ブックスマートのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブックスマート
 > (レビュー・クチコミ)

ブックスマート

[ブックスマート]
(ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー)
Booksmart
2019年【米】 上映時間:102分
平均点:7.00 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-08-21)
ドラマコメディ青春もの
新規登録(2020-11-01)【ギニュー隊長★】さん
タイトル情報更新(2022-09-03)【Yuki2Invy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督オリヴィア・ワイルド〔女優・1984年生〕
キャストケイトリン・デバー(女優)エイミー
ビーニー・フェルドスタイン(女優)モリー
リサ・クドロー(女優)シャーメイン
ウィル・フォーテ(男優)ダグ
ジェイソン・サダイキス(男優)ブラウン校長
製作ミーガン・エリソン
製作総指揮ウィル・フェレル
アダム・マッケイ
配給ロングライド
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 自意識ばかり強いのが高校時代。クラスカーストの中をなんとか生き抜いて、さて卒業となった2日間のお話。
自我を打ち出そうとがんばったり、トイレで陰口を聞いちゃったり10代てのはほんと面倒くさいよなあ、と懐かしく思い出されます。
友情と片思いと意地悪と思いやり。青春あるあるを21世紀の今風に綴っています。ヒロインが湿っぽく悩まずむしろガッツに溢れているのでカラリ、と楽しく観られました。
呼ばれてもいないパーティに思い切って飛び込んで相棒とケンカになったりもするけど、そりの合わない子の見えてなかった部分に触れることもできたり。ちょっとずつ人生の経験値を上げてゆくティーンエイジャーを見守るオリヴィア・ワイルドの目線に暖かさがあって、心地よかったです。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2022-02-13 23:48:44)
7.少し前に鑑賞した「ウォールフラワー」でも感じましたが、向こうの若者は本当に大人なんだなぁと感心させられます。我が道を行くというか、自分のことは自分で切り開くという、大人的な世間の厳しさを10代の若者が真正面から受け止めています。これって本来なら当たり前のことですが、日本ではほとんど育っていない感覚だったりもします。

特に映画のワンシーンで感心するのが、モリー(ビーニー・フェルドスタイン)がトイレで自分の悪口を言われている最中に自分から歩み出て、そして真っ向から反論するシーンです。さらに努力していたのが自分だけじゃないことにカルチャーショック?を受け、それをバネにパーティに乗り込もうと決心するシーンも素晴らしいです。このメンタルたるや明らかにO型気質で、A型気質が多い日本ではほとんどあり得ない行動心理だったりしそうです。妹がアメリカ西海岸で高校と大学時代を過ごしましたが、ブックスマートやウォールフラワーのような厳しい環境を生き抜いてきたのかと考えると、本当に凄いなと思います。私のメンタル(A型気質)では絶対に無理です。

オリヴィア・ワイルド〔女優・1984年生〕の初監督作品だそうですが、なかなか細かな機微を感じ取れる素晴らしい映画に仕上がっています。そう何度も見たいとは思いませんが高評価に価する作品だと思います!
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 7点(2022-01-30 12:22:53)
6.最後はほろっとさせていい構成だと思いますね。
Gap year1年でさらに成長するんだろうな、日本にもその制度いきわたってほしい。
悪い人は出てこないし、とんでもない進学校レベルでありえないけど、みんなの進学先がわかったときのショックではじけちゃうとこなども好きです。
パンダにりんりんとつけるのもいい(笑)

ちなみに引用「book smartはつまり、試験に合格したり、有名大学を卒業することでスマートと見なされる人達」
HRM36さん [インターネット(字幕)] 8点(2021-11-07 12:48:22)(良:1票)
5.高評を目にし 鑑賞..コテコテのヒューマンドラマを期待して観たら、アメリカ映画特有の アメリカ人が好きそうな 軽~い大人なコメディーだった..こういうの、日本じゃ~ ウケないのよね~
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 5点(2021-10-16 08:48:31)★《更新》★
4.優等生の2人組が卒業式前にはっちゃけるお話。
ドタバタ劇の中にも、少し胸が熱くなる部分もアリ。
意外性もあるし、面白いコメディ作。
みんな、イイ奴だなぁ。

意外とお下品な表現が多めなのでご注意。
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-02-01 01:08:01)
3.《ネタバレ》 主人公2人はイケてない扱いなのですが、そんなコトはありません。モリーの強烈な突破力の方に目がゆきがちですが、エイミーだって抜群に行動力のある勇敢な女性です。彼女ら2人を含め、登場人物はいずれも普通であれば学年に一人か二人レベルという少々エキセントリックでスーパーなレアキャラだらけで(教師も含めて)、この学年さぞかしファンキーで楽しかったであろうなあ、ということが想像されますし、中盤までのコメディ全振り展開もそこは終始とても勢いよく&底抜けに楽しく観切ることが出来ました。

また、アメリカの青春ものにありがちなイジの悪いだけの悪役、というのも出て来ません。青春って誰にとってもある部分で、痛みと喜びを併せ持つ学びの時期なのでしょうね。後半はそういった空気感を(ライトめではありますが)しっとりと醸しつつ、最後はまた爽快で痛快に締めてくれるのも(あくまでコメディ作品たる本作としては)中々に上々です。シンプルですが、青春映画としては間違いの無い良作かと。
Yuki2Invyさん [インターネット(字幕)] 7点(2020-12-13 13:08:21)(良:1票)
2.《ネタバレ》  この映画は、主人公二人の友情がとにかく良くて、お互いべた褒めしまくるところも良いんですけど、一方が落ち込んで自己卑下しまくりだしたところで、もう一人が「私は私の親友を悪く言うことを許さない!」と言って親友をぶん殴るところが最高! で、すごい良いです大好きです! て感じでした。

 あと、周りの人たちも実にいろんな人がいるんですけれども(人種とか、家庭状況とか、性的嗜好とか)、最初は一見嫌な奴かなーと思ってたのが事情が明らかになるにつれて、それぞれの人にはそれぞれの事情があって、根本的にはどの人も良い人で面白いところもあるじゃん! てのがわかってきて、この作品、基本的に悪人がいないんですよね。

 そんな感じで、とても気持ちの良い作品でした。

 あと、ずっとラリッてて、どこにでも現れる実はとても面倒見の良いジジ(ビリー・ロード)が、あなた、前の場所でこの会場の場所分からんって言ってたのに何で先回りして居るんだよ! という事態が頻発する、神出鬼没ぶりが面白かったです。

 そんなところです。
simさん [映画館(字幕)] 8点(2020-11-04 20:08:52)
1.高校卒業前夜に地味な女の子2人がこのままじゃダメだということで盛大にはっちゃけてパーティーに参加するのを目標にハジケまくる映画だ。

しかし、肝心の行きたいパーティーが何処で繰り広げられているかわからねぇ!という訳で手当たり次第にパーティーからパーティーへと渡り歩く。このSNS全盛の時代にそんなに見つからないって事ある?と疑問ではあったが、そんなに簡単に辿り着けたら面白くないのでアリだろう。なんか「アメリカンスリープオーバー」という映画が思い浮かんだ。

ひたすら下品かつ犯罪まがいな事も平気で行うがそこは若さゆえのポジティブさでカバー!
そう、とにかくポジティブな映画だった。

しっかし、流石アメリカ。こんなあちこちでパーティーが行われているとは。陽キャしか居ないのか?

色んな感情が入り交じり、一夜にして物凄い体験をする2人だったが、もうほんとこの2人にはいつまでも仲良くして欲しいし、幸せになって欲しいなぁと思いながら鑑賞してた。演出も最高にクールで良かった。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 8点(2020-11-03 14:03:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5112.50%
6112.50%
7337.50%
8337.50%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 8.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review2人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 6.00点 Review2人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

2019年 77回
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)ビーニー・フェルドスタイン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS