サウルの息子のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サウルの息子
 > (レビュー・クチコミ)

サウルの息子

[サウルノムスコ]
SON OF SAUL
(SAUL FIA)
2015年【ハンガリー】 上映時間:107分
平均点:5.53 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-01-23)
ドラマ戦争もの
新規登録(2016-07-07)【Cinecdocke】さん
タイトル情報更新(2018-11-09)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ネメシュ・ラースロー
脚本ネメシュ・ラースロー
配給ファインフィルムズ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.《ネタバレ》 アウシュヴィッツの凄まじさを手ぶれカメラで撮影した映画。
終始、主人公を追うようにカメラは捉える。
その演出で観てる側もアウシュヴィッツにいたかのような感覚を与えることに成功している。
戦争というものをリアルに知ってくれと言わんばかりである。

話の設定は雑務をやらされるために生かされたユダヤ人たちの話である。
ただ事務的にガス室に同胞を送りこみ、その後片付けをする。
このユダヤ人大虐殺は戦後、周知されると非難の的になるが、戦争という特殊状況の中では、
ただ言われたことをしているだけの人たちには、感覚がマヒして、事の重大さが分かりにくいという
感じがよく出ている。

その中で主人公が自分の息子(正妻との子ではない)を見つけ、ナチの管理のなか、
なんとか正式に弔ってやろうとするストーリーである。
そこにナチへの反乱計画が加わってくる。

もう観てるこっちが感覚がマヒしてしまいます。
ラスト、村の子を自分の息子と思ったのか、一瞬幸せになり、ジ・エンドである。
観終わって、本当にホッとした。
とにかくこの話題作を観たぞという感じだ。

だけど、この作品のダメージは後から来そうだなぁ。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2018-11-17 17:00:25)《新規》
16.長回しは好きだし、カメラ一人称的な撮り方もそれはそれでよいのだが、ずーっと同じような撮り方ばかりされると、見ていても無意味に疲れてくる上に、何のためにそれがしたかったのか?むしろ、それをすることが目的になってないか?という疑問を禁じ得ないのです。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2018-11-09 00:26:09)
15.「本当に自分の息子なのか?」という部分は残しつつも、「遺体を埋葬したい」という至極まっとうな考えが、非常時にはまるでハタ迷惑な行為として扱われるのが怖い。
ゆうろうさん [映画館(字幕)] 8点(2018-09-04 00:02:58)
14.《ネタバレ》 本末転倒 駄目な人たち こういう映画は、結末から考えないととても見る人の共感を 呼びません。あとどうして 吹き替えがあるのでしょうか。吹き替えにはとても違和感がありました。もちろん字幕でみましたが。
ガリペロさん [DVD(字幕)] 1点(2018-09-03 21:22:48)
13.《ネタバレ》 皆さんの評価が低いのでびっくりした。主役のすぐ後ろにカメラマンが始終ついて回っていたはず、その不自然さを一切感じさせない一体感だった。サウルの向こう側で起こっている惨劇がぼやけたり、一部しか見えないのは、彼自身が全身全霊かけてそれを見ることを拒絶しているからだ。作業上、物理的に目こそ開けてはいるが、心の目が頑なに閉じている。それでも防ぎきれない惨劇の気配が、わずかなアングルを狙って画面の隅にするっと潜り込んでくる。この演出は、視聴者の怖いもの見たさの好奇心を刺激するのと同時に、サウルが五感の拷問を受けていることを示唆している。不完全な映像は、生死の悲鳴のようなメッセージに満ち溢れている。最小限の表現の巧みさに、本当に驚いた。
 
 サウルが頑として放さない少年の遺体は、『キャスト・アウェイ』のウィルソン(バレーボール)のように思えた。川に入って遺体がサウルの手から流れていったとき、そのイメージは決定的になった。ぎりぎりの正気を保つために、彼には息子に見立てた少年の体が必要だったのだろう。

 視聴中、気になったことが2点ある。1つは、筋の通らない奇妙な行動をとっているコマンドがサウルだけだということ。この状況下でラビにこだわり続ける彼の極端に狭い思考、言動は確かにおかしい。ただ、当人たちは気も狂わんばかりの腐臭を四六時中浴び、衣服も身体も臭気が染みついている上、いずれ我が身も殺される運命とわかっている。満足な休息もないままの過酷な肉体労働に、精神的拷問の連鎖・・・・・・視聴が進むにつれ、正常な理性を保っている他のコマンドたちの方が、かえって不自然のように思えてきた。
 2つ目は、シャワー室へ先導されるユダヤ人たちが、なぜ無抵抗だったのかということ。現代では、衣類や壁に付着した煙草の副流煙ですら取りざたされている。ましてや大量殺戮後の死臭や吐瀉物、ガスの残り香などは、コマンドたちがどんなに洗い清めても落ちるものではない。なぜ誰一人、シャワー室行きを疑わなかったのか。惨事の予感はなかったのだろうか。子連れのユダヤ人もいただろうに、何の命乞いもなく渋々命令に従う彼らが、腑に落ちなかった。本を読めば多少事情がわかるだろうか。

 とはいえ、サウルのように非人間的な任務を負わされ、殺害されていった人々が、歴史に埋もれることなく、映画によって光を当てられたことに大きな意義を感じた。同じ人間の一生とは到底思えない、ファシズムがもたらす狂気の恐ろしさを存分に味わわされた。
tonyさん [DVD(字幕)] 8点(2018-04-24 23:55:07)(良:1票)
12.《ネタバレ》 長回しの画面が揺れる独特な取り方が臨場感が出てますね。
本当の子供かどうかは明示されないし必要もないのでしょうがちょっと鬱々としすぎていて、
罪の意識からくる救いを求めているのだと思うのですが、終始もやもやさせられます。
もっと戦争史実か個人の感情にフォーカスを当ててほしかった。
グミ喰いさん [DVD(字幕)] 5点(2018-04-04 23:05:54)
11.《ネタバレ》 手持ちのカメラがともかく息苦しい。すごい緊迫感でした。主人公にしか合わないピントも、主人公目線での表現なんだろう。しかし、時々表れる肌色のそれは、何ともいえない絶望感が漂った。結局は主人公の妄想でしかないんだろう息子も、妄想の中では救われたということか?こういう映画もありだと思う。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-03-05 15:36:51)
10.《ネタバレ》 息苦しい。長回しの手ぶれしまくりの映像は酔ってしまいました。
osamuraiさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2017-02-10 22:42:47)
9.《ネタバレ》 息子を何としても弔いたい。
それは、同胞の死体処理をさせられているサウルの無意識が生んだ欲求なのだろう。
彼が弔おうとしたのは、本物の息子ではない。息子に象徴される「毎日殺されていく仲間たち」なのだから。
自分の命を危険にさらしても何としても息子(仲間)を弔う。
そうすることでしか、彼の精神は均衡を保てなくなっていたのだろう。

全編通して音楽はない。彼の背中越しからの映像が淡々と続く。
これが現実だったのだから、脚色などせずそのまま撮るのだ、という制作側の決意がうかがえる。
彼の背中越しから、彼の目を通して残酷で惨い世界が淡々と映される。
彼の心のバランスが崩れ、彼が息子の弔いのために奔走しだしても世界は淡々と残酷に続く。

救いは、見知らぬ少年を彼が息子だと信じて死んだことだ。
息子は生きていた、そう思い込んで彼は死んでいく。
でもそんな事が、果たして救いになるのだろうか。

そうこの作品は問いかけているように思った。
りりらっちさん [DVD(字幕)] 6点(2016-12-17 21:12:50)
8.《ネタバレ》 ナチスのユダヤ人強制収容所を舞台に、無念の死を遂げた息子を埋葬しようと奔走する父親の物語。特徴的なのは、映画の大部分を主人公の背中からのバックショットのみで描き出しているところだろう。常にピントが主人公に合わせているため、収容所内部の悲惨な情景がぼやかせて描写されているのだ。残念ながら、自分にはそうする意図が全くつかめなかった。ストーリーもほとんど分からないし、具体的な情景が全く頭に入ってこない。どうしてこんな手法を使ったのかはなはだ疑問だ。こんな奇を衒っただけのものでホロコーストの真実を描き出したと思っているだろう監督の薄っぺらさに、自分は怒りすら感じた。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2016-11-20 23:09:56)
7.《ネタバレ》 数週間生き延びるために同胞を地獄に送って処理する男。この姿を見てどう思えと? 数週間生き延びてこだわった事は周囲を不幸に巻き込むばかりで無意味。それくらいユダヤ人は悲惨な思いをしたと言いたいのだろうか? しかしユダヤの経典タルムードのことを思うと同情する気には全くなれないし、ホロコーストの歴史的記録も疑わしい。時間の無駄映画だった。
だみおさん [DVD(字幕)] 0点(2016-10-28 14:43:53)
6.《ネタバレ》 ホロコーストの映画は沢山ありますが、この映画はその中でもかなり異色であります。映像はほとんど主役の背中越しからの映像になっております。主役は強制収容所に入れられたユダヤ人ですが、ゾンダーコマンドとゆう役職を与えられています。この役職を与えられた者は、恐ろしいことに、同胞を処刑場に案内したり、死体処理をさせられる、狂気の仕事をさせられ、そして、やがて彼らも口封じのために処刑される運命となっています。つまり、主役の周りは常に地獄絵図のような光景となっているのです。それは、主役の背中越しから、画面の端に一瞬チラッとしか見えません。しかし、そこには確実に、おぞましい風景があることは、この映画全体からちゃんと伝わってくるのです。見せてはいけないものをちゃんと見せずに、主役がどんな場所にいるかが手に取るようにわかるこの表現方法が、この映画が、他のホロコースト系の映画と違う所です。まともな神経じゃ生きていけない事がすごくよくわかります。わかりすぎて、僕は、映画が始まってまもなくして、感情移入が逆にできなくなっていました。これは、恐らく、僕の中の防衛本能がそうさせたかもしれません。普通に映画の世界に入り込んじゃうと、まともな神経じゃいられなくなりそうなくらい、やばい臨場感。人によってはずっと画面の真ん中に主役の背中がある映像なので、周りで何が起こってるかはっきりわからずイライラしたり、退屈になったりするかもしれまん。でも、この周りの状況がほとんどわからないのが、恐らく主役の精神状態を表しているのかもしれません。主役は、この状況で、ただただ、ある目的のために行動します。半分は狂ってるんだと思います。でも、完全に狂ってしまうギリギリのラインを守るために、その行動をしてるように思えるのです。とにかく、僕はある程度の距離感をもって映画を観てしまいました。
なにわ君さん [インターネット(字幕)] 7点(2016-10-08 05:57:37)(良:1票)
5.《ネタバレ》 説明は全くなく台詞もほとんどなし。臨場感はあったけど暗い画面が延々続き、話を理解するのが大変でした。主人公が葬儀にこだわるのが自分には少し理解しにくかったです。バッドエンドの最後はなんとも。。
Banjojoさん [映画館(字幕)] 6点(2016-10-06 23:26:14)
4.《ネタバレ》 クロースアップされた前景の対象に領域を阻まれて部分的に隠されるがゆえに、ソフトフォーカスの滲みによって暈されるがゆえに、その後景の蠢きは
即物的な音響と共に存在感を以て逆に前景化される。感情を失い硬直したかのような主人公の表情と拮抗しながら。

意地悪く云えば、そうした作り手の目論見は冒頭の段階で露見するし、
やがては主人公が何らかの感情を顔貌によって表すだろうことも予想出来てしまうのだが、
映画中盤で女性と密かに触れ合う手の動きが伝える感情や、ラストでカメラと正対する主人公の表情の凄みは、その予想を超えて圧倒する。
ユーカラさん [DVD(字幕)] 7点(2016-09-30 22:59:58)
3.とても息苦しい映画。
魂を揺さぶられるほどの映画を期待していただけに
案外普通に終わってしまった。
miumichimiaさん [ビデオ(字幕)] 6点(2016-08-29 00:34:35)
2.《ネタバレ》 今日、アウシュヴィッツは絶滅収容所として広く認知される。ナチの犯罪性、反人倫的行為を糾弾する映画や本に、ドキュメンタリー映画を含め、過去幾度観たことだろう。またかと思い、正直もう結構と思ってしまう。それに実際はユダヤ人だけがガス室に消えたわけではなく、ロマ(ジプシー)やドイツ人であっても精神障害者、思想犯とされた人々の多くも、方法の違いはあるにしろ同様に殺されているのだ。ロマの人々は、ユダヤ系の様に組織力と発信力がないが為に、自分達の受難を語れないでいるし、それにユダヤ人のように、遺恨を民族結束や利益に結びつける思念も持ち得ない。

では本作を観て、何か過去の映画にはない、別の新しい側面があったかと問えば、カメラワークと狭い視点から来る圧迫感と閉塞感、それはもう独特。主人公の後頭部辺りにピントを合わせ、手持ちカメラで何処までも彼の後を長回し撮影で追従する。この様にカメラが主人公の後ろ姿を長回しで追いかける映画に、既にハリウッド製の『バードマン』が有ったが、これは画面比率が横長で、しかも超広角レンズを使用しているので、彼を取り巻く周辺描写も充分に併せ撮影している。それだけでなくカメラは時折、奔放にぐるりと彼を捉えたまま回転したり、空を捉えたりもした。本作の様に、至近距離の対象にピントがあると、魚眼か超広角レンズでなければ背景は概ねボケるが、そこが狙いでもあるのだ。

ゾンダーコマンドである、ユダヤ系ハンガリー人のサウルが主人公。彼はドイツ兵を補佐し、同胞をガス室に入れるのが役目。ドアが固く閉じられた瞬間、異変に気づいた密閉室から叫び声やドアを叩く音がする中、残された衣類から宝石や貴金属などの遺留品を掻き集める作業に移る。次にガス排出を終えたガス室に入り、中から遺体を引きずり出す作業を終えた後、ガス室の壁面や床に残る血痕や排泄物などを、綺麗に洗浄する作業を黙々とこなす。サウルの視界の前方で繰り広げられている惨状の全てが、ピンぼけ状態のまま、付随的な一部として写り込んでしまったかの様に撮影されているのだ。

映像として極めてショッキングな筈の遺体群すら、曖昧で不鮮明な像として捉えられている。それでも、人間の肉体が持つ量感のあるフォルムと、ピンク掛かった色情報とともに衰えず、却って想像力も働き非常に強烈なものだ。洗浄作業に伴う摩擦音と狭い視野からくる閉塞感で息苦しくなってくる。この様に、サウルを含む一群のユダヤ人達が、同胞を殲滅する為の補助作業に携わってしまった、直視したくない忌まわしい過去を追った本作は、独自性という点では、ハリウッド製のユダヤ人収容所ものと一線を画し、著しい違いがある。◆本文は自分ブロク掲載文の一部に手を加え、書き直したものです。
DADAさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-07-19 18:50:58)
1.《ネタバレ》 同胞のガス室送りを手助け・後始末をしている"ゾンダーコマンド"の存在を初めて知った。監督はかつてタル・ベーラの助監督を務めた影響か、スタンダード比率で寄り添うような主観の長回しが、主人公の見たくない光景=視野の狭さとリンクして、閉塞感と混沌の中に放り込む。この二つが、飽和状態のホロコースト映画に新しい切り口を入れる。ぼかされた死体の山には目を背けられるが、絶命の叫びからは逃れられない。そしてその状況に慣れてしまった自分がいる。だからこそ、死んだと思われる息子を、自分を保つための理由づけにしないととても生きていけないだろう。最後は撃たれるだろう彼の笑顔が、新緑の森に冴え渡る鳥の鳴き声が、無機質なアウシュヴィッツ収容所と対比して寓意的に映る。敢えてやっているかもしれないが、凄惨さと絶望度ではまだ足りない。この撮り方がなければ、全く話題にならなかったかもしれないのだから。
Cinecdockeさん [映画館(字幕)] 7点(2016-07-18 19:09:19)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 5.53点
015.88%
115.88%
200.00%
300.00%
4317.65%
515.88%
6317.65%
7635.29%
8211.76%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review2人
2 ストーリー評価 4.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review3人
4 音楽評価 4.66点 Review3人
5 感泣評価 3.33点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

2015年 88回
外国語映画賞 受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2015年 73回
外国語映画賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS