アリバイなき男のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アリバイなき男
 > (レビュー・クチコミ)

アリバイなき男

[アリバイナキオトコ]
Kansas City Confidential
(The Secret Four)
1953年【米】 上映時間:98分
平均点:7.50 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
サスペンスモノクロ映画犯罪ものミステリー
新規登録(2009-10-22)【よしのぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フィル・カールソン
キャストジョン・ペイン(男優)ジョー・ロルフ
コリーン・グレイ(女優)ヘレン・フォスター
ジャック・イーラム(男優)ピーター・ハリス/ジョンソン
リー・ヴァン・クリーフ(男優)トニー・ロマノ
ネヴィル・ブランド(男優)ボイド・ケイン
カールトン・ヤング(男優)マーティン
原作ハロルド・グリーン(原案)
ローランド・ブラウン(原案)
脚本フィル・カールソン(ノンクレジット)
ジョン・ペイン(ノンクレジット)
ハリー・エセックス
撮影ポール・ソーテル
製作エドワード・スモール
配給松竹
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.オープニングクレジットのリー・ヴァン・クリーフ、ネヴィル・ブランド、ジャック・イーラムに座り直しました。三者共々ナイスな悪党ぶりで主役を大いに引き立てるナイスキャスティング。物語も冒頭から惹き込まれ先行きが想像出来ない展開にテンションが上がる一方。しかし! 結末=鉄棒競技で高難度の技を連発しながらも着地で尻餅! 一気に脱力弛緩、溜息が出ました。三悪人の若く瑞々しい姿を目に出来たので良しとします。
The Grey Heronさん [インターネット(字幕)] 7点(2021-04-08 01:40:09)
3.地味で無名の作品ですが、なかなかに見応えのあるフィルム・ノワールの佳作。
銀行強盗モノと思っていたら、強盗自体は冒頭であっさり成功。
強盗の黒幕と3人のメンバー。覆面のために3人のメンバーは互いの顔が分からない設定が効いている。
この強盗団と追う警察の駆け引きになるのかと思っていたのですが、それだけで終わらない。
冒頭の強盗のくだりでは、まさかこの男が主役になるとは思わなかった、もう1人の男の挿入も効いている。
中盤は少しダレますが、それでもサスペンスとして十分に面白い映画になっています。
あまり馴染みのない俳優ですが、主演ジョン・ペインの面構えがいい。好演。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-12-15 17:12:13)
2.ジョン・ヒューストンの「アスファルト・ジャングル」に引けを取らない強盗映画の傑作。

フィル・カールソンは余り評価されて来なかった人物だが、このフィルム・ノワール作品は中々良く出来た映画だと思う。

常にマスクを被せられた三人の男。
それぞれの顔を知っているのはボスだけであり、三人は互いの顔すら知らない。
恐るべき速さで銀行を襲い、映画はここから物語を始める。
車を使われたというだけで職も名誉も失われてしまった主人公。絶望は怒りへと変わる。

ボスの顔も解らず不安に苛まれる強盗団の男達は、彼らを執拗に追う主人公に追い詰められ板挟み状態だ。
「アスファルト・ジャングル」やキューブリックの「現金に体を張れ」に比べると少し物足りないかも知れないが、それでもジリジリと追い詰められる三人の姿は中々のもの。
完全犯罪を目論むボスの存在がとにかく不気味だ。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-03-23 23:28:13)
1.《ネタバレ》 古いミステリー作品としては拾い物。観て損はない。元警察官のボスが立てた完全犯罪が興味深い。お互いに顔を知らないチンピラ三人を集め、現金輸送車強奪を決行する。銀行の隣の店に止まる花屋の車とそっくり同じ車を用意し、カムフラージュする。警察は花屋の車を追うので時間稼ぎができる。四人はマスクをしているためお互いの顔を知らない。金はほとぼりが冷めるまで隠匿しておく。実は紙幣の番号は知られており、そのことを知っているボスは警察に三人を逮捕させ、保険会社から出る高額報酬を目的としていたのだ。ボスはかつて担当した事件で誤解され、強制解雇された過去があり、警察をうらんでいた。だがボスの計画は少しずつ。それは嫌疑をかけられた花屋のジョーが、自らの潔癖を晴らすために事件の真相を調べ始めたからだ。わずかな手がかりだけを頼りにメキシコに飛び、犯人の一人にたどり着く。このあたりまで無理がなく、脚本は冴えている。その人物は運悪く警察に射殺されてしまうが、その人物になり代わってボスの指定した場所に出向く。お互い疑心暗鬼の三人。ボスはジョーの正体が分からない。最高に盛り上がるサスペンス。それにジョーとボスの娘との恋愛がからむ。ラストは”ぬるい”が、最後まで持続する緊張感は見事。尺は短かめ。ボスとその娘、ジョーの過去を紹介し、その人間像を深く掘り下げれば名作になり得ただろう。ボスにもジョーにも”古傷”があるのだが、未消化のまま終る。ジョーと娘との恋も唐突すぎる。だから感動しきれない。リメイクしてほしい作品。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 7点(2009-10-25 02:08:42)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7375.00%
800.00%
9125.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 9.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS