ブラインド・デートのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブラインド・デート
 > (レビュー・クチコミ)

ブラインド・デート

[ブラインドデート]
Blind Date
1987年【米】 上映時間:95分
平均点:4.70 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
コメディロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-11-23)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブレイク・エドワーズ
キャストブルース・ウィリス(男優)
キム・ベイシンガー(女優)
ジョン・ラロクエット(男優)
ウィリアム・ダニエルズ(男優)
グレアム・スターク(男優)
ジャック・グウィリム(男優)
脚本デイル・ローナー
音楽ヘンリー・マンシーニ
撮影ハリー・ストラドリング・Jr
製作総指揮ジョナサン・D・クレイン
配給コロムビア・ピクチャーズ
字幕翻訳菊地浩司
スタントコンラッド・E・パルミサーノ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.ブルース・ウィリスとキム・ベイシンガー主演のロマコメ。二人とも若い。
キムのキャラ設定が妙味の作品だが、コメディーパートはドタバタ色が強く、正直笑いづらい。
しかも変な別キャラがしつこく絡んでくるので、ロマンティックパートを描く部分もほぼなし。
この展開では後半から飽きがくるし、日本人なら思わずムッとするような、
センスの悪さが目立つシーンも。ブルースとキムのファン以外には、お薦めできない作品。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 3点(2011-08-12 09:31:22)
9.いや~、なかなか面白かったですよ。相変わらずブレイク・エドワーズは日本人を馬鹿にしていますが(苦笑)。この手の一昔前のコメディはひたすらに馬鹿馬鹿しく、それほど深いことを考えずに楽しめるので好きです。ブルース・ウィリスのコメディ演技も、映画デビュー前のTVドラマ「こちらブルームーン探偵社」で既にこなれている気がします。その後「ダイ・ハード」で一躍大ブレイク、今は「シン・シティ」。人生って分かりませんね。
かんたーたさん [地上波(字幕)] 7点(2005-11-05 21:25:02)
8.主人公は成り行きで女性とデートすることになるが、相手は性格・容姿共に文句なしの美女。そんな彼女だが、お酒を飲むと…と、ベター&お約束な内容のドタバタ・コメディでした。後半は新たな展開に入るものの、ドジでニブイ主人公にイライラさせられるのは相変わらず。夢をあきらめて会社員になった男、という設定はこの場合かえって邪魔では?笑いと感動、どっちつかずになった印象です。
プミポンさん 3点(2004-11-28 03:07:04)
7.こんなドタバタコメディだとは思ってなかったのでびっくりしました。二人がなんで惹かれあったのかがよくわからなかったけど、ラストの二人がプールに飛び込むシーンはほほえましくて良かったです。それにしても、なんでアメリカ映画の中の日本人はいつもこんな感じなんだろう。日本人はみんなゲイシャだと思ってるのか?!
ジョナサン★さん 6点(2004-09-12 14:51:54)
6.ブルース・ウィリスの本来の姿(?)が見られる点では見るべきかも。かねてから思うんですが、彼は正しくはこのポジションが妥当かと。しかし、ヤカモトの嫁を見た瞬間、この作品の「ポジション」が決まってしまいました(泣)。ダメだこりゃ。しかも「ヤカモト」って何だよ…。
ちゃかさん 4点(2004-08-30 21:16:50)
5.B・ウィリスが「ダイ・ハード」で大ブレークする一年前の初主演作で若い、妖艶な役で知られるベイシンガーがコメディを演じている、だけが見所の映画。ベイシンガーのディープ・キスあたりまではまだ期待させるのであるが、相変わらずの日本人、日本文化描写あたりから、アメリカ映画の馬鹿さかげん丸出しの、退屈でつまらない作品と成り下がって行く。まあ、暇つぶしくらいにはなるかなあ。
きりひとさん 5点(2004-06-19 05:50:16)
4.ヤカモトの妻。
永遠さん 2点(2004-06-17 07:22:42)
3.ヒロインに魅力を感じない。
parabenさん 4点(2004-06-16 19:09:29)
2.そこそこ楽しめるのでは。
ゆきむらさん 6点(2004-06-14 21:54:42)
1.この作品まではB・ウィリスはコメディアンだとすっかり思い込んでいて、その後「ダイ・ハード」なるアクション映画に主演すると聞いて、意外に感じたものだった。それからと言うもの、彼はアクション路線をひた走るわけだけれども、コメディ的な演技にセンスを感じるのも、本来の彼の資質に合ったこういった作品を経てきているからなのだろう。彼がミュージシャンだったことも思い出させてくれる。
ドラえもんさん 7点(2001-11-04 00:18:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 4.70点
000.00%
100.00%
2110.00%
3220.00%
4220.00%
5110.00%
6220.00%
7220.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS