ビッグケーヒルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ビッグケーヒル
 > (レビュー・クチコミ)

ビッグケーヒル

[ビッグケーヒル]
Cahill U.S. Marshal
1973年【米】 上映時間:103分
平均点:5.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(1973-10-27)
ウエスタン
新規登録(2019-10-25)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドリュー・V・マクラグレン
助監督フレッド・R・シンプソン
キャストジョン・ウェイン(男優)ケーヒル
ジョージ・ケネディ〔男優・1925年生〕(男優)フレイザー
ゲイリー・グライムス(男優)ダニー
ネヴィル・ブランド(男優)ライトフット
マリー・ウィンザー(女優)ミセス・グリーン
ローヤル・ダーノ(男優)マクドナルド
スコット・ウォーカー〔男優(I)〕(男優)ベン
ハリー・ケリー・Jr(男優)ハンク
ジャッキー・クーガン(男優)チャーリー
原作バーニー・スレイター
脚本ハリー・ジュリアン・フィンク
リタ・M・フィンク
音楽エルマー・バーンスタイン
撮影ジョセフ・F・バイロック
製作マイケル・ウェイン〔製作〕
製作総指揮ジョン・ウェイン(ノンクレジット)
配給ワーナー・ブラザース
特撮アルバート・ホイットロック
美術レイ・モイヤー〔美術〕(セット・デコレーション)
ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
編集ロバート・L・シンプソン
字幕翻訳高瀬鎮夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.主人公の保安官役がジョン・ウェイン。ではあるのですが、主人公というよりは若干、脇役に引き気味で、悪党一味に手を貸したばかりに抜き差しならない立場に陥ってしまう彼の息子たちが、むしろ物語の中心です。父親への反抗心からの軽はずみな行動が、次第に彼らを理不尽な状況に追い詰めていく、その理不尽さを少年の立場から描いているのが、何ともソラ怖ろしくて、イイんですね。大雨の中、ヌッと姿を現すジョージ・ケネディの、いかにもオソロシげなこと。
ジョン・ウェインというヒトは、映画の中ではしばしば、大丈夫かこのオッサン、とつい思ってしまう頼りない部分があったりする(ような気がする)のですが、本作は、一歩引いてる分、また中盤でその持ち前の頼りなさを垣間見せる分、終盤では彼に似合わず妙にしっかりしたオヤジになってて、そのおかげで、普通なら「こんな終わり方でいいのか!」と文句の一つも言いたくなるような(ある意味予想通り)のラストも、何となく腑に落ちてしまうのでした。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-11-09 02:51:04)★《新規》★
1.保安官のジョン・ウェインが、きちんと育っていない2人の息子を何とかする・・・のがテーマっぽいんですが、これが見事に機能していない。だって、結局最後まで、ウェインは特に父親として何かしたってわけではないからなあ。大体、長男があの「おもいでの夏」の変態欲情少年ゲイリー・グライムスという時点で、違和感ありありです。また、敵の悪ボスのジョージ・ケネディも、ところどころでいい人っぽい側面を見せつけており、それがちょっと捻ったつもりなのかもしれませんが、結局それだけで終わっており、どこにも着地していません。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2019-10-26 19:28:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3150.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS