破戒(1962)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 破戒(1962)
 > (レビュー・クチコミ)

破戒(1962)

[ハカイ]
1962年【日】 上映時間:119分
平均点:6.50 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
ドラマモノクロ映画青春もの学園もの小説の映画化
新規登録(2004-09-21)【リーム555】さん
タイトル情報更新(2017-11-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督市川崑
助監督池広一夫
キャスト市川雷蔵(男優)瀬川丑松
長門裕之(男優)土屋銀之助
船越英二(男優)風間敬之進
藤村志保(女優)お志保
三国連太郎(男優)猪子蓮太郎
中村鴈治郎(二代目)(男優)蓮華寺住職
岸田今日子(女優)猪子の妻
宮口精二(男優)校長
杉村春子(女優)奥様
加藤嘉(男優)丑松の叔父
浜村純(男優)丑松の父
浦辺粂子(女優)鷹匠館の女将
潮万太郎(男優)高柳利三郎
見明凡太朗(男優)年配の牧夫
南部彰三(男優)
岩田正(男優)
沖時男(男優)
浜田雄史(男優)
木村玄(男優)
小南明(男優)
井上武夫(男優)
菊野昌代士(男優)
伊達三郎(男優)
寺島雄作(男優)
夏木章(男優)
玉置一恵(男優)
小松みどり(1891年生まれ)(女優)
谷口和子(女優)
小林加奈枝(女優)
原作島崎藤村「破戒」
脚本和田夏十
音楽芥川也寸志
撮影宮川一夫
製作永田雅一
企画藤井浩明
配給大映
美術西岡善信
編集西田重雄
録音大角正夫
照明岡本健一[照明]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.《ネタバレ》 「炎上」、「ぼんち」に続いて市川崑監督が市川雷蔵を主演に起用し、被差別部落問題を描いた社会派映画。雷蔵は「炎上」でもコンプレックスを抱える主人公を熱演していたが、この映画でも自身が部落の出身であることに苦悩する主人公の小学校教師を演じており、「炎上」同様に雷蔵は時代劇スターとしてではない演技派俳優としてのうまさを発揮していて、初めて見た雷蔵の出演作が「炎上」だったせいかこういう苦悩する若者という役柄は雷蔵にとって現代劇でも時代劇でもはまり役だと思う。映画としても力作で、前年市川監督がテレビドラマでやっていながらもう一度映画でやりたいと思うほど原作に惚れ込んでいたというのがよく分かる。雷蔵演じる主人公 丑松が教え子たちに自分の出自を告白するシーンはとくに演出も演技もかなり力が入っており、思わず丑松に感情移入して感動してしまった。長門裕之演じる丑松の同僚教師もいいし、モノクロ画面をフルに生かした宮川一夫のカメラも美しく見事。しかし、いい映画であることは確かなのだが、ちょっと全体的に力みすぎていてあまりにも重苦しく好きな映画かと言われればちょっと微妙というのが正直なところ。丑松が尊敬する自らも部落出身である部落民解放運動家の猪子を演じる三國連太郎は実際に養父が被差別部落出身であることを公表しており、だからかもしれないが、この猪子という登場人物にはものすごいリアリティーと説得力が感じられる。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 7点(2011-12-22 13:48:40)
9.「橋のない川」に登場してくる島崎藤村の「破戒」だが、原作の小説はいざ知らず、この映画で描く部落差別問題はピンとこない。ことば(台詞)の上では苦悩が語られてはいるが、映画としては実感がわかないのだ。したがって、丑松が告白する場面も唐突ささえ感じる。このあたりが「橋のない川」の部落差別と異なるところだろうか。文芸作品としての価値は認められるものの、同和問題提起の映画には向かないということだろうか。
この映画でデビューした藤村志保は、演じた志保と作者藤村の両方を取って芸名をつけたのだそうだ。新人らしい初々しさが感じられる。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 6点(2011-09-04 09:50:20)
8.《ネタバレ》 原作は大好きで、読むと必ず泣いてしまう感動的な話ではあるが、この作品については、それほどぐっとくるものはなかった。市川雷蔵の顔が、すこし優男に過ぎるのが気になったし、ベースが暗くて内省的なストーリーだけに少し長く感じた。もっと生徒との交流を多く描いても良かったのではと思う。告白のシーンはすごい迫力で、思わず涙したが、やはり原作のほうが数倍優れているので、原作を読んだ上でこの映画をあえて見る必要は無いだろう。
枕流さん [DVD(邦画)] 6点(2010-08-25 00:58:47)
7.《ネタバレ》 市川崑と市川雷蔵による、“W市川”作品。
原作は私自身も、とある縁のある島崎藤村で、ヒロインに藤村志保という、“W藤村”作品。
というわけで、W市川藤村作品(どうでもよい)。

被差別部落問題を正面から扱った作品で、重苦しいのがネックだが、社会派的作品として、社会に対する役割は十分に果たしていると言える作品である。
三國連太郎と市川雷蔵のツーショットを観られるのも、本作の見所の一つだ。

ドラマとして観ると、楽しめる内容ではない。
それよりむしろ、まだ被差別部落問題が色濃く残存していた時代に、その問題を少しでも解消していこうという監督の熱意が感じられるのが良い。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2010-07-04 18:38:05)
6.《ネタバレ》 差別というものが社会制度として存在することの恐ろしさを痛感させられますね(この当時は形式的には無くなってはいましたが)。非常に考えさせられる作品でした。
TMさん [ビデオ(邦画)] 7点(2009-09-13 00:23:05)
5.宮川一夫の撮影と市川崑の構図が素晴らしいが、内容的にはやや劣るか。情感を前面に出し過ぎる演技が悪いのか、原作が悪いのか。
みんな嫌いさん [DVD(邦画)] 6点(2009-03-23 17:54:03)
4.《ネタバレ》 人それぞれ、つらい運命を持っているのだなぁと感じた。それは、内容こそ違え、古今東西同じだと思う。このような話をきき、自分にも日々つらいことは起こるが、乗り越えて行かなければ、という励みになった。
しまうまんさん [インターネット(字幕)] 8点(2008-11-09 12:41:48)
3.《ネタバレ》 最後の方に岸田今日子が言ってた事が真理かなーと思う。夫をなくしてもなおああいう事が言えるってのが、人間の大きさであり、目先の事に拘らずずっと前を見れる女性のスゴさだろうと思う。頭の中に逆差別という言葉がちらつき、感動とまではいかなかったが、見ごたえがある映画だと思う。今ではお化け要員だったりする岸田今日子だが、
なかなかのものでした。
オニール大佐さん [インターネット(字幕)] 6点(2008-11-06 20:42:23)
2.部落問題、差別に対するテーマなど、深く追求した市川崑監督による力作だと思うものの、何か観終わった後のやるせなさ、後味の悪さが少し引っ掛っていまひとつ好きにはなれない。市川雷蔵が涙、涙で訴えかけるシーンなど胸に染みるものがあるし、そんな市川雷蔵の親友を演じた長門裕之も好演!宮川一夫撮影監督の美しいカメラワークといい、心に残るけど、もう一度、観たいとは思わない。
青観さん [ビデオ(邦画)] 6点(2006-07-08 22:31:33)
1.明治時代の「ザ・カミングアウト映画」。主人公が抱えてる被差別部落出身者である事の懊悩は、今の世の中だと正直ピンと来ないと思います。そこだけを衝いちゃうとちょっと映画的には物足りない。でも実はこれ、現代に通じる様々なカミングアウトに当てはまる、普遍的なテーマを持った強靭な作品だと思いますね。俺だってこの映画で雷蔵がしたように、職場の人間や友人たちにカミングアウトしたい事ってたくさんありますもん。人間たちの薄汚れた心を全て白い雪で覆ってしまうかような陰影をたたえた宮川一夫のキャメラがとにかく美しい。才人市川監督中期の佳作。
放浪紳士チャーリーさん [DVD(邦画)] 7点(2006-03-05 15:56:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6660.00%
7330.00%
8110.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS