たそがれ清兵衛のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > たそがれ清兵衛
 > (レビュー・クチコミ)

たそがれ清兵衛

[タソガレセイベエ]
The Twilight Samurai
2002年【日】 上映時間:129分
平均点:7.25 / 10(Review 324人) (点数分布表示)
ドラマ時代劇小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-08-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山田洋次
助監督朝原雄三
平松恵美子
キャスト真田広之(男優)井口清兵衛
宮沢りえ(女優)飯沼朋江
田中泯(男優)余五善右衛門
伊藤未希(女優)井口萱野
橋口恵莉奈(女優)井口以登(少女期)
岸恵子(女優)以登(晩年)
草村礼子(女優)井口きぬ
丹波哲郎(男優)井口藤左衛門
深浦加奈子(女優)飯沼八重
吹越満(男優)飯沼倫之丞
大杉漣(男優)甲田豊太郎
小林稔侍(男優)久坂長兵衛
神戸浩(男優)直太
嵐圭史(男優)堀将監
赤塚真人(男優)矢崎
尾美としのり(男優)大塚七十郎
佐藤正宏(男優)坂口
北山雅康(男優)川並
中村信二郎(男優)藩主
中村梅雀(男優)寺内権兵衛
桜井センリ(男優)藤左衛門の中間
岸恵子ナレーター
原作藤沢周平「たそがれ清兵衛」「竹光始末」「祝い人助八」
脚本山田洋次
朝間義隆
音楽冨田勲
浅梨なおこ(音楽編集)
作詞井上陽水「決められたリズム」
作曲井上陽水「決められたリズム」
主題歌井上陽水「決められたリズム」
撮影長沼六男
製作大谷信義(製作代表)
石川富康(製作代表)
日本テレビ
松竹
博報堂
プロデューサー中川滋弘
深澤宏
山本一郎〔プロデューサー〕
配給松竹
美術出川三男
西岡善信(美術監修)
原口智生(特殊造型)
衣装黒澤和子
編集石井巌
石島一秀(ネガ編集)
録音東京テレビセンター(オプチカルレコーディング)
岸田和美
北田雅也(効果助手)
深田晃(音楽録音)
西尾昇(デジタル光学録音)(デジタル光学録音)
照明中岡源権
その他奥田誠治(提携)
松竹衣裳株式会社(協力)
東京現像所(現像)
日本テレビ(提携)
松竹(提携)
博報堂(提携)
あらすじ
舞台は幕末、庄内の海坂藩。平侍の井口清兵衛(真田広之)は妻の死後、2人の娘と母親の世話のため、仕事が終わりたそがれ時になるとすぐに帰宅する事から、仲間内からは「たそがれ清兵衛」とあだ名されていた。 藤沢周平作品の初の映画化にして山田洋次監督にとっても初めての時代劇。国内の映画賞を総なめにし、第76回アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
264.《ネタバレ》 貧困と日々の生活に追われる中、自分の身なりにまで気が行き届かなくなる清兵衛。そんな暮らしぶりでも、2人の娘の成長を見守ることに喜びを見出すことができる。成り行きとはいえ朋江の為に死合いをしたこと、彼女を慮って再縁話を断ったこと。様々な出来事、そして立ち居振る舞いから、清兵衛の実直な性格と清い心が感じ取れます。ですから清兵衛に強く思い入れることができます。藩命の名のもと、立会いを受けざるを得なかった清兵衛が抱いたであろう憤り、無力感、悲しみ、諦め、やるせなさ…。そして生死の境を目の前に朋江に胸の内を告げ、返事を聞いた時に感じたであろう後悔、失望、恥ずかしさ…。清兵衛の複雑な心情が伝わってきて、切なくも心を打ちます。メインキャストはもちろんのこと、全編にわたり“人”を丁寧に描いている印象を受けました。(本作の真田広之と宮沢りえは文句なく素晴らしかった!)自分は運命という言葉が好きではありません。でも縁という言葉は好きです。清兵衛と朋江がこのように再び出会い、結ばれたのもすべて人の世の縁という気がしました。良作だと思います。ただ、エンディングの井上陽水だけはいただけません。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 9点(2006-08-30 18:11:59)(良:2票)
263.物々しい侍映画かと思っていたが、予想に反して穏やかな映画。
サラリーマンみたいな侍の、真田広之の哀愁っぷりが非常に良い。
山場や盛り上がりにはやや欠けるかもしれない。
こころないてんしさん [DVD(邦画)] 6点(2006-08-25 22:32:44)
262.正座をして観ましょう。
longsleeper21さん [映画館(字幕)] 9点(2006-05-17 17:29:57)(笑:1票)
261.家事に忙しい侍って、現代の父親像みたい。なかなか面白かったですけど、これって侍映画っていうよりラブストーリーですね。
c r a z yガール★さん [DVD(字幕)] 7点(2005-12-17 03:07:51)
260.《ネタバレ》 前半のほのぼのとした雰囲気と命を受けてからの緊張感の対比(自分が緊張してただけかも。。。)がよかったです。見る人によって評価は違うと思うし見る人が見たらつっこむところはいろいろあるだろうけど、僕は全体の雰囲気も殺陣も好きだったし、
素直におもしろかったです。ただ、時折入るナレーションは気が散った。刀がうまい具合にひっかちゃったのもベタすぎる。ラストも、まぁナレーションで始まったからあんなラストなんだろうけど、その後なにごともなかったかのように仕事をして黄昏時に帰るでよかったんじゃないかと思います。戊辰戦争で死んだ話なんかむしろ聞きたくなかった。舞台は幕末であったけども、一介の下級武士の生活を描いていたのだから、日常でしめてほしかった。いろいろ文句は言ったけど、楽しめたのは事実です。でもこれ、日本人以外わかるのかな。。。
アンダルシアさん [DVD(字幕)] 8点(2005-12-03 05:01:55)(良:1票)
259.混沌とする幕末にあってなお自分を失わない清兵衛。藩命といえども自分と同じ境遇いわば世の中の犠牲者である人間を殺めなければならない。眼前に横たわる大きな不条理に対し彼が為し得たのはただそれを受け入れることだけだった。今まで見たどの侍映画以上に侍の精神・真髄を感じられる内容でした。淡々とした物語の中にも人間味に溢れた深みがある良作。
CPAさん [ビデオ(字幕)] 9点(2005-11-28 06:17:28)
258.ゆったりとしてテンポがなんともいえなく良かったです。
午後のコーヒーさん [DVD(吹替)] 5点(2005-11-26 08:35:29)
257.真田さんの演技とキャラ設定良かった。
やっぱトラボルタでしょうさん [DVD(字幕)] 7点(2005-11-25 17:46:44)
256.邦画で見られる「日常を切り取りました、ただそれだけ」って(東京日和のような)味わい、結構好きなんですが、それに「ラストシーンをつけときました」というような印象を受けましたです、なんでかわかりませんが。味わい深い良い作品です。
真田さんって離婚して以来ぱっとしない印象があったのですが、いやなんの、やっぱカッコいいですね...清兵衛の、不甲斐なさ加減がまた、人間臭くて、なんともカッコいいですよね。あと、宮沢りえって敬遠していたんですが、和装するとこりゃまた、なんとも言えずキュートですなぁ(←ただのオヤジ)、ちょっとみなおしました。
んぽさん [DVD(字幕)] 8点(2005-11-19 17:43:03)
255.それまではなんとなく避けていた山田洋次作品だったがこれは凄い! 映画館まで見に行って正解だった(ちなみに公開当時、映画館をうめていたのは60歳以上のシニア層ばかり。20代の観客は僕一人でした)。匂いまで漂ってきそうな暖かい生活描写、魅力豊かな登場人物、そして迫力満点の殺陣。時代劇でここまで燃えたのは本当に久しぶり。真田広之もさることながら、宮沢りえがとても素晴しかったです。
とかげ12号さん [映画館(吹替)] 9点(2005-10-27 23:20:04)
254.《ネタバレ》 壬生義士伝のような温かみのある内容だったと思います。やはり東北弁のもつ独特な暖かさ優しさがそう感じさせるのでしょうか。二人の子役がとても可愛らしくて良かった。宮沢りえはどちらかと言えばあまり好きな女優さんじゃなかったのですが、今作で見直しました。清兵衛の身支度を整える時の頭の切り替え、無駄のない身のこなしが秀逸。あぁ言う女性になりたいですね。好きな男のために一生懸命、今自分ができる最大限のことをする。良いな~。大杉さんはすっかり酔っ払いキャラになっちゃいましたねぇ。電車男でも酔っ払いでしたし。果し合いのシーンははらはらドキドキでした。両者ともに格好よかった。「ワシを甘く見たな」のあたりから俄然エンジンかかりましたね。でも最後があんまりにもあっけなくて、ちょっと萎え。岸恵子で終了かよー!明日会社で終業時間になったら「おのおの方、ご苦労はんがんした。本日はこれで。」って言っちゃいそうな自分が怖いです。
ゆみっきぃ♪さん [DVD(吹替)] 8点(2005-08-10 00:14:43)(笑:1票)
253.真田さんはやはり動きがカッコいいですね ところでこれって恋愛映画?
junneisanさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-08-02 17:14:53)
252.小屋の中の決闘とか、緊迫感あるシーンでは正にこちらも息を呑むといった感じで細かく作ってあると感心させられたし、清兵衛の生き方も、カッコいいな、あんた男だよ、と言ってやりたいものを感じた。でもまあ、全体的な完成度を考えると中の上になってしまうかな。私は宮沢りえが出てくると萎えてしまうので、少なからずその影響もある。面白かったけど2度観ようとは思わないかな。
えいざっくさん [ビデオ(邦画)] 6点(2005-07-13 16:18:03)
251.初めて見た当時は「男はつらいよ」シリーズばかり見ていたため、映画そのものの出来はなかなか良かったと思う(それでもなぜあんなに騒がれていたのかはかなり疑問に思う。)ものの山田作品としては若干の違和感を感じてしまい、正直戸惑った。 点数はあえて下げないけど本当はもうちょっと低くてもいいと思う。
イニシャルKさん [ビデオ(邦画)] 8点(2005-03-14 23:23:06)
250.この映画にノーベル賞なんかを掛けて、騒いだ現代の日本人は、この主人公に何を思ったのだろう。質素堅実な暮らし振りか、清く貧しく美しくの精神か、能ある鷹はツメを隠す謙虚さか。まして小さな幸せに生きるなどと思うのは傲慢この上ない。この映画に象徴されているのは、日本人の古い考え方かもしれないが、人の幸せのあり方だと思う。「子供の成長を見るのは、草木の成長を見るのにも似て、なかなか楽しいものです」そう語った清兵衛は貧しくはあったが、彼の生活は最初から最後まで決して不幸で退屈ではない。周囲に哀れに思われようが見下されようが、自分なりの生活、自分なりの幸せを強くしっかりと心に築いている。「おもしろき こともなき世を おもしろく すみなすものも こころなりけり」という辞世の句があるが、豊かな生活や感じる幸せの大小には基準などなく、要は本人の心の持ち方次第なんだなということを思った。発展途上の貧しい国の現地人を日本に招き、近代文明の豊かさを見せつけて彼らが驚く様を描いた某TVなんかがある。きっと幸せであろう貧しい国の彼らを、ふと気の毒に思ってしまう自分の偽善が嫌になる。 当時の家屋や貧しい武士の暮らし振りなどの再現が恐ろしく緻密。帰宅した清兵衛が足袋を脱ぐ、その足袋のオンボロ具合など細部に渡ってそのまま博物館行きとなってもいいようなセッティングぶりには感心した。あと、回想として終始語り続けるナレーションは興醒めに思う。
six-coinさん 6点(2005-01-19 13:11:38)
249.清兵衛さん、魅力的ですね。子供もかわいいし。上手くまとまりすぎ、きれい過ぎでよくできたテレビドラマみたいでしたが楽しめました。
るいるいさん 6点(2004-12-19 19:45:41)
248.感動の静寂を破るようで、申し分けないでがんすが、、、、、、、、。バラバラで支離滅裂な作品にしか受け止められませんでした。、、、、、幾度か緊張感のある展開になるものの、その緊張感も、すぐに潮が引くようにだらだらしてくるし、、、、、、前半は、いじいじしていて寅さんだし、、、。で、結局、何を描いた映画なのだか??、、編集が悪いのかなぁ??、、、、、レッドカーペットの上で山田監督は、「人を殺すことの怖さを、ほにゃらら」とのたまったらしいですけど、餓死した農民を二体、プカプカ浮かせて、死んだ役人に蠅をたからせ、清兵衛本人から家老に、人を殺すにはほにゃららと語らせた以外に、それに該当する部分はどれだけあるのだろう。それにもしこの映画の真意がそこにあったのなら、朋江は幼なじみの出戻りである必然性はないし、竹光と知っての余五の豹変を無理矢理とってつける必要もないはずで、、、、、。山田監督は、授賞式に向かう飛行機で、オスカーをとった時のスピーチ原稿を一生懸命に準備していったそうですが、「人を殺すことの怖さ」なんて、その時考えたことではないのかしらと思えます。本当に「人を殺すことの怖さ」を描きたかったのなら、時代劇である必要性なんぞ全くないのではないでしょうか。、、、、、では描いたのは平凡な人生??、、、、清兵衛のどこが平凡なのでしょう。十分に劇的な人生を送っていると思います。それに、世間一般の外見的基準からは平凡でも、それぞれの人の人生は、その人にとっては十分に劇的であるはずだと私は思います。春の香りを感じたり、再び桜を見て経過した一年を思ったり、昔の知り合いの近況をきいてびっくりしたり、それだって十分に劇的なことではないでしょうか。、、、、、、、要するに、庶民の心の機微を描いてきたはずの人が、オスカーをほしがるようになったらおしまいでごんす。
王の七つの森さん 3点(2004-12-04 13:59:33)(良:4票)(笑:1票)
247.うーん、ありがちな時代劇・・。悪くは無いんだけどね~。これだけ騒がれてしまうと、期待してしまうよね~。「雨あがる」と点数同じになってしまったw
かまるひさん 7点(2004-11-20 11:12:17)
246.邦画にはいつも期待を裏切られているのですが、この作品はよかったです。真田広之の演技は安定しているので安心して見ていられます。宮沢りえは嫌いな女優さんですが、見直しました。あと子役の2人がかわいらしく印象にのこりました。
kenzさん 8点(2004-11-04 17:53:15)
245.時代劇に不慣れな者にも解りやすいゆったりとしたつくりは、老若男女人種を問わず、見て汲み取る事の出来る情感を表現していると思う。その点は評価に値すると思うが、アカデミー賞にノミネートされ英語字幕になった時、そのセリフははたして生かされているのだろうかと、そればかりが心配になった。例えば清兵衛が余五善右衛門の家に入る時の「ごめん」は「Excuse me」なのかなぁ?とか…。あぁDVD見ればわかるんですかね。そうします。その後原作も読んでみたいです。
ちゃかさん 7点(2004-10-20 13:28:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 324人
平均点数 7.25点
010.31%
120.62%
230.93%
351.54%
441.23%
5257.72%
65216.05%
78325.62%
87222.22%
95516.98%
10226.79%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.04点 Review22人
2 ストーリー評価 7.67点 Review31人
3 鑑賞後の後味 7.64点 Review31人
4 音楽評価 6.59点 Review27人
5 感泣評価 6.83点 Review18人
chart

【アカデミー賞 情報】

2003年 76回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS