トリハダ -劇場版2-のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トリハダ -劇場版2-
 > (レビュー・クチコミ)

トリハダ -劇場版2-

[トリハダゲキジョウバンニ]
2014年【日】 上映時間:94分
平均点:4.25 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-09-20)
ドラマホラーシリーズものオムニバスTVの映画化
新規登録(2015-01-06)【8bit】さん
タイトル情報更新(2019-05-22)【シネマレビュー管理人】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三木康一郎
キャスト石橋杏奈(女優)
足立梨花(女優)「所有の不確かさが招く悪夢の結末」
佐津川愛美(女優)「負け組の嫉妬と共通の思惑」
入来茉里(女優)
優希美青(女優)「憎悪の応酬と紙一重の勝利者」
白石隼也(男優)「軽微な出来心に忍び寄る悪意」
前田公輝(男優)「執着の真意と末路の現実」
脚本三木康一郎
製作ホリプロ(「トリハダ -劇場版2-」製作委員会)
クロックワークス(「トリハダ -劇場版2-」製作委員会)
制作ホリプロ(制作プロダクション)
配給クロックワークス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 こちらも、AmazonVideoで見ました。

とりあえずサイコパスみたいなのがいて
ミッションコンプリートしたら笑うというあまり好きじゃないパターンが
今回酷かったです。

↓それぞれの感想
「オープニング」
よく知らんやつがドアをガンガンする。という話。
シンプルに恐怖体験ですが
覗くところを突き抜ける棒は無理じゃないですかねぇ。

「所有の不確かさが招く悪夢の結末」
盗んだ傘が実は。という話。
犯人は店員なんでしょうけど
オチの衝撃度を上げることがメインで
なぜこういう事態になったのかは
今一つ分からないです。

「思いつきの遊戯と不条理な愛着」
ラブホの店員がなんか怖い。という話。
なぜかこの作品で女優人生を掛けた感のある大島麻衣ですが
話的には結構納得いかなかかった部類のエピソードです。
動機が全く理解不能な上に
ホテルの店員がこれやるかなぁ。

「執着の真意と未絡の結末」
深夜のコインランドリーにいると謎の電話がかかってくる。という話。
前回でもなかなかのインパクトだった方が再登場してますが
ストーカーするのはギリ分かるとしても
殺す理由とか電話ボックスに入る理由が今一つ分からないです。
あと、最後の笑いがやっぱりいらないですねぇ。

「憎悪の応酬と紙一重の勝利者」
女子高生同士のあいつの嫌いな話をしてたら。。という話。
比較的動機が理解できる方のエピソードでした。
ただオチは予想範疇内でした。

そしていらない最後の笑い。

「負け組の嫉妬と共通の思惑」
キャバ嬢の送迎時における恐怖。という話。
これは動機もオチも納得いく部類でした。
ただ、最後の笑いは過剰。
ちょっとぐらいで良かったです。

「軽徹な出来心に、忍び寄る悪意」
誰かの携帯を覗いていたら大変な事件が起こる。という話。
犯人も分からず、ただ自分きっかけで殺される
終わり方だったら結構な恐怖でしたが
全体の話の組み立て上明かにする必要があるのはしょうがない感じはしました。

それでも、犯人の動機が微妙でしたが

「総評」
個人的に1作目の方が良かったです。
2作目になってよりリアリティが欠落したので
恐怖はあまり味わえなかったです。

その前にちょっと見たNotFoundシリーズの方が良かったです。

ってことで4点で
シネマレビュー管理人さん [インターネット(邦画)] 4点(2019-05-21 23:24:28)
3.《ネタバレ》 ホリプロ所属タレントを主に使ったオムニバスホラーである。前回見てくだらないと思ったにも関わらずまた見るというのもどうかとは思うが、女優目当てで見ているわけなのでやむを得ない。
今回も個別エピソードが6話のほかに全編通しの石橋杏奈編があり、これが他エピソードとも関連付けられた形になっている。超常現象に頼らないというわりに荒唐無稽で絶対ありえない話になっているのも前回と同じで、おそらく「今回はラブホ」「今回はキャバクラ嬢」といった設定が先行でストーリーは後付けだろうが、どうせ作り物ならラブホの話のように小噺的なオチを付けた方が単純に面白い。また似たような構成要素を繰り返し使うのが惰性的に見え、せめて劇場版一つの中で複数回使うのはやめてもらいたいと言いたくなる。
ただし今回は石橋杏奈さんが全編の主役のため、自分としてはどうしてもこの人の姿に目を引かれてしまって見るのを途中でやめられない。前回の主役が悪いわけではないが、個人的にはこれでかえって今回の満足感の方が高かった。また今回は笹野鈴々音さんの「がまんできないよー」というのに笑った。そのほか、佐津川愛美さんが前回よりかなり細身に見えたのが少し意外だったが、こっちの方が本来あるべき姿なのかも知れない。
かっぱ堰さん [インターネット(邦画)] 4点(2016-09-12 20:14:19)
2.《ネタバレ》 特に面白くもなく怖くもないのは、前作と同じ。ただ、あのちっこい女の人は完全に妖怪化してて、ちょっと笑けました。それと、ホテルのエピソードも、コントっぽくて、ちょっと笑えました。大島麻衣はエロくがんばってました。サービスけっこうありです。オープニングは1よりこっちのほうがいいかな。ドアのカギをカチャカチャは悪くないです。相手が見えないのはやっぱ怖いし。テキトーに暇つぶすのに、前作が悪くなければ、観てもいいと思います。
なにわ君さん [DVD(邦画)] 5点(2016-01-31 22:58:59)
1.《ネタバレ》 段々とマンネリになるのは仕方ないとして、同じ役者が同じ出方で同じ怖がらせ方なのはいただけない。
悲喜こもごもさん [DVD(邦画)] 4点(2015-04-30 15:42:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 4.25点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4375.00%
5125.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS