サブウェイのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サブウェイ
 > (レビュー・クチコミ)

サブウェイ

[サブウェイ]
Subway
1984年【仏】 上映時間:103分
平均点:6.67 / 10(Review 48人) (点数分布表示)
アクションドラマラブストーリー犯罪もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-02-23)【8bit】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リュック・ベッソン
キャストクリストファー・ランバート(男優)フレッド
イザベル・アジャーニ(女優)エレナ
ジャン=ユーグ・アングラード(男優)ローラースケート男
リシャール・ボーランジェ〔男優〕(男優)花売り
ジャン・レノ(男優)ドラマー
エリック・セラ(男優)ベーシスト
脚本リュック・ベッソン
音楽エリック・セラ
製作リュック・ベッソン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
28.まとまりもバランスも無い、剥き出しの面白さ。ギラギラとしたエネルギーが満ちている。バンドの演奏は何だか分かんないけどスゲェカッコいい。なんでか分かんないけど、こういう興奮は理屈じゃない。映画っていうのは理屈じゃない。
紅蓮天国さん 5点(2004-05-24 21:46:36)
27.良く分からない話でしたが、途中で考えるのをやめたら楽しめました。音楽と雰囲気がとても心地よい。映画を見るうえで、センスが合うか合わないかってとても重要だなと実感しました。
ラーションさん 7点(2004-02-26 00:57:02)
26.やや退屈だが、奇抜な設定と独特のスタイリッシュな世界が魅力的。後のベッソン作品とは一線を画す映画だと思う。
veryautumnさん 6点(2004-01-26 20:18:04)
25.楽しめました。レオンとかよりまとまってる気がしました。
MASHさん 7点(2004-01-03 12:53:40)
虎尾さん 6点(2003-12-12 23:50:39)
23.音楽・映像は申し分なく、雰囲気は満点。しかし、プロットが停滞していて、中盤何をしたいのかがわからない。どうもベッソンとは相性が悪いようだ。でも、ポスターのランバートはかっこよく、ポストカードは持っている。
恭人さん 5点(2003-11-28 09:23:31)
22.イザベル・アジャーニが美しい。音楽が良い。足元も見ずに疾走し続ける登場人物達。決してブレーキを踏まない奴等。こんな目には合いたくないが、こんな風には生きてみたい。これも一種のファンタジーか。
tubirdさん 8点(2003-11-23 20:13:39)
21.近年はすっかり駄作プロデューサーに徹してしまっているリュック・ベッソンの偉大な芸術性を堪能できる快作。繊細で力強い世界観に引き込まれる。こちらも今やB級映画の帝王であるクリストファー・ランバートが主人公をとても切なく演じている。この映画を見るとどうして彼は作品に恵まれてこなかったのだろうと思う。
鉄腕麗人さん 7点(2003-11-18 15:07:15)
20.ただイザベル・アジャーニに見とれてました。美しすぎる。
タラコさん 6点(2003-08-04 13:40:51)
19.通りがかった映画館に何気なく入って観たのがこの映画。事前知識は全く無し。フランス映画ということだったので理屈っぽいんだろうと思っていたら、いきなりカーチェイス。その後も地下の世界での疾走感のある描写。ラストも良い。面白かった!クリストフ・ランベールがかっこ良かったし。似たようなロングコートを思わず買っちゃいました。この監督良いなぁと思った。案の定、その後は売れっ子になりましたね。
じふぶきさん 8点(2003-05-30 16:52:23)
18.個人的にベッソン作品のベスト1。エリック・セラの音楽がズンズン響くスピード感溢れるオープニングも、全編を覆い包む独特のセンスも、何かありそうで何てことのない展開も、クリストファー・ランバートとイザベル・アジャーニのダンスシーンも、どれもすべて好き! とはいえ、傑出した才能の持ち主(監督)が、処女作以降、そう簡単に傑作を量産できるものではないということを示した顕著な例といえるかも。C・ランバート(「グレイストーク」までは良かったのに。トホホ)以外は今や皆一流どころになってしまったし、彼ならではの良さをダメにしたのはハリウッドかダイアン・レインか。
showrioさん 9点(2003-05-29 11:31:48)
17.ベッソンの独特の繊細さと迫力が味わえる秀作。ラストは切なく悲しいけど、この映画にはふさわしい。これはフランス映画では?
スマイル・ペコさん 8点(2003-05-28 15:42:03)
16.いろんな意味でベッソンらしい映画。所々にあるカットのテンポの良さ・美しさだけで最後まで観れてしまう。最後10分ぐらいはすごくイイ。主演の二人、イザベル・アジャーニとクリストファー・ランバードはとってもスキ!!
便利屋探偵さん 8点(2003-05-25 22:26:18)
15.私にとってリュック・ベッソンというのは「最も過大評価されている監督」なのですが、これは凄くイイと思った。ストーリーはグラン・ブルー以上に無いけど、近未来間にあふれていると思う。単なる地下鉄の構内なんだけど「マッドマックス」とか「ニューヨーク1997」的な近未来バイオレンスな雰囲気が充満していて、でも内容は80年代特有の内省、虚無感をうまく表わしていると思う。「スミス」のメンバーなんかにも通づるようなファッションセンスも80年代の良い部分がよく出ていると思う。主人公、ヒロインの人選も的確だし。雰囲気を楽しむという点ではとても良い作品だと素直に感じる。
森のグマさんさん 8点(2003-04-13 22:42:49)
14.ベッソン監督ってことで何気なく観たけど、なかなかよかった!具体的にどこがよかったとか聞かれると答えにくいけどやっぱり地下鉄の雰囲気であろうか。全体としてはあんまりおもしろくない気がするけど、なんか自分のつぼをつかれた感じ。やっぱりそこは監督の手腕かな。でも最近のベッソン監督はイマイチなのが多いなぁ、脚本だけとかで本業のほうやってないし......
ノブさん 7点(2003-03-29 14:35:28)
13.地下街という閉塞的な空間の中で、しかし自由に生きる登場人物達がなんとも魅力的。本当の意味での自由とは、きっとこの開放感のことなのだろう。なんだか今なら軽やかに踊れるような、そのうちに自分の背中に羽がはえて今にも空が飛べそうな気がする程に心弾む。
pilotisさん 9点(2003-03-18 21:18:16)
12.地下っていう限られたスペースを使ってあれだけ空間の奥行きを出してるとこにまず3点。青と赤、茶色でまとめた美しい世界観に4点。音楽と映像のマッチに2点。今見ても時の流れを感じさせない(古くない)って点で1点です。すばらしいですね。
UP↑DOWN↓さん 10点(2003-02-15 19:44:18)
11.昔映画博で観たとき以来今でもスケートシーンが甦る。イザベル・アジャーニは本当にカワイイだけだ
長島し・ゲオさん 7点(2003-01-09 18:00:05)
10.さわやか、軽快なテンポで良いと思います。最近のリュック・ベッソン作品よりずっといいです。
mogixさん 8点(2002-12-29 17:21:38)
9.意味が解らないようで解る話し。感性の問題かな?嫌いじゃない。
トトロさん 4点(2002-11-01 02:32:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 48人
平均点数 6.67点
000.00%
100.00%
200.00%
336.25%
436.25%
5612.50%
6918.75%
71020.83%
8918.75%
9714.58%
1012.08%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 5.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.25点 Review4人
4 音楽評価 7.80点 Review5人
5 感泣評価 4.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS