鴨川ホルモーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 鴨川ホルモー
 > (レビュー・クチコミ)

鴨川ホルモー

[カモガワホルモー]
2009年【日】 上映時間:113分
平均点:5.24 / 10(Review 33人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-04-18)
コメディファンタジー青春もの小説の映画化
新規登録(2009-04-19)【あにやん‍🌈】さん
タイトル情報更新(2018-12-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督本木克英
キャスト山田孝之(男優)安倍明
栗山千明(女優)楠木ふみ
芦名星(女優)早良京子
石田卓也〔俳優〕(男優)芦屋満
濱田岳(男優)高村幸一
斉藤祥太(男優)三好(兄)
斉藤慶太(男優)三好(弟)
荒川良々(男優)菅原真
佐藤めぐみ(女優)立花美伽
藤間宇宙(男優)紀野
三村恭代(女優)竜造寺富子
趙民和(男優)柿本赤人
パパイヤ鈴木(男優)鈴鬼
笑福亭鶴光(男優)ホルモー解説者
石橋蓮司(男優)居酒屋「べろべろばあ」店長
和田正人(男優)清森平
原作万城目学「鴨川ホルモー」
音楽周防義和
作詞小林亜星「レナウンワンサカ娘」
作曲小林亜星「レナウンワンサカ娘」
製作松竹(「鴨川ホルモー」フィルムパートナーズ)
GONZO(「鴨川ホルモー」フィルムパートナーズ)
朝日新聞社(「鴨川ホルモー」フィルムパートナーズ)
ポニーキャニオン(「鴨川ホルモー」フィルムパートナーズ)
木下グループ(「鴨川ホルモー」フィルムパートナーズ)
制作松竹
配給松竹
特撮GONZO(VFX)
振付パパイヤ鈴木
編集川瀬功
録音岸田和美(サウンドデザイン)
その他東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
33.バカバカしいが何故か最後まで観てしまった、という映画。
笑えそうで笑えないが、微笑んでしまうという感じだ。ちょっと加点。
simpleさん [地上波(邦画)] 5点(2017-03-25 20:50:31)
32.《ネタバレ》 昔予告篇で「ゲロンチョリー」って言ってたことだけ覚えていました。
よって原作も見ていないです。

学生寮のカオスな感じとか
鬼が実態化した感じは良かったんですが

いかんせん、鬼の言葉が僅かしかないので
肝である鬼同士の対決に
戦略性が全然感じられないのが残念です(芦屋が強い理由も今ひとつ分からない)

ここが唸るような対決があれば良かったのですが。

パッと見ピクミンぽいですが、
ピクミンは戦略性が強いですからねぇ。

あと、小悪魔のヒロインの棒読み感のお陰で
今ひとつ魅力的には感じなかったです。

ってことで、5点です。
シネマレビュー管理人さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2017-01-03 23:52:05)
31.原作と比べるとやっぱり物足りないのは仕方ない。
そもそもこれを映像化することに意味があるのだろうか。でも、やっぱり京都で学生って特別なことだな。
Skycrawlerさん [ビデオ(邦画)] 6点(2016-11-19 02:54:54)
30.好きか嫌いかでいえば好きな映画です。大学という空間、それも京都の大学だからこそ生まれる「ワンダーワールド」?を描いた青春映画としてとても気持ちいい。個人的には、青龍会のお話は、その内部のゴタゴタも含めて、何やってるのかわかんないサークル、怪しげなサークルの1つ1つにある小さな青春物語のメタファーのようで、とても楽しかった。ただ、万城目学の小説はやっぱり映像化向きじゃない。本だからこそ生まれる世界観の豊かさみたいなのが彼の小説にはあるのだけれど、映像化されちゃうと、その豊かさが途端に平板でつまらないものになってしまう。この手の小説は、小説の世界を映像にする際に何らかの「解釈」が必要で、そこをすっとばして小説に書かれていたことをそのまま画にしてみたっていうのではダメなんだということを再確認しました。
ころりさんさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-05-11 00:11:44)(良:1票)
29.《ネタバレ》 人のよさそうなちょっと変な荒川さん最高!高村君の同室の人もいい味だしていました。大学時代は寮にいましたが、あんな怪しい感じだったなあ...なつかしかったです。
yanasanさん [DVD(邦画)] 9点(2015-04-11 20:02:47)
28.《ネタバレ》 全く何も期待しないで観たら、けっこう面白かった。ジャンルとしては「現代を舞台にした陰陽師アクション?×大学生の青春モノ」って感じ。全編通じて、妙な明るさの作品。
伊達邦彦さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-09-25 03:24:07)
27.オニのCGがしょぼいのが残念だけど、なんとなく面白かった。
センブリーヌさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-09-24 05:52:02)
26.《ネタバレ》  原作が好きなので見ましたが…うーん。微妙。
 キャラ的にはみなあってるというか、あまり原作が容姿に対して思い入れがない感じなので日本人なら誰でもOKかな。
 栗山千秋の黒髪の司馬遼太郎というか大木凡人というか…はすごいです。あとでメガネも取ってかわいくなっちゃうけど。
 せっかく映像化するんだからオニの戦いっぷりをもちっときちんと描いて楠木(栗山千秋)の指揮の才能とかわかりやすく描いてほしかったな。
ぺーこさん [DVD(邦画)] 4点(2012-12-02 12:26:08)(良:1票)
25.この世界観が好きになれる人と、そうでない人とすっぱりわかれると思う。特に原作において。映画では、その世界観をうまいこと映像化できずに、ただのB級作品にしてしまったように思う。
kanekoさん [インターネット(字幕)] 3点(2012-07-02 16:40:30)
24.《ネタバレ》 ざっくり言っちゃえば  訳わかんない映画  かな?  鬼語(+CGの鬼はかわいいね)やちょんまげはびっくりしたけど 一番びっくりしたのはレナウン娘(笑)  相当唐突な展開の連続で  付いていけないと思ったのはワタシだけではないはず(苦笑)  まぁそういいつつ何か妙なパワー感は感じるので  若き俳優さん達の今後を期待イタシマス
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2012-05-30 10:27:06)
23.意外とおもしろいって言われてみたらおもしろかった  
ゆるーぃ笑いが好きな人向け 
ほんとは原作はもっと奥行き広いみたいだけど これはゆるーぃ笑いに的を絞った作りになってるからがっかりする人も多いみたい 
でも ここのとこB級映画を見過ぎたせいか こんなに安心してくすっと笑える映画って貴重だとおもう 
おでんの卵さん [DVD(邦画)] 8点(2012-05-15 13:07:04)
22.《ネタバレ》 これはまた評価に困る映画ですねぇ、、、、(笑)。「げろんちょりー!」と言いながらへんてこな踊りで戦う画や、わらわらと出てくるオニさんなど、そのシュールな展開それ自体は面白いのですが、各人物の魅力がどうも薄いと言うのかなぁ。楠木が安倍を好きになった背景もよくわからないし。原作読んだことないから詳しくはわからないけど、こういう奇抜な世界を魅せることのみに終始しちゃってる感があります。あ、でも終盤の闘いでは、京都のあちこちの観光スポットを見せてくれて、京都好きの僕としてはそれだけでも楽しかったですけどね。
あろえりーなさん [DVD(邦画)] 5点(2012-04-09 02:38:31)
21.タイトルだけ知っててどんな映画か全く知らずに見たのだが、漫画が原作かと思うような話で実際、少年ジャンプのバトル系漫画に青春映画の要素を加えたみたいな感じ。オニと呼ばれるCGキャラが出てきたときには本当に予備知識がなかったため、これはどんな映画なのかと思ってしまったのだが、何も考えずに最後まで楽しく見れた。ただやはり、時間の関係か、詰め込みすぎの印象もあり、連ドラのほうがよかった気もする。青春映画としてはオニやホルモーのインパクトのせいもあるのかもしれないが、なにかドラマや登場人物の描き方が薄く感じた。とはいえ、「げろんちょりー」などのオニ語は個性的だし、全体的にばかばかしくて笑える。(オニ語に日本語訳字幕スーパーが出るのもよく考えたら別に普通なのにそれも笑えてしまう。)映画としてはとくに印象に残るようなものではないが、さっきも書いたように何も考えずにボーっと見るにはちょうどいいかもしれない。栗山千明を見るのは10年前に見た「バトル・ロワイアル」以来だったのだが、一度しか見ていないせいかあまり覚えておらず、(柴咲コウと印象がかぶってるのかもしれない。)見ている間ずっと芦名星を栗山千明と勘違いしていた。(おいおい。)
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 5点(2011-06-07 14:40:22)
20.《ネタバレ》 つまらなくはないが微妙にイマイチ。でもやっぱり「げろんちょりー」は耳に残るな。原作のすっとぼけた感じが出てはいるが、時間的な制約があるからか、各キャラクターがぼやけた感じになっている。特に芦屋と楠木の描き方が足りず、「単なる力押しの馬鹿」になってしまった。あと、オニたちの合戦が乱戦主体で戦略・戦術が表現されておらず、原作のような戦国時代の合戦を見るような高揚感が無いのが残念。まあでも続編が作成されたら観るかもというレベルではある。
しぇんみんさん [DVD(邦画)] 6点(2011-05-03 08:20:02)
19.和風SF青春コメディ、ってことになるのかな。
って、そんなジャンル今まであったっけ。
設定も変則すぎて、ついていけないシーンが結構あって、ちょっと困った。
例えば「1000年続く神事」が「レナウン娘」とか、説明なしにやられても困る。
それに、鶴光とかパパイヤ鈴木とかの「俳優としては無名な有名人」を端役で出されても話に集中できなくて困る。
とはいえ、途中途中「なんだこりゃー」とツッコミながら楽しく見られるし、青春ものらしく爽やかにまとめてるし、結構好きですね。
まかださん [DVD(邦画)] 6点(2011-01-30 17:34:37)
18.栗山千明wその顔www姉さんマジパネェっすw 
…と、まあ何かそれだけの映画だった気がしなくもないが、それだけのために見る価値がある気がしなくもない。なぜ彼女が女優生命を賭してまで『ゲロンチョリー』なる世にも恐ろしい台詞を叫ばねばならなかったのか、全くもって意味不明だが、それ一発でこの女優の大ファンがまた1人ここに生まれたことを考えると……女優って、大変な職業っすね
Mum,theSanChrysさん [DVD(邦画)] 7点(2011-01-03 19:39:04)
17.《ネタバレ》 原作既読。この原作を映画化した点は評価に値するが、原作の勢いというか良さというか原作の魂というようなものを消してしまっているように思われる。原作ファンとしては残念でした。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2011-01-01 02:25:15)
16.《ネタバレ》 予告編で見たオニが登場する前は、「早く出てこないかなあ」、で後半になると「もう、ちょっとオニ飽きた」ってなる映画でした。でもキャストとかも良いし、ちょんまげ&シャワーキャップとかの小ネタも面白かったので楽しめました。
紫電さん [DVD(邦画)] 6点(2010-12-19 14:01:48)
15.すご~くくだらないんだけど最後まで観てしまいました。この作品を映画化した勇気を評価したいです。
映画さん [DVD(邦画)] 4点(2010-11-03 21:10:17)
14.原作は強烈な印象だったが、映画は普通の出来だ。
多分、原作では名将として大活躍した楠木ふみ(栗山千明)の描き方が足らないからだろう。単なる切れた女の子になってしまっているので、残念だ。まぁ、映画の構成としては、戦術でどうこうするのは映えないから、しかたないか。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2010-09-18 00:06:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 33人
平均点数 5.24点
000.00%
100.00%
200.00%
3618.18%
4515.15%
5824.24%
6824.24%
726.06%
839.09%
913.03%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.83点 Review6人
3 鑑賞後の後味 4.80点 Review5人
4 音楽評価 4.33点 Review3人
5 感泣評価 1.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS