狼男アメリカンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 狼男アメリカン
 > (レビュー・クチコミ)

狼男アメリカン

[オオカミオトコアメリカン]
AN AMERICAN WEREWOLF IN LONDON
1981年【米】 上映時間:98分
平均点:6.85 / 10(Review 46人) (点数分布表示)
ホラーサスペンスシリーズもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-12-01)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ランディス
キャストデヴィッド・ノートン(男優)デビッド・ケスラー
グリフィン・ダン(男優)ジャック・グッドマン
ヴィク・アームストロング(男優)バスの運転手(ノンクレジット)
ジョン・ランディス(男優)(ノンクレジット)
フランク・オズMr.コリンズ/Ms.ピギー
脚本ジョン・ランディス
音楽エルマー・バーンスタイン
撮影ロバート・ペインター
製作ジョージ・フォルシー・Jr〔編集〕
製作総指揮ピーター・グーバー
ジョン・ピーターズ
配給日本ヘラルド
特殊メイクリック・ベイカー[メイク]
ダグ・ベズウィック(メーキャップ)
スティーヴ・ジョンソン(メイクアップ・アシスタント)
美術レスリー・ディリー
衣装デボラ・ナドールマン
編集マルコム・キャンベル[編集]
録音ジェリー・ハンフリーズ〔録音〕
アイヴァン・シャーロック
字幕翻訳野中重雄
スタントジョン・ランディス(ノンクレジット)
ヴィク・アームストロング
あらすじ
 デビッド(デヴィッド・ノートン)と親友のジャック(グリフィン・ダン)は、あてのない旅の中、小さな村にたどり着く。その小さな村の、一軒のパブに入る。二人が店に入ったとたん、静まり返るパブ。なんか様子がおかしい。二人は居心地が悪くなり、店を出ることにする。店の人達が、「月に気を付けろ」「荒地を歩くな。」などと、謎めいた言葉をかけてくる。いったい何があるというのか。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.素晴らしい作品です。DVDになった時もまっさきに買いました。特典映像がまたいいんだ。モンスターの悲哀を描いているようで実はそうじゃないわけで、かなりブラックな笑いに包まれます。冒頭の2人のジョークやアラモのジョークなど何度観ても腹を抱えて笑ってしまいます。音楽の使い方も特筆で格好いいですね。ランディス大好きです。
swamiziさん 10点(2004-03-07 14:30:50)
25.あら、これ廃番なんですか..へー。一時代を築いたちょっとわびしい独特のセンスのB級ホラーなんですけどねぇ。この映画はとにかくテーマの「ぶるーむーん」です。「ぶるーむーん」につきます。映画終わった後劇場から出るときに「ぶる~む~~ん」と鼻歌を歌っている自分に気がつきます。ベイブのねずみ達も歌ってましたが..


あばれて万歳さん 6点(2004-02-22 21:33:09)
24.これが「スリラー」のもとネタだったのか....知らんかった。
veryautumnさん 6点(2004-01-25 10:09:48)
23.これは「Blue moon♪」ていうテーマ曲が忘れられない。この頃のランディスは脂が乗ってて面白かったですねえ。リック・ベイカーの特殊メイクも、今観るとしょぼいですが、当時は最新テクだったんです・・・
ロイ・ニアリーさん 6点(2003-12-12 11:36:54)
22.リック・ベイカーによるあまりにも有名な変身シーンをさておいても、なかなかの傑作と言って良いのではないかと思われるジョン・ランディスの異色スリラー。同じ英語圏でありながらまったくの異邦人として扱われるアメリカ人の主人公が、異国の空の下で共に旅していた親友を亡くし、自らは狼男として生きるハメに陥る、哀愁漂うコミック・ホラーである。コメディとして楽しむも一興、一人のアメリカ人の悲しい運命に涙するも一興。ランディス得意のカーチェイスも、短いながらもなかなかのキレの良さで楽しめる仕立てになっている。イギリスの片田舎で異端扱いを受けるアメリカ人の孤独は、我々日本人にはちょっと馴染みづらいものがあるが、よくよく真剣に観返してみると、普段は我が物顔で世界の王様面をしているアメリカ人が、異国を彷徨えば単なる旅行者にすぎないことを痛烈に皮肉っているようでもあり、あるいは歴史ある大英帝国の伝統に手も足も出ないアメリカ人の情けなさを笑っているかのようでもある。伝説の魔物狼男という由緒正しいアイテムを通じて、アメリカを自虐的に笑ったコメディとでも言うべきか。冒頭とラストに流れる2つのバージョンの「ブルームーン」が印象的。
anemoneさん 8点(2003-12-09 23:32:27)
21.《ネタバレ》 いかにもジョン・ランディスらしい作品という気がします。ストーリー自体は、よくよく考えればかなり暗い内容ですが、演出でそうは感じさせないという気もします。まあ一種のブラックユーモアだから、受け入れられない人にはつらいだろうね。一緒に襲われて死んだはずの友人が、何度も現れて自殺を勧めるシーンは、グロテスクなんだけど笑ってしまいます。なんといっても特筆モノは、やはり変身シーンでしょうね。さすがリック・ベーカーの会心の作品でしょう。口がせり出してくるところとか、今観ると笑っちゃうんですが、当時としてはよくできていると思います。映画やテレビの狼男モノの結論と同じで、ラストは仕方ないんですけど、その虚しさが好いのかも知れませんね。ジェニー・アガターの顔自身は好きではないけれど、あのシチュエーションはうらやましいですね(微笑)。ジョン・ランディスはこれを撮ったから、「トワイライトゾーン」の不思議路線に行ったんだろうか?
オオカミさん 7点(2003-12-07 18:29:56)
20.ジョン・ランディスの絶頂期の作品なので結構期待して見たら、そこそこだった。最後、悲惨なラストから一転して陽気なドゥーワップの「ブルームーン」。その転換が良かった。あのシャワーシーンの時にちょうどウチの親が部屋に入ってきて・・・ちょ~気まずかったぞ!!
こわだりのインテリアさん 6点(2003-12-05 10:45:48)
19.子供の頃に見た。これ好き。グロいし、怖いのに・・笑える、そのさじ加減はツボだった。使われてる曲もよくて、エンドロールのブルームーンの最初のスキャット部分をずっと口ずさんでたっけ。
ウメキチさん 7点(2003-11-07 00:02:30)
18.かなり昔の映画。あまり思い出せないが、良かった印象がある。ラストは映画館だったような・・・
ボバンさん 7点(2003-11-06 23:02:32)
17.この頃は狼男物が流行ったなぁ。
ロカホリさん 5点(2003-09-30 02:15:09)
16.あの変身シーンは話題になりましたね。よく物真似もされました。公開からしばらくしてから、何回かテレビの洋画劇場で観ましたが、結構面白かったですよ。僕は今30代半ばだけど、この映画は僕にとってすご~く懐かしい~って感じがします。というのも、この映画の題名を目にしたのが20年ぶりぐらいだからでしょうか。。。確かにビデオ屋では見たことないなぁ。あれだけ話題になった映画もこうして忘れさられていくのかな。「ハウリング」や「キャットピープル」もしかり。
onomichiさん 8点(2003-09-27 12:16:54)
15.今ではスリラーの元ネタとして有名ですね。公開時もそれなりに話題だったが、当時はまるで見る気になれなかった。
亜流派 十五郎さん 3点(2003-09-06 22:01:06)
14.さあ、これが狼男の変身だ、目ン玉かっぽじってよく見やがれっ!とばかり、完璧なる変身(あ、かっぽじるのは耳の穴か)。手がニョキニョキ~。ただ、このインパクトに対して、ストーリーがどうも、後半妙な展開で、ヌルい気がしてしまうのですが、「それがエエんや」という方もいますし、まあ、その辺はお好みで。
鱗歌さん 7点(2003-08-13 22:43:48)
13.観たのが約20年前なので内容はほとんど覚えてませんが、当時は面白いと思った作品です。狼男になってしまった男の哀しみが切なかったような。
じゃん++さん [映画館(字幕)] 5点(2003-06-05 03:36:14)
12.【sayzin】さん、古い!(それを知っているあたしもなんだかなぁ)とにかく、あたしにとっての衝撃はやはり変身のシーンでした。あの手の映画を苦手にしているあたしが見ているというのは、やっぱりランディスがうまいのかなぁ。
奥州亭三景さん 7点(2003-05-30 18:13:56)
11.ぶ-るむううん 狼変身場面もじゃが 殺された友だちがどんどん腐っていきながら あんたも死なな- とさとすところがなんともええ このころの らんでぃす えかったなぁ- あっし-ざば-っむううんらいじん 
おうさん 8点(2003-04-16 02:09:18)
10.ついについに出る<狼男アメリカンDVD!!!>この映画と出会って約20年・・何百回とみてると思います。ぜひ日本語吹き替えはデビッド→田中ひでゆきジャック→中尾隆聖であってほしいもんです。パッケージが初期版VHSの狼男のイラストのアップのやつじゃないみたいなので残念ですが・・。どんどんレンタル屋から無視され消えてこの作品がまさかDVDになるとはおどろきです。この作品は何と言うか独特の雰囲気を持っている映画だなと思います。DVD版は98分みたいですね。たしか初期VHSは107分あったと思います。ラストでデビッドが撃たれ倒れるシーンの所でラストカットのデビッドの裸体シーンの前に一瞬デビッドの裸体のワンカットがあったんですがあれはいらないからカットしててほしいです。<月に気をつけろまっすぐ道を行け、荒地はあぶない・・>DVD化本当におめでとうございます!そして感謝感激です!!
アメリカーナさん 10点(2002-06-11 21:49:14)
9.B級だけど、ランディスのブラックユーモアのセンスが気に入って2回観た作品でした。
Megさん 7点(2002-04-21 00:04:13)
8.名曲ブルー・ムーンで始まり、変身中も違うバージョンのブルー・ムーン、エンドクレジットでも、また違った感じのブルー・ムーン。はっきり言って、同じ内容の歌詞(曲)だと思いませんでした。ビックリしました。変身の凄さは、今のCG世代の人達に見せたいですよね。凄い!狼になった時の狂暴さは、どの狼男映画よりも最高です。あの狼、すごいです。怖いですね。目がイっていますね。最後、狼が女性に一瞬気を許す時、そのまま人間に戻ったらいいのに、と何度も思いました。海外版のビデオでも観ましたが、海外と言うのは本当に画像修正が苦手なんだなと思うシーンいっぱいありました。裸や暴力シーン、過激シーンにぼかしを入れるのが下手で、それも新鮮でしたね。あ、コメントに、この作品のパッケージで狼のアップが気に入ってるという方がいらしますが、私もそれを1度買いそこねて、探しまくりましたが、結局見つかりません。いいですね。うらやましいです。他のは、変なパッケージしかありませんよね。狼に変身する時の目をむいた表情で”あわわわ・・・”というようなシーンのとか。特殊メイクのリック・ベイカーが「狼男アメリカン」の撮影に入る為、「ハウリング」を弟子のロブ・ボッティンに譲った話は有名ですが、弟子が「ハウリング」ですごい変身を見せたので、”それなら、私は暗い部屋ではなく、明るい光の下で変身を見せてやる”と、さすが、師匠リック・ベイカー。アカデミー特殊メイクアップ賞(この年に設立され、”他の特殊視覚効果賞と一緒に戻すべきだ、の声、多く、この年でおしまい)を見事リック・ベイカーは取りましたね。しかし、とにかく最初に述べたように、ブルー・ムーンは非常によかったです。エンドクレジットのロック調ブルー・ムーンは最高ですね。
マーチン・リッグスさん 7点(2001-12-22 23:18:57)
7.ハウリングより10年も前に脚本は出来上がってたんです>この作品廃盤になってますが僕は名作だと思います..ジャックの襲われる場面何回観たか・・・選曲も良い-サムクックにCCRよいよい とにかく狼男映画はこれでしょう
blue moonさん 10点(2001-11-24 04:57:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 46人
平均点数 6.85点
000.00%
100.00%
200.00%
312.17%
424.35%
5510.87%
6919.57%
71634.78%
8817.39%
912.17%
1048.70%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.50点 Review4人
2 ストーリー評価 5.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.33点 Review3人
4 音楽評価 7.00点 Review3人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS