血染の代紋のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > 血染の代紋
 > (レビュー・クチコミ)

血染の代紋

[チゾメノダイモン]
1970年【日】 上映時間:87分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1970-01-31)
アクションドラマヤクザ・マフィア
新規登録(2014-02-04)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2014-09-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督深作欣二
演出日尾孝司(疑斗)
キャスト梅宮辰夫(男優)速水五郎
菅原文太(男優)郡司健策
鶴田浩二(男優)黒木
長門勇(男優)大将
渡辺文雄(男優)大門要
待田京介(男優)風間
内田朝雄(男優)岩切安次郎
ケン・サンダース(男優)ジョージ
室田日出男(男優)新田
河合絃司(男優)徳造
曽根晴美(男優)シゲル
宮園純子(女優)三千代
日尾孝司(男優)日置
関山耕司(男優)片桐
南廣(男優)鬼頭
藤山浩二(男優)金原
久地明(男優)須川
砂塚秀夫(男優)ドモ竹
小林稔侍(男優)
八名信夫(男優)
野口貴史(男優)
須賀良(男優)
東竜子(女優)
相馬剛三(男優)
小松方正ナレーター
脚本深作欣二
内藤誠(脚本)
音楽木下忠司
撮影仲沢半次郎
企画俊藤浩滋
配給東映
美術北川弘
編集祖田富美夫
録音小松忠之
照明元持秀雄
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 深作欣二監督が「仁義なき戦い」以前に菅原文太と梅宮辰夫を主演に起用して手がけたヤクザ映画。冒頭のナレーション(小松方正)とテロップは「仁義なき戦い」を思わせていて、いよいよ実録ものの前夜という雰囲気。でも印象としてはやっぱりまだ義理人情の世界を描いた任侠映画で、菅原文太も梅宮辰夫も「仁義なき戦い」ほどの凄みはなく、インパクトも感じなかった。でも、映画はなかなか面白く、スラムをつぶしてのコンビナート建設をめぐる二つの組織の利権争いが描かれるが、本作は主人公ふたりをそのスラム出身としているところが新鮮で、これがよく利いていてドラマ性を出すのに成功していると思う。スラムの描写もリアルでうまく、メッセージ性も社会性も時代性もあり、ただのヤクザ映画にしたくないという深作監督の思いも感じられる映画になっている。ラストは東映任侠映画ではお決まりの殴り込みなのだが、このシーンが激しく、敵である渡辺文雄だけでなく、主人公ふたりも死んでしまうという壮絶な結末が深作監督らしい。いちばん最後に出るナレーションとテロップは東映任侠映画にしては異質な感じがして、後味はあまりよくないように思うのだが、こういうのも新鮮で良かった。「仁義なき戦い」シリーズに比べれば物足りないのも事実なのだが、深作監督の権力に対する怒りというものも感じられ、彼の作風はちゃんと出ている。ところで菅原文太の兄貴分役で鶴田浩二が出演しているが、ちょっと本作では浮き気味だし、それにやはり鶴田浩二は東映任侠映画では菅原文太より高倉健の兄貴分を演じているほうがしっくりしている気がする。少し甘めだが7点を。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 7点(2014-08-30 21:41:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS