青くて痛くて脆いのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 青くて痛くて脆い
 > (レビュー・クチコミ)

青くて痛くて脆い

[アオクテイタクテモロイ]
2020年【日】 上映時間:119分
平均点:7.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-08-28)
ドラマ青春もの小説の映画化
新規登録(2020-09-11)【ぽこた】さん
タイトル情報更新(2020-09-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督狩山俊輔
キャスト吉沢亮(男優)田端楓
杉咲花(女優)秋好寿乃
岡山天音(男優)前川董介
松本穂香(女優)本田朝美
清水尋也(男優)天野巧
森七菜(女優)西山瑞希
光石研(男優)大橋
柄本佑(男優)脇坂
製作日本テレビ(製作幹事/映画「青くて痛くて脆い」製作委員会)
読売テレビ(映画「青くて痛くて脆い」製作委員会)
KADOKAWA(映画「青くて痛くて脆い」製作委員会)
配給東宝
美術金勝浩一
あらすじ
他人との間に距離を置くことで、傷つけたり傷つけられたりすることのないよう生きて来た大学生・田端楓。そんな彼の前に、人目を気にせず理想を追い求め、積極的に人と関わり合おうとする女子大生、秋好寿乃が現れる。楓は秋好のペースにすっかり巻き込まれ、二人の距離は次第に縮まり、世界を良くするという理想に向かうべく秘密結社「モアイ」を立ち上げることに。次第に仲間も増え順調なモアイだったが、あるきっかけで楓は活動から離れることに。いつしかモアイは単なる就活サークルへと変貌し、秋好が追い求めていた理想とはかけ離れいるとの思いから、楓はモアイを解体しようと決意するが…。ベストセラー作家・住野よるの同名小説を日本テレビの人気ドラマを数多く手がけて来た狩山俊輔監督によって映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》  かなりアンフェアなミスリードよね。真実が明らかになるまではサスペンス映画のごとく見せてゆくものだから、ずーっと不安感と緊張感に支配された状態が続くのだけれど、明らかになった瞬間にタイトルの意味が判って、思っていたような映画じゃないことが判って、あー、そういうコト・・・って肩透かし、脱力感に襲われて。
 キモチは判る、理解できるのだけど、その極端な行動は一貫して「なんなのよ?」ってカンジ。でもあの瞬間からカレの見え方がガラリと変化してしまうっていうのは面白かったわ。

 大量に配された登場人物の、でも多くがそんなに物語に対して有機的に機能している存在には思えなくて、世界を構成する要素です、くらいな。この映画の知識が全然ないままに見たので「あ、松本穂香出てる、森七菜も出てる」みたいな楽しみ方はあったけれど。にしても森七菜の学校の先生に対して物語として特に何もしないカンジなのはモヤるわね。

 ラストの選べなかったルート、生きられなかったルートは切なくて、だけど最後にヤツに与えられたチャンスはそれでも甘すぎやしませんか?と思ってしまったり。いや、若ければ人生はまだまだ選べる道はあるのでしょうけれど、でも、ヤツには壊してしまったものの大きさに対する自覚はあんまりないような気がしてしまうわ。
 失ったもの、失われた時間の大きさ、その痛みをガッツリ描く、ってほどに残酷にはなれないでしょうけどね。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 6点(2020-09-14 21:58:25)★《新規》★
2.《ネタバレ》 この作品のテーマとしては、理想を実現することの難しさと、人との距離感についてだと思う。とにかく陰キャである主人公の痛々しいまでの生態が描かれている。即ちタイトルの“青くて痛くて脆い“とは吉沢亮演じる主人公の事である。
杉咲花演じる秋吉が彼に向けて放った一言「気持ちわるっ」が全てを表している。
初めて会った秋吉をヤバい奴だと言っていたが、実は一番ヤバい奴は主人公だったという意外性こそが面白い。

少々残念だったのはせっかく決定的な“証拠“を掴むシーンが原作に比べてあっさりしていた点と、張本人が何もペナルティ無いってのがスッキリしなかった。ていうか横流しという絶対悪に対してちゃんと追求していない所が駄目。

また、原作にはない部分として、主人公のifの世界、もし主人公が素直な奴だったらというパラレルワールドが描かれていた点は良かった。
これこそが本当は主人公の望んでいた世界なんだなぁと思うとなんか切なくなってしまった。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 7点(2020-09-14 12:35:03)★《新規》★
1.《ネタバレ》 原作者のファンとして、制作発表以来待ち望んでいた作品。序盤からほぼ原作に忠実に描かれていて、主役の二人も自分なりに描いていたイメージどおりだったので、原作ファンとして、映画化作品に失望したことが過去多々ある身にとって安心して鑑賞出来る作品でした。ただ、肝心の終盤からラストシーンにかけては、少なからずサスペンス志向の演出となっていて、部分的にやや原作を離れた展開もあり、観る者の印象や解釈を一つの方向にリードしてしまう感じがしました。楓と秋好、そして他の登場人物たちに内在する思いを、もっと自由に想像できた方が、心理ドラマとしてこの作品を堪能出来るのではないかと。とは言え、原作の良さを損なうことなく、特に主役の二人のキャラクターが忠実に表現されていて全編を支えているのは、二人の演技の素晴らしさは勿論のこと、流石人気ドラマを数多く手掛けて来た監督さんですね。原作未読の方にとっても、一抹の寂しさを感じてしまったとしても、爽やかな後味の青春ドラマとして楽しめることと思います。
ぽこたさん [映画館(邦画)] 8点(2020-09-14 11:14:59)(良:1票)★《新規》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6133.33%
7133.33%
8133.33%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS