地球最後の男 オメガマンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > 地球最後の男 オメガマン
 > (レビュー・クチコミ)

地球最後の男 オメガマン

[チキュウサイゴノオトコオメガマン]
The Omega Man
1971年【米】 上映時間:99分
平均点:4.73 / 10(Review 15人) (点数分布表示)
サスペンスSF小説の映画化
新規登録(2003-12-14)【クリムゾン・キング】さん
タイトル情報更新(2015-09-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ボリス・セイガル
キャストチャールトン・ヘストン(男優)
ポール・コスロ(男優)
エリック・ラニューヴィル(男優)
アンソニー・ザーブ(男優)
納谷悟朗(日本語吹き替え版)
家弓家正(日本語吹き替え版)
此島愛子(日本語吹き替え版)
青野武(日本語吹き替え版)
田中信夫(日本語吹き替え版)
田中亮一(日本語吹き替え版)
野沢雅子(日本語吹き替え版)
原作リチャード・マシスン
脚本ジョン・ウィリアム・コリントン
音楽ロン・グレイナー
撮影ラッセル・メティ
配給ワーナー・ブラザース
字幕翻訳高瀬鎮夫
スタントバディ・ジョー・フッカー(ノンクレジット)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
15.広大な街に主人公一人しかいないというオープニングにテンションを上げられたのに、あれ、他にも人間いるじゃん、物語の筋も地味だなとがっかりした。最後のあの死にざまを描きたかったんですね?
次郎丸三郎さん [DVD(字幕)] 5点(2019-09-25 17:13:27)★《更新》★
14.《ネタバレ》 何か、正直何も面白くないというか。あぁ最初の無人の街の撮影大変だったろぉなぁ、とか あぁあの映画の元なのかな?とか は思ったけど。後半の変な集団が出てきたあたりからグダグダ感が(苦笑)。。。結局オメガマンの説明的な場面って出てきたっけ? あまり集中力の続かない映画でもアリマシタハイ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2019-05-20 20:27:13)
13.《ネタバレ》 喋れるお猿さん集団にいじめ抜かれた、たった一人きりのまともな人間という役を演じた後の次なるSFで、へストンさんが戦うのはニューKKKアルビノタイプ。これまたたった一人孤立無援でイジメられ戦います。が、そんなお話から、白人アンド黒人のアダムとイヴという展開に。人種差別の色濃かった時代に、これはきっといいスパイスだったのかもしれません。視覚効果や新人類の恐ろしさは『アイアム・レジェンド』に軍配が上がりますが、もともとこの物語が伝えたいであろうことは、こちらの作品の方がはるかに見応えありました。(『アイアム・レジェンド』も別ラストは撮られていたようだけど、ハッピーエンドにこだわるあまりタイトルの意味すら台無しにするオチとなったのですよね)。黒人姉ちゃん、お買い物からいきなりアルビノ化! 弟も真っ青の超高速変身(感染)です。このイヴ姉ちゃんが人間に戻れるかどうか、って謎を残して終わるのがイイです。死んだ主人公に代わってアダム役はもう一人残ってるし、イヴ駄目でも、子供が何人か残ってるから未来はある。そこは『アイアム・レジェンド』も似たような救いある未来だけど、あっちは「価値観や思想が相反する、元に戻りたくない新人類」ではなくてただの怪物(ゾンビ)に終わってしまっちゃってるのですよ。なので物語に思想が反映されてるこっちの方が良かったです。
だみおさん [DVD(字幕)] 6点(2015-02-15 01:19:41)
12.《ネタバレ》 公開当時は「チャールトン・ヘストン主演のSF超大作!」という感じで宣伝していた記憶があります。40年後に初めて観たわけですが、安―い音楽といいはっきり言ってこれB級だったのですね。監督は誰かと思えばTV映画の職人ボリス・セイガルではありませんか、たしかに全体に漂うチープさはTVムービーなのかなと思えてきました。リチャード・マシスンの原作は三回映画化されたわけですが、ヴィンセント・プライスが主演した一作目は隠れた名作だそうです。本作に関しては、そもそも“オメガマン”って誰のことでどういう意味?この答えは最後までありませんでした。そして異様に鼻につく宗教色で、ラストシーンのヘストンを見て「こいつはキリストだったのか!」と愕然とさせられました。どう考えても、原作の哀切な持ち味を台無しにしてしまったクソ脚本ですよ。まあこれでヘストンがこの映画に出たわけが判りましたけどね。
S&Sさん [CS・衛星(吹替)] 3点(2010-05-12 22:28:24)
11.《ネタバレ》 (『アイ・アム・レジェンド』のネタバレを含みます。一応ご注意ください。)リメイクの『アイ・アム・レジェンド』と同じ世界観かと思いきや、全然違いました。『アイ・アム~』の“奴ら”はもはや人間とは思えません。凶暴な野生動物。アスファルトジャングルでのサバイバルといった趣です。一方本作の敵は人間。会話が成り立つ。生活様式や倫理観が違うだけです。それなのに相容れない事の不思議。少年はそれが理解できません。治療で光を取り戻す道は見つかった訳だし、それを拒むなら共生の道を探せばいい話。それが正論です。でも残念ながら現実は違う。それぞれの利益・主義主張を通すために、殺し合いも辞さないのが人という生き物。重火器を忌み嫌う彼らも、先の戦争から肝心なことを学んでいません。間違いなく人間。そして愚かなままです。主人公のラストの死に様は、まるでキリストのよう。旧世代の贖罪は叶ったのでしょうか。どうせなら、アルファの出現までを匂わせてくれたら、味わい深いものになったと思います。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-01-10 22:52:39)
10.《ネタバレ》 どちらかというと、『アイアムレジェンド』の方が面白くなかった。また、4年後に作られた『SF最後の巨人』(ちょっと似てる)と比べても、本作の方がやや面白い。まあ、他作と比較しないと評価できないという時点で駄目ですが(笑)
 良いところは、冒頭の無人の大都会と主役のヘストンの存在感。CG頼りでは出せない、ダイナミズムが感じられる。ショボイ点は、ヒロインに華が無い・敵が強そうに見えない・アクションが少ない・ヘストンあっさり倒されすぎ…といったところですかね。音楽のセンスも悪い。
 『猿の惑星』→『オメガマン』→『ソイレント・グリーン』と尻つぼみの感が否めないヘストンですが、好きな俳優なので点数は大甘。
塚原新さん [DVD(字幕)] 4点(2009-01-08 02:04:22)
9.リチャード・マシスンのSF『地球最後の男』の三度目の映画化作品(I Am Legend)を先週鑑賞したばかり。映像、音響、等技術的には (I Am Legend)には当然適わない。
のんびりあら探ししないで見るB級作品。
ヘストンがよく出演したものだ。“猿の惑星”の凄さとヒットを勘違いしたのかなあ~。

ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-01-06 22:42:50)
8.《ネタバレ》 レンタルショップで目に止まったので借りてみました。

「アイアムレジェンド」と比較してみても、こっちの方が面白かったなと思いました。
ディテールとかは少し威力不足だとは思いましたが、それでも引き込まれるものを感じました。
ただもったいないと思ったのが、感染者との関わりがほとんど戦いのみだったこと。
「アイアム~」から入ったので、感染者に知能があるなら話し合いにももう少し目を向けられたんじゃないかな、と少し気になりました。

可もなく不可もない、当たり障りない5点で。
ッュャさん [DVD(字幕)] 5点(2008-12-31 19:51:26)
7.《ネタバレ》 CGのない時代に、たぶん立ち入り禁止にして撮影した人影の無い街は頑張ってました。夜に徘徊する金色コンタクトの奴らが底の浅い新興宗教みたいでした。この種の映画はチャールトン・ヘストンにお似合いで、彼だけで持たせていた感があります。リメイクの「アイ・アム・レジェンド」の方が断然良く出来ていると思います。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2008-12-31 02:21:04)
6.《ネタバレ》 「アイアムレジェンド」を見て、気になってたんですが、ちょっとこれは…。これって猿の惑星より後にとられたんでしょ。B級にしても、ストーリーも音楽もちょっと。チャールトンヘストンだけじゃやっぱり。役者一人じゃ…そうか、そこまでリメイクしてたんだ。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2008-12-30 21:52:17)
5.《ネタバレ》 午後のロードショウでやってそうな感じの映画。ラストのキリストを模した死に方なんかもわざわざ自己犠牲をこんなあからさまな形で表現しないでも・・・と思った。
ディーゼルさん [DVD(字幕)] 4点(2008-08-11 22:18:05)
4.不必要な武器によって崩壊した世界の物語・・その主演俳優チャールトンヘストンが全米ライフル協会の会長に祭り上げられ「銃はアメリカ人の文化云々・・」などと公言しているんだから・・まったく愚かで壮大な皮肉です。
人面猫さん [DVD(字幕)] 6点(2007-02-15 05:21:04)
3.崩壊はしていないけど人のいない都市。とても魅力的なシチュエーションです。ストーリーはそこそこ
ニコレットさん [DVD(字幕)] 6点(2005-11-08 19:10:38)
2.こ、これはB級だ~。
ケンジさん [DVD(字幕)] 6点(2005-10-28 16:01:03)
1.チャールトン・へストン主演のSF映画で、ストーリーは細菌兵器によって地球上の殆どの人類が死滅、ゾンビ化してしまい、生き残った人々と感染者との攻防を描いた、【ゾンビ】や【28日後…】のハシリのような作品ですが、そこは【十戒】【ベン・ハー】【猿の惑星】などの傑作に主演している名優だけあって、相変わらすの名演技を見せてくれてます。文明がもたらした悲劇と人間の愚かさを物語ってる、普通のB級作品とはまた違った趣を放つ良作だと存じます。
クリムゾン・キングさん 6点(2003-12-16 02:58:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 15人
平均点数 4.73点
000.00%
100.00%
200.00%
3426.67%
4213.33%
5320.00%
6640.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.50点 Review2人
2 ストーリー評価 3.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review2人
4 音楽評価 3.00点 Review2人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS