フレンチ・コネクションのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フレンチ・コネクション
 > (レビュー・クチコミ)

フレンチ・コネクション

[フレンチコネクション]
The French Connection
1971年【米】 上映時間:104分
平均点:6.88 / 10(Review 145人) (点数分布表示)
公開開始日(1972-02-12)
アクションシリーズもの犯罪もの刑事もの実話ものハードボイルド小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-03-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウィリアム・フリードキン
演出ビル・ヒックマン(スタント・コーディネーター)
キャストジーン・ハックマン(男優)ジミー・"ポパイ"・ドイル
フェルナンド・レイ(男優)アラン・シャルニエ
ロイ・シャイダー(男優)バディ・ラソー
トニー・ロー・ビアンコ(男優)サル・ボカ
マルセル・ボズフィ(男優)ピエール・ニコリ
エディ・イーガン(男優)シモンソン
ビル・ヒックマン(男優)
小池朝雄ジミー・"ポパイ"・ドイル(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
羽佐間道夫バディ・ラソー(日本語吹き替え版【フジテレビ/LD】)
大平透アラン・シャルニエ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
渡部猛ピエール・ニコリ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
山田康雄サル・ボカ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
柴田秀勝デブロー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
塚田恵美子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
今西正男(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
野田圭一(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
仲木隆司(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
徳丸完(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
清川元夢(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
島宇志夫(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
内海賢二ジミー・"ポパイ"・ドイル(日本語吹き替え版【LD】)
大木民夫アラン・シャルニエ(日本語吹き替え版【LD】)
筈見純ピエール・ニコリ(日本語吹き替え版【LD】)
青野武サル・ボカ(日本語吹き替え版【LD】)
池田勝デブロー(日本語吹き替え版【LD】)
村松康雄(日本語吹き替え版【LD】)
高島雅羅(日本語吹き替え版【LD】)
脚本アーネスト・タイディマン
ハワード・ホークス(ノンクレジット)
音楽ドン・エリス
撮影オーウェン・ロイズマン
トム・プリーストリー・Jr(カメラ・オペレーター〔ノンクレジット〕)
製作フィリップ・ダントーニ
ケネス・ウット(製作補)
配給20世紀フォックス
編集ジェリー・グリーンバーグ
録音クリストファー・ニューマン〔録音〕
セオドア・ソダーバーグ
字幕翻訳清水俊二
古田由紀子(NHK放送版)
スタントキャリー・ロフティン(ノンクレジット)
ビル・ヒックマン(ノンクレジット)
その他ラルフ・S・シングルトン(プロダクション・アシスタント〔ノンクレジット〕)
ドン・エリス(指揮)
あらすじ
フランスとアメリカを跨ぐ巨大な麻薬密売ルート「フレンチ・コネクション」。ニューヨーク市警麻薬課のタフガイ“ポパイ”ジーン・ドイル(ジーン・ハックマン)と、相棒のラソー(ロイ・シャイダー)が、執拗な捜査で敵を追い詰める。原作は麻薬捜査官のノンフィクション小説。『ブリット』と並ぶ激しいカーチェイスで有名で、世界で大ヒットを記録。アカデミー5部門を受賞した。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
145.昔ならではの実録系のシブイ映画。多少の緊張感はあるものの、今となってはやや地味か。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-07-22 10:56:10)
144. テンポよく展開するセミ・ドキュメンタリー調刑事ドラマ。臨場感が巧みに醸成されており、高架鉄道と車の追跡シーンはカーアクションの名場面。華やかな大都市ニューヨークの、麻薬犯罪に蝕まれる実態を暴き出す点も出色で、後の刑事映画に多大な影響を与えただろうことは想像に難くない。
 地べたに這いつくばるような捜査で執念をみせる“ポパイ”ことドイル刑事が抜群の存在感を見せる。麻薬組織の黒幕が高級料理を優雅に食べ、張り込みの刑事は寒さに震えながらピザをほおばる姿が何とも皮肉で、この刑事を思わず応援したくなる。
風小僧さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-12-06 10:59:13)
143.《ネタバレ》 犯人を追い詰めるまでの過程を楽しめました。
特に電車を車で追いかけるシーン。
ここは迫力満点でした。
尾行のシーンも渋くて面白いです。
にじばぶさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-11-25 19:44:55)
142.《ネタバレ》 中学生の頃、観たきりで、還暦過ぎて再た再見。
今回は字幕だったので、リアル感、出てましたね。

改めてジーン•ハックマン、これでオスカー取ったのは頷ける。実在する警官👮‍♀️をコピーしたかの如く、良し悪し無関係、善悪問答無用の刑事が、スクリーンところ狭しと走り回る。

エンディング、実は犯人取り逃しており、外した銃砲一発、パート2に続きます。
Postefさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-11-14 14:46:05)
141.無骨なタフガイ、ハックマン。本作で演じたポパイでアカデミー賞を手にし、
そんなハックマンのイメージを決定づけた作品です。
そして本作に「ポセイドン・アドベンチャー」に「スケアクロウ」といった
名作に立て続けに出演した70年代前半が彼の最もいい時期だったと思います。
全体的には実話モノということもあり地味に撮られた作品ですが、
中盤のNYの雑踏の中の尾行や、地下鉄の駅での黒幕との攻防、
そして本作で最も有名であろう、上を走る電車とその高架下を走る車。
この高低差のあるアクションなど、NYの街並みを活かした見せ場がビシビシと決まっている。
地味ということでは、ほとんど女が登場しない。ハックマンをずっと現場に放り込んだままで、
ポパイやルソーがタフな1日を終えて自宅に帰り、
女房か恋人かと飯を食い、子どもと戯れるような束の間の安らぎのひと時も全く無い。
この時代の犯罪映画でよく感じられる、どこか空気の悪さを感じさせるような街の描写や
常に日没間際のような澱んだ作品の色合いや世界観もまたたまらない作品です。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-10-14 17:50:31)
140.《ネタバレ》 昔の作品で、昔の匂いがします。今となっては可もなく不可もなくって感じの作品ですが、当時は画期的やったのかも知れません。昔の映画には無理してでも観るべき作品とそうでない作品がありますが、本作は個人的には後者のような気がします。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-03-12 01:34:24)
139.《ネタバレ》 昔の映画ということで、あまり期待してはいけないのだろうが、もうちょっと引き付けるものがほしい。
ストーリーにも驚きがなく、最も感心したのは麻薬の隠し場所ぐらい・・
チェブ大王さん [地上波(字幕)] 4点(2018-06-17 19:08:34)
138.70年台っぽい映像、当時のニューヨークの街並みの雰囲気、寒々しい空気感がいいです。
迫力あるカーチェイスシーンなんかもありますが、派手なアクションというよりリアルで地味な場面のほうが多いです。
終わり方もスッキリしませんし、爽快感やカッチリしたドラマを期待する方には不向き。
昔TVでいっぱい放送していた日本の刑事ドラマもこれとか、同じ年のダーティハリーとかを参考にしたのかなあと思われます。
クリプトポネさん [DVD(吹替)] 7点(2017-07-30 01:20:13)
137.古き良きハードボイルド。
ポパイの何が何でもホシをあげてやるという麻薬警察の執念は良かった。
ただ、まじめな堅いストーリー過ぎて刺激が少々足らない。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-03-08 14:13:39)
136.ロケーションが良かった。今となっては懐かしさも感じた。現代のNY映像では考えられない猥雑な画。ポパイ刑事も良い意味で品がないんだよね。爽快感とかすっきり感の真逆。男臭さをたっぷり感じる作品。
タッチッチさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2016-10-12 15:36:50)
135.退屈せずに見れたが、人物描写に深みが無く、最後のオチも「なんじゃそら」という感じ。
地下鉄で敵を追走するシーンがアホらしくて一番記憶に残っている。
さわきさん [地上波(吹替)] 5点(2016-09-10 11:24:08)
134.粗暴な警官が緻密な尾行捜査を行うというギャップがいい。ドキュメンタリー出身監督らしい臨場感溢れる撮影と編集も高評価。BGMをあまり使わず、手持ち撮影を駆使することで尾行・張り込みの緊張感が醸しだされている。尾行シーンと有名なカーチェイスはゲリラ撮影だったとのこと。カースタントのプロが日常に飛び込むとああいう映像が撮影できるのだ。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 6点(2016-03-14 02:11:56)
133.《ネタバレ》 地下鉄を下から追いかけるシーンは、今のCG満載の漫画チックなカーチェイスとは違う緊張感・迫力がある。
ただ、最後は取引が成立した時点で踏み込んで、一網打尽にすれば簡単だったのではないか、という疑問が残る。首謀者やFBIを遠慮なく撃ち殺しているような展開でよいのであればなおさら。橋の向こうで待っている必要なないだろう。警察車両がズラッと並んでいるシーンを撮りたかったのだとすると、リアルから離れている気がする。
マー君さん [DVD(吹替)] 6点(2016-02-20 11:39:56)
132.リアルで迫力のあるシーンはあるものの、退屈さに耐えられるかどうかが微妙な映画。
どうにも辛口になってしまうが、好き嫌いが分かれる作品なのかもしれない。ある一定の領域を築いているのは認めるが。
simpleさん [地上波(吹替)] 5点(2015-10-10 20:15:09)
131.《ネタバレ》 泥臭く地べたを這いつくばるような刑事物。張り込み。空振り。がさ入れ。ともかく地味な操作が目立ちますが、実際はこんな感じなんだろうなぁと想像が出来るリアルさ。ドブのにおいすら漂ってきそうな雰囲気は見事。この空気は貴重だと思えます。
kirieさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2015-09-21 11:42:55)
130.《ネタバレ》 麻薬を取り締まる敏腕刑事二人が地道な捜査を経て黒幕を追い込んでいく。
実際の事件を基にしており大きな山場はないものの
リアルさを追求した緊迫した内容になっています。
Dry-manさん [DVD(字幕)] 7点(2015-02-14 02:22:57)
129.《ネタバレ》 地下鉄を追うカーアクションは迫力十分。
捜査の巻き添えで通行人や車掌が撃たれたり、主人公のポパイが仲間のFBIを誤射したり。
手段を選ばず逮捕に執念を燃やすポパイの奮闘もむなしく、最終的には主犯を取り逃がしてしまう。
刑事もののお約束を逸脱する展開に、実際の捜査ではこういうものなのかもしれないと思わせるリアリティを感じる。
ただ、カタルシスは得られないし、事件としてはよくある麻薬捜査で新鮮味はない。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 5点(2014-12-08 19:53:39)
128.実話ものであり、人間臭い主人公のキャラクターや後味のあまり良くない結末が、さらにリアル感を増して面白い映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-08-17 13:29:08)
127.《ネタバレ》 想像を映像化するのが映画だとすればこの映画は映画ではありません。塵芥が散らかるブルックリンの街並み、起伏の少ないストーリー、逃げる悪人の背中に銃弾を浴びせる主人公、そして爽快感のまるで無いラスト。あらゆる場面が単なる刑事ドラマとは一線を画しています。ただ、だから面白くないかというとそんな事は全く無く、リアルにはリアルの見せ方があることが良く分かりました。簡単に言えばリアルだからこそ何が起こるか判らない面白さです。リアルなのだからストーリーが定石通りに進む保証などない。屋上で突然射殺されかける主人公や、それによって巻き込まれて死亡する全く無関係の女性、電車の中であっけなく撃ち殺される車掌。緊迫感と若干の不快感が耳に残る音楽も相まって、事態がどう転ぶか、誰が命を落とすのかが全く読めない。そこにこの物語としての面白さを感じました。
また語り草となっている暗殺者が乗る電車とポパイが運転する車のチェイスシーンは素晴らしい。
民朗さん [映画館(字幕)] 8点(2014-07-01 19:11:45)(良:1票)
126.《ネタバレ》 ねちっこい顔のハックマンが頑固刑事にはまっていて、想像していたよりド直球なストーリーでした。
ハリソン・フォード「逃亡者」と合成したら物凄く汗臭い映像ができそうです。
執念で逃げるハリソン・フォード、執念で追うジーン・ハックマン…これぞ「ほこ×たて」  
最後は上映時間があと数分なのにこの展開で大丈夫か?とある意味ハラハラさせられましたが、斬新な終わり方で印象深いです。
午の若丸さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-04-04 23:40:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 145人
平均点数 6.88点
000.00%
100.00%
210.69%
374.83%
453.45%
51711.72%
62416.55%
73725.52%
82819.31%
91711.72%
1096.21%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.85点 Review7人
2 ストーリー評価 7.07点 Review14人
3 鑑賞後の後味 6.08点 Review12人
4 音楽評価 7.12点 Review8人
5 感泣評価 5.75点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

1971年 44回
作品賞 受賞 
主演男優賞ジーン・ハックマン受賞 
助演男優賞ロイ・シャイダー候補(ノミネート) 
監督賞ウィリアム・フリードキン受賞 
撮影賞オーウェン・ロイズマン候補(ノミネート) 
音響賞セオドア・ソダーバーグ候補(ノミネート) 
音響賞クリストファー・ニューマン〔録音〕候補(ノミネート) 
脚色賞アーネスト・タイディマン受賞 
編集賞ジェリー・グリーンバーグ受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1971年 29回
作品賞(ドラマ部門) 受賞 
主演男優賞(ドラマ部門)ジーン・ハックマン受賞 
監督賞ウィリアム・フリードキン受賞 
脚本賞アーネスト・タイディマン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS