大決戦!超ウルトラ8兄弟のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > 大決戦!超ウルトラ8兄弟
 > (レビュー・クチコミ)

大決戦!超ウルトラ8兄弟

[ダイケッセンチョウウルトラハチキョウダイ]
2008年【日】 上映時間:97分
平均点:4.57 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-09-13)
アクションSFシリーズもの特撮ものTVの映画化モンスター映画
新規登録(2009-01-05)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-11-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督八木毅(監督/特技監督)
キャスト長野博(男優)マドカ・ダイゴ
つるの剛士(男優)アスカ・シン
吉岡毅志(男優)高山我夢
五十嵐隼士(男優)ヒビノ・ミライ
黒部進(男優)ハヤタ・シン
森次晃嗣(男優)モロボシ・ダン
団時朗(男優)郷秀樹
高峰圭二(男優)北斗星司
吉本多香美(女優)レナ
斉藤りさ(女優)ユミムラ・リョウ
橋本愛〔1978年生〕(女優)佐々木敦子
桜井浩子(女優)アキコ
ひし美ゆり子(女優)アンヌ
榊原るみ(女優)アキ
松下恵(女優)メグ
星光子(女優)夕子
高野八誠(男優)藤宮博也
佐原健二(男優)万城目淳
西條康彦(男優)ショッピングモールの老人
二瓶正也(男優)駄菓子屋の主人
長澤奈央(女優)ダイゴの母
木之元亮(男優)ヒビキ監督
風見しんご(男優)キド医師
伴杏里(女優)始球式のアイドル
影丸茂樹(男優)FMヨコハマディレクター シンジョウ
石橋けい(女優)テレビ司会者 シンジョウ
川地民夫(男優)サワイ国連事務総長
満田[禾斉](男優)ハワイアンレストランの客(ノンクレジット)
長谷川圭一(男優)避難所の負傷者(ノンクレジット)
鈴木清(男優)日本丸出港セレモニー出席者(ノンクレジット)
大友龍三郎スーパーヒッポリト星人
石坂浩二ナレーション
中尾隆聖ナックル星人(回想)(ノンクレジット)
納谷悟朗ウルトラマンエースのかけ声(アーカイブ音源)(ノンクレジット)
出演岸田森アキの兄の遺影(ノンクレジット)
脚本長谷川圭一
音楽佐橋俊彦
冬木透(音楽特別参加)
作曲宮内國郎「ウルトラマンの歌」
主題歌V6「LIGHT IN YOUR HEART」
挿入曲黒部進「渚の約束」(名義「ダンディー4&メグ」)
森次晃嗣「渚の約束」(名義「ダンディー4&メグ」)
団時朗「渚の約束」(名義「ダンディー4&メグ」)
高峰圭二「渚の約束」(名義「ダンディー4&メグ」)
松下恵「渚の約束」(名義「ダンディー4&メグ」)
製作円谷一夫(監修)
川城和実
松竹(「大決戦!超ウルトラ8兄弟」製作委員会)
小学館(「大決戦!超ウルトラ8兄弟」製作委員会)
バンダイ(「大決戦!超ウルトラ8兄弟」製作委員会)
電通(「大決戦!超ウルトラ8兄弟」製作委員会)
IMAGICA(「大決戦!超ウルトラ8兄弟」製作委員会)
バンダイビジュアル(「大決戦!超ウルトラ8兄弟」製作委員会)
円谷プロダクション(「大決戦!超ウルトラ8兄弟」製作委員会)
プロデューサー鈴木清(チーフプロデューサー)
配給松竹
特撮浅野秀二(モーションキャプチャー/モーションワーク プロデューサー)
美術大澤哲三
録音上田太士(光学リーレコ)
その他講談社(宣伝協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 怪獣もウルトラマンもいない世界に他世界のウルトラマンや怪獣が出現したからって、
「自分たちは他の世界ではウルトラマンだったかもしれない。それを思い出せばウルトラマンに変身できる」設定は無理あり過ぎ。
もちろん、スタッフたちはそんなことくらいわかっており、ファンタジーと割り切って作ったのではないか?
でもヒッポリト星人がウルトラ戦士たちに甘い夢を見せて逃げないような状態で監禁していた設定で良かったと思う。
それにしても出てくる怪獣がヒッポリト星人以外は役者不足で物足りない。
この映画の唯一の救いは歴代ヒーロー&ヒロインの役者たちが勢ぞろいしたところであろう。
ガブ:ポッシブルさん [映画館(邦画)] 5点(2016-08-12 07:23:33)
6.子供向けというよりは、昭和ウルトラマン世代をターゲットに作られた印象を受けた。そのためか、かなり説教臭い仕上がりに。愛とは、正義とは、勇気とは、そんなことをクドクドとやっているもんだから、まぁ退屈で仕方なかった。一人一人ご丁寧に描くのもいいが、テンポが悪すぎ。カメラアングルも単調だし、演出・演技に全くもって緊迫感ゼロ。これじゃあ、頭数を揃えただけの「ウルトラ品評会」ですよ。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 3点(2013-06-28 20:30:50)
5.《ネタバレ》 平成ガメラシリーズのように怪獣が実在しないリアルな世界を舞台にしたウルトラマン映画だが、後半はいつもどおりのウルトラマンという感じになってしまっているのが少々勿体ないが、イベントムービーとしてはまあしょうがないか。しかし、「ウルトラマンメビウス」でも思ったが、この映画でもオールドファンを意識した脚本になっている。しかし、昭和のシリーズでの主人公とヒロインが夫婦の設定だったり、アキ(榊原るみ)が重傷を負うところまで再現していたり、当該のシリーズを思わせるようなセリフがあったりと多少やりすぎてしまったという印象は否めないし、1966年に小学生ぐらいだった子供が現代でもやたら若すぎるのは突っ込みどころ以外のなにものでもない。(ついでにいうと、ダイゴ、アスカ、我夢なんて名前の子供はあの時代にはいないだろう。)別の世界ではウルトラマンである登場人物たちにパラレルワールドでの記憶が宿り、変身するというのも強引に感じる。しかし、シリーズに少しでも思い入れがあればそこそこ楽しめるとは思うし、平成三部作(あまり見てないから思い入れはないに等しいのだが。)と昭和の4人が居並ぶ姿はやはり爽快。石坂浩二がナレーターを担当しているのもよくぞ引き受けてくれたという感じである。貶していたわりに最後にフォローを入れてしまったが、結局は自分がこのシリーズが未だに好きだってことだな。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 5点(2012-04-11 22:29:14)
4.《ネタバレ》 新しい4人のウルトラマンは全く知らないが、昭和ウルトラマンの4人には随分とお世話になった。自分が幼稚園に入る前の年にウルトラマンの放送が始まったから、現役視聴の最年少が自分の年代だ。さすがに幼稚園の同窓会はやったことがないけど、この映画は自分にとって最も古い仲間との同窓会という趣きだ。同窓会の大きな目的のひとつは好きだった女の子との再会だけど、ヒロインたちを全員出席、じゃなくて出演させたスタッフは偉い。昭和ウルトラマンたちの回想シーン、特にウルトラセブンのそれには、強烈な懐かしさに涙が出そうになった。ウルトラマンは自分にとってのヒーロー第一号。それが、ゴジラに変わり、ブルース・リーに変わり、ヤマトやガンダムに変わり、色々なコンテンツを経て、今の自分がいる。でもウルトラマンの前に好きだったものは思い出せない。自分の中で最も長い時間居座っているヒーローがウルトラマンだ。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2009-08-08 02:19:25)(良:1票)
3.一言で言うと、前作「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」の劣化再生産。旧作ファンには、お遊び満載の前作で充分昇華されているので、今回は全体が蛇足に感じる。
今回登場の平成シリーズのファンなら楽しめるかもしれないが、脚本が低レベルすぎて、何も残らない内容。「こうしときゃ盛り上がるだろ」的な作りが前面に出ており、ドラマが全く重視されていない。だいたい、リアルタイムで初代を見てた主役たちって、何歳の設定なんだ?(笑)
一応「夢を持つこと」がテーマになっているのに、街のミニチュアでバンダイ系の看板がやたらと目立つように配置されているのは、夢を砕く行為だと思うのだが…
塚原新さん [DVD(邦画)] 2点(2009-06-18 12:49:26)
2.平成三部はリアルタイムだったし、ウルトラマン、セブン、Qは子どものころビデオ借りてみてましたから普通に楽しみました。
細かいところに当時のキャストや台詞などがちりばめられてあって、少年時代にもっどったようなワクワクを感じました。
内容はやっちゃった感があるけど、たのしかったんだからしょうがない。
甘口おすぎさん [DVD(邦画)] 6点(2009-02-17 20:42:14)
1.子供を連れて行きました。
正直、興奮しました。こんな映画でと思いながら、涙が出そうでした。何で感動してるんだろうと思いました。「なんかこんな感じ前にもあったなー」。そうスターウォーズやスーパーマンやそれと大差ないんです。ストーリーも何もなくていいんです。ウルトラマンが変身した瞬間。バックに流れる映像がとてつもなくいいんです。自分的には7点以上ですが、人には勧められないので。ちょっと点数は低めです。
そこのおじさん。見てみなさい!嘘じゃないから。
木村一号さん [映画館(邦画)] 6点(2009-02-02 23:15:32)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 4.57点
000.00%
100.00%
2114.29%
3114.29%
400.00%
5342.86%
6228.57%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS