恋に落ちたら・・・のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 恋に落ちたら・・・
 > (レビュー・クチコミ)

恋に落ちたら・・・

[コイニオチタラ]
Mad Dog and Glory
1993年【米】 上映時間:97分
平均点:5.08 / 10(Review 36人) (点数分布表示)
公開開始日(1993-05-29)
ドラマコメディロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2022-05-30)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・マクノートン
演出ダグ・コールマン(スタント・コーディネーター)
キャストロバート・デ・ニーロ(男優)
ユマ・サーマン(女優)
ビル・マーレイ(男優)
デヴィッド・カルーソー(男優)
キャシー・ベイカー(女優)
リチャード・プライス(男優)
脚本リチャード・プライス
音楽エルマー・バーンスタイン
撮影ロビー・ミューラー
ジェフ・ジャー(追加撮影)
製作バーバラ・デ・フィーナ
ユニバーサル・ピクチャーズ
マーティン・スコセッシ
製作総指揮リチャード・プライス
配給UIP
美術レスリー・A・ポープ
衣装リタ・ライアック
編集クレイグ・マッケイ
字幕翻訳岡枝慎二
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
36.このキャスティングでこの評価です。見る前から何となく嫌な気がしていましたがやはり・・といった仕上りでした。そもそも、デニーロ&ユマ、ゴーストバスターズのビル・マーレイときたらコメディ推し確定なハズですが、意外にも真面目路線。しかも序盤から結構強烈なグロ推し。

正直、序盤から既にフランク(ビル・マーレイ)が何なのかがよく判らない。マフィア系のジョーク=イタリアンマフィアなのはちょっと無理があるし、この時点で刑事であるウェイン・“マッド・ドッグ”・ドビー(デニーロ)は関わり合いたくないはずですが、どんどん仲良くなっているのも全く解せない。そもそも、ウェイン・トビーがなぜ“マッド・ドッグ”と呼ばれているのかの説明がなくジョークなのか何なのかも判らない。。マイク(デヴィッド・カルーソ)がいい味を出していて、むしろ本作では彼のほうが“マッド・ドッグ”だし、彼が主人公だったほうが面白かったかもしれません。

グローリー(ユマ)の設定もよく判らないし、流れにも無理があったように感じます。「あんた子供じゃないんだからちゃんと説明して」といった感じ。なぜ突然主人公に入れ込んで結ばれたのかもよく理解できないし、なにから何までよく理解できない映画でした。

意外にも全体的に綺麗にまとまってはいますが、ラストでビル・マーレイとファイトするのも全く理解できませんでした。全体的に稚拙な映画でしたが豪華キャストに免じてこの点数で。
アラジン2014さん [地上波(字幕)] 5点(2022-06-24 20:54:24)★《新規》★
35.《ネタバレ》 初っ端から白黒画面のクライムシーンから始まったので、勝手に軽いラブコメだと思い込んでいた自分は、一瞬借りた作品を間違えたのかと思った。観る前にイメージしていた内容とは異なり、かなり暴力シーンが多く、代わりに笑えるシーンは殆ど無かった。なんというか、もちろん演技は素晴らしいんだけども、主演の二人がデニーロとビルマーレイである必要性があまり感じられなかったのが残念。この二人ならではのコミカルなやり取りを期待していたのだが。。ユマサーマンは良かったと思う。
rain on meさん [DVD(字幕)] 5点(2017-12-10 22:50:49)
34.《ネタバレ》 豪華キャストのラブコメを想定していたが、ほとんどコメディーになってないし。中年男が娘ぐらいの若い女に入れあげるなら、トコトン壊れて情けない男に成り下がって欲しかったが、どうも中途半端(デニーロがユマの全裸にひざまずくシーンには中年の悲しみがあったが)。結局腕力で決着って、田舎のヤンキーじゃないんだから。昔のシカゴの町並みとユマのヌード(イガイと豊か!)のみ評価。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2015-06-02 11:54:47)
33.《ネタバレ》 この頃のデ・ニーロはこんな冴えないオッサンの役でいい味出していましたね。そして感情の起伏を表情に出さないビル・マーレイも持ち味十分の役どころでした。最後の決闘は何万ドルとか色々あったのにそれで終わっちゃうんですか?という感じでしたがこの二人のこんな役どころだからこれで良かったのかも。ただ、冴えないオッサン役デ・ニーロにマーレイと揃えたんだからもう少しコメディ色を出した作品にしても良かったんじゃないかなと思います。
とらやさん [DVD(字幕)] 6点(2010-07-25 00:13:29)
32.《ネタバレ》 銃を向けられてもポーカーフェイスでビクともしないビル・マーレーの演技がすごかった。ただ、デ・ニーロ、ビル・マーレー共演なのに90分じゃ短すぎる。しかも中盤は2人が絡むシーンがなかったし… もうちょっと長くてもいいからストーリー性のあるものにして欲しいな。あと、邦題もイマイチですね。ただ、エンドロールに流れていた音楽は良かった!
エムシューさん [DVD(字幕)] 5点(2009-05-19 22:53:05)
31.デニーロとビル・マーレーが組んで、どれほど面白いラブコメディかと思えばなんてことのないラブストーリー。だったらデニーロとビル・マーレーの役柄逆だろ…十分面白い作品だが消化不良。これだけアクの強い役者が揃ってるんだからちゃんと練れば5年早くアナライズ・ミーを撮れてたはずだ。
Arufuさん [DVD(字幕)] 5点(2008-03-29 03:51:38)
30.コメディなんだかロマンスなんだか無駄にサスペンスなんだか。中途半端に色々なジャンルの芽を摘んで作ったって感じがする。特にひねりもなくオープニングから特にストーリーにも関係ないのに人が殺されたり全然面白くないコメディアンをポーカーフェイスのビル・マーレイが演じてたり。ロバート・デ・ニーロは陰鬱な役を演じさせるとすっごい上手いんだけど、ストーリーがなんせ平凡。キャストは豪華なのによくわからん映画でした。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 4点(2007-07-27 12:18:55)
29.《ネタバレ》 話の終わりがあまりしっくり来なかったです。どちらにしろあの後彼らは殺されるのでは…。ユマ・サーマンの可愛さ以外、あまり映画に引き込まれなかったです。
まいったさん [ビデオ(字幕)] 4点(2007-03-19 02:35:56)
28.おいおい、タイトルに偽りありだろ!この地味で暗くて鬱々した話から、どうやったらこのタイトルがつくわけ?いや、地味でも味わいがあればいいんだけど、中身も、どうでもいいような何の発展もない話が延々と続くだけです。デニーロの中年オッサン丸出しのラブシーンなんてのも、できれば見たくなかったなあ・・・。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2005-11-16 03:31:54)《更新》
27.ゆっくり、ゆっくり。あまりのゆっくりさに途中で仮眠を入れてしまった。取敢えず二時間の仮眠の後、最後までちゃんと観賞致しました。ストーリーは、ユア・サーマン演ずる(劇中での名前を覚えていられない)若い女性がビル・マーレー演ずる(これまた覚えてない)金貸しの男の命令で、ロバート・デ・ニーロ演ずる(寝るとダメだ。全然憶えていられない)中年刑事の前に現れる。そこから男と女の1週間だけの暮らしが始まる。こんな感じのストーリー。終始遅いペースでストーリーは進み、それはもうホントにゆっくりで、眠っても追いつけてしまうカメとウサギみたいな映画。でもここの評価ほどつまらなくは無かった。逆に僕にとってはおもしろかった部類に入る映画です。それはもしかすると仮眠を入れたからなのかもしれない。そんな僕にとってこの映画のタイトルは『眠りに落ちたら・・・』ですね。(苦笑)はぁ~、行き当たりばったりなオチですいません。(泣)
ボビーさん [ビデオ(吹替)] 7点(2005-08-16 20:07:55)
26.ありゃ、意外と評価低いっすね。僕は結構渋くて粋な、オトナの映画に思えました。大体、「冴えない中年男と若い娘のラブロマンス」というと、ちょうど「冴えない青年の元に突然美少女が・・・」みたいな、悪い意味でご都合主義的でヤラしい話になりそうな気がするけど、この作品の場合、デ・ニーロ演じる刑事のなんとも情けない感じが出てて(向かいのカップルを覗き見してたりとか)、良かったと思います。全体的にモタモタした展開にも思えるけれど、それがまた、主人公のいかにも人間くさい不器用さを表してるように思えたし。あと、ユマ・サーマンのちちも良かった(笑)。
ぐるぐるさん 7点(2005-01-07 18:42:24)(良:1票)
25.豪華キャストで送るど~しようもない作品ですね。映像・音楽はきめ細かいところまで気配りしてあるのに、肝心のシナリオがこれじゃね。むか~しのさんまじゃないけど「ひねりなさい」の3乗。ラブコメとして制作したつもりはないのかも知れないけど、結果的にラブコメになっちゃったんだからひねりがないとつまらない。えっ、これで終わりなのってエンディングでございました。
shintaxさん 3点(2004-09-21 10:40:51)
24.下の方も投稿しているようにコメディにしては中途半端だしラブロマンスでもない。正直つまらなかった。キャスティングは良いのだけれど。
ゆきむらさん 3点(2004-04-20 07:05:53)
23.全然おもしろくなかった。最後の決闘シーンにしたってどうでもいい感じだった。登場人物の心情がわからなかったのもあるけど。コメディぽい作りだけど中途半端な印象。コメディじゃないほうがよかったかと。
バカ王子さん 3点(2004-04-04 23:32:02)
22.キャスティングはいいと思うが、なんかいまいちでした。(特にラストがあっけない)デニーロの演技力はさすがですね。
やっぱトラボルタでしょうさん 5点(2004-03-16 14:19:51)
21.やっぱりキャストが噛み合わないことこの上無い感じがした。
三人とも好きなのに。(ビデオ)
zero828さん 3点(2004-03-04 21:06:05)
20.「恋に落ちたら・・・」というタイトルは映画にメチャメチャ合っている気がするけど、なんか俺は納得できない。というのもデ・ニーロが超美人に恋するならなら分かるが、本作でのあまり綺麗とは言いがたいユマ・サーマンではちょっと、、、ねえ(苦笑)。俺なら恋には落ちれません!ご了承くださいませ。
ピルグリムさん 5点(2004-02-29 15:18:42)(笑:1票)
19.ごめんなさい、全然ハマれなかった。ユマも全然魅力的じゃないし、デ・ニーロも中途半端にボヤけてるし…ビル・マーレぇー?とにかく微妙だ、微妙なニゴりがある映画。
SAEKOさん 4点(2004-02-28 13:10:51)
18.ビル・マーレイとデヴィッド・カールソーが美味しいところを持っていった感じですね。ユマ・サーマンって183センチもあるから、キスシーンでデニーロが小さく見えちゃうんですが、あれって、臆病者の警官を意識させるための一種の演出だったんだろうか? 個人的には彼女は好みのタイプではないので、そのために4万ドル用意する気にはなれない。脇の役者はとってもいいのに、主役の二人が今ひとつ魅力を感じられず、感情移入もできませんでした。残念! ところで、デニーロとサーマンが並んでテレビで映画を見ているシーン、思ったことが三つ。1) あれって、なんかのホラーだろうか? 2) デニーロの法則:ああいう状況の演技では首が左に15度傾く(笑) 3) 皆さんは並んで映画を観るとき、どういう位置関係?私の場合は、自分の右に彼女が座ることが多いかな。
オオカミさん 6点(2004-02-20 21:46:36)
17.《ネタバレ》 …さえない中年男性への応援歌って感じかしら? ストーリー自体は小さくまとまってて、今どき珍しいくらいのハッピーエンドで、キライではないんだけど…なんだかやっぱり都合がよすぎる展開がアタシは若干気になったわ。 そもそもあの程度のことでフランクがウェインをあそこまで気に入るのも不思議だし、極悪非道なはずのフランクがあんだけのことでアッサリ手を引くのも…ハッピーな感じでいいのかもしれないけど、なんだかありえなーいって感じで。 いかにも腹に一物企んでそうな感じのグローリーも、けっこうすんなりウェインとくっついたし。 まあたまにはこういうお気楽映画もいいかも、ってな感じかしら。 それにしてもユマっていい顔してるわねえ。 爬虫類っぽい妖艶さ(もちろん褒め言葉よ)とあの手足の長い華奢なボディ(でも出るとこは出てるの)…ステキだわ。
梅桃さん [地上波(字幕)] 5点(2004-02-20 21:12:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 36人
平均点数 5.08点
000.00%
100.00%
200.00%
3719.44%
4411.11%
51233.33%
6616.67%
7616.67%
812.78%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 0.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS