて
天津飯とクリリンを登場させて、原作のまんまやればよかったのに。

一番致命的なのがアクションが売りであるはずなのに
カンフー部分を含めたアクションが格好良くない。

ドラゴンボールじゃなかったら3点ぐらいですが
設定とかぐちゃぐちゃにしてくさったのでマイナス2で1点で。
シネマレビュー管理人さん [インターネット(吹替)] 1点(2019-09-18 23:44:54)
83.「マン・オブ・スティール」を見た時、実写版ドラゴンボールみたいと思ったので、そういえばハリウッドで本当に実写化されていたのを思い出したので、実際に見てみました。やはりアクションシーンは「マン・オブ・スティール」の方がよっぽど実写版ドラゴンボールしていましたし、小学生時代にジャンプで見ていた僕(当時どちらかといえば幽白、るろ剣派)としては、本作を実写版ドラゴンボールというには違和感を感じます。
またクソ映画として見るにしても残念ながら中途半端な出来となっております。きっと実写版ドラゴンボールとしてだけでなく、クソ映画としても皆様の記憶の中に残ることもないでしょう。
「DRAGONBALL EVOLUTION」。ハリウッドで何をどう間違ってEVOLUTION(進化)したのでしょうか(笑)
映画の夢さん [DVD(字幕)] 3点(2016-06-08 14:19:28)
82.ああー、わが国の誇る名作をこんなにしてくれちゃって。日本国民の目を点にしてしまったなあ制作スタッフは。ハリウッドのJAPANに対するとんちんかんは今に始まったことじゃないけど。
突っ込む箇所はいまさら箇条書きにしなくても、既出のレビュワー諸氏の怒り心頭のご指摘通り。
何がイケナイって、エンドロールに original published by syonen jump とあるとおりドラゴンボールはジャンプの作品なんですよ。友情・努力・正義が柱のジャンプイズムを最も的確に体現しているのがドラゴンボール。ティーン・エイジャーの恋愛要素などいらないのだ。高校生の馬鹿パーティは不要。悟空とチチが暗がりでディープキスなどもってのほか。エロ要素は亀仙人(ちゃんと年寄りを使え)の「パンチー見してくれ」レベルで充分なのだ。
小5レベルの無垢さが魅力の原作に青臭い学園要素を持ち込むアメリカンのセンスが全くわからん。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2015-12-08 00:27:51)
81.《ネタバレ》 如何なる巨匠もジャンプ編集部の圧力には逆らえないのか・・・名前を貸しただけで製作総指揮にクレジットされ、戦犯扱いされてしまった鳥山明氏の心境を思うと非常に心苦しい。孫悟空が高校生の地点で悪寒以外の何物でもなく、ポスターにしてもどれだけ中身が酷いかは覚悟していた。「誰かのルール? そんなの関係ない」を象徴するかのように、原作の世界観や登場人物に対しての最低限のリスペクトもないどころか、全てにおいて適当に片付けてしまった突貫工事のような作り。そのくせタイトルに"EVOLUTION"と付け加えたり、続編製作の意識があったりと、人気ブランドをネタにぼろ儲けしたい自信がどれから湧いてくるのだろう。心臓マッサージに使い、サイコクラッシャーみたいなかめはめ波など見たくなかった。87分という上映時間の短さに救われる。本来ならこんなレビューなんて書かず、存在自体忘却されるべきなのに、やり切れなかったので書いちゃった。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 3点(2015-04-22 20:46:25)
80.《ネタバレ》 魔封波を体得してこの映画のすべてを封じ込めたい。
ろにまささん [地上波(字幕)] 0点(2012-06-05 22:36:12)
79.《ネタバレ》 原作云々ではなく、一般のアクション娯楽作品として物足りないです。まずウリとなるはずのアクションのボリュームが全然足りていません。悟飯と悟空の綱渡り修行、パーティでの悟空の立ち回りくらいしか見所がありません。一番盛り上がらなくてはならないクライマックスの決戦のつまらなさといったら。それに大切な描写が抜けています。恐怖の大魔王ピッコロの凄さが描かれていない。最低限、街の一つも吹き飛ばさないといけないでしょう。悟空も恋愛にうつつを抜かす暇があるなら、修行に精を出せと言いたい。設定が頭に入っているからいいようなものの、原作を知らない人が観たら何が何だか分からないのではないかと。魔封波って?ドラゴンボールをピッコロが集める理由は?説明不足は否めません。アクションのアイデア自体は悪くなかったので残念です。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 3点(2012-05-07 22:08:52)
78.《ネタバレ》 武道に長けた外人が世界征服を目論む宇宙人と対決するB級アクション映画です。漫画家・鳥山明の大ヒット作「ドラゴンボール」と設定、名前等が一緒ですが、それとは全く違う映画なのであしからず。正直アクションやCGも期待以上の出来ではなく、こじんまりとした感じです。ただ悟空がワックスで綺麗に髪型をセットしても元に戻ってまうシーンは思わずクスッとなってしまいました。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 5点(2012-05-01 12:02:08)
77.《ネタバレ》 やっぱりなって感じです。小汚いチンピラ風のヤムチャがなんか許せない。DVDだったので特典映像も観ました、次長課長の井上さんが、ダメ出し的なコメントしかしてないのが哀れでした。皆で集まって酒飲みながら、ツッコミ入れつつ楽しく観るのが良いでしょう。
ないとれいんさん [DVD(字幕)] 3点(2011-08-16 13:48:35)
76.《ネタバレ》 どんだけ面白くないのかと思いながら見たけど、見てみるとそれ程でもなかった。要するに、意外に見ることのできるレベルの出来だったのだ。原作を意識せずに、期待せずに見ればそんなに悪くない。90分以内と言う尺も、気軽に見ることの出来る長さで、ちょうど良かったと思う。キャラが原作どおりにいかないのは仕方がないとは思うけれど、ピッコロのビジュアルをもう少しなんとかして欲しかった。あそこまでやっといて特徴的な触覚がないなんて…。あれなら野球選手の森本の、いつぞやのピッコロメイクの方が良い。ピッコロで言えば、最後に思わせぶりなシーンがあって、続編を作る気なのかと思ったが、どうなんだろうか。
スワローマンさん [DVD(字幕)] 5点(2011-06-22 22:51:32)
75.期待しないで観たら、全く裏切られない程『その程度』でした。
SINさん [DVD(字幕)] 2点(2011-06-11 10:49:59)
74.《ネタバレ》 よっしゃ!こりゃもうみんなで張っ倒し行くしかねぇな!
ヤムチャが、ハリウッド版「北斗の拳」のバットと同じニオイがするぞ、、、
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 2点(2011-01-07 02:11:28)
73.『ドラゴンボール』の実写化劇場版を期待して見に行った人は気の毒としか言いようがありません。

これまでの評判を冷静に分析し、今観るとそこまで悪く無い映画だと思います。

ランニングタイムも90分内という所も観易く、これから観る人は「アメリカのB級青春映画」+「B級SF」+「B級クンフー」という内容で是非見て下さい。そこそこイケル筈です。

役者陣はそこそこ良かったと思います(『ドラゴンボール』という事を忘れる事は必須ですが)。

特に女性陣は◎。ブルマ役のエミー・ロッサムはカワイイし、チチ役のジェイミー・チャンも露出度高め。ピッコロの手下役マイの田村英里子も頑張ってたと思います。

ただ頂けないのは、チョウ・ユンファ。『レッド・クリフ』での周瑜役を降りて、、、亀仙人を受け、しかもあの演技は、、、。
『男たちの挽歌』ファンとしては、夜枕を濡らす事間違いなし。



最後にこれから今作を観る人へ、鳥山明先生からの言葉を贈ります。

「脚本やキャラクター造りは原作者としては『え?』って感じはありますが、監督さんや俳優の皆さん、スタッフなど、現場は超優秀な人達ばかりです。ボクやファンの皆さんは別次元の『新ドラゴンボール』として鑑賞するのが正解かもしれません。もしかしたら現場のパワーで大傑作になっているかもしれませんよ! おおいに期待しています!!」

劇場公開前、鳥山先生がオフィシャルに出したコメントです。かなり警告を発していますね(笑)
カイル・枕クランさん [DVD(字幕)] 4点(2010-10-31 14:22:24)(良:1票)(笑:1票)
72.《ネタバレ》 確実にコケるだろうと思ってたがやっぱコケてましたね 平均点低すぎでしょ(笑) でもみんなが言うほど悪くない気もしました。90分という短時間だし、原作とは違う別物と思えば見れなくもない。 でもさすがに一番の見せ場のカメハメハのシーンはキツかった(泣) 外人が言うとなんか違和感がありすぎ、まぁそうなるわな~。あのラストからすると続編作るのかな?ある意味見てみたいが熱心なファンは怒るだろうな(;^_^A
taka-104さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-10-31 06:15:20)
71.原作とは完全に別物だと思い込んだ点を差し引いても、これは相当な汚腐れ映画。

「最初のルールは、ルールが無い事」だそうだが、こんな汚腐れ作品を作っていい理由にはならない。

致命的な一打として、浜崎あゆみの薄っぺらい主題歌が見事にハマっていた。

aksweetさん [DVD(字幕)] 1点(2010-10-09 04:39:29)
70.《ネタバレ》 平均点上げてすみません。映画館で封切り直後に観たんですが、そのときの感想が「面白いじゃん!」でした。テンポいいし(上映時間90分以内)、アクションはそれなりだし、ブルマは可愛いし、ヤムチャの登場シーンがうさんくさすぎて爆笑したし!しかしネットの評価その他もろもろ悪評ばかりであり、この映画面白いと思っているのは自分だけ・・?と若干不安になり、でもやっぱりこの映画嫌いじゃないなーと出来の悪い子どもをかばう親のような気持ちがふつふつとわいてきました。でも主人公をいじめられっ子にしたり、敵の手下を溶岩に投げ込んで足場にするという残虐なことをしたり、かめはめ波で心臓マッサージしたり、挨拶がナマステだったり、大猿が小さかったり、かめはめ波を出した方向に飛んでいったり、絶望の続編フラグを出したりと「それは違うよね」と思わせる要素がたっぷりなんで自分はこの点数が限界です。
面白く感じたのはデビルマンや北京原人、北斗の拳で免疫がついて感覚が麻痺してたせいもあるかもね。
<追記>個人的に一番好きなシーンはブルマが「ブリーフ・ブルマ」というフルネームを言うシーン。じゃあ父ちゃんのブリーフ博士はブリーフ・ブリーフじゃん。
ジェームズウォン監督は「ファイナル・デスティネーション」のメイキングを見て好きになったんで、これにめげず映画を作ってほしいです。B級寄りの。
ヒナタカさん [映画館(字幕)] 7点(2010-07-14 18:25:12)(良:1票)(笑:1票)
69.《ネタバレ》 こちらのサイトやさまざまな所で評価が低いので
どんなものかなと思いつつようやく鑑賞しました。
いやいや、意外と嫌いじゃなかったです。
ブルマ見たさでレンタルしてきましたが、チチが良かった。
最初はおまけ程度かと思いましたが、結構重要な役どころでしたし、
意中の女の子に頑張ってと言われたらそりゃあ男なら張り切っちゃうでしょ。
灯篭の灯りを消すところはアダルトすぎだろと思いましたが、
ドラゴンボール略奪の伏線にもなってたんですね。
そういえばピッコロに付き従う美女はなんだったんでしょう?
最初みたときはCMと印象違うけど、これがブルマかな?なんて勘違いしてしまいましたが、
結局何者かわからずじまいでした。美女が増えるのは大歓迎ですけどね。
肝心のブルマですが、もう少し薄着でも良かったです(笑)。
悟空が女の子に興味のある学生ってのもまあいいんじゃないですかね…。
初めて女性を見たとかでブルマあたりにセクハラまがいの事やられても困りますし。
全然大猿じゃねえー!ってのも、元に戻って青年悟空じゃいろいろまずいですからね(下品…)。
一応漫画のテイストは含まれてたし日本で作られた映画じゃないので許容範囲での点数です。
映かったーさん [DVD(字幕)] 6点(2010-07-01 17:24:43)(良:1票)(笑:1票)
68.《ネタバレ》 ひ、酷い。
いたるところにツッコミどころがあって、困惑。

実写化が簡単に出来そうなアメリカのコミックと違うから、難しいのは分かるのだが・・・。
あまりにも制作費をケチったチープな作りは、これが21世紀に作られた映画かと笑ってしまうクオリティー。

ピッコロは、映画の「マスク」の人か。
マスクを被ったのか。
それであの強さなわけか。

亀仙人役の役者も、演技下手すぎで笑ってしまった。


酷い内容の作品に、エンディングの安っぽい声と曲は良く合ってた。


タックスマン4さん [CS・衛星(字幕)] 1点(2010-06-25 01:27:04)
67.《ネタバレ》 この悟空どこかで見たことあるなぁと思ったら「臨死」の人だったのか! いや~それにしてもドラゴンボールに出るとはなぁ… ん~ これは出世なのか??
ライトニングボルトさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2010-06-17 11:35:46)
66.つい見てしまった・・・時間を返せ。愚作としても別物として見ても笑い所や拾い所が一切ない点で言えば「デビルマン」より下か・・・???2時間サスペンス劇場見てた方がまだ良い。
movie海馬さん [地上波(吹替)] 0点(2010-06-08 15:51:19)
65.友人宅でなぜか鑑賞。
やる気もセンスも感じられない。80年代のダメ映画の香りがする。
適当に作ったのではなかろうか。
しかし、とても短いので苦痛度は低く、クソというほどのレベルにも達していないただのつまらない映画なので人々の記憶からもそのうち忘れ去られるだろう。
どうせならもっと酷いクソを見せて欲しかった。「ドラゴンボールっぽくしてみたけど、なってない」みたいな笑えるクソ要素がないのがダメ。最初から別物として作られてるから、本物のクソにもなれてない3点がお似合いのダメ映画。
クソになる覚悟もないこの映画に1点や0点をあげるのは惜しい。
ベストキッドデボリューションといったほうがしっくりくるかも。
すべからさん [DVD(吹替)] 3点(2010-06-01 14:42:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 84人
平均点数 2.68点
01113.10%
11619.05%
21113.10%
32327.38%
467.14%
51011.90%
655.95%
722.38%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.50点 Review10人
2 ストーリー評価 2.13点 Review15人
3 鑑賞後の後味 3.28点 Review14人
4 音楽評価 2.60点 Review10人
5 感泣評価 0.75点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS