おおかみこどもの雨と雪のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > おおかみこどもの雨と雪
 > (レビュー・クチコミ)

おおかみこどもの雨と雪

[オオカミコドモノアメトユキ]
The Wolf Children Ame and Yuki
2012年【日】 上映時間:117分
平均点:6.34 / 10(Review 125人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-07-21)
ドラマファンタジーアニメ動物もの
新規登録(2012-05-21)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-06-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督細田守
宮崎あおい
大沢たかおおおかみおとこ
黒木華
西井幸人
大野百花雪(幼年期)
加部亜門雨(幼年期)
林原めぐみ草平の母
中村正[声優]細川
大木民夫山岡
片岡富枝韮崎のおばさん
小林隆韮崎の旦那さん
染谷将太田辺先生
碓井将大
多田野曜平校長
上白石萌音毛野
荒川ちか文子
谷村美月土肥の奥さん
麻生久美子堀田の奥さん
菅原文太韮崎
原作細田守「おおかみこどもの雨と雪」(角川書店刊)
脚本細田守
奥寺佐渡子
音楽高木正勝
北原京子(音楽プロデューサー)
作詞細田守「おかあさんの唄」
製作市川南〔製作〕
日本テレビ(「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会/製作幹事)
マッドハウス(「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会)
角川書店(「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会)
東宝(「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会)
電通(「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会)
スタジオ地図(「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会)
読売テレビ(「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会)
企画スタジオ地図
プロデューサー奥田誠治(エグゼクティブ・プロデューサー)
川村元気(アソシエイトプロデューサー)
制作スタジオ地図
配給東宝
作画貞本義行(キャラクターデザイン)
末吉裕一郎(原画)
大杉宜弘(原画)
井上俊之(原画)
山下高明(作画監督)
美術上條安里(美術設定)
衣装伊賀大介
編集西山茂
録音東京テレビセンター(録音スタジオ)
上田太士(光学リレコ)
その他マッドハウス(プロダクション協力)
東映アニメーション(アソシエイト)
GAINAX(アソシエイト)
丸山正雄(スペシャルサポーターズ)
あらすじ
国立大学に通う花は、教室に一風変わった青年を見つける。聞けば彼はこの大学の学生ではないらしい。興味を持った花は彼に積極的に話しかける・・・。 トリッキーなアイデアを駆使して「子育て」について描く、細田守監督のアニメーション作品。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
105.《ネタバレ》 「感動要素勢揃いだが…」
可愛いキャラ達が、恋愛、子育て、成長、別れを繰り広げ、感動要素勢揃いです。しかし社会人の私には、これで感動に持っていくのは、欺いて、感動させようとしているの?と思う位、気持ち悪さを感じた(ネチネチ言ってる私もキショいが)。
・まず、二人とも貧乏なんだから、学生の間は、避妊しよう。学生結婚でも金持ちになるヤリ手もいるだろうけど。無職で、二人も前途多難な狼人間作るとか、親にも子供にもかなり不誠実では?そんな見切り発射はビックダディ級じゃないとできない。
・雨が山で生きる事を選んだ時、花が「まだ、○○もしてあげてない」と泣くクライマックスの一つは、あおいちゃんの可愛い声にウルっときたが、すぐにおいおい、親ならそこは止めるだろうとしか思えなくなった(または、いつでも帰ってきなさいよと念押し)。成犬(成狼)の姿だけど、この子、小学生位?人間の知能を持ってるのにそんなに早く進路を決めていいの?まともな親なら止めないと。小学生の判断力なんて凄く稚拙。仮面ライダー見て、ライダーになりたいとかに近い。雨が数年後に「やっぱ山もしんどいからさー、帰ってきたわ」ってなったら小卒ですらない。非識字、算数無理の知恵遅れ狼兄ちゃんなんてお先真っ暗。貧乏で学校行けなくても凄い人もいるけど。まともな親なら、小学生位の子がアイドルになるから田舎から東京行くとか言い出したら止めるでしょ。せめて高校出ろって。で高3位になっても諦められずに家出しようとしたら、親は許せないけど黙って子供の荷物に、多少のお金やオニギリを入れたりする感じでは。
・と他にも似た突っ込み所が山程あり、これが感動作扱いで日本トップクラスの評価になってるのが本当なのか、ステマなのか…どちらだとしてもとても不安になったので、少数派の戯言を。好みかもしれないけど大多数が高評価なのは怖い。
団スバーンさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2014-11-17 17:34:19)(良:3票)
104.《ネタバレ》 自分が親かどうかとか、子供がいるかどうかとか、子供の年齢などによって、評価が変わってくる作品だと思います。ストーリーがどうとかより、「子どもを愛している」という一番大事なことをきちんと素直に表現しているところが好き。エンディングの「おかあさんの唄」も素晴らしい歌。
ブラック武藤さん [DVD(邦画)] 10点(2014-08-18 02:23:37)(良:1票)
103.《ネタバレ》 ジブリにまったく期待できなくなり、クレしんにも愛想が尽きかけていたそのタイミングで突如現れた巨人。おもしろい。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 10点(2014-08-05 00:59:59)
102.不思議な余韻を残す、良い映画でした。子への無償の愛という、手垢の付いたテーマを違った角度から暖かく描いた作品で、もっと評価されても良いと思う。
Junkerさん [DVD(邦画)] 8点(2014-06-21 18:23:47)(良:1票)
101.《ネタバレ》 大学で出会った、謎めいた青年は実はおおかみおとこだった――。そんな境遇の違いを乗り越え、彼へと惹かれていく女子大生・花はやがて彼の子供を身篭ってしまう。誰にも知られず、都会の片隅でささやかな幸せを育んでいく花とその家族たち。だが、現実は何処までも残酷でおおかみおとこである彼は不慮の事故により帰らぬ人に。生きていくのが難しい都会に見切りをつけ、花は愛する二人のおおかみこどもと共にのどかな田園風景が拡がる田舎へと移り住むのだった。純朴で優しい村の人々、辛いけど遣り甲斐のある農作業、そして静かに巡りくる四季折々の美しい自然の風景…。様々な困難に出会いながらも、子供たちはそこで少しずつ大人になってゆく。普段、ピクサーとジブリくらいしかアニメは観ないのだけど、この監督の前作「サマーウォーズ」のそのいかにも童貞中高生が夢見そうなラブコメワールドには辟易させられたものの、そのシャープでポップな映像はなかなか良かったのと、それに公開当時けっこう話題になっていたのとでこの度鑑賞してみました。確かに、何処までものどかな田舎の春夏秋冬を瑞々しく描き出す映像は相変わらず美しかったのだけど、やっぱり今回もいかにも若い男の子が夢見そうな甘っちょろ~いストーリーには辟易させられました。何処までも綺麗で優しい理想的なお母さん像、思春期を迎えたお姉ちゃんのいかにもな初恋描写、そして弟はおおかみと人間の間で揺れ動くアイデンティティの脆弱さに(あくまでクールに)思い悩む…。もう全てがベタで甘いです。子供を持つ親なら誰もが声を揃えてこう言うでしょう、「子供は、こんな簡単に育てられんつーの!」。この監督さん、センスはかなり良いと思うので、次はもう少し大人な視線をもって作品を創ってくれることを期待します。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2014-05-12 18:46:24)
100.ただの個人的な偏見が引き起こしているのなら申し訳ない限りですが、…どうもオタク感が気になり楽しめません。ストーリー展開?セリフの言い回し?頑張れば実写でできそうなことを、アニメにしているから??分かりません。「サマーウォーズ」で学習したはずが…ジブリ以外のアニメは卒業です。
なこちんさん [地上波(邦画)] 4点(2014-02-09 23:52:28)
99.最近のジブリアニメから、小難しい説教臭さを取り除いたようなアニメ。昔、トトロや魔女の宅急便を初めて見た時のような、素直に心の温かさを訴えかけてくる何かがありました。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 7点(2014-01-22 14:36:33)
98.《ネタバレ》 それぞれの子供が人間として狼として自立していく過程を時に楽しく時に優しく見ることができました。そして母の愛は偉大です。子供向けではないアニメ映画ですね。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 7点(2014-01-19 01:36:25)
97.《ネタバレ》 うーーーん。だめだろ。これ。
宮崎駿が引退を宣言し(制作発表されたのは、それ以前のものだけど)、
これからの日本のアニメ界を背負っていくクリエイターの作る作品が、
この似非ジブリ様なストーリーで、それでいて大衆に受け入れられてるのは、
自分にとってはとても気持ちが悪い。
もちろん、ジブリとは違う視点、切り口な部分も見受けられ、それ踏まえれば0点ではないのだけど、そうじゃないだろ?と言いたくもなる。
宮崎駿の亡霊(死んでいないけど)に憑りつかれたまま日本のアニメは衰退に一途に・・・。
そんなことを思ってしまうのはオーバーだろうか?
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 0点(2014-01-14 22:46:13)(良:1票)
96.《ネタバレ》 あー予想よりもずっと良かった・・
映像は終始素晴らしく、子供たちの動きをみているだけでも幸せな気分になって見入ってしまう。
自分の場合は雪に感情移入してしまい、コンプレックスを受け入れてもらう、自分のことをわかってもらえる喜びに心を動かされた。
子供をもつ親になってみれば、きっと子育ての苦労とか、10歳の我が子が一人立ちしてしまう寂しさに共感してしまうんだろうな、と思う。
細田作品のなかでは一番わかりやすく一番好きな作品。
kosukeさん [地上波(邦画)] 8点(2014-01-05 18:09:47)(良:1票)
95.《ネタバレ》 出生前診断を受けて陽性が出た人の9割以上は中絶するらしい。まあこういう検査は「普通でない」子供を世に出したくない、育てたくない、という是非は別としてもある種の大人の判断ができる人が受ける検査だから当たり前の数字ではありますが。
さて、主人公は出生前診断をうけずに出産を決断します。で、予想されていたとは言え、マイノリティー親子として素性を隠し生きていくわけですが、この親子にマイノリティーとしての苦悩があまり感じられません。見た目は普通の日本人なので差別偏見は少ないのかもしれません。よって、在日・性同一障害・殺人犯の家族的なものと考えればよいのかもしれませんが、マイノリティーが閉鎖的な田舎で周囲の人に恵まれるというのはある種のファンタジーかな?という気もします。どうせやるなら「おおかみこども」とバレたときの大人の反応まで描いて欲しかったです。文太にはバレルのかと思ってましたがそれもなし。総じて話が平坦で起伏もなく冗長で退屈です。
再婚で捨てられる少年にも言えるのですが、大人の選択でどういう子供を生もうとも自由なんですが、その自由によって本人だけでなく、子供が苦労するという可能性を認識して欲しいとは思います。もちろん周囲は差別・偏見をなくすべきなんでしょうけど、そう簡単ではないですし。まあ2人の子供はグレもせず、各々自立に向かっているようですし、ナレーションしてるという事は境遇を肯定できる大人に成長したという事でしょう。よって結果的には花はよく育てたとは思います。その点は評価したいです。(ある種の対比的な親子として描かれた、草平くんがグレてないのか、その後が気になりますが)
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 4点(2014-01-03 10:51:29)(良:1票)
94.《ネタバレ》 なんという愛おしさ。犬好きには、たまらんストーリー。
もう、2人目の旦那になって手伝いたいっ!。うおぉ~~~ん!。
有名な俳優さんが多く声優を務めていらっしゃるが、どなたも役と一体化していて、本人の面影が邪魔する事が無かった。
違和感ゼロ。宮崎さんも他の皆さんも素晴らしかった。他のアニメ映画などでは、
時々「有名俳優を声優として採用するな」という話が出ますけど、基本的な演技力がある人なら問題ないのではないでしょうか?。
そして、この映像美。CGとセル画が溶け合っていて、分離していない。舞う雪の質感、山中の疾走感、雨、蜘蛛の糸に輝く水滴。
細田監督がすごいの?。ス地図?マッドハウス?。驚きです。
じょるるさん [地上波(邦画)] 7点(2014-01-02 17:41:52)(良:1票)
93.なんだろう、モヤモヤが残る話だった。
田舎に住み始めて悪戦苦闘している流れのお話は好みだったけど、それ以降はどうも自分には受け付けなかった。
misoさん [地上波(邦画)] 5点(2013-12-30 03:17:27)
92.どっちもどっちなんでしょうけど,狼さんに体を許して子供までこさえてしまう,というのは貞操観念以前の問題のような...そういえば,ハエさんのケースもどっかで観たような...
マー君さん [DVD(邦画)] 5点(2013-12-30 01:43:45)
91.すごくよかったです! 花、雪、雨。この3人の人物の描き方がほんとうに細やかで、生き生きと暮らしている彼らの姿を見ているだけでも、思わず涙腺が緩んできます。設定は変わってるんだけど、実はこれは、どこにでもある普通の親子の物語。あえて特殊な設定にすることで、「親子」「子育て」というものの本質が浮き彫りになるという仕掛けです。自分の母親への感謝の気持ちを思い出しました。細田守監督の作品を見るのは「時を~」「サマー~」に続いて3作目。3つともよかったけど、この「おおかみこども~」が、一番好きです。
コウモリさん [地上波(邦画)] 8点(2013-12-28 23:27:56)
90.夜、狼になったオオカミに中出しされて無計画に子供が出来ちゃって、無知無能なままド田舎に引っ越してきて一人であたふたする可哀想なヒロインの話と理解すればよいのでしょうか?少女漫画に出てきそうな大人過ぎるの小六の登場と言い登場人物達の鈍臭さと言い、どこに面白さを求めていいのかよく分からない作品で不快さだけが残りました。前2作が面白かっただけに残念。
Kの紅茶さん [地上波(邦画)] 3点(2013-12-28 00:37:38)
89.若干20歳の子供から見れば、素直に感動出来ました。母親の強さ、暖かさははっきりと描かれていたと思います。優しい子になって欲しい、頭が良い子になって欲しい‥贅沢なことに願いはドンドン増えていきますが、"元気でいて欲しい"のこの一言が親が子に込める一番の切なる願いなのだと思います。ハナが雪との別れ際に放った言葉、そして満面の笑顔は素敵でした。
今年から一人暮らしを始めて、トイレットペーパーを自分で買い足すことに新鮮味を感じる身にとっては広島にいる両親のことを思い出すばかりです。母さんの作る料理を「まずくはないけど美味しくない」と言い、太っている母さんに「デブだね。」と言い、浪人した時に「80万あったら車が買えたわ」とボヤく母親に「なら働いたら全額返してやるわ」と喧嘩腰に突っかかったこともありました。情けない。本当に申し訳ない。「体に悪いから炭酸のジュースはもう買わん」というくせにいつも冷蔵庫には炭酸のジュースがそこにありました。そんな僕に甘すぎる母親に本当に感謝してます。昨日はクリスマス。母さんと父さんだけ。結構心配だ。親が子供の幸せを願ってくれるように子供も親の幸せを願っています。遅いですが、メリークリスマス。早いですが、来年も良いお年を。いつか大きくなった姿を見せれたらと思います。
うーさん [DVD(字幕)] 6点(2013-12-26 23:53:02)(良:3票)
88.《ネタバレ》 花、雪、雨、父親にまったく感情移入できない。とにかく心理描写や生活空間の描写がものすごく下手くそ。それゆえにリアリティが感じられない。設定にリアリティを感じないと言ってるわけではない。時かけ→サマーウォーズ→今回とこの監督の評価がガンガン下がっていく。
とまさん [地上波(邦画)] 2点(2013-12-23 13:41:58)(良:1票)
87.思ったよりはいい。ありえないストーリーではあるが、最後まで飽きずに観ることが出来る。
ただし、見終わった後に何か残るかというとそれは無い。
所々に出てくる絵がキレイで、そこは評価できる。
simpleさん [地上波(邦画)] 5点(2013-12-22 00:34:51)
86.《ネタバレ》 主要な登場人物全員の好感度が低く感情移入の余地がないのが致命的。そもそもヒロインの花が脳みそお花畑すぎるのがダメ。ストーリーもありがちで退屈なので、個人的にはどこをどう楽しめばいいのかわからない映画。好きから嫌いで言えば明確に嫌いな映画です。そんな中、ただ一点、すごいと思ったのが林原めぐみの演技。ジブリ等の悪影響か、劇場アニメには主要キャストに普通の役者を使い不自然で下手な芝居で観ててがっかりさせるようなアニメ映画がいくつかあり、この映画もその一本で台詞はどれも画面から浮いちゃってます。そんな中でほとんど唯一(他は大木民夫くらい)プロ声優の林原めぐみが普通に演じれば周囲からは浮いてしまうはずなのに、この映画中では浮かないように「声優仕事に慣れてない俳優が声をあてたかのような」芝居をしていて、ゆるく見ているとそれが林原めぐみだとはすぐには気がつかない。周囲にあわせてそんな演技ができるとは「すっげー、さすがプロだ」とちょっと感動しました。
あばれて万歳さん [地上波(邦画)] 3点(2013-12-21 23:24:58)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 125人
平均点数 6.34点
043.20%
121.60%
232.40%
354.00%
464.80%
51713.60%
62116.80%
72520.00%
82520.00%
9108.00%
1075.60%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.66点 Review9人
2 ストーリー評価 6.11点 Review17人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review15人
4 音楽評価 6.60点 Review15人
5 感泣評価 6.26点 Review15人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS